システムメンテナンスのお知らせ

神と仏の違いってなんですかね?

gooドクター

A 回答 (13件中1~10件)

『神』も『仏』も信仰の対象であり、突き詰めて言えば『本尊』となるものです。




『神』は、宗教・宗派によってその捉え方は様々で、人間とは別の存在であるが、人間生活に大きな影響を与えるものとしてその存在を言われるものである。

『仏』は、人間の生命の中にある『仏性』を言う。この仏性を捉えて一代において様々な説法を説いたのが釈尊である。
人は死んで仏になる、、、なんて言っているのは、宗教無知な人の言う戯言である。
    • good
    • 0

神様はこの世を創った方とされてます


仏さまは 亡くなった人が仏様になります
    • good
    • 0

仏てのは、人間です。


悟りを開いた人間です。

しかし、神は人間ではありません。

人間の上に君臨する存在です。

その違いがあります。
    • good
    • 2

多くの日本人は神様を知らない、人間はいくら頑張っても神にはなれない、自称神と名乗ることはできるが独りよがりバカの極み、織田信長も自称神、イエスキリストは天地創造から居られた有って有るもの、唯一人々を救うことのできる生ける神、神と仏は雲泥の差、1500年の仏教の歴史が日本民族の目を盲目にしてきた目からうろこをはがす時が来た。

    • good
    • 1

仏とは、


神を 目指す、
ものの 一葉の、
集団です。
    • good
    • 0

日本では、明るく楽しいことは「神事」で。

暗い悲しいことは「仏事」と完全分業で共存できるシステムを作り上げました。
    • good
    • 0

神は大勢の人間が知恵を出し合って作った。



仏はガウダマジッタールダの父ちゃんと母ちゃんが2人で作った。
    • good
    • 1

ようわかりませんのですけれども・・・


似たようなものの可能性に50点。
    • good
    • 0

ある人にとっては「神」であるものが、別の人には「仏」。


縋るものとしての存在は何も違わない。
    • good
    • 0

宗教というものを規定する時に「その信仰の対象の中心」となる存在が「神」で、それは、その宗教の「聖典」もしくは教えの内容と同じように重要です。

神を自然や見えない力を人に与える存在とする多神教や、神は一つもしくは人間を超越した数えられない大きな塊だとする一神教など、いろいろです。仏というの多神教である仏教の神の一つにすぎません。仏陀もその一人です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング