システムメンテナンスのお知らせ

10年前に購入したアクリル樹脂製バスタブを露天風呂として屋外に設置しています。
2年前冬水を入れたままで水面を凍結させてしまい、上部縁に亀裂が入りました。
氷の膨張の力による亀裂と思います。屋外に設置していますが普段は紫外線除けの
シートで包んではいますが 多少の紫外線による強度の劣化はあるとは思います。
住まいは鹿児島ですが 南国でも冬数回は霜が降りて屋外で水は凍ります。
上部の亀裂をFRPで補修したいと思います。どのような方法、材料を使えばいいのでしょうか。
詳しい方、経験のある方がいらっしゃいましたら教えてください。
プライマーが必要か、耐熱性FRPを使うべきか。耐UV、FRPの上塗りが必要か、
亀裂のある上部だけの補修でいいのか、それとも全体にFRPを塗る必要があるのか、に付いての質問です。よろしくお願いいたします。

「アクリル樹脂製バスタブの補修方法」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 質問見てくださいましてありがとうございます。
    亀裂は上部だけで漏水はありませんが
    ただこのままだと亀裂にしみ込んだ水が凍ると亀裂が拡大されて行きますので
    補修の必要性が見た目と亀裂拡大対策と言うことになります。

      補足日時:2021/02/28 09:29
  • コンクリートで同じような形の浴槽を作り最終的な仕上げにコンクリート用プライマーを塗り、
    バスタブ用耐熱FRPをグラスファーバーを重ねながら厚みをもたせ、最後にUV対応FRPで仕上げた
    露天風呂を15年前作って現在も使っています。今回このようなアクリル樹脂の既製品の補修となると
    まずコンクリートとは違うのではないかと、質問した次第です。なるべく自分でやることに挑戦しているところです、どうぞご理解を・・。
    https://furukawaseizan.blogspot.com/

      補足日時:2021/02/28 10:27
  • シリコンコーキングでとのご意見もありました、まずやってみましたがあくまで応急処置にしかならず、添付画像で見えるうっすら汚れているようなのがシリコンコーキングの跡です。購入当時のようなきれいな仕上がりは求めませんのでしっかりした亀裂対策を施したいと思っています。

      補足日時:2021/02/28 12:46
  • 貴重なご意見を頂いて助かっています。
    バスタブ本体がアクリル樹脂製という事は大事な情報のようです。
    亀裂も単に凍結だけが原因ではなく10年間の紫外線に劣化もある
    と考えるべきでした。その上でどうするかを検討するという事で・・・

      補足日時:2021/03/01 01:14
gooドクター

A 回答 (9件)

材質は「アクリル樹脂製」に間違いは無いですね。



ひび割れの隙間がどの位あるかによりますが「アクリサンデー」を使えば
アクリルを溶解して、溶解したアクリル成分が密着して、結合・固化します。
https://amzn.to/37UKJul
要は「接着剤」なので、充填剤ではありませんから、隙間が大きいと難しいです。
試したことは有りませんが、アクリルを溶解したアクリサンデーを注射器で注入するかなぁ?? この場合は自己責任で願います。

「シリコンは念入りに落とすしかないけどぜっていにだめ」とありますが、
そうではなく「シリコンコーキング剤」も「変性シリコンコーキング剤」も、アクリルには付かないので簡単に「剥がれて」使えないというのが正しいです。
たわしででも擦ればすぐに剥がせます。

FRP云々されていますが、FRPとアクリルとは素材・組成が全く別物ですから、FRPで修復は不可能です。
もしおやりになるのでしたら、今のバスタブを「型」としてFRPで一体成型加工して造りなおすことになります。
DIYでもやれますよ。
ただ、結構なお値段は掛かります。
バスタブの大きさによりますが、材料費だけで10万前後をみつもっておいたほうがよいでしょう。

見栄えを気にしないのなら、取りあえずは厚地のアルミ箔テープ
例えば      https://amzn.to/2Ob6puR
或いは銅箔テープ https://amzn.to/3kw0mND

アクリルは環境には強くは無いので、
屋外で10年でしたら、そろそろ寿命と心得た方が良いですよ。
ここだけ直しても、多分全体に痛んでいる筈です。
屋外で長く使うのでしたら「FRP」に置き換えるのが宜しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

購入時商品説明にありました、アクリル樹脂製に間違いありません。蛇口を取り付けるために自分でドリルでコア抜きしましたので確認しています。
「アクリルサンデー」は持っていますし使ってもいます。思いつきませんでした。コンクリートで5㎝厚の浴槽を成型して表面を耐熱性FRP(バスタブ用)を使って露天風呂を作って15年になりますがまだ健在です。ご意見を参考に思えば、このアクリルバスタブをベースにして新たに耐熱FRP(バスタブ用)を覆えばいいのかも知れません。(厚みはグラスファーバーを重ねて)仕上げに耐UVFRPを塗る。結局コンクリートで作ってFRPで仕上げた風呂と同じで補修というより新たに作ると言った方がいいですね。若い頃ヨットの修理にFRPを使った経験もあります。ベースの材料と補修で被せる材料と材質が異なる風呂の場合、表面(補修素材)が45度の熱を受け、仮にベースが常温で20度とすれば僅かながらでも熱膨張が起きると思いますが、素材が異なる2つは長い間で剥離する原因(熱膨張率の差)になるのではと想像します。補修ではなく全体をFRPで覆う場合アクリルの表面をサンダーを掛けて荒くしてプライマーを塗布した上に耐熱性FRP、耐UVFRPで仕上げる、という方法が適切という事ですか・・・。新たにバスタブを買うよりも安くで済みます。貴重なご意見ありがとうございます。検討してみます。アクリルに塗るFRP用プライマーがあるかどうかですね・・・。

お礼日時:2021/03/01 00:58

グラスウールを厚くして成型されれば、強度はFRPが担いますから、


既存のアクリルバスタブはそのまま外装として、
或いは撤去してFRPバスタブだけで使用されても良いのではありませんか?

№8は、そう意味で回答させて頂きました。
アクリルバスタブに想いが残されるのか、否かですよね。
アクリル自体は№7で申しました通り、
屋外仕様ではそろそろ寿命と考えるのが妥当と思います。
もしアクリサンデーで修復できたとして、当座は保たれても、
他に新たなヒビが入ってくると思いますよ。
この劣化の進行を止める方法は知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました

ご意見の通りだと思います。劣化し始めたアクリル製バスタブをベースにしてカバーするように耐熱性FRP(浴槽用)とグラスファイバーを重ねながら5ミリ程度厚みを出して仕上げに耐UVFRPを塗布するという方法が適切かと思います。当初部分的な補修で済むかと考えたのはアクリルの劣化は考え無かったからです。普段UVカットのシートでカバーしてはいましたので屋内と同じように劣化が無いと思い込んでいました。大変参考になりました。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/01 03:16

バスタブを型にするだけですから、アクリルの表面処理もプライマーも必要ないと思いますよ。


ヨットのFRP補修を行われた経験が御有りになれば、補足の通りで良いと思います。
FRPが新たなタブになれば、熱膨張は考える必要は無いでしょう。
アクリルバスタブは、外装だけお使いになれば良いと思います。

楽しみですね。DIY頑張ってください。
    • good
    • 0

ディスクサンダーで薄く削れば問題ないですね。


サンダー使いこなせるようなので削った後frp補修剤をネットで購入しそれでその部分補修して全体部ライニングしたら完璧になります。今TVで鹿児島黒豚「いちにいさん」と言う黒豚しゃぶしゃぶ店があってました。またコロナ落ち着いたら新幹線でしゃぶしゃぶ食べに行こうかなっと思ってたところでごあすw
    • good
    • 0

シリコンコーキングだけは絶対NG


もう施工したなら仕方ないが、、
シリコンコーキングの上からなにの材料被せてもシリコンが邪魔しても弾く。念入りに落とすしか無いけど無理です。
施工しようとすると取り敢えず念入りに落としてその上からかなり分厚く広めにシリコンが付いて無い部分にドームの様に包み込むしかありません。
福岡だったら見に行けるのに。(無料で)
鹿児島はいい思い出ばかりで中央駅近くの黒豚しゃぶしゃぶの味が忘れられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

博多もなかなか安くて美味しい店は沢山あるじゃないですか。
ご意見ありがとうございます。参考にいたします。
バスタブ、補修する部分はデスクサンダーで薄く面を削る積もりです。
https://furukawaseizan.blogspot.com/自分で家を建てています。

お礼日時:2021/02/28 18:25

なんかシリコンコーキングで補修出来そう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。シリコンコーキングでは難しいでした。

お礼日時:2021/03/01 01:09

FRPの扱い経験があるということなら書いておくほうが良かったでしょう。



>まずコンクリートとは違うのではないか

直し方によっては大きく変わりません。
>プライマーが必要か、FRPの上塗りが必要か、
>亀裂のある上部だけの補修でいいのか、それとも全体に

プライマー以前にアクリルとの接着力の検討になれば、基本的に足付けは必要でしょう。
FRPの上塗りというのはFRP補修する上でどの段階のことを言うのか?

亀裂部分を「広く覆う」ことで足りる破損のようなので、全面は必要ない気はしますが、現亀裂以外の部分の事前保護対策で全面行うという考えもあります。

亀裂自体はアクリル用の接着剤を使って先んじて補修(補強)しておくほうが良いと考えます。
亀裂が狭いと樹脂は入りにくいので、FRP施工できる樹脂の粘度では不向きかと。
FRP補修ライニングは破損部事前処理あってのものと考えます。
(まるっと浴槽丸ごとFRP覆ってしまうなら別ですが)

>耐熱性FRPを使うべきか。耐UV

浴槽ということから通常のFRPでも充分耐える温度にしかならないと考えますが。
耐UVは塗装上塗りするかどうかということでも変わるかと。
FRPがポリエステルでもエポキシでもゲルコート仕上げにしても、無処理放置なら紫外線で劣化はします。
どのくらいもたせるつもりかでもありますが、耐UVを使っておけば未対策品よりもつことは確かです。
しかし塗膜が有れば紫外線に対しては剥き出しより安心という考えが出来ます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。ご意見を参考に検討いたします。

お礼日時:2021/02/28 12:49

浴槽樹脂ライニング工法と呼ばれる施工で再生させる事が可能ですが、下処理とかいろいろ面倒ゆえ、素人ではできないと思います。

 専門家に任せるしかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご意見を頂いてNo7の方の後になりましたが、
ご意見の通りライニング工法が適切なのかもと思えます。
コンクリートで作ったバスタブをFRP仕上げ(耐熱性FRP使用)たり
FRP製ヨットの補修の経験がありますので 素人ではありますが
自分でやれると思います。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/01 01:07

見た目の問題ですか?


漏水の問題ですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング