教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

高貴な血を持った方と穢れた血を持った両親から生まれてきた子供が、二重人格になる事はありましたか?

gooドクター

A 回答 (2件)

>高貴な血を持った方・・・天皇家の事なら笑止・・・


近親婚が多いので子供は短命でしたので、二重人格であるかは不明です。

血統を守るより、権力欲しさが勝って、有力豪族の娘を嫁にもらいました。
奈良時代は蘇我一族、平安時代は藤原一族、この中で藤原道長は
長女(彰子)を天皇に嫁がせ、その子供で有る天皇に次女(妍子)を
嫁がせ、その子供で有る天皇に六女(嬉子)を嫁がせました。

彰子の家庭教師が有名な紫式部で後から詠の名人和泉式部が加わりました。

「この世をば わが世とぞ思ふもち月の かけたることもなしと思へば」
自信満々の詠を残すのですから、凄いですよね。
    • good
    • 0

とくに「結婚で血を守る」といった意識はないと思います。

こうした「血を守る」というような意識になったのは、明治時代以降西洋の「右翼」思想に影響されて、発想したことです。天皇家や公家が守るのは「家の財産」や「儀式」といったもので、そうしたことのために「正妻」は家柄を重んじそれなりの家から迎えましたが「側室」は余り家柄や身分を考えず家柄の低い女性は「養子縁組」などで「形式上」の家柄を手に入れさせ婚姻させていました。今の右翼が騒ぐのは、日本の伝統を知らないからだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング