ずいぶん昔ですが、ワトソンとクリックの遺伝子の二重らせんのモデルは、「自動機械論」という名前だったか(?自信なし)、本来生物学とはまったく関係ない学問領域からヒントを得たというような話を聞いたことがあります。
もしこれが私の記憶どおりなら、どんなところからどのようなヒントを得たのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


 当事者のジェ-ムス・D・ワトソン自身が書いた本がありますので,御覧になってみてください。以下に3つ書いておきますが,全て同じもの(?)だと思います。

「二重らせん DNAの構造を発見した科学者の記録 」
 ジェームス・D.ワトソン∥著
 江上不二夫,中村桂子∥訳
 出版者:タイムライフインターナショナル
 出版年月:1968
 資料形態:247p,18cm ,480円
 シリーズ名:タイムライフブックス

「二重らせん DNAの構造を発見した科学者の記録」
 ジェームス・D.ワトソン∥著
 江上不二夫,中村桂子∥訳
 版表示 :改訂版
 出版者 :パシフィカ
 出版年月:1980.5
 資料形態:261p ,20cm ,1400円

「二重らせん」
 ジェームス・D.ワトソン∥著
 江上不二夫,中村桂子∥訳
 出版者 :講談社
 出版年月:1986.3
 資料形態:243p,15cm ,420円
 シリーズ名:講談社文庫

 私は2つ目のものを見ていますが,それによると次の様な事から「二重らせん」を考えたようです。

1)モ-リス・ウィルキンスとロザリンド・フランクリンによるX線写真 ⇒ らせん構造
2)ア-ウィン・シャルガフによる「プリン塩基とピリミジン塩基の量が同じ」というデ-タ ⇒ 塩基対
3)模型による検討 ⇒ 視覚化,検定
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
やはりこういう話はそのものズバリの本が出ているのですね(まだ読んでませんが)。
今度本屋で探してみることにします。
有難うございました。

お礼日時:2001/08/23 01:20

回答になるかわかりませんが、、、


はじめにDNA分子がらせん状であると予想した人は、
M・H・F・ウィルキンスで、この人は、推定段階で
らせんの直径、らせん間の距離まで決め、
その後ワトソンとクリックが考え出したDNA構造モデルの寸法
も、この数字と一致したそうです。
ウィルキンスは、X線結晶学者で、ワトソン、クリックと一緒に研究したのに
あまり知られてませんよね。
 参考文献 A・ローラー著『分子生物学入門』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
ウィルキンスという人は知りませんでしたが、この方がどのようなきっかけで「らせん」という発想に至ったのか、具体的に教えて頂けると有難く思います。
そこがまさに知りたいところなのです。

お礼日時:2001/08/23 01:18

同じ研究仲間のフランクリン女史(?)の撮ったX線写真からヒントを得た。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
できれば、X線写真のどのようなところがヒントになったのか、具体的にお知らせ頂けると有難く思います。

お礼日時:2001/08/23 01:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワトソンとクリックは『二重らせん』 という本が出たから有名なのでしょうか

ジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックという科学者は、ワトソンの『二重らせん』という本が出版されて初めて世間的に有名になったのでしょうか。
『二重らせん』という本が出る前は、別に有名ではなかったのでしょうか。
『二重らせん』という本が無かったら、世間で知名にはならなかったでしょうか。

Aベストアンサー

生物学の教科書には必ずといっていいほど名前の載る人物です。
ノーベル賞を受賞したから、本が出版されたからではなく、
「核酸の分子構造を初めて明らかにした」という事が最も重要であり
それがゆえに名前が知られているのだと思います。

ただし、論文を学会に提出するという行為、自分がそれを発見したのだと世に知らしめる行為はそれなりに知名度を上げる要因にはなった事でしょう。
それでも「メンデル」のように生前一切無視されていた偉大な発見が、後世再認識され名を馳せるという事もあります。

Q生物からヒントを得て作られたセンサー、検知器、測定器・・・

生物からヒントを得て作られたセンサー、検知器、測定器・・・
または、○○(生物)にもこんなセンサーがついている・・・・・

など よい例があったら教えてください。

できれば、化学的要素が絡むもので。
視覚とか音の感知ではなく物質の感知で。



たとえば あのノーベル賞のオワンクラゲの発光成分。
とかです


他に人間は生物からどんな発見をしているんでしょうか??



ちょっとわかりづらい質問で恐縮ですが
化学、生物に詳しい方。
どうか知識を分けてください。

Aベストアンサー

 とりあえず
ヤシの葉やシュロの葉  ー 屋根建材の波板など
ホテイアオイ  ー フロート構造物
タンポポの実  ー パラシュート
楓の実     ー 飛翔体
ごぼうの実   ー ベルクのロファスナー

Qがん遺伝子&がん原遺伝子

がん遺伝子とがん原遺伝子についてよくわからず、ネットでいろいろ調べているのですが、あまり理解できないので質問させていただきます。
がん遺伝子:ある正常な遺伝子が修飾を受けて発現・構造・機能に異常をきたし、その結果、正常細胞のがん化を引き起こすようなもののことをいう。
がん原遺伝子:修飾を受ける前の遺伝子をがん原遺伝子と呼ぶ
と書いてありましたが、
つまり、どの遺伝子もがん原遺伝子の可能性があると考えていいのでしょうか?
また、ウイルスのがん遺伝子と私たちの正常細胞の遺伝子との関連も教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ガン細胞の主な特徴というか、正常細胞とガン細胞を分ける大きな違いは、分裂能力の違いです。

ガン細胞は、猛烈に分裂するという特徴があります。

よって、ガン遺伝子のほとんどは、もともと正常な細胞が持つ
細胞分裂を促進する、または抑制する遺伝子です。

詳しく書くと長くなるので、他人の文章ですが参考ください。
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/10/post_ba3e.html

分からないことがあったら、追加質問していただければ答えることができるかもしれません。

ウイルスが持つガン遺伝子というのは、

例えば、ウイルスが生物の細胞内で作られるときに、その生物から
細胞分裂を促進する遺伝子の一部を(活性を抑制できない形で)
取りこんで作られたウイルスであったりします。

そのウイルスが細胞に感染すると、感染した細胞は猛烈に分裂するようになってしまい、ガン化します。

Q父母が全く同じ遺伝子だったら子も同じ遺伝子になる?

遺伝子操作でも一卵性双生児でも何でも良いですが
何らかの方法で全く遺伝子が同じ父母が子供を作った場合、
子供の遺伝子は父母と全く同じになるのでしょうか?

Aベストアンサー

なりません。
全く同じ親でも配偶子にどの遺伝子が入るかは1/2の確率です。

簡単に言うと、血液型がAAの父とAAの母ならば子供は100%
AA型です。
しかし、ABの父とABの母の場合、子供はAA、AB、BBの
3通りが出現します。
これと同じで遺伝子の大半はヘテロ型(ABのように異なるペア)
なので、子供の遺伝子は親と異なります。

Q遺伝子導入で導入先の遺伝子はどうなるのでしょうか?

こんにちは,遺伝子組み換え学を勉強しています.宜しくお願いします.

ふと疑問がおきました.どの本にも,遺伝子組み換えは,ファージなどを用いて云々と書いてあります.

例えば,遺伝子A,を大腸菌Bに導入する場合,Bの遺伝子はどうなってしまうのでしょうか? そのまま導入した場合,Bの遺伝子は長くなってしまいますよね.それとも,独立で存在するのでしょうか?いずれにしても,導入後の大腸菌Bの活動は,AもBも反映されたものになってしまいそうです.このような状況で,遺伝子Aに期待した効果を上げることは可能でしょうか?

もしくは,Bの遺伝子を導入前(導入後は難しそうですが)に除去してしまい,AとBの完全取替えのようかのことができるのでしょうか?そうすると,例えば,大腸菌を完全に他の生物の細胞に変えることになってしまいそうですが・・・.または,地球上のどの生物ももたない全くオリジナルのDNAを導入すれば,未知の生物ができてしまいそうですが.どうでしょうか.

もし「Bの遺伝子除去 ⇒ Aを導入」という方式が可能だとすると,どうやって除去するのでしょうか? もし今不可能だとすると,DNAをある細胞から完全に除去するというような方法は研究されているものでしょうか,またそれがあると遺伝子工学において有用な手法となりえますでしょうか?

ふとした疑問と言いながら,随分質問を書いてしまいました.的外れなことを申し上げているかもしれないと危惧していますが,もしそうでありましたら,ご指摘くださればと思います.

とても面白く勉強しているのですが,このあたりが疑問で詰まってしまい気になっております.宜しくお願いします.

こんにちは,遺伝子組み換え学を勉強しています.宜しくお願いします.

ふと疑問がおきました.どの本にも,遺伝子組み換えは,ファージなどを用いて云々と書いてあります.

例えば,遺伝子A,を大腸菌Bに導入する場合,Bの遺伝子はどうなってしまうのでしょうか? そのまま導入した場合,Bの遺伝子は長くなってしまいますよね.それとも,独立で存在するのでしょうか?いずれにしても,導入後の大腸菌Bの活動は,AもBも反映されたものになってしまいそうです.このような状況で,遺伝子Aに期待した効果を上...続きを読む

Aベストアンサー

>このような状況で,遺伝子Aに期待した効果を上げることは可能でしょうか?

可能です。薬剤耐性遺伝子をおもにプラスミド(複数/細胞)として環状に導入することが行われています。菌の薬剤耐性はすなわち遺伝子Aに期待した効果です。

>AとBの完全取替えのようかのことができるのでしょうか?

できます。ただし、普通は1-2個の遺伝子を相同組み換えなどによって取り替えます(プラスミドではない)。たくさんは無理です。ひとの長大な遺伝子の置き場として菌を使うことがありますがBAC Bacterial Artificial Chromosome、ヒトの遺伝子は菌ではこの状態では発現しません。

プラスミドの除去は該当する薬剤を培地から除けば、簡単にできるとされています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報