システムメンテナンスのお知らせ

「g_μν, g_μν, λ(=∂g_μν/∂x^λ), g_μν, λσ(=∂^2g_μν/∂x^λ∂x^σ), だけから作られ、g_μνの2階微分(=g_μν, λσ)については1次式になっているような、
2階対称テンソルX^μνは、
X^μν=C1R^μν+C2g^μνR+C3g^μν
に限られる。特に、
∇_νX^μν=0
ならば、
X^μν=C(R^μν-1/2g^μνR+Λg^μν)
に限られる。ただし、C1, C2, C3, C, Λは任意の定数とする。」
を証明してください。この証明は、富岡竜太著「あきらめない一般相対論」の299ページから載っているのですが、私には理解できませんでした。

gooドクター

A 回答 (1件)

私には理解出来ました。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧に証明してくださらないでしょうか?

お礼日時:2021/02/28 20:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング