システムメンテナンスのお知らせ

こんばんは。

障害年金に関する質問です。

今、障害年金3級をもらっていて、近い内に更新があります。

そこで質問なのですが、お医者さんが診断書の病名を『うつ病、発達障害』と言うふうに、2つ病名を書いて提出することはありえるのでしょうか?

やはり、どちらか1つの病名になるのでしょうか?

だとしたら、どちらの病名が無事に更新できる可能性が高いでしょうか?

あと、今のご時世で障害年金の審査
①厳しいのか?(コロナで財政が厳しいとかで)
②ゆるいのか?(芸能人の自殺などで、うつ病などを重要視して)

①、②どちらなのでしょうか?

現時点で、就労支援A型の利用者で、給料も月に手取り6万くらいです。

もし不支給になったら、この先やっていけません。暮らしていけなく、病気が悪化し、自殺という結末になると思います。

色々お聞かせください。

回答よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

障害者年金更新について


現状の3級に対して、更新時に、2疾病とも起算することで、等級表による併用で3級の者が級があることがあることがあります。
等級表の認定基準を満たすことがないときは更新することはできませんが、傷害一時金手当てを受けることがあります。
また、鬱では3級でも、発達障害で程度によりますが、認定基準で二つ疾病を併用することで一つ上の等級を認定することも可能です。

障害年金の等級表,1級2級3級の認定基準
障害の程度によって、受け取れる年金額が変わります。 また、症状が軽減したり、悪化した場合には、障害の程度(等級)が変わる可能性があります。悪化した場合には、悪化した状態で請求をする額改定請求という手続きを取ることができます。

障害手当金 (厚生年金保険法施行令)
障害厚生年金では障害等級の3級よりも軽い障害が残った場合に、一時金として障害手当金が支給されます。
傷病が治癒したものであって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものをいいます。

障害者年金3等級では月にして6万円程度支給額か思います。収入と合わせても12万円程度であれば、生活保護基準に照らすこと、国が定めた最低限度の基準以下であるように思います。
保護の場合は、所在地級地区分で定めた保護基準をもとに、就労乳その他の収入に対して、月額にして、保護基準に満たないときは、不足するものを保護費で補うことで、最低限度額にして最低限度の生活を保障するものです。
また、就労収入は、基礎控除額いって、収入額の多寡による基礎控除がに決まりがあり、基礎控除後の所得額を収入として認定することになります。
例、6万円の収入であれば、基礎控除額(月)は2万円程度の基礎控除額になります。
収入6万円から2万円を引くことで、4万円が収入となります。
障害者年金額6万円と基礎控除後の4万円で10万円となります。

月10万円では、保護基準額を下回ると思われることから、不足するものを保護費で補うことで最低生活を送ることができます。

保護には、生活費に加算制度で障害者加算が付くことで、最低生活費が増えます。
先ほどの基礎控除額は、保護費と別となり、職場などの付き合いで必要とする経費を賄うことできる自由にできる金銭です。

障害年金がなくることで、収入以外何もないときは、収入で不足するものを保護費で補うことになりますので、保護費の支給額が障害年金分増えることになりなっても最低限度の生活費額は変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/02/28 15:06

病名を複数記載されることはありますよ



コロナ関係なしに年金の審査は数年前より厳しくなりました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/02/27 17:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング