プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

化学に関する質問です。

水酸化金や塩化金、雷酸水銀は塩類でしょうか。

A 回答 (3件)

水酸化金はアルカリ。


塩化金は塩類です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

水酸化金がアルカリで、塩化金が塩類になるのは何故なのでしょうか?

お礼日時:2021/03/05 08:46

水酸化ナトリウムは塩基です。


水酸化ナトリウムの一体どこに塩基性塩の特徴があると言うのでしょうか。

>間違っていたらすみません。
完全に間違っています。塩基性塩というのは、液性が塩基性であると言う意味ではありません。
塩基性塩は例が少なく説明しにくいので、酸性で説明すれば、たとえば、NaHCO3は酸性塩です。H2CO3という2価の酸(2個のH+を離す能力のある酸)の片方のH+のみが塩となり、他方のHがそのまま残っているからです。これがさらにNaOHと反応すればNa2CO3になり、これは正塩です。ただし、これらの水溶液はいずれも塩基性です。酸性塩であるNaHCO3の水溶液も塩基性です。つまり、液性と酸性塩か塩基性塩かと言うことは無関係だと言うことです。
塩基性塩の例として、こちらにMgCl(OH)が挙げられています。これは2価の塩基であるMg(OH)2の片方のOHのみが中和され、塩基としての性質の元になっているOHがまだ残っているから塩基性塩なんです。

https://www.try-it.jp/chapters-9049/sections-914 …
    • good
    • 1

塩というのは酸と塩基が中和して生じるものなので、水酸化金は塩ではありません。


塩化金は形式的には塩酸と金から生じると考えられるので分類上は塩になるでしょう。
たとえば、金を同じ金属であるナトリウムにでも置き換えて考えれば明らかじゃないですか。水酸化ナトリウムは塩基であり、塩化ナトリウムは塩でしょ?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

>>ナトリウムにでも置換して考えれば明らか〜水酸化ナトリウムは塩基
“塩基性塩”ではなく「塩基」なのですか?
塩類とは“正塩”と称する中性塩と塩基性の塩基性塩と酸性の酸性塩を含む総称のことですよ?

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagakukiso/arc …
上記資料を見る限り、“中和してできた水溶液がいつも中性になるとは限りません”とあるので、
仰る「塩基」とは“塩基性塩”のことで、塩類であるのではないでしょうか。

間違っていたらすみません。

お礼日時:2021/03/05 14:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング