システムメンテナンスのお知らせ

【助けてください、目指すべき大学が分かりません】
こんにちは。僕は現在20歳の高卒ニートです。
ただ、未だにどの大学を目指すべきなのかを決めきれずにいます。
僕が大学で学びたいと考えている学問は「アストロバイオロジー」と言われるものです。
アストロバイオロジーという学問領域の中でも、とりわけ僕が興味を抱いているのが「地球外生命探査」です。ただ、この分野、非常に奥が深いんです。
この奥深さこそ、僕が大学選びに苦戦している最大の原因です。
例えば、まず、この問題を考える上で「何をもって地球外生命体と呼ぶのか」について定義する必要があります。
僕ら人類は地球上の生き物についてはある程度分かっています。裏を返せば、僕ら人類は地球上の生き物一系統しか知りません。大腸菌であっても人と変わらない遺伝子構造なりDNAなりを持っている、つまり元を辿れば同じ系統であると言えます。
確かに、クマムシのような極限環境生物の発見のせいもあって「宇宙には溶岩で覆われた生き物がいてもおかしくない」みたいに考える人がいるかもしれません。 
しかし、そうなると何を観測すべきか分からなくなります。科学的な議論として進めるためにも理解の範疇を越えないように、すなわち僕らが既に知っている地球上の一系統の生命を基本とした条件付きの定義をする必要があります。
これは一見、生物学の分野に近いように思えますが、【生物学】は「生命の定義とは」といった問題に深く関わってくるような学問ではありません。
別の観点から話すと、かの有名な【物理】学者シュレディンガーは「生物とはエントロピー増大の法則からズレたモノである」と主張していました。
エントロピーと言われる尺度は全体としては増大しています。ただ、生物単体に見ればエントロピーが減少しています。例えば、酸素は反応性が高く、空気中に長時間留まるのが難しい気体です。しかし、地球上の光合成生物は酸素を吐き出しているため、光合成生物の周りに注目すればエントロピーは増大していません。牛のゲップによって生成されるメタンもその一例です。
こういった、大気の本来あるべき姿を異なった状態に変える性質を持つものが生物だと考えれば、望遠鏡なり探査機なりで惑星や衛星の大気成分を調査すれば何か発見があるかもしれないです。
生き物がエネルギーを放出するには、エネルギーが与えられ続ける環境が不可欠なので、観測すべき対象も定まります。
他にも、仮にどこかの惑星に植物があったとして、地球上の植物は赤外線を反射するので、それを踏まえると、観測している惑星が自転するたびに赤外線の反射が見えるかもしれません。
(前述したように、理解の範疇を超えないように議論を進めなければならないので、地球上の生き物を基本として考えています。)

また、地球上の生物は水と有機物で構成されているのですが、この有機物自体を観測しようと考える事も出来ます。
有機物は複雑な形をしているので、分子が吸収する光の波長が多く、スペクトルによる見え方が特徴的だと言われています。電波望遠鏡でアミノ酸に近い物質が見つかっていて、それを応用可能なんじゃないかと言われてるくらいです。
上記のような望遠鏡や探査機による観測は【天文学】や【宇宙工学】に関わってきます。

近年話題になっているAIですが、地球外生命探索にAIを適用する日が来ると考えています。AIが導入されれば、人には見つけられなかった地球外生命体の証拠を提示してくれたり、莫大な量の観測データを想像を超えたスピードで解析・処理してくれるかもしれないです。
これは【情報工学】に関わってくる問題です。


前置きが長くなり、申し訳ありません。
ここまでお目通しいただきありがとうございます。
僕は、「どの分野が中心となるでもなく議論が展開されていくのが地球外生命探索」だと思います。
何が言いたいのかというと、僕は【物理】や【天文学】、【宇宙工学】、【情報工学】といった学問を総合的に学べる大学に進学したいのです。
ただ、調べた結果、少なくとも日本国内ではそういった大学が無いと分かりました。
海外なら、あるのでしょうか。(リサーチ不足で申し訳ありません。)
ただ、このコロナ渦で海外に行くとなると気が引けますし、そもそも家は年収500万ほどしがないので仮に合格出来たとしても学費がバカにならないと思います。
本当に頭を抱えています。
ご教示ください。

gooドクター

A 回答 (4件)

本題からは外れますが、質問文に聞き捨てならない箇所があったので参考として少し。




生物学について「生物学は『生命の定義とは』と言った問題に深く関わってくるような学問ではありません」とありましたが、これはとんでもない勘違いだと思います。なぜなら生物学の究極の目的(少なくともその一つ)が「生命とは何か」すなわち「生命の定義」を知る事だからです。


もちろん現在でも生命の定義は一応存在しますが、その定義だとウイルスが生命の定義に当てはまらなくなるなど「本当にその定義でいいの?」と言った疑念が出て来ます。また生物学者の中には「鉄の錆は生物である(と考えてもいい?)」と主張していた人もいるそうですし「生命とは何か」は極めて興味深いテーマですが、これに肉薄するには既存の生物を地道に研究するしかありません。なので一見「生命とは何か」の研究に見えないかもしれませんが、その先にあるのは紛れもなく「生命とは何か」と言う生命そのものに対する理解だと思います。


PS:本題に戻すと、地球外生命に関する研究は「宇宙生物学」と言う分野になるようですが、生物学科で開講している所があるかどうか知りませんし、仮にしていたとしても「開講科目の一つ」と言う程度のような気がします。開講科目を公式サイトで公表している大学もあるので、そう言った所から探してみるのが妥当だと思います。
    • good
    • 0

はっきり言えるのは、情報工学関連はまず除外される(であろう)と言う事です。

AIはあくまでも地球外生命探索の道具であって、質問者様の場合はAIそのものを勉強する事が目的ではないはずだからです。それと同じ意味で「○○工学」も対象外になるはずです。


普通に考えれば宇宙ないし天体関連の学科になりそうですが、質問者様が希望されている分野はかなり限定されたものになりそうなので、少なくとも「地球外生命に関する勉強だけをする所」は、大学院ならまだしも大学(学部)には恐らくないのではと思います。
    • good
    • 0

貴君の興味あることを本格的に研究するためには最低限でも大学院博士課程に入れるだけの能力が必要であり、これから入学するのであれば9年間以上(場合によっては短くもできるが)以上は学生生活。

守備よく学位を取っても就職口は世界的にも狭いものと思われます。つまり相当の覚悟と計画が必要。
大学では他学部の聴講もできるので、大きな大学であり、一番興味がある分野の教員が在籍していればどこでもいい。
研究者探しは、この分野の学術雑誌(英語)も出ているようなのでそこから程度の高そうなものを探して投稿論文を読み判断しますが、あなたが研究に入れるようになった数年後には異動しているかもしれません。
    • good
    • 0

大学選びはわからないですが、奨学金等の制度がありますよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング