いつでも医師に相談、gooドクター

趣味でホームページを作成しています。
他にボランティアで日本語学習支援をしていました。
コロナで支援活動ができないのでボランティア仲間から
日本語学習支援のホームページを作成してほしいと話があり以下のサイトを作りました。

https://nihongo.saloon.jp/

活動を始めたのですが、このホームページを広める方法を教えてください。
できれば、外国で日本語を学習している人にも広めたいです。
よろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (6件)

いま、サイトをざっと拝見しました。

数男前までWEBコンサル会社に在籍していた者です。

正直、このままでは難しいと思います。

まず、圧倒的な説明不足。
読んだ人に伝わる、響くものがありません。

デザインも二十年昔のもので、インターフェイスも最悪。これではちょっと広まらんだろうなあと思います。

まあデザインはともかく、もうすこし、読者が知りたい情報を提供しましょうか。

・どんな人が登録できるのか?
・どんなメリット、ベネフィットがあるのか?
・どんなふうに学ぶのか?
・日本語ネイティブが具体的に支援できることは? また支援するメリットは?
・あんたら何者? 信用できるの?

こういうところは最低限しっかりしてください。
    • good
    • 0

今は相当難しいです。

検索にヒットしないでしょう。
2年前の春以前だったら、googleの品質ガイドラインに沿って、役立つオリジナル情報で、変な細工をしていなければ検索上位へ来ました。

2年前の春にgoogleが評価ロジックを大幅に変更した為、それでは丸で上位へ来なくなりました。

今は相当難問です。

SNSで拡散し続けて宣伝して下さい。
そこ経由で表示して呉れる事を期待しましょう。
(提示HPの内容では、10年前でも検索ヒットは無理です)
    • good
    • 0

ネットで都合良く客が増えると思わないこと。


そこに幻想を抱いたら失敗します。

競合を見つつ、適切な内容、操作性のサイトを作ること。
Googleのガイドラインに従ってクロールされやすいコーディングをすること。
そこまでやったら極論何もしなくていい。
現時点でお金をかけたプロモーションはナンセンスです。
※大金かけて露出を一気に増やせるなら別ですが、ボランティアですから違いますよね?

twitterやFacebookなどでの発信は「当たり前」ですのでしっかりやりましょう。
Youtubeもやれるとベストですが、これは手間も費用もかかりますので要検討。

あとは最も力を入れるべきなのは「口コミ」です。
すでにいる生徒さんに仲間を連れてきてもらう。
あるいは各々のコミュニティ内で宣伝してもらう。
そうやって少しずつ輪を広げていく流れを作ることが重要です。
ある程度日本語が上達した人同士が集える場所を提供するのもいいですね。

要はネットでの宣伝方法に悩むより、
サービスとしての充実度を上げる方に時間を使うべき、という話です。
    • good
    • 1

ご自身が運営するWebサイトのURLを示して「ホームページを広めたい」という質問をされると、「・・・を教えてください」という質問形式の投稿でも広告とみなされるかと。

。。

ちなみに昨今はSNSを使ってWebサイトの存在をアピールするのが得策でしょう。ハッシュタグを上手に使うことも大切ですね。
それ以外ではWebサイトのホームページなどにMETAタグを使ってGoogleなどでの検索に引っ掛かりやすくする・・・というのも古くからある手です。

参考まで。
    • good
    • 0

Twitter、Facebookで投稿して、広めてみてはどうでしょうか。

    • good
    • 0

各国のSNSなどで、宣伝投稿する。



語学勉強にかかわらず、
最近では学習のためにYouTubeを検索する人も増えていますので、
簡単な紹介動画を作ってアップしてみるのも良いかもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング