刑法、法律というのは、殺人や窃盗など、目に見える事柄を罰するのはわかるのですが、精神的苦痛を与える事柄というのは、罰せられるのでしょうか?
 例えば、「言葉の暴力」と言われますが、言葉によるいじめとか。
 学校の先生がつまらない授業を行い、その先生の授業を受けた学級のみ試験の点数が悪く、生徒が訴えた場合、先生をクビにできるのかとか。
 「死ね」と言ったら、相手が本当に自殺してしまった場合、言った人間は捕まるのかとか。

 法律は素人なもので、全然わかりません。
 上の例で、それぞれ罰せられたりしなかったりするのでしたら、その違いは何なのかなど。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Lascauxさん、こんにちは。



いずれの場合も、訴える事は可能です。
ただし、罰せられるかというと、そうでは無いですね。

明らかな違法行為ならともかく、「精神的苦痛」を裁判で証明し、同時にその妥当性も必要となります。

「授業」の例でいうと、試験の点数が悪いのは教師の教え方が悪い事を証明しなければなりませんし、同時に生徒が充分な学習努力を行った証拠も必要です。
これは結構厄介です。

その教師の当該クラスの授業内容と、やはりその教師の他のクラスでの授業内容を、しかるべき第三者に検証してもらって、明らかに当該クラスの授業のみ"手を抜いていた"等の証明を得る必要があります。
その教師が自分なりにクラスの分け隔てなく、精一杯頑張って授業していた結果、偶然にもそのクラスのみ結果が悪かったのか、あるいは教師が意図的に該当クラスを貶めるために、ずさんな授業を行ったのかを判断するためです。
一方、生徒側の学習努力も証明する必要があります。
その教師と、その教師以外の授業(科目)の学習を同じ努力を費やして勉強したことを証明しなければなりません。(つまり生徒側も、教師に分け隔てなく学習を怠らなかった事の証明)
そのクラスがその教師に反抗して勉強しなかったのなら、生徒側に非があります。(教え方よりも学ぼうとする努力が少なすぎた)
全ての教師の授業(科目)に対し、同等の努力を持って学習していなければ、被害にあったとは言い切れ無いのです。

その結果、その教師が意図的にずさんな授業を行い、かつ、生徒が他の教師の授業と同等の学習努力を行った事が証明されたなら、損害賠償を請求できます。(何をどう請求するかは別問題ですけど)

「死ね」の話も同様です。
"言った人"がこれを言うと相手が死んでしまう事が予想できていて「死ね」と言ったなら問題です。
しかし、まさかの予想もつかず言ったなら単なる偶然です。偶然発した言葉が悲劇を生んだだけなら、罪には問われないでしょう。

以上のように、訴える事は簡単ですが、裁判で勝利する(罰する)事は非常に困難です。

p.s.
余談ですが、「授業」の場合、「生徒」が高校生以下なら大抵の場合未成年ですので、法律行為は行えません。したがって訴える事すらできません。
(お母さんかお父さんに頼みましょう)
「死ね」の場合、当人が死んじゃってるので、これまた、不可能です。(^^);なんてね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 先生の「ずさんな授業」によって、生徒側が学習努力の意欲を失った場合は、生徒側に非があるとのことで、うーん……、そうなんですね。
 現実には、このケースが多い気がしますが、これは「法律の未整備」で、将来は法律も変わる可能性がある、と考えていいのか、「現在の法律」の考え方の方が一般的で、努力をしない方が悪いのか、難しいですね。
 「努力をしない」のは、悪いには違いないのですが……。

お礼日時:2001/08/21 22:32

 蛇足です。



 暴行罪は、言葉の暴力を含みます。
 また強要罪や脅迫罪なんかもそうですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 おお!
 「勉強しろ」と強要、脅迫されたことが……。いえ、冗談です。ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/21 22:44

言葉の暴力とは表現を表す方法で刑法で言う罰とは違います。


無言電話、付きまといは最近ストーカーに対する法律が出来刑事罰の対象に
なります。

先生の授業が悪く試験の成績が悪い、死ねと言ったからといって死んだ
これは刑事罰にはなら無いでしょう。

精神的苦痛を受けたと本人が言っても苦痛は人により差が有り刑事罰の
対象にはなりません。この場合は民事訴訟で争います。

刑事罰は刑法に細かく規定されている筈です。殺人,強盗、などの凶悪犯から
窃盗、詐欺等は刑事犯、ひき逃げ、酒酔い運転などは道路交通取り締まり法

業務上横領等は商法、脱税は税法、全ての法律で刑事罰を受ける場合を
細かく規定しています。

一番分かり難いのが業務上過失致死傷害罪です。仕事を遂行する上で当然
起こるで有ろう注意を興ったと判断されるとこの罰が適用されます。

また刑事罰は刑事訴訟法で民事は民事訴訟法に基づいて判断し裁判が行われます。

実際のところ細かい決まりが多く素人では分かり難いことが多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 民事で争い、かつ明確な規定はなく、個別に判断される、という感じでしょうか。

お礼日時:2001/08/21 22:13

質問に書かれている事は、ほとんど合法です。



ただ、民事で訴えた場合、
>精神的苦痛を与える事柄
が名誉毀損になったり、営業妨害になったりする。
(要するに、裁判にして、そういう罪にしてしまうんですが・・・)

たとえば、
>「死ね」と言ったら、相手が本当に自殺してしまった場合
なんかは、刑法上どうしようもなくても、事実上その先生を社会的に葬る事は可能ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 間接的に、訴えるのですね。
 なるほど……。時効とかあるのかな?

お礼日時:2001/08/21 22:07

 こんにちは。



 例えば、「ストーカー」とか「無言電話」等は
処罰の対象になりますね。

短くてスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですね!
 「ストーカー」「無言電話」は、最近できた法律のようなイメージですが、ということは、やはり精神的なものに対する法整備は遅れている、ということなのでしょうか。

お礼日時:2001/08/21 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誰かが一人でも不快に思ったら、それは犯罪ですか? また、犯罪ならば何と言う罪なのでしょうか。 捕まっ

誰かが一人でも不快に思ったら、それは犯罪ですか?
また、犯罪ならば何と言う罪なのでしょうか。
捕まったり罰金払ったりしなければいけない罪なのでしょうか?

Aベストアンサー

>誰かが一人でも不快に思ったら、それは犯罪ですか?

いいえ、違います。ですからその後の疑問は不要です。

Q授業中の先生の話の一部を許可無く営利目的(小説など)で引用した場合、著作権やその他の法律の侵害になるのでしょうか?

授業中の先生の話の一部を許可無く営利目的(小説など)で引用した場合、著作権やその他の法律の侵害になるのでしょうか?

例えば、先生が授業中に授業に沿ったいい話やおもしろい話をしたとして、その話を少し小説に盛り込んだら著作権の侵害等に当たるのでしょうか?

また、小説の中でも、授業中である設定でその話を使うと場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

声だけのものに対しては、例えばコントには著作権がありますが、授業については微妙です。

大学の講義などだと自らの著作、研究成果、論文、特許まで取れたものから講師が話したりすることがあり、その場合は大元があきらかになりますので、著作権を侵犯する可能性が高いと思います。

小・中・高の授業だとそういうケースはないと思われますが、先生がそもそも何かの引用で話をしていた場合、知らずに小説で使用すると、先生を飛び越えた大元に対しての著作権の侵犯が起こる可能性があります。
いくつかの小説で「中学時代に先生に言われたことだが」、というようなエピソードは実際に存在しますし(すぐに思い出せる話だと、長谷川史さんの『ガトリング・メロディ』あとがき)、そのほとんどが著作権や他の法を犯していると訴えられたとは聞きません。

先生の話に限らずポイントは大元をあきらかにすること、必要があれば相手の了承を得ること、特定の個人であることがあまりにもわかりすぎたりはしないかというプライバシーへの配慮などではないでしょうか。

法に抵触した有名なところでは、柳美里さんの『石に泳ぐ魚』事件が挙げられます。これは第三者の「話」ではなく生い立ちから国籍などに至るまでを設定として使い、そのことでモデルになった女性から訴えられ、著者が敗訴、発売禁止となったというエピソードがあります。

先生の話について考えると少々心配性すぎる意見を書いたかもしれませんが、「せんせその話小説でつかっていい?」とかさらっとお墨付きをもらうといいかもしれませんね 笑

声だけのものに対しては、例えばコントには著作権がありますが、授業については微妙です。

大学の講義などだと自らの著作、研究成果、論文、特許まで取れたものから講師が話したりすることがあり、その場合は大元があきらかになりますので、著作権を侵犯する可能性が高いと思います。

小・中・高の授業だとそういうケースはないと思われますが、先生がそもそも何かの引用で話をしていた場合、知らずに小説で使用すると、先生を飛び越えた大元に対しての著作権の侵犯が起こる可能性があります。
いくつかの...続きを読む

Q刑法の条文・罪名・罰条について

著作権法第119条違反の告訴状を書こうとしています。

警察から貰って来た官報的例文を見ますと、「告訴の趣旨」として、「被告訴人の左記/下記行為は刑法第何条(罪名)を構成すると思われるので刑事上の処罰を求める。」「該当する罪名及び罰条」等が示されています。

この「…刑法第何条(罪名)…」および「該当する罪名及び罰条」は、どう書けばいいのでしょうか。

被害の事実は、著作権法第21条による複製権の侵害、ならびに、著作権法第23条による公衆送信権等の侵害です。

よろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

罪名は「著作権法違反の罪」です。

罰条は、著作権法第119条第1項です。

「被告訴人の左記/下記行為は著作権法第119条第1項(著作権法違反の罪)を構成すると思われるので刑事上の処罰を求める」とすればいいでしょう。

「著作権侵害の罪」とする例もあるようですが、なんだか民事と刑事がごっちゃになった言い方で、個人的にはおすすめしません。

Qなぜ不倫は刑法では罰せられないのでしょうか?

なぜ不倫は民法では罰せられるのに、刑法では罰せられないのでしょうか?
何を基準に刑事なのか民事なのかわけているのでしょうか?
人の心を盗むのは民事ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一つの建前的な理由は、国民が選挙で選んだ代表が、
国家権力をもって刑罰を科すほどのことはないだろうと考えたから。
平たく言えば、国民の価値観がそうだということなんだろうね。

第二の実質的な理由は、旧刑法にあった姦通罪は女性だけが対象なので、
戦後の憲法のもとでそのまま残すとたぶん性差別で違憲の規定になる。
違憲になることを回避する方法として、男女両方に適用するという
方向の改正も考えられるけど、そうすると男性が妾をもつことに
寛大だった日本の社会の実情に合わない。
だから、廃止するという方向を選択したんだと思う。

で、国家権力は介入せず、当事者同士で損害賠償でやりなさいという
方向になったんだろうねえ。

戦後の国会ではこんな議論があった。
○政府委員(國宗榮君) 「刑法の改正法律案におきましては第百八十三條、即ち姦通罪につきまして、削除の案を立てておるのでございますが、憲法の十四條によりましての、夫婦の平等と男女の基本的平等ということが規定されまして、從いまして今日現行の刑法の百八十三條によりますると、女子が姦通した場合のみ罰する規定でありまして男女平等の原則から申しましても、憲法上改めなければならないということになりましたので、昨年内閣及び司法省内に開かれました法制調査会並に法制審議会におきまして、各方面の方方のお集りを願つて、そうしてこれにつきまして自由なる御論議を願いました結果、非常に議論が沸騰いたしまして廃止したがよろしいという御意見と更に男女両方を罰する規定を設けた方がよろしいといふ御意見が相対立いたしまして、相当紛糾いたしたのでございますが、決を取りました結果、少数の差をもちまして、姦通罪は刑法の規定から削除いたしまして、そうして夫婦間の愛情と、社会の道義の問題に任せたらよかろうというふうな御答申を得ました。この答申に基きまして私共としては立案に從事いたしましてそうしてこの百八十三條削除の原案を作りまして提案いたした次第であります。」

韓国には姦通罪があるけど、男女どちらにも適用される。

ちなみに、「なぜ法律がそうなっているのか」という質問に対して、
「法律でそうなっているから」というのは答えになってないよね。

それから、人の心を盗むといっても、人の心はその人のものであって、
配偶者の所有物ではないし、そもそも心は財物でもない。
だから、盗むというのは比喩としてはいいかもしれないけど、
刑法の「窃盗」には該当しない。

まあ、不倫を刑法で罰してほしいという気持ちからの質問かもしれないけど、
客観的に答えればこんな答えになるよ。

一つの建前的な理由は、国民が選挙で選んだ代表が、
国家権力をもって刑罰を科すほどのことはないだろうと考えたから。
平たく言えば、国民の価値観がそうだということなんだろうね。

第二の実質的な理由は、旧刑法にあった姦通罪は女性だけが対象なので、
戦後の憲法のもとでそのまま残すとたぶん性差別で違憲の規定になる。
違憲になることを回避する方法として、男女両方に適用するという
方向の改正も考えられるけど、そうすると男性が妾をもつことに
寛大だった日本の社会の実情に合わない。
だか...続きを読む

Q刑法の授業で分からない思想家が出てきました。

新・旧学派の争いを学んだときに「フェラジェリー」(発音が少し間違っているかもしれません)という名の人が出てきました。先生曰く、新派の犯罪人類学派という生まれながらに犯罪者という考え方のロンブローゾより過激な思想の人との事でした。
ネットで調べてみたのですが、全然ヒットしませんでした。誰か、ご存知ないでしょうか。

Aベストアンサー

社会的責任論 イタリア刑法草案(フェリー草案) の フェリー  くらいしか思いつきません…


人気Q&Aランキング

おすすめ情報