システムメンテナンスのお知らせ

(R*:R+)=2であることを証明せよ。
という問題が分かりません。

教えていただけると幸いです。

gooドクター

A 回答 (2件)

R=(全実数の集合)


R*=R-{0}
R+={x∈R|x>0}
とする
R*は乗法群
R*⊃R+はR*の部分群
s∈R*
に対して
sR+={st|t∈R+}
とする
R*/R+={sR+|s∈R*}
と定義する
s∈R*→s>0.or.s<0だから
s>0の時s∈R+だからsR+=R+
s<0の時-s>0だから-s∈R+だからsR+=(-1)(-s)R+=(-1)R+
だから
R*/R+={R+,(-1)R+}
だから
R*のR+による剰余類の個数(指数)は

(R*:R+)=|R*/R+|=2
    • good
    • 0

(R*:R+) という記号が何を示しているのかを


ちょっとは説明しないと、何を質問しているのか
誰にも判りませんよ。

あ、判っちゃってる人がいた。
スゲー
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング