オンライン健康相談、gooドクター

私はどうすればいいかわからなくなりました。自分の叫びを聞いて下さい。長文、感情剥き出しで申し訳ないです。

最初に、原因は勉強、部活、人間関係、家族関係と失敗経験が積み重なったことです。成功体験がない人ってこれだけ狂うんですねって思いました。

昔の話をすると、私の周りには私より優秀な人が多かった。「周りが優秀だから自分も優秀だ」って勘違いをした。誤った考え方だった。小さい時は自分もそこまで落ちこぼれじゃなかった。自分も周りの優秀なようにならないとって頑張ってた。

歳を取っていくと、少しずつ自分の優秀さが無くなって、勝てなくなると今度は、自分が「 特別な人間 」であることに満足するため支離滅裂な行動をとり続ける「特別な自分」に酔った。

プラス、諦めて無気力に無意味に時間を湯水のように使った。何も後先考えず、高校、大学の進路だって全部他人任せ。「 なにもしていない自分 」を誤魔化すため、楽な方に流されて、努力とも自己研磨とも無縁の日々を過ごしてきた。そうやって「努力をするフリ」を続けた。

でも、自分を完全に諦めている訳でもなく、「自分は頑張ってるんだ」やればできるって自分を鼓舞していた。現実に起こる嫌なことがあれば、ことも聞かないフリ見ないフリをして。理屈をこねくり回して、自分を正当化した。

 〜その末路はどうなったと思います?〜

不登校になりかけた。バイトは落ちて当たり前。受験や試験も全て失敗した。浪人もした。友達を失った。周りの人や身近な人の信頼を失った。一生ものの怪我をした。同じ失敗を繰り返した。今も努力なんて大嫌いだ。

自分の絶望の眼差しは同世代へ向き、劣等感と嫉妬、周りがキラキラしているのに何故自分は違うんだって勝手に勝手に憎み、恨んだ。特別な自分というかけ離れすぎた理想像、過去の失敗の積み重ねが「呪い」になった。勝てなくなった他人への劣等感と自分の愚かさが私と私の未来を壊しました。

「生に貪欲すぎる 」って思った。皆に尊敬されるにならないといけない「特別な人間」と
「理想的な生き方」に執着しすぎたんだ。今の自分と比較し、乖離し過ぎて現実を受け止められなくて落ち込むっていうね。

絶望の仕方さえ演技性で正々堂々していない。おかしいふりして逃げているだけ、同情したがりのクソ野郎と思うかもしれないけど、私は分かってるんだよ。

何もかも自分のせいなんだよ。他人を攻撃すればこの状況が治るのか?環境のせいにしたらなんとかなるのか?そんなわけないだろ。

そんな、ありのままの自分でいいってのは自分の事を全部認めないといけないって事だよ。それは自分にとって「敗北」と同じなんだよ。でも、今もこれからも勝てない。どうすればいいんだよ。

認めたくない。絶対に。嫌なんだよ。こんなのが現実じゃない。自分はもっと崇高なものであるべきなんだ!って。

もし、再起したとしても、無駄にしていたロス時間分を取り返せる訳ないだろ。今から、プロスポーツ選手と同じ練習をこなしたって大会に出られないのと同じだよ。「これからゆっくり生きながら考えます」。じゃ駄目なんだよ。もう手遅れなんだよ。

生きてるだけでいいなんて思うわけないだろ。そんなこと言える人は何かを「持っている」人達だけだ。何もないと笑われるだろ。比較されるだろ。愛されないだろ。これが自分だっていう役割が欲しいんだよ。

劣等感という苦痛をずっと感じるより、比較対象を拗らせてでも捏造してでも自分が「勝てる」ようにして優越感を感じるようにする。そして、ナンバーワンという名のオンリーワンの自分に酔うんだ。そして、初めて自分は「生きてる」って思う。

自分はこうした生き方しかできないんだよ。

自分は文才でもでもなければ、プロフェッショナルでもない。何にもない。そんな人が陥る末路はなんだろうねって、

最後のすがりで、小説を読み、自分に似ている登場人物地下室の手記や人間失格の主人公、生きがいのを求めて死ぬの雄介など、初見で読んでみた。自分みたいな奴が「どう救われる」かって希望を持って。結論は、ほとんど破滅の道を辿ってた。どうして救ってくれなかったんだって。

自分みたいな奴は「死ね」って言われてるようなものでした。

先人の知恵を借りてこれなら無理でしょって思った。人格丸ごと変えるぐらいしか方法がないんだよ。

もう今は自分が自分じゃない感覚なんだよ。誰って思うんだよ。

助けてください。もう限界です。

質問者からの補足コメント

  • 感情的な時は俺で、考えて書くときは私か自分に設定しているので実質二つですね。

      補足日時:2021/02/23 20:09
gooドクター

A 回答 (6件)

Ok! That's enough!って感じ。



過去がどうだったか、なんてどうでもいい。誰も貴方の過去になんて興味ありません。
自分語りしても、誰も貴方に興味なんて示さない。それが現実です。

今、未来に向けて何か自分に投資出来ですか?

嘆いてるだけで、誰かが助けてくれるのを待ってるだけ?
それじゃあ、誰も助けてくれない。
貴方を助けるのは貴方だけです。

じゃあ、ここから何をするか?

今からリストを作りましょう。
とりあえず、市場価値の高いtoeicから。

1.模擬テストを受けて自分のスコアを知り、半年後までにtoeic700スコアを目指しましょう。
勉強法なんてググれば出てくる。

2.30歳以下なら、ワーホリ行きましょう。自分がやっていてトキメク仕事を見つけましょう。

3.タイピングの速度と精度をあげる練習をしよう/Micro soft office(access/excel/word)の使い方を学ぼう
→ スマホにBluetoothのキーボードを繋げても出来るし、古本屋でMicro softの分厚いテキストを読むのもいい

4.専門性を高めよう
Web制作/看護師/保育士/介護士/物流業界で貿易事務

これらの高スキル&人手不足の業界なら未経験でも入社可能です。

あとは、貴方が行動するかどうか。
まだ自分にやらない言い訳を探し続けますか?
    • good
    • 0

No.4です。



何度も済みません。お礼ありがとうございました。
薬は反動が本当に強いみたいですね。私の知人も怖がってました。
医師が調整してもうまくいかない場合が多いみたいです。

さて。だいぶ先の事を言いましたね。

「誰かを救う? 人助けをする?」

としても、そう簡単には出来ませんよね。
そんな力が自分にあったら、今よりマシだったはずです。
やらないんじゃないです。出来る力が無いんです。

そしてその出来ない自分が最初に救うのが自分であり、
失敗すると自分が救われない。

一番力のない状態で、一番難しいことをしなければならず、
自分にとってはもっとも大事なものを賭けることになります。

いまの苦しい中から、

「生きてて良かったと思う自分に成る。」

本当に出来るんでしょうか?

また、殆どの人がそこからドロップアウトしたという話は、貴方
も知っていますよね。(ご質問にもありましたが)

私もそう思います。
物語の様に都合の良い展開などどこにもありません。

それでも、もし出来たら?

「あのときの自分は酷かった。思い出したくもない。」

と笑って語れる自分に成れるんです。

さて、うつ病を患っている人がどれくらいいるか知っていますか?
もう20年くらい前の数字になりますが、20代の若者の10人に1人
が抗うつ剤を飲んでいると統計でわかったそうです。
(まともな抗うつ剤で。とても強いものだそうです)

医者が怖くて通院していない人をいれると10割だそうです。
これは専門の先生が教えてくれました。どんどん拡大する傾向にあ
るとか。ですから、今現在はもっと酷いはずです。

そして、そうなることを40年(いまからだと60年)も前に専門家
が予告していたそうです。そのため精神向けの薬が沢山あるんです。

この話を聞いたと当時は、信じていませんでした。
しかし、あることを知って信じるようになりました。
私の同僚でとても溌溂としていて、頭の回転の良い人がいたんです。
物語に出てくるようなエリート。持ってる男です。
大切に育てなければと思いました。

しかしどうも上手くいかない。悩みましたよ。
そしてとうとう本人が告白したのが、投薬されており、薬のせいで
ハイになっていただけだそうです。
薬の効果でやる気が増し、優秀に見えただけだったんです。
ドーピングですね。

それを周囲が誤解していただけ。ギャグですか?
昔からあるマネージメントのノウハウなんて役に立ちません。

「こいつは凄い。あり得ないほど優秀だ。
 ・・・え? 薬の効果・・・。
 そうですか、いやだなあ。恥ずかしいぜ。
 あ、でもあたってたでしょ? あり得ないってところ。」

こんな感じなんです。
大切に育てるどころか、社会に出る前にリタイヤした人だったん
ですよ。周囲は全く分かりませんでした。
それからの対応は全く違いますよ。

「おう。薬ちゃんと飲んでるか?
 怖いと思って辞めちゃう人多いんだぞ。
 先生の言う事をちゃんと聞いてな。」

みたいな指導です。医療関係者みたいですよね。

それでも疑いはありましたよ。

「まじかよ。俺も人のこと言えなかったけど。
 ほんとうに10割?」

と、どうしても信じられなかった。

それで試しに(いつも喧嘩になってしまう、反りがあわない姉
がいたので)、

「おい、あんたウツやってるだろ?
 薬は飲んでるの? 医者はいってる?」

と言ってみたんです。
そのときは姉と喧嘩したばかりでして、姉は泣き崩れていました。
どう諭すべきかと思っていたんですが、物は試しで言ったんです。

すると?
いきなりパッと立って、嬉しそうにして薬をもってきました。

「一応、xxxxとxxxxは飲んでるんだけど。
 あんまり飲むと怖いんで自分で減らしてるんだ。」

まじかあと思いましたよ。

「俺の会社のチームが6割(自分も含めて)ウツでさ。
 みんな薬怖いって言って減らしては悪化してるんだよ。
 それは気をつけたほうがいいよ。」

と言う具合に話が弾む。
ウツの方は薬の話をすると、なぜかみんな嬉しそうに語るんですよ。

わたしは、

「あれえ。さっきまでの深刻な話の流れはどこいったんだろう。
 どうしてウツ病談義を姉としているんだろう?」

と奇妙な感覚にとらわれていました。
それでも「ああ、これ間違いない。考え方変えないと。」と確信
しました。

わかりますか?

リア充だ勝ち組だとか強気で見栄を張っている全員がうつ病患者
かもしれないんですよ。

はて、この方々と比較をして、貴方のどこがちがうんですか?
あなたは勝手に負けていませんか?

では、私が「人助けをしたらどうか?」と言ったのは単なる良い話
なんでしょうか? それとも人手不足の話なんでしょうか?

ある日、ある夜。
深夜のタクシーの中で、

「私うつ病なんですよ。まだ治してる途中ですが。」

と試しに(試しすぎですよね。疑い深いというか)話を運転手さん
にふってみたんですね。そうしましたらやたら食いつきが良い。

「そうなんですか? すごい。全然そう見えません。
 実は同業者で流行っていて。本当に怖いんです。
 お客さんから見て、私は大丈夫ですか?」

と聞かれたことがあります。
大丈夫じゃないです。食いついた段階で正常じゃないんですよね。

どうしてそう言い切れるか?
一度患うと、違和感について敏感になります。
質問者さんは自己分析をやったと言いましたよね。

それと同じように、

「この感じ方。この思考は正常なんだろうか?
 健康な人は別の感じ方をするんじゃないだろうか。
 そうだなあ。例えば・・・。
 うわ、それだ。凄い心が明るくなった。
 やべえ。俺、感じ方のセンサーがぶっ壊れてるんだ。
 矯正しないと。」

とやってました。

なので、ああ、そう(先ほどの心配そうな運転手さんのように)な
らないんだよなあと思いました。

別の運転手さんは、興味なさげに、

「あれですよね。無口な人がなるっていうか。
 そういえばいましたねえ。私の知り合いで。
 仕事仲間なんですけどね。
 真面目に考え過ぎちゃうんでしょうかねえ。」

と言っていました。つまり、この人も身近にそういう人がいたのに、
思う事が全く違うんです。これが正常です。

結局、私の場合ですが、「正常のお手本」を手に入れないとダメだ
と思う様になりました。いくら考えたって、自分の思考そのものが
正常ではないんですから。無駄な努力です。
クリーンインストールするしかないと悟ったわけです。

禅のお坊さんのサイトがありました。
頭痛が酷くて苦しい時、たまたまその方の文章を読んだら、
頭がすっきりしたんです。
健康な人は何とも思わない文章かもしれません。
しかし、苦しんでいる人ほど、はっきりとわかります。

「そうか。
 文章を理解しようとして、その人の思考の流れをおうのか!
 次に俺が考えたいことと、この人が考えたいことが違う。
 この人が考えたい方が正常なんだ。
 それで慣れてきたころに楽に成る。
 すげえ。文章って思考の流れを記録する道具なんだ。
 これって薬になるじゃん!
 ああ・・・ああ・・・そうか。
 だから、三蔵法師はお経を求めて天竺までいったのね。
 聖人の思考を記録した宝物だったんだ。
 読経って治療だったんだね。
 仏像がにやけているのは、「優しい人っぽい」というイメージ
 作りじゃなくて、頭が楽で快感にニヤケテル姿を写し取った
 ってことねえ。えらい則物的な話だなあ。
 でまあ、その思考の記録物を読むことで、ご相伴にあずかる。
 納得です。神秘でも何でもない、とても利己的な話でした。」

と気が付きました。

そのあと、私がやったこと。
日記みたいなものを付けましたね。

とくに、

「お、今日は何? なんだか凄い頭が涼しい。
 今日こそは眠れそう。
 いやいやまてまて、こういうときに取っておくんだ。」

何とか、そのとき(何だったのか覚えていませんが)思う所を
書き留めました。

「辛くなったら読み返そう。きっと今の自分を再現できる。」

重宝しました。

さて、長い話になりました。すみません。

あなたが望む姿は、漫画に出てくるヒーローではなく、
みんなでうつ病になっている酷い時代に、
自力で自分を治し、

「きみにも出来るんだ。」

とその姿を見せ続けることだと思うんですよ。
私がみた世の中からすると、意外と当たっていると思いますよ。

誰もが周囲の人を上に置きすぎて、苦しんじゃないでしょうか。
実際は、ミンナソロッテカワイソウなんでは?
ハードルは意外と低いのに、気が付かず自滅しそうなんでは?
そうだとしたら勿体ないですよね。

自分が健康を取り戻すだけで、みんなに勇気を与える。
それが答えなんじゃないでしょうか。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 3

No.3です。



意識しているんですね。それは安心しました。
もし記憶が抜けるような場合があったら、医者に行ってくださいね。

自分より酷い状態の人を救う事でしか、自分は救えません。
匿名サイトで人助けをしてみてはいかがですか?
ネットゲームで始める人もいるみたいです。
出会いは出会いですからね。

また自分の可能性を諦めきれないのならば、何か一つスキルを絞り、
積み上げてみてはいかがでしょうか。

勿論、その前に健康を取り戻しましょう。

私の場合は、考えすぎて知恵熱みたいな症状が常にありました。
いつも頭が痛くて重くて、これが辛かった。
これを治さないで何かを覚えるというのは効率が悪いですよ。
頭痛が収まってからは、すいすいと色んな事に取り組めるようにな
りました。まずは健康からです。

秀でていても優しくなければ、優秀とはいいません。
しかし優しいというのも漠然としていますよね。

これは私の考えですが、
他人の中に過去の自分を見出して、
過去の自分を助けようとする代償行為ではないかと思います。

そのため、酷い状態になった人を助けるためには、
同じくらい酷い状態になって、その上でそこから回復した人
でないと、(優しく)できないでしょう。

自分の今の状態が酷いのであれば、
そこから脱出したとき、救える人の幅が広がります。
(脱出したときの経験やノウハウが役にたつから)

私は子供の頃から父に冷たいとか冷酷とか言われてました。
それは確かだったんでしょうね。努力をしても失敗し、心も酷い
状態になりました。健康第一にして何とか自分を救い出しました。

幸か不幸か、いまは(晩年になって)優しいと言われたことがあり、
驚いています。生まれて初めてでした(笑)
自分を救うための習慣が残ってしまい、それが他人にも向かう。
また、「言い方を工夫する」という技も覚えました。
これらがあわさって「優しい」と言う評価につながったんでしょう。
もっと早く気が付いていればよかったです。

真に優しい人などおらず、
辛い状態になっても諦めず、自分を救う事に成功した人だけが
いるというだけではないかと思っています。

あなたの苦しみが本当ならば、それは大きな優しさへと変わるも
のだと思いますよ。家庭内で孤立している方が相当数いるんです
よ。その方々を救えるのは、同じ状態から回復した人しかいな
いと思っています。

(そこでは先達の知恵が完全に役に立つわけではなく、あなた
 自身の経験が役立つでしょう)

一発逆転があるとしたら、こういうストーリーだと思いますよ。

大雑把な方針ですが、

・脳が楽に働くように健康を先に回復させ、スキルへ進む
・回復する経過を記録して、忘れない様にして、他の方に役立てる
 (相談サイトなどで人助けの真似事をする)

というのはどうでしょうか。

お金が儲かるかは別の話ですけどね(笑)

他人の相談に乗れる人物が、生きる価値のない人と思えません。
そういう人になってください。
そういう人が増えるように祈ってください。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

諦められる訳ないじゃないですか。どうしても駄目なんです。「生きることに執着しすぎる」と逆にこうなってしまうって。現実と理想のギャップに苦しみんで、悩んで、それでもどうにもならないんだったら死んだ方がまじゃないか。

過去は変えられない。環境は変えられない。自分は変えられない。そんな思いでいっぱいいっぱい。それに、回復を待つなら何年かかるのでしょうね。

なんでこうなってしまったんだってずっと考えてます。自分の人生のルートを見事に全て外している状態です。こんな筈じゃなかった。別に平凡でも良かったりでも平凡にいることすら叶わない。

薬は飲んだけど意味がなかった。どころか反動が酷いから辞めた。精神安定剤ですが。

申し訳ありませんが、私は誰か助けたいとは心の中では一切思っていません。行動で示せるとも思いません。自分で勝手に救われて勝手に幸せになれみたいな考え方なので。その考え方は新鮮です。

お礼日時:2021/02/24 13:12

No.1です。

お礼ありがとうございました。

失礼ですが、
いまは心療内科または精神科に通院したり、治療などを行って
いるんでしょうか?

ご質問やお礼を見る限り、”苦しさ”が強すぎるように見えます。
後の事も考えますと、専門医に状態を見て貰って、投薬も含め
て苦痛を和らげた方が良いと思います。

もはや、考え方や気合で何とかする状態に思えません。

文章を書いている途中で、主語が「私」、「自分」、「俺」と
変わっていますが、これは意識して変えたんですか?
自然とそうなってしまったんでしょうか?

自分が分からなくなるという症状で思い当たるのは、解離性人格
障害です。

強いストレスで起きてしまう病気です。
とても哀しい病気ですよ。

〇URL 「解離性人格障害」
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_disso …

上のサイトを見て自己チェックしましょう。
心配になったら、近所に専門医があるか調べ、
(電話などで)相談し、予約を取りましょう。

以下は私が自分を救うためにやったことですが、

「私」だけが本当の自分だとし、
「僕」や「自分」は、誰かの共感を得るときだけに使い、
「俺」は封印しました。

頭の中がごっちゃになって、混沌としてきつかったからです。
「私」一本に絞り、他は自分ではないとしました。

「どうせ、こんな頭が痛いんじゃ、複数やしなえないよ。
 一個にするなら、自分の中でも素敵だと思えるものを選んで、
 ほかは諦めようぜ。もう無理だ。
 だから今後は『私』だけでやってくれ。
 俺らはもう降りる。」

こんな感じですかね。
いまは凄く調子がいいです。

特別でありたいと言っているのは「俺」や「僕」であったりし、
「私」として考えるときは、ネガティブな感情が少ないと気が
ついたからです。

「ああ、じゃあ、これで固定して他を全部消せばいい。」

ノタウチマワルよりマシですから。

自分と同じように苦しんでいる人が沢山いると思いましたから、
何か特別な力で尊敬されるよりは、自分の経験をもとにして、
少しでも他の人の相談に乗れる人物になったほうが良いと思い
ました。

俺や僕を消すことで、自分の心の量が減ってしまって、空っぽに
なってしまっても、そのほうが良い(他人の相談に乗れる力さえ
残っていれば良い)と思いました。

あなたが健康を取り戻せば、今の状態、今の感じ方が、
その経験が希少となり、武器になると思います。

過去の偉人や物語の引用ではなく、

「私の場合は・・・だから大丈夫ですよ」

と言えるんです。

私はそういう人になりたかったです。

あなたは、そんな人になってください。


以上、ご参考になれば。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わざわざありがとうございます。

約一年前、一人称を変えようって思って、俺から「自分」に変えました。あえて感情的に文章を書いているので、コロコロ変わってしまいますね。

フィクション作品やリアルでも、自分と似ている人物は大体破滅の道を辿っていました。つまり、そういうことです。
 
でも、諦めきれないって執着しすぎるんです。出来ないって分かっているのに。もはや病気とも言えるかもしれません。

やめたいのに、辞められないって言うのはありますよ。そりゃ。
自分だって等身大でいたい。身近な人に優秀な人が多すぎるんですよ。だから引っ張られて。

お礼日時:2021/02/23 19:59

君のような人はいくらでもいるよ、自分も君よりずーと劣るけど阿保ばっかりやってきた、ちょうどいい機会がやってきた、ユダヤ人も紀元前4000年前からずーと失敗続き、成功もあるが、悲惨な歴史を歩んできた、聖書を読めば意外とバカな人物が多い、イエスキリストは人間を賢くするために地上に着た、愚かな人間を救うため、イエスキリストが助けてくれる聖霊の働きが有る、近くのプロテスタント教会で教えてくれる、日曜日は10時から礼拝がある、コロナウイルス感染で行けない教会もある、求めよさらば与えられん、だよ、イエスキリストが十字架に架かり俺達のために死んでくれた、清められ生かしてくれる、間違いのない生き方、若い時に主を憶えよ!神を知ることは知恵の始まり、youtubeで進藤牧師、中川牧師、高原剛一郎牧師やっているいい話が聞ける。

    • good
    • 2

まずは落ち着いてください。

とてもよく伝わりました。
おそらく、年配の方全てが理解し、知っている痛みだと思います。
長いですけど、ゆっくり読んでください。

実は私たちの脳は10年単位で引っ越し(大改装?)をするみたい
で、その前後は大変な苦しみを味わいます。
大人たちは格好つけて「いやあ、厄年で・・・きつくて」と言い
ます。しかし、本当は自殺したいと思うくらい苦しいんです。

最初は20歳前後。軽いうつ病みたいなものが数週間続くでしょう
次の30歳はとてもきつく、それまで出来ていたことが出来なくな
ります。強烈な頭痛、何かをしようとすると動けなくなります。
これも数週間で治りますが、重い人はここでリタイヤします。
40歳前後の苦しみは有名でして、この後の寿命が定まるくらい辛
いです。数年から10年続いてしまい、次の50歳の厄年を超えられ
ない場合も多く有ると思います。私より年上の方に聞いたら60歳
でもあるそうです。

うちの父が言うには70歳の厄がきつかったそうです。

父からは、

「70歳になる前に相当きつかったんだけど、誕生日を過ぎたら楽
 になったんで今回もそうかなあと思っていた。」

そうです。

父の厄を軽くしたのは、

「俺だけがそう思ってたんじゃない。息子も同じなんだ。
 やっぱり、そうなるらしい。
 じゃあ、数年は慎重にやり過ごせばいいだけなんだ。」

という確信からかもしれません。

母は40歳前後の厄年で可笑しくなり、これを超えられず、60歳く
らいで統合失調症になりました。つまり、いつコレに捕まるか?と
いうもので人の寿命が定まっているようです。

外傷もなく自ら命を絶つ(消耗と発狂と言う形で自滅を選ぶ)わ
けですから、その心の中で起きる苦しみは地獄の責め苦に近いで
しょう。

実は私も、「もう嫌だ助けてくれ」と心の中で叫んだものです。
5年~10年くらいあったかもしれません。

それでもちゃんと働いていました。
何故かと言うと、自分も同じだったと先輩方が教えてくれたから
です。

「こんなキツイんですか? みんなこれ経験したんですか?
 凄すぎませんか?」

パニックになっていたら、自暴自棄になっていた(いやなってい
ましたけど)でしょう。

事実は小説より奇なりといいますよね。
すべての人間はその苦しみを味わい、黙して語らなかったんです。
上手に超えれなかった人は髪が真っ白になり、顔がしわだらけに
なります。ビックリするくらいですよ。すこし大きな会社になり
ますと、大勢の人が働いていますし、年齢層も広いです。
そして、何十年も一緒に働きますから、老化についても確認でき
ます。これを見ると、昔の人が言っていた「厄」と言うのが大病に
近いものであると分かりますよ。

そういう観察が出来ない環境ですと、パニックに陥るでしょう。

核家族になり、親との関係が疎遠になれば、こうした話を先達が
しないでしょう。突然の不調を自分のせいだと思い込むでしょう
し、周囲のせいだと感じるでしょう。

そして厭らしいのが、ある種の試験みたいなものがあります。

「さて、お前は自分を殺して他人に道を譲れるか?」

この様に40歳近辺の厄年では明確にテーマがあります。
これまで自分で自分を誤魔化していた部分です。

「良いことだとは知ってるし、たまにはそうしてるよ?」

みたいに逃げていたでしょう。

しかし、

「もう何もいりません。
 この嫌な気分から解放されて、ゆっくりと休める自分が欲しい
 です。他人に蔑まれても、惨めでも、苦しいのは嫌だ。
 本当にそれだけでいいです。
 狡い駆け引きはしません。これは本心です誓います。
 自分と言う存在が消えてもいいです。
 苦しいのは嫌です。」

という契約を自分としないと行けないんです。

「なんでなの? どうしてなの?
 これまで生きていて良かったと思う事なんてなかったよ。
 どうして自分が消えないと行けないの?
 そんなの許せないよ。何の意味があるの?
 いやだ、いやだ。それだけは絶対嫌だ。
 あいつらを見返すんだ。
 自分が特別であったという夢を捨てたくない。
 それが無ければ、生きている意味なんてないでしょ?」

という強い葛藤が生じます。

そして一時収まっても、

「はあ、落ち着いた。やっと発作が収まった。
 でも、俺って見すぼらしいよな。
 ああ、こんな自分を昔のあいつらが見たら哀れむだろう。
 いやだいやだ恥ずかしい。恥ずかしい。
 それだけは嫌だ。
 ああ、苦しい、また始まった。
 もういやだ、誰か助けて。」

と何度も繰り返して発作が起きます。

結局、昔の記憶にある友人や後輩、先輩、ライバルを思い出し
て、惨めな自分を晒したくない、でもさみしいので会いたい、
だから今の自分を良くしたい、格好つけたい、でもそんなの間
に合わない、という負のループを繰り返します。

「何とか今から逆転して辻褄を合わせてハッピーになれません
 か?」

という考えを捨てれないんです。
ここまでは何とかなります。(しないといけません)

私がきつかったのは(以下は自分の葛藤)、

「では聞こう。
 もしこの苦しさを乗り越えて、物語の様に本当にお前が憧れ
 るような成果をお前が出せたとしよう。世界中に称賛された
 としよう。しかし、その成果は他人に奪われ、称賛されてい
 るのはその偽者だったとしよう。

 そのときお前は栄光を快くゆずり、凡人の顔をして、

 『すごいな。羨ましい。それに比べて俺ときたら。
  ちっぽけすぎて情けない。』

 と言えるか? お前の力で為せたものであるのに。
 それを知っているのはお前だけで、未来永劫、誰にも知られ
 ずに終わる。憧れは盗人ものになる。それを歓迎できるか?」

という最後の問いかけでした。

これに関して、Yesと答えなければいけません。
40歳の厄というのは・・・大人になるというのは、これが出来
ないとダメって事なんです。

きつかったですね。

「お金も名誉もいりません。でも、自分が為したことを誇る事
 すら許されないのは辛すぎます。さすがにそれ位は許される
 はず。」

と頑張っていましたね。

人によっては他人に誇れるものが無く、

「こんな辛い思いをしたのは自分だけであり、それすら自分を
 褒めれないというのは納得いかない。みんな同じ思いをして何
 気なく通過したなんて信じたくない。
 私が嫌いなあの人も、この人も、みんなすごいって事?
 私だけが弱いって事?
 そんなことがあったら世界を恨んでやる。」

となるかもしれません。意外とポピュラーだと思います。

ですが、これすら受け入れないとだめなんです。

大人と言うのは凄いんですよ。
皆が凄いので威張れないんです。
子供の頃から年上の人を馬鹿にしている人ほど、この試験は辛い。
認められずに、のたうち回るでしょう。
だから年上を敬え、これはお前のために言っていると、大人は諭
すんですよ。少しでも耐性をつけさせたいからです。
それだけ、子供を愛しているからです。

では、受け入れた後に何のご褒美もないのか?
そんなことはありません。
人として本来持っている能力が開花します。
(潜在能力と言われている部分。提唱した人は恐らく開花してい
 ます。それくらいは普通なんです)

簡単に言うと、脳が目覚めて、頭が良くなります。
他人が出来ることは殆どできるようになるでしょう。

「ああ、そうか。
 自分の努力や我慢を認められたいと思ったり、
 自分の成果を盗まれるのが嫌だったり、
 自分だけが特別でありたいと執着していたのは、
 一つ一つの物事をこなすのが大変だったからだ。
 楽にできるようになれば、
 それほど執着しないもんなんだね。はじめてわかった。

 はあ・・・野良猫が怯えながら食べ物を盗む姿。
 これに似ている。同情はしても腹は立たないよなあ。

 『そんなので良ければ、どうぞ』

 と哀れむようなあ。

 これまでは、
 単に、頭(脳)が成長しておらず、効率が悪かっただけだ。
 どちらかと言うと、盗むしかなかった人が気の毒で仕方が
 無い。そのまま一生を終えてしまったら哀しいな。

 ああ、そういう風に人の仕組み(脳)が出来ているのか。
 だから道徳があるのか。深いなあ。宗教は事後のケアだろ
 うな。(厄を超えらなかった人のための隔離施設)
 だから、宗教は特別な能力とか力が授かると誘惑するのか。
 引っ掛かった人を隔離するわけだ。何という騙し。
 そして、なんて残酷な試験なんだろう。
 まあ、どうでもいい・・・。
 ・・・そういえば、アレは自分に出来るだろうか?
 若い時に諦めたけど。今は違うかもしれない。
 ああ、残りの時間が惜しい。今から取り戻すぞ。
 もっと早くこうなって欲しかった。」

となります。

最近、残忍な放火事件がありましたよね。
この方の年齢、この方の動機、発言をよく調べてください。
そして、俺だけ特別とか、自分の成果を盗んだ奴に復讐すると
か、そういう物語を求めるように誰もが一時期は成ると知って
ください。これに引っ掛かってはダメなんですよ。

同調してはいけませんし(私はそういう自分を憎み蔑み、嫌い
続けて乗り切りました)誘惑されてもいけませんよ。

本物(憧れ)の能力が自分の脳に眠っているんですから。
驚かず、健康を取り戻し、力を回復させて自分と戦いましょう。
10年は覚悟したほうが良いですよ。
徐々に楽に成ります。

以上、(本当に)参考になれば良いのですが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

自己分析は死ぬほどしたよ。他人から見た自分は分からない。自分はこんな人って言ってもらったことが殆どない。そりゃ分からなくもなる。

つまり、俺には何の魅力もない。話す価値もないって言われてるようなもんだろ。居ない方がましなんだよ。自分なんて。死んだ方がいいだろ。こんな犯罪予備軍。自分ってどんな人って聞いても曖昧に返されることが多かった。

見栄を張らなきゃ自分には何も無くなるんだよ。虚構だろうが捏造しようが、それ以外に何をアイデンティティとして生きていけばいいんだよ。俺はその生き方しかできない。

このわがだまりを一生抱えて生きないといけないのですね。敬語やめます。

自分は貴方がおっしゃっる通り昔からずっと他人の機敏なことを馬鹿にして、見下して、マウントを取ってでしか存在意義を感じられない人でした。

自分をあげることではなく、他人を下げることでしか自分の優越感を感じられなかった。でも、その行為にも今は限界で、のたうち回っている最中です。だって自分に力が無いことを小さい時から知っていたから。それを隠したかったから。多分本当に最初のきっかけはいじめとかじゃない?

そうだ俺は俺で

貴方が言ってることはどことなく胡散臭さがある。

お礼日時:2021/02/23 16:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング