gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

auって7ギガで5700円のプランの時(LETフラット)もあったのに20ギガで2480円に抑えられるようになったのはなぜですか?
povoのトッピングのデータ使い放題ってどういう意味かわかるでしょうか。

gooドクター

A 回答 (4件)

政府が大手3社にスマホ料金、取りすぎだからもっと安くしろと言ったのがきっかけですね。


以前の通信会社は、消費者から多くの携帯料金を搾取していたという事です。

POVOのトッピングですが
通常は、20GBプランで2480円ですが
20GBという容量制限があります。
これを1日だけ、無制限で使いたいって人にトッピングで(別料金)支払って
データを無制限に使用出来るというものです。

使い方としては、明日休みだから、ネットを思う存分気にすることなく使いたいなって時に使用する感じですかね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

トッピングについて非常にわかりやすかったです!ありがとうございます。

お礼日時:2021/03/02 08:21

> 抑えられるようになったのはなぜですか?


そもそも論として全く同じサービスでは無いからです

まず第一に時代背景が違い過ぎる

まず 7GB:5,700円/月 を提供していた時代は

3G網全盛で4G網は始まったばかり

新規敷設に全く新しい設備投資と

その運営費と利益を乗せているのですから

相応に高くなるのは当然の結果です

対して20GB:2,480円/月 の現代は

4G網全盛なので通信経路の接続料金が

低廉で済むようになってるからです

第二に 形式上ではありますが

別会社によるサービス提供だからです

現状、別会社なのでpovoを利用するには

auからの転向であってもMNP手続きが必要になります

当然ですがキャリア・メールの提供もありません

第三に実店舗を構えず全てネット上で

契約から決済まで人員を介さず完結する仕組みをもって

人件費を極限まで削っているからです


> povoのトッピングのデータ使い放題ってどういう意味かわかるでしょうか。
https://povo.au.com/

普通に日本語が読めるなら理解できる筈ですが

どこが理解不能なのでしょう?

データ使い放題の下に「24時間」と書かれてますよね

更に その下には「200円/24時間」とまで

質問者さんの理解に合わせた書き方をすると

古い時代の料金プランは「7GB:5,700円/月」

という表記になり povoのトッピング 使い放題は

「無制限:200円/24時間」と表記されてるだけです
    • good
    • 0

端末と通信の分離が義務づけられて、端末代金の値引き額が制限された。



日本政府が20GBのプランでの値下げを要求して、ドコモがahamoを20GB 2980円(※当時)のプランが投下されたから、KDDIは、対抗せざるおえない状態になり、対抗しただけですw。

受付窓口がなし。すべてオンライン手続きのみのコスト削減です。

ドコモがahamoを2700円で提供すると発表したから、もう1波乱あるかな・・・

>povoのトッピングのデータ使い放題ってどういう意味かわかるでしょうか。

KDDIの特徴は、色々なオプションをつけること。
5分間の通話無料のオプション、通話定額のオプション、24時間のデータ通信使い放題のオプションがあるだけです。

LINEモバイルが、5分間の通話無料オプションにしたから、実質的には、KDDIだけの特徴は、24時間のデータ使い放題のオプションだけだね。
    • good
    • 0

端末代金の値引きを止めたからです

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング