システムメンテナンスのお知らせ

中学生です。この前初めて太宰治の小説を読んで、文章や言葉の並べ方にめちゃくちゃ感動しました。太宰治の人生もすごく衝撃的でした。
でも太宰治の小説を読んでから、それからずっと泣きそうで何をするにもずっと夢を見ている気分で、こんなにも心を打たれたのは初めてで困惑しています。
ずっと気持ちが落ち着かないのですが、どうすれば良いのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

私は中学生時代に、中島敦の「山月記」をみて心が震えました。


短い小説ですので、おすすめします。
あとは小学校六年のときに「星の王子さま」をみたときにも感動しましたね。
青年期に呼んでよかったのは志賀直哉の「城之崎にて」ですね。

もちろん太宰治は太宰の魅力があります。でも中学生の多感なときこそ、さまざなジャンルの本を読んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

星の王子さま、読んでみたかったので読んでみます!ありがとうございます。

お礼日時:2021/02/28 19:04

三島由紀夫の「潮騒」や川端康成の「伊豆の踊子」を読んではどうでしょう。

気分が変わると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!読んでみます!

お礼日時:2021/02/28 19:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング