引き落とし日が近づき、解約しようか迷っています。

内容 第*生命 15年確定年金
加入 H4.8   22歳加入 55歳満了   
月額 1万円   年払契約
60歳一時金   1200万+特別配当

現在主婦なので、この金額の年金の支払いが少し負担になっています。減額はできないとのことでした。「利率がいいから・・・」と生保のおばちゃんは言いますが、
将来、この会社があるのかな?と不安もあります。
解約でなく、月払いにしてでも続けるべきでしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 こんばんわ。



 続ける事をお勧めします。
 総払込400万円弱に対して、1200万ですか。一般にはお宝保険と言えると思います。予定利率が5%前後時期のものですよね。予定利率=利回りではありませんが、現在の低金利下では考えられない数字です。
 割と親切なおばちゃんのような気もします。会社側は実は大幅な逆ざや(その予定利率で運用できないので赤字)契約は解約して欲しいのです。また、通常外務員の給与に反映される成績は5年程度ですから、悪質な外務員なら現在の年金契約を解約して、保険料を引き下げた(当然受取は減る)年金に加入を勧める人もいないとは限りません。
 月払にしても続けるのがあなたの利益になると思います。1万×12ヶ月×98%、これが年払保険料に相当すると思います。安いと取るか、高いと取るかは別としても、続けるといいでしょう。

 将来あるかないか、これは誰にも分かりません。破綻は確かに怖いですが、現在は責任準備金の9割が保護される事になっています。解約金の9割とでも思って頂ければと思います。今まで支払った保険料と比較して如何でしょうか?

 この10月から確定拠出型年金(日本版401K)が始まります。これは全額所得控除できる個人年金みたいなものです。運用に自信があるようでしたら、ハイリターンなコースで受取額の大幅増が期待できるものです。(その逆に大幅減も。)
今は確定拠出型年金の動向に注意する時期と考えています。新規加入も、解約もこちらの動向を伺いつつ決める事も視野に入れてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

率直なご意見、ありがとうございました。がんばって契約を残していこうと思います。

お礼日時:2001/08/23 10:10

続けましょう。


今までの生命保険会社の破綻等を見ていると不安になるのも仕方ないと思います。
現在、外資系・ひらがな生保が安全だとかいろいろ言われています、しかし、国内生保の下位は別にして上位は、まだ安全だと思います。ただし、いつまで・絶対にとは、外資も含めて断定できませんが。

この年金を生命保険としてではなく、積立の貯金をしていると思ってください。銀行や郵便局に預金をしても、このような利回りで預金をすることは困難だと思います。できるだけ続けて、無理なら払い済みや借入をして、契約を残しましょう。

そして、どうしても月1万円が苦しいのなら そのときに解約をしましょう。
解約をするのには、もったいない保険だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。がんばって続けてみます。

お礼日時:2001/08/23 10:11

会社によってことなりますが、55歳払込満了を60歳に引き伸ばしてみたらいかがでしょうか?


出来ないかもしれませんが、取り扱っている会社もありますから・・・聞いてみる価値はあると思います。
そうすれば、保険料の負担も少しは軽くなるのではないかと思います。

H4年の年金はのどから手が出るほどうらやましい年金です。
ぜひ、続けてください。

しかし・・・破綻となると・・・かなりの痛手になりますが・・
たしか・・・H4年ごろの年金なら15年間ぐらい続けていると元本割れはなかったと思います。(これも、確かめてください)

確かめる方法ですが、営業のおばちゃんには聞いても無駄かもしれません。
払込期間変更などの難しい技は、既存の営業職員では出来ない可能性があります。
知識がないので・・・出来ないと言い張るからね!

約款の裏にフリーダイヤル書いてありませんか?
または、年に1回ぐらいはがきか手紙きてませんか?
そこにフリーダイヤルが書いてあったら、そこに電話しましょう!
そこなら、的確に答えてくれますよ。
ただし、解約する・・・とかはけして口にしてはいけません。
すぐに連絡が入り担当者が来ますから(笑)

では・・・頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見、ありがとうございました。続けていく方向でがんばります。

お礼日時:2001/08/23 10:08

>>将来、この会社があるのかな?と不安もあります。


という部分で考えれば、どこの銀行であっても生保であっても同じリスクをしょっていることになります。
ただ、多少なりともその部分での不安を解消したいのであれば、”最大手”と言われる会社に乗り換えるべきでしょう。
ただし、『毎月1万円』で今と同額の保証は得られませんが・・・・

>>解約でなく、月払いにしてでも続けるべきでしょうか?
お続けになるのであれば月払いに変更するのはおやめになったほうがよろしいと思います。
保険料が割高になります。
保険料引き落とし専用の口座を作って、そこに毎月1万円ずつ積み立てていかれてはいかがでしょうか?

その『毎月1万円』が家計を圧迫するぐらい負担になるのであれば、解約されるしかないと思います。
払い込んだ金額くらいは返ってくると思いますよ。
(詳しい金額は生保でお確かめください。)
ただ、その後改めて加入する場合は『月1万円』ではいれる年金は”無い”と思ったほうがいいでしょう。

自社職員に結構な額の給料を払いながら”逆ザヤ”という大義名分のもとに利率の引き下げをしていますから『年金保険』といえども以前のように魅力ある(?)『金融商品』ではなくなってきています。

『なるべくお続けになるほうがよろしいかと思います。年払のままで・・・』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。生保会社の動向に気をつけて、続行していきます。

お礼日時:2001/08/23 10:06

この会社がある無いか?  現在の経済情勢から考えて下位の生保が満期の


来る頃までの存続する確率は少ないです。

日本の生保で生き残るのは上位4社位と考えています。

現に私の加入の日本でトップと言われている生保でも加入時には掛け金が段段
減るはづでしたが今逆に増えています。

今までの払込済みの金額と、解約返り戻り金の差額を計算をして戻る金額が
多ければ再検討も必要かも知れません。

公的年金も現在厳しい環境になっています。既に受給資格のある人は
ともかく、現在30代の方が公的年金を補う意味での個人年金の選択は難しい
時代でです。

俗に言う生保のおばちゃんは保険の知識は余りありません。
会社の指示、マニュアルにしたっがて話すだけですから。

長期にわたる保険の将来を確実に予想できる人は無いと思います。
生保の会社に関係の無い生保のコンサルタントに聞くのが現在ではベターと思います。

有価証券の投資と同じで、生保の加入も現在は自己責任の時代と思います。
全ての広告と同じで生保の会社も一番良い事を強調し最悪のことは申し訳の
ように約款に中に小さく書いています。

現在の日本の生保の大多数が相互会社です。やがて株式会社になり株主の
厳しい目に監視されより厳しい経営を余儀なくされるようになると思います。

総論的なアドバイスになりましたが、現実の支払いに無理があるようですと
一考の余地がありそうです。

契約の条件はバブル期の運用での計算のようです。満期時の受け取りが額が
果たして100%保証されるかどうか分かりません。

現に破綻した生保に加入し掛け金すら満足に返らないケースも出ています。
満足なアドバイスになりませんが参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。どうもおばちゃんの言葉を信じられなくって・・・。
がんばって続けていきたいと思っています。

お礼日時:2001/08/23 10:03

解約はいつでも出来るので、支払い面を工夫して続けられないか検討してはどうですか。



年額12万がきついのは使い込むからです。使い込まないように支払い方法を年から月に変更できませんか。60歳以降に大きな補償があれば(ご主人の年金プラスα)
解約もいいかと思いますが、銀行預金をしてもつぶれれば補償は現在で1,000万円まで、これも将来減額されるかもしれません。すでに10年近く払い込んでいるわけですから将来のためになんとか続ける方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。がんばってみます。

お礼日時:2001/08/23 10:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税税額通知書に記載された従業員のマイナンバーの利用について

住民税税額通知書に従業員のマイナンバーが記載されていますが、
その中には会社へのマイナンバー提出を拒否している者のマイナンバー
も記載されています。
住民税税額通知書により入手したマイナンバーは、利用目的を明示して
本人から収集したマイナンバーと同様に、源泉徴収事務以外の利用目的
(例えば雇用保険、健康保険等)で利用しても良いのでしょうか?
それとも、源泉徴収事務のために提供されたマイナンバーであるので、
源泉徴収事務以外には利用できないのでしょうか?
(番号管理も、本人から収集したマイナンバーとは区分が必要でしょうか?)

Aベストアンサー

>住民税税額通知書に従業員のマイナンバーが記載されていますが
 ・この件に関しては、下記の様な問題点が提起されています・・一読をお勧め
http://news.mynavi.jp/series/mynumber/061/

>住民税税額通知書により入手したマイナンバー
 ・マスキングしてから給与担当に渡す・・利用しない
 (電子データとして貰って、ナンバーを削除するのが望ましい)
>マイナンバー提出を拒否している者のマイナンバーも記載されています
 ・利用不可・・後のち問題になった場合、会社の責任問題になる
 ・法的には義務だが、違法では無い(現在まだ強制の段階に無い)
  会社は提出するように要請できるが、個人が提出しないも可能・・・会社がその旨の説明を関係官庁にをすればOK
・現状、そのマイナンバーに関しては、知り得ない情報として処理した方が賢明です

Q年払いの生命保険を年の途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金はどうなる?

年払いの生命保険を途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金について教えてください。

例えば契約日が1月1日の年払契約で、3月10日に解約した場合、1年分の保険料のうち、12分の3は解約控除等考慮されたいわゆる解約返戻金として精算、残り9/12は解約控除等が引かれる前の保険料返還金として精算、という考え方でよろしいでしょうか。(実際の名目は全て解約返戻金として精算されるかもしれませんが、あくまで考え方の話です。)

昔(例えば20年前)は、月割りの考え方はなく、年払保険料すべてが解約控除等考慮後の解約返戻金として精算していましたが、ある時点から月割りの考え方に変更になったと記憶しています。その点、詳しい方がいらっしゃったらご教示いただきたいです。

Aベストアンサー

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。
年払い保険料の返還についてですが、考え方としては適正です。

上記の例で申しますと、1月~3月まで保険料に充当 4月~12月分を返金します 
ということになります。
この返金になる保険料を「未経過保険料」と呼ばれます。
あくまでも半年払いと、年払いが対象です。

この未経過保険料は、契約者保護の観点を目的として
2010年(H22年)4月1日から保険法改正により施行されました。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q1005.html


ご注意点としては
・これ以前の契約は未経過保険料に適用はありません。
・これ以降であってもすべての保険会社の商品が対象でなない
・一時払の契約については対象外です。(全期前納契約は対象)

ということです。詳細は、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

Qこれはアンケートです。 マイナンバー詐欺が横行自分はマイナンバーを取得するか偽装して「他人のマイナン

これはアンケートです。
マイナンバー詐欺が横行自分はマイナンバーを取得するか偽装して「他人のマイナンバーを聞き出す」この場合自主的にマイナンバーをしゃべらせるテクニックで法律上は詐欺には当たらない?皆さんの意見をアンケートにお願いします。

Aベストアンサー

アンケートに答えます。その種の巧妙な詐欺は、増えると思います。想像も出来無い、芸術とも呼べる程の巧妙さで。

Q主契約の払込期間が満了し、災害・医療関係特約の保険期間を80歳満了に更

主契約の払込期間が満了し、災害・医療関係特約の保険期間を80歳満了に更新する事が出来ると言われました。
入院5日目から1日5000円の保証で、一括80万程の支払額です。かつて抗がん剤治療を受けていますが癌保険には加入しています。更新したほうが良いか迷っています。助言をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。お答えしたくて登録したばかりですが…

80歳までの保障ですよね?もしガンを患っていなければ、終身の医療保険がいいのですが…無理ですね(>_<)しかし、5日目からの給付は古いタイプの保険です。やはり短期入院から保障される1日目からがいいのでは…。

残念ながら、更新をせざるを得ないかと思いますが、商品の変更はできないか?担当に聞いてはいかがですか?入院1日目からの保障はできないか?

医療の特約は大事ですが、災害の特約はいらないのでは?もし普通死亡の保険が200万程度あるならそちらの特約は解約でよいのではないでしょうか?

できるだけ、安くする方法がよいです。というのもすべて掛け捨てですから・・・

あまり参考にならないかと思いますが・・・・以上です。

Qマイナンバー利便性で、マイナンバーの提示とは

マイナンバーのメリットとして、国民の利便性向上があります。

その中の一例として、児童手当の現況届の手続きをする場合に、今までは所得証明書や健康保険証のコピーが必要であったが、マイナンバーを提示するだけで済むという記事がありました。

このマイナンバーの提示とは具体的にどうすることになるのでしょう?
個人番号カードのコピーを添付するだけなら、確かに便利になると思いますが、
マイナンバーを記入するだけだと、証明というには弱い気がします。
また、個人番号カードを見せるとなると、逆に持って行くのが大変でデメリットになってしまうと思うのですが。

さらに、政府広報ページの「こんな場面であなたもマイナンバーを使います。」では、
下のほうに「※マイナンバーを用いる手続では、マイナンバーだけでなく、本人確認書類による本人確認も行うため、マイナンバーだけでなりすましはできません。」なんて書いてあります。
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/point/#sec1

Aベストアンサー

#2です。
>例に挙げた「児童手当の現況届の手続き」の場合は、個人番号カードを役所で見せるだけでいいと思うので、使い方は3通りになるかと思います。
(1)個人番号カードと、免許証など身分証明できるものを提示。
(2)個人番号カードのみ提示。
(3)書類にマイナンバーを記入。カード提示不要。
.
●いいえ、(1)と(2)は同じです。
つまり、個人番号カードは個人番号を収録した身分証だからです。
厳密には(1)では個人番号カードでなく個人番号通知表で事足りる。

Q生保の予定利率の引き下げについて

生保の予定利率の変更(下げ)が認められた場合、
今掛けている定期付終身保険(払込終了まであと5年)は
具体的にどうなるのでしょうか。

(1)受け取れる保険金額が減る。
(2)今後の月掛けの保険料が増える。

また、受け取れる金額が減り、それがいやなら
掛け金を増やす場合、変更が行なわれる前に
残りの掛け金を全納しても、受け取れる保険金額が
減るだけなのでしょうか?

記事を読んでいても、イメージがよくわかないので
教えて下さい。

Aベストアンサー

特定の会社に適用するのか、護送船団方式で全社に適用するのか、わかりません。

解らないと言うより、これは一部政治屋と小役人が考えたもので、無理筋です

結局は破綻寸前の会社の資産保全程度にわずか役に立たつ程度。

解約の停止などは預金封鎖と同じで、大混乱するだけ、とてもまともな国の政府が考えることではない。

必用のない企業は、さっさと市場から退場してもらうのが本筋です。

なお保険料を、前納しようが、払い済みにしようが、その保険会社に置いておく以上は保険金は減額されます。
また貯蓄性の高いもの(年金、養老、終身など)ほど、長年掛けたものほど、その減額の率は高くなります。

多分あなたのはそれに当てはまるように思います。

Q来年マイナンバー制度が導入されたら父と絶縁できなくなります

父から精神的虐待を受けており、絶縁する予定の者です。
私は19歳でアルバイトをしながら家をでるための貯金をためていますが、
マイナンバー制度導入の2016年10月にはまだ間に合わないと思います。

マイナンバーは不正利用されない限りは変更ができないと思われるものです。
(内閣官房HPマイナンバー制度よりhttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html)

もし2016年10月にまだ私が家にいて、父にマイナンバーの番号が見られてしまった場合は、
引っ越しした後など個人情報が抜き取られて一生父から逃れることができなくなるのでしょうか?

他人であれば私のマイナンバーを使うことはできませんが、父親が良親のふりをして「家出している娘を探している、マイナンバーを知っているから特定してくれ」と言われたら簡単に特定されてしまうと思います。
マイナンバーがあるためにその懸念を一生抱えるのは嫌です。
マイナンバーの情報が漏れるとこのような懸念が現実のものとなってしまうのでしょうか?

父から精神的虐待を受けており、絶縁する予定の者です。
私は19歳でアルバイトをしながら家をでるための貯金をためていますが、
マイナンバー制度導入の2016年10月にはまだ間に合わないと思います。

マイナンバーは不正利用されない限りは変更ができないと思われるものです。
(内閣官房HPマイナンバー制度よりhttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html)

もし2016年10月にまだ私が家にいて、父にマイナンバーの番号が見られてしまった場合は、
引っ越しした後など個人情報が抜き取られ...続きを読む

Aベストアンサー

別にマイナンバーの番号が見られてようが,見られまいが
肉親であれば 無条件に市役所などで 戸籍情報を検索できます。

 マイナンバーの番号はまったく関係ない。
どこから そんな荒唐無稽な デタラメの話を聞いたの?

Q保険に新たに追加加入、もしくは解約して新規加入?

父(55才)のことで、質問します。
現在、入院メインの保障に入っています。入院保障では、1日8000円、死亡保障では、病気では、580万、事故では、1000万に入っています。月の掛け金は、4000円です。
良いものがあれば、追加加入もしくは、新規加入を行いたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご加入の内容と保険料で見ると、おそらくいずれかの「共済」にご加入ですね。
その場合、多くは80歳あたりまでの保障になるかと思われますが如何でしょうか?
念のため、一度ご確認された方が良いと思います。
ひょっとしたら、「老衰」でお亡くなりになった場合には死亡給付金が出ないかもしれません。
なぜそう思ったかというと、死亡保障のところで「病気」と「事故」とされているからです。
病気に罹らずに亡くなる方はそう多く居ませんが、天命をまっとうされた場合には一円も出ないかもしれませんので、ここもご確認された方が良いでしょう。(病気「等」となっていれば大丈夫だと思います)

上記の点から、終身医療と終身死亡、あるいは長生き家系か否かでも変わるでしょうが、90歳以上までの保障がある定期保険(医療・死亡)のご検討が良いかもしれません。

もし現在ご加入されているのが「全労済のこくみん共済」であれば、「医療終身タイプ」を付加できる可能性がありますので、追加加入が良さそうです。

民間生保で新規加入となると、自分で取り扱っていながら思うのですが、若いうちはまだしも、50代となると保険料が大変です。慎重にお考えください。

ご加入の内容と保険料で見ると、おそらくいずれかの「共済」にご加入ですね。
その場合、多くは80歳あたりまでの保障になるかと思われますが如何でしょうか?
念のため、一度ご確認された方が良いと思います。
ひょっとしたら、「老衰」でお亡くなりになった場合には死亡給付金が出ないかもしれません。
なぜそう思ったかというと、死亡保障のところで「病気」と「事故」とされているからです。
病気に罹らずに亡くなる方はそう多く居ませんが、天命をまっとうされた場合には一円も出ないかもしれませんので...続きを読む

Q確定申告の「添付提出書類台紙」とマイナンバー通知カードについて

確定申告で控除申請のため「添付提出書類台紙」も提出するのですが、この「添付提出書類台紙」を提出する場合のマイナンバー通知カードの添付についてお尋ねいたします。

実はマイナンバーカードはないのですが、マイナンバー通知カードがございます。
「添付提出書類台紙」を提出するときは、このマイナンバー通知カードのコピーを台紙に貼り付ければいいのでしょうか?

また、マイナンバー通知カードは縦に長い形状をしているのですが、二つ折りして貼り付けてもいいのでしょうか?

以上2点でございますが、よろしくご教授いただければ幸いです!

Aベストアンサー

ファイナンシャルプランニング技能士です。

>このマイナンバー通知カードのコピーを台紙に貼り付ければいいのでしょうか?
お見込みのとおりです。
それでいいです。

>マイナンバー通知カードは縦に長い形状をしているのですが、二つ折りして貼り付けてもいいのでしょうか?
いいえ。
キリとり線があるので、キリとり通知カードの部分(「個人番号」がマイナンバーのことです)だけをコピーすればいいです。
大きさは半分になります。

Q保険加入するにあたっての月の収入から見た、月払いの大体の目安

 いつもお世話になっております。
現在27歳、月に約18万前後の収入がある一般OLです。
(未婚・女性・正社員・ボーナス有り)

結婚をしたい気持ちは有りますが、まだ具体的な話は有りません。

将来のため、医療保険・年金型保険・がん保険に加入しようと思っているのですが、
現在の収入に対して、月どのくらいの支払いが妥当なのか、
目安と言うものが分かりません。

今考えてるのは、
(1)オリックス生命さんの「医療保険CURE」月 4360円
(2)東京海上日動さんの「個人年金保険」 月 約23000円
(3)AIUさんの「がん保険」 月 約1154円

合計 約28514円 位です。

その他、結婚に向けた貯金もしたいなぁと考えております。
(予定は有りませんが、する気は有ります 笑)

この金額は妥当と言えますでしょうか?

皆様の目安と言うものが良く分かりません。

どうかご意見お願いいたします。

Aベストアンサー

#3です。

一番多いのは、個人年金も旦那さんのみ、という家庭です。
次に、奥さんだけが個人年金に入っている家庭ですが、上記に比べるとかなり小数だと思います。
一番少ないのが、旦那さんも奥さんもしっかりした保障に入った上、2人とも個人年金に入り、子ども全員学資に入っているところです。が、これだけで5~8万になるので、そこまでできるのはある程度余裕がないと厳しいでしょう。

ちなみに私の周囲では、旦那さんの保険に奥さんの保障を特約でつけているか、無保険が多いです。(30代前半です)
友達としては心配なんですけど、入れ入れとも言えませんし……。


人気Q&Aランキング