教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

“2030年に新車販売からガソリン車をなくす”…こんな目標を国が検討しているです。

私はこの報道が報じる直前に200万ほどのガソリン車の中古車を購入したのですがまだ25000㌔ほどしか走ってなく、5〜6年は使う予定でした。

今の車を売ることとなると2030年の直前で売ることになります。

この場合は売値としては激減するのではないでしょうか。

gooドクター

A 回答 (17件中1~10件)

2030年以降に、あくまで新車販売からガソリン車を無くす目標でしょう。


売値の激減が気になりますか。
新車でも車種・走行距離次第では5〜6年もすれば半値以下になりますよ。
値段は高いですが、所詮車も消耗品です。

将来、電気車か燃料電池車が走る時代が到来しそうです。
しかし、2030年以降になっても、中古のガソリン車は走っていると思います。ガソリン車がある限り、ガソリンスタンドは都市部でなくなるとは思えません。まだ、約10年も先の事です、乗り潰すされたら如何ですか
    • good
    • 0

トヨタみらい水素で、日本は中共肺炎隠蔽病国ドイツアメリカ合衆国をぶっちぎり、販売しないと生きて行けない!

    • good
    • 0

>この場合は売値としては激減するのではないでしょうか。


 いくら位の査定額をイメージしているのか判りませんが
 初年度登録から6年経過したら法的な査定額は
 新車時の5%まで、償却します。

 従って、維持費が安い軽自動車でなければ
 普通に「価値が下がり、査定が付かない車」になっていると思います。
    • good
    • 0

ガソリン車にプレミアムという話がありますが、それはほんの一部の稀少車であって、その他の大部分は二足三文でしょう。


恐らく政府は買い替えを促進させるために、ガソリン車に対する税金を上げるでしょうし、その一方で電気自動車への補助金を上乗せするでしょう。
そうなった時に、それでも社会的世論としてガソリン車に乗る理由があるかどうかです。

ただ一方で、ガソリンや軽油は原油精製の過程で一定割合は必ず出てしまうもので、全体の20%くらいは精製で出来上がります。
ガソリン車がなくなってその需要がなくなったら、精製物の行き先が減ることになって、これまた課題が出てきます。
なので2030年で完全になくなるかといったら、いろんなことが起きてきますから不透明かも知れません。
    • good
    • 0

あくまでも目標ですよ‼️(^ω^)

    • good
    • 0

一部の車なら、プレミア価格になる。


すでに大部分の車は、10年以上経過したら価値がなく0万円とかですよ。
    • good
    • 0

プレミアが付いて高く売れる

    • good
    • 0

元々中古での購入、5〜6年後だろうが2030年だろうが10年落ちレベルのその中古の再販の値段など二束三文。

    • good
    • 0

2035年に新車販売から電動アシストがついていない車の新車販売ををなくすことを検討してる、でしょう。



10年使ったクルマは新車価格の10%ぐらいで買取してもらえますよ。
    • good
    • 0

ガソリン車はプレミアがつくと思いますよ。


これからは電気自動車以外は二酸化炭素を発生しない
水素自動車やアンモニア自動車になるでしょう。
水素スタンドも近所にどんどん増えてきています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング