教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

邦画はあまり見たことないのですが、おすすめがあれば理由と一緒に教えてください。

gooドクター

A 回答 (6件)

1、キューポラのある町。

主演、吉永小百合、女子中学生を演じます。社会の底辺で生きる少女が社会に出て行く。戦後間もない日本社会を描く。

2、加山雄三、若大将シリーズ。喜劇、明るさいっぱいの昭和。楽しさいっぱいの青春映画。大声を出して、笑える。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/03/04 23:17

用心棒(1961)


徹底的なハードボイルドです 主人公は鋼のような野良侍 なにを
考えているのか意味不明な行動 これをパクったマカロニ西部劇の
ほうが日本国内では有名かも

椿三十郎(1962)
上記作品の主人公を主人公としているのですが 殺伐とした前作と
違って終始ユーモラスな作風 ラストシーンは緊張します

座頭市物語(1962)
独特の雰囲気をまとう主人公 わりと受け身の処世ですが頑固でも
ある身障者の剣士 その友情と離別が描かれる作品

雨あがる(2000)
剣の腕も学もあり性格もよいのだけれど、すべてが裏目に出ている
主人公と 病身だが主人公の妻は夫より気丈 そして同宿した旅の
人ら ほろ苦いです

わたしのグランパ(2003)
少女が初めて会った祖父は刑期を終えた殺人犯だった…
あまり説明を聞かず現物を試していただきたいですね、これ

おろち(2008)
おろち、というのはヒトの少女のカタチをしている謎の存在
おろちは傍観者であり主人公は姉妹の二人 凄絶な人間ドラマで
あと味わるいですが深く印象に残るもの

Give and Go(2009)
ハンデを持つが優秀なバスケプレイヤー二人の心の交流 周囲の
人らの様子 やがて二人はそれぞれ…という作品です

愛のむきだし(2009)
破天荒な設定と展開をしていきます ユーモラスだったりウツ展開で
あったりと病的な感じです これは好き嫌い分かれるかも
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/03/04 23:17

・SRサイタマノラッパー


東京近郊の地方都市でくすぶる冴えないにも程がある青年たちの物語です。ぜんぜんキラキラしていない青春映画です。
主人公たちはラッパーを目指していますがヒップホップに興味が無くても楽しめました。楽しめる、というには苦味が効いてますけどね。
テーマ的には「ゴーストワールド」「チェイシング・エイミー」なんかに通じると思います。


・初恋
昨年はじめに公開されました。
難病で余命宣告された気鋭のボクサーが絶望して歌舞伎町をさまよっている時にある女性と知り合いともに事件に巻き込まれます。
バイオレンスなアクション映画かつロマンチックな純愛映画。
振り切れた演出、役者の皆さんの演技、スリリングなストーリー、かなり見応えがあるはずです。
ただし、名画扱いされる事はまず無いタイプの作品です。
https://youtu.be/6SCXCXqYv5o
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。チェックしてみます!

お礼日時:2021/02/24 13:52

私もどちらかと言えば洋画のほうがよく見ますね。

字幕歓迎派です。

邦画にはどことなく娯楽という観点よりも文化を重んじたものが多いようで、そういうところでちょっと洋画を越えられないものがあるようですね。
「これは私の作品です」的に最後のテロップの最後尾を監督名で締めるのはちょっとね。監督を持ち上げすぎてますよ。ほかにも頑張ってるスタッフもいるのにね。そしてこれも仕方ないことではありますが、圧倒的に役者の数が少ないということと、出演者選定に客寄せパンダのようなものがあるようで、今人気のある人ばかり起用するのがちょっとね。観る映画出る人決まっちゃってる感が否めないですね。

それでも邦画は2000年代になってちょっと面白くなってきている。進化しているようにも感じとれますね。大昔の名シーンのツギハギじゃなくなってきている。

前置きが長くなっちゃいましたけど、洋画派の私でも勿論好きな邦画もあります。それを何本か紹介します。観たものもあるかもしれませんがね。

○異人たちとの夏
  出演:風間杜夫・名取裕子・秋吉久美子
 これは不思議な夏を経験する男の話です。ホラーですが、内容的にはその怖さよりも、親を慕う心がよみがえり、無機質だった自分の心に潤いを取り戻す内容です。最後に意外などんでん返しもあります。

○ペコロスの母に会いに行く
  出演:岩松了・赤木春恵・原田貴和子
 これは笑いあり、涙ありの物語です。ボケてしまった母親と、ハゲてしまった息子の心の交流。母親が若い時に体験した悲しい思い出もちりばめられています。

○世界の中心で愛をさけぶ
  出演:大沢たかお・森山未來・長澤まさみ
 これは有名な映画なので観たかもしれません。高校時代の悲しい結末で終えてしまった恋を中年になって思い出す話です。主題歌「瞳をとじて」を聴くと、私の涙腺は今でもゆるみそうになります。

○僕の彼女はサイボーグ
  出演:綾瀬はるか・小出恵介・桐谷健太
 これはタイムトラベルというものが二人の男女を巡りあわせる話ですが、未来から現代にやってきた女がいつやって来たかで、男との関わりが変わってくるもので、そこにややこしさが見られますが、どうしてそうなったかが最後に判明すると、快いどんでん返しに圧巻されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホラーも結構好きです。「偉人たちとの夏」みてみたいです。ボケとハゲの母子愛は. . . ビミョーですね。

お礼日時:2021/02/22 20:08

私も洋画の方が好きです。


アクションや壮大さなどの映像では邦画ではC級になってしまいます・・・
でも、コロナ禍で邦画をたくさん観ましたら、あらあら洋画よりも「ヒューマン」「恋愛」「サスペンス」なら、面白い作品がが多いじゃありませんかw
と言っても、残念な部分は必ず出てくるし、もろB級映画がそれ以上に何倍もありますから、好きな邦画を何本探せるのか?が楽しみになったかも(笑)

#1さんに同意
・「くちびるに歌を」は、学生には是非観ていただきたい作品です。
(新垣結衣が演じる臨時教師の役どころの背景は実はどうでも良いオプションかなぁとは思いますが・・・)

以下のは、そんな、余計感や残念感が全くせず、見終わった後に「上手いなぁ」と実感できた邦画です。
・「Love letter」(1995年)
これはもう、内容的な面白さと流れや起承転結が上手く噛み合った名作だと思います。途中で私の頭が混乱し、理解してから、最初から見直しちゃた唯一の作品です。(学生時代の及川早苗だけは余計でした 笑)
・「いま、会いにゆきます」(2004年)
純粋の愛や家族愛を思い出します。(幻想的な部分は残念ですが)
・「八日目の蝉」(2005年)
犯罪事件ですが、親子関係とか、子育てって何? 誰が悪いの?みたいな・・・
・「手紙」
犯罪者家族の苦悩と葛藤、そして泣ける結末
・「鍵泥棒のメソッド」
演劇やコメディ観満載ですが、どんでん返し有って楽しめます。

----------------
サスペンスは、
福山雅治/阿部寛/竹内結子など、各年齢層にウケるスターを起用している映画は当たりが多い気がする。
好きな俳優で、その邦画を観るのも良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「手紙」は以前テレビで見ました。辛い内容ですよね。「八日目の蝉」もほんと誰が悪いの?って複雑な気持ちになる作品でした。今回教えていただいてlove letter見ました。ストーリーに関しては頭が???でいっぱいに!冬の小樽。映像がとても美しかったです。

お礼日時:2021/02/22 20:05

私は洋画が好きで、余り邦画は観ませんが、それでも今までに観た中で一番好きなのは、新垣結衣さんの「くちびるに歌を」です。


中学合唱部がコンクールに出るお話ですが、涙が出る感動作です。原作も良いので読まれると良いかと思います。
あと好きなのは、成海璃子さんの「きみにしか聞こえない」です。とても不思議なお話でお薦めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「きみにしか聞こえない」はホラーですかね。でも感動作なんですよね。興味あります!

お礼日時:2021/02/22 19:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング