教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

コロナなのに、

日経平均株価が上昇したのは何故ですか??

gooドクター

A 回答 (16件中1~10件)

ニクアィ目媚中で無い!実体経済にマッチして無い!経済界よ、尖閣諸島領海侵犯した毛沢東中共肺炎隠蔽病国の海軍グループが、日本漁船に大砲付け近づいて威嚇しておる!文句言えよ。

金金金ではなく主権の問題だバカモンが?日本政府外務省の外交ルートだけのいかん砲は無意味。京劇役者面の23番目の中共肺炎隠蔽病国外交担当にもモテ期馬鹿にされた!世界中に国際法違反で吊し上げるべきです。
    • good
    • 0

金余り、世界各国が中共肺炎隠蔽病対策に出し続けた!バカモンが中共肺炎隠蔽病国目。

WHOは中共肺炎隠蔽病国に騙されては成らぬ!
    • good
    • 0

まぁいろいろ言われていますが


コロナもワクチンが世界で接種が始まり
安堵感もあり、また実際感染者数も世界的に収束に向かっている
ことなども要因となっています。

しかし、明らかに実質経済状況から見ればバブル。
どう考えても3万なんていう実力なんてありません。

保有者が
そろそろ売って利益確定しようかな。。。
と思い始めると一気にバブル崩壊です。

売りそびれた人は大損することになるでしょう。

今はチキンレースをやってる状況です。
誰か大口が売りに転じると一気に落ちるでしょう。
    • good
    • 0

株価の暴落を恐れる日本政府が


株価の下落を買い支えてるから
その買い支えに相乗りする人が、増えてるみたいですね

コロナで回らないお金を
とりあえず、株でも買っとこうかと
アメリカでも株価が上昇してるのも
似たような話かとも思いますよ
    • good
    • 1

日本の平均株価が今でも極端に安すぎるからです。

 マスコミや森永卓郎みたいなインチキ経済評論家は、30年ぶりの高値でバブルだなんていいふらしていますが、言い換えれば、日本の平均株価はやっと30年前のレベルに戻ってきたと言うことにすぎません。 30年間の間に世界の株価は数十倍にもなっています。 また、日本の名目GDPはわずかとはいえ、30年間で17%増加しています。 30年前と言えば、大卒初任給は 169,900円 、東京都区部のタクシー初乗運賃が 540円だった時代です。 それなのに、日本の株価はやっと1989年12月29日につけた史上最高値3万8,957.44円の8割弱まで戻しただけです。 当時米国の株価は2,400-2,500ドルでしたが、今やその13倍です。 日本の株価だけが世界で取り残されて今でも極端に低いのです。 日本の上場株には、PBR(株価純資産倍率)が1未満の銘柄が多くあります。 PBR1未満と言うことは、その企業の株を時価で買い占めれば、支払う株価以上の資産価値がある企業が手に入ると言うことです。 そんな状況下、コロナ禍下とは言え、日本の株価が買われても何の不思議もありません。
    • good
    • 1

アメリカは記録的高値みたいですね。


便乗したのでしょう。
あと金持ちの給付金10万がながれたという
話も巷ではあります。
    • good
    • 1

僕がインバースや小型株を買ったからです。


僕がこれらを買うと日経平均が上がります。
もし僕がレバや大型株に手を出したら暴落ですね。
    • good
    • 2

お金がないと、株は買えませんよね。


コロナに乗じて、日本は100兆円、アメリカは200兆円(トランプ)更に
200兆円(バイデン)、世界で1400兆円と言われています。これらのお金は
貧乏人に僅か、金持ちに沢山分配されました。
彼らは、日経平均と言う株に投資しています。そのため、日経平均株価が上昇したのです。自称、経済評論家の森永卓郎さんは、昨年末頃から3万円
越えを言っていました。金持ち達は既に、空売りに転じているかも知れません。森永卓郎さんは、年末に1万円近くになると予想していました。
    • good
    • 2

>日経平均株価が上昇したのは何故ですか??



コロナが日経平均を押す原因そのもので、感染拡大が世界のサプライチェーンを崩壊させ、また消費のストップをしましたね。
その後、政府は国民の救済措置として国債を追加発行して給付金をばら撒き、日銀のETF買いによる財政出動を行いました。
日銀のETF買いが株価を支え、そのことが買いを勧め、株価は自然に上がり、給付金も株式市場に回るというねじれが生じ、株価は一気に回復しました。
年金投資機構GPIFもコロナショックで大幅マイナスとなりましたが、コロナバブルで運用益は最大化し、何とか年金支給ができています。
日本の通貨は日本国でしか使えない円という安全資産で、国債そのものも円建て債で、日銀と市中銀行、機関投資家、個人投資家が90%を保有し、すなわち、お金持ちが国債を買っていることになり、その資金が市中に回るという仕組みがあります。
株の買い支えをしているのが、GPIF、共済、かんぽ、ゆうちょ、日銀の五頭のクジラと言われる存在で、また日本の上場企業3900社も大きく寄与しています。
外国人投資家も10%の日本国債を持っていますが、日本円で買っているので、外貨が日本円になっていることになります。
複雑な金融システムが日本にはあり、安全資産と考えられています。
日経平均の上昇により、日本人の金融資産は国債積み上げ額より大幅に上昇しており、1900兆円を超過しています。

問題としては国債の償還に寄与するものとして税金が大きく、国民全体で税負担することで、すでに格差が開いており、株高の恩恵は富裕層や金融機関、大企業のみですが、税負担は国民全体で、節税対策が取れる大企業や富裕層にとってはこの株高が大きなチャンスとなるのでしょうね。

ばらまきを期待した国民が政府や財務省の目論見に乗ったのでしょうね。
    • good
    • 1

金利が下がった。


浮遊資産の行く先として 人々が企業に注目し 株価上昇につながった。
実質経済とはかけ離れているが どうせ何かに変えなければならないのだから 波がある今 株に乗っかっている。

実際には倒産が増えている今 金利上昇が始まると 一斉に株価は落ちるだろう。
あるいは 「波が終わった」と判断されただけでも。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング