教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

マクロ経済学について質問です。

ハイパワードマネーって中央銀行が支配できるお金ですよね?

ならばなぜ現金がハイパワードマネーに含まれるのでしょうか?

現金を支配できるのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (1件)

ハイパワードマネーという用語は最近ではあまり使われず、日銀の統計ではマネタリーベースあるいはベースマネーという言葉が使われています。


いま、H=マネタリーベース、C=民間部門(銀行をのぞく)保有の日銀券残高、R=銀行保有の準備(日銀の当座預金と銀行手持ちの現金)とすると
H=C+R
という関係がある。Hを増やす主たるルートの一つは、日銀が主として銀行をから国債等を買い上げる(買いオペという)ことだ。国債を銀行から買いあげると、代金はいったんは各銀行が日銀に保有する当座預金に振り込まれる(Rの増加)のでHは増える。各銀行は民間部門の現金需要に応じて当座預金から引き出して(このとき日銀券が発行される)、民間に支払うことで現金(日銀券)が民間の手元に流れる。もちろん、日銀が売りオペ(国債を銀行に売却する操作)をすれば、逆にHは縮小する。このように日銀はHを増やしたり減らしたりすることを通じてマネーストックをコントロールしているとされる。M=マネーストック、D=民間部門保有の銀行預金とすると、マネーストックは
M=C+D
と定義される。つまり、マネーストックMとは民間が保有する現金と銀行預金の合計のこと。ではMとHの関係は?
MをHで割ると
M/H=(C+D)/(C+R)=[C/D+1)/(C/D+R/D)=(k+1)/(k+r)
M=[(k+1)/(k+r)]H                     (*)
を得る。ただし、k=C/D、r=R/D。kは民間の現金選好率、rは銀行の預金準備率。kやrが一定なら、MはHに比例して動くのでHを増減させることでMをコントロールすることができる。rは日銀が決定する預金準備率に大きく依存するが、kは民間部門の選好(通貨を現金で保有するか、預金で保有するかの民間の選択・選好)によって決まるだろう。
M=C+D
C/D=k
より
C=kM/(1+k)
を得るので(*)を代入すると
C = [k/(k+r)]H
となり、kとrが安定している限り、日銀がHが増やせば(減らせば)、民間保有の現金(日銀券残高)も増える(減る)ことがわかる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング