gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

キリストはユダヤ各地で教えを広め、奇跡などの魔術・妖術・手品などにも見える術で人々を惑わし、やがてとらえられ、裁判の結果、磔となり、
一旦死んだはずですが、やがて復活して弟子たちの前に再臨します。
そこでこれは一つの伝説かあるいは誰かが述べた話ですが、
キリストには彼にそっくりな偽物がいて、偽物をイスカリオテのユダが訴人してとらえさせ、
本物を逃がし、偽物が捕まって処刑され、本物が死体を墓から掘り出し、
弟子たちの前に「我は復活した」と叫んで出現したという説があり。
こういう推測はおかしいですか。つまり、ユダはキリストを裏切らず。
助けたことになる。
まあ、キリスト教の教えに背くもので、不謹慎ということになりますよね。
でもそう考えた方が合理的に見えませんか。
宗教の教えには背くが合理的科学的とはいえないか。
偽物と本物は同年齢ではなく、ある程度、齢が離れていて、それが、西暦がもともと
キリスト生誕年を紀元元年としたはずなのに、実は後で4年あるいは8年ずれていたという
説を生む遠因になったという説があり、これをどう思いますか。

偽物は今でいう紀元元年生。キリストは紀元前4年とか8年とかいう年の生まれ。

つまり姿形はよく似ているが、年齢だけが離れており、他人には区別がなかなかできにくいが、
一部の人々には見分けられる人々もいたらしく、その中にユダが混じっていた。

本物はオリーブ山で弟子たちと別れて昇天というのは、国外逃亡を意味したものでなかったか。
さらにサウロに出逢い、彼を改心させて使途に変身させた。

画してキリストはヨーロッパ・インドなどへ旅立ったという説に発展。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    http://www.vill.shingo.aomori.jp/sight/sight_mai …
    キリストの墓は青森にあり。

    ヨセフはキリストの養父だった。

    マリアには別に男あり。神と名乗る宇宙人などに犯され、
    あるいは娼婦とかいう説もあって、

    キリストの父は別にいる。

      補足日時:2021/03/07 00:06

A 回答 (7件)

でもそう考えた方が合理的に見えませんか。


 ↑
復活した、なんて荒唐無稽な話
と比べればはるかに合理的ですね。
そもそも宗教に合理性を求めるのが
オカシイといえるのですが。

キリスト以前はいったい何だったんでしょう。
事実、キリスト教原理主義の人達は
人類の歴史は2千年しかない、と主張して
います。
この方が合理的です。



偽物と本物は同年齢ではなく、ある程度、齢が離れていて、
それが、西暦がもともと
キリスト生誕年を紀元元年としたはずなのに、
実は後で4年あるいは8年ずれていたという
説を生む遠因になったという説があり、これをどう思いますか。
 ↑
面白いですが、キリスト教徒に刺されそうです。



つまり姿形はよく似ているが、年齢だけが離れており、
他人には区別がなかなかできにくいが、
  ↑
昔は写真などありませんでしたから、
あれがキリストだ、と言われれば、そのまま
信じる人は多かったと思われます。

手品をやるぐらいですから、そのぐらいの
芸当は十分に可能でしょう。

キリストなんて、所詮は2千年前の麻原尊師
です。
麻原尊師は、キリストになれなかったキリストです。
    • good
    • 0

人間の生命歴史的イエスの関する資料は皆無です。

 

イエスはテクトーンと言われる日雇い労働者なので文字が読めた可能性は
低く、子供の頃からシナゴーグで聞き覚えたものであり、学者のレベルにはほど遠いものだと思います。

イエスは、律法など否定をすることはなかったようですが、
自身により完成させるということを言われていた、と言いますが
新約聖書の作者が勝手にイエスの口に入れたもので、
イエス自身はそんなことはいってないのです。

イエスはユダヤ教徒なので、ほかのユダヤ人と同様に律法を重視していたと思います。

その当時のパレスチナの識字率は3%以下という研究があり、
イエスがテクトーンといわれる日雇い労働者であれば
文盲である可能性が極めて高いです。
例外的に簡単な文を読むことができたとしても、メモ程度の文でしよう。

聖書に書かれたイエスの言葉は、後世の創作です

正しく学びましょう
http://rokusann.sakura.ne.jp/newpage5.html
    • good
    • 0

イエスという人は、突っ込みどころ満載な、33年の短い生涯を送った人です。

そのうち、教えを説いたのは、30歳からの三年間だけだったそうです。

釈迦やモハメッドが、長い人間的な人生を送り、少しずつ教義を発展させていったのに比べ、イエスは、一番最初に人を集めて伝えた説教が、一番重要なものだったところも、当初から人間離れしています。

彼の教えが宗教になったのは、人間がどうしても逃れられない老病死を、乗り越えたからで、それがなければ、生き方の先生で、釈迦と同じでした。だから、本当は死ななかったんだろう、昇天しないで他国に逃れたんだろう、というのは、お気持ちはわかりますが、的外れになります。

宇宙人説もあるし、イエスは本当はいなかった説もあります。替え玉説も一理あります。青森やインドのお墓については、考古学的に、炭素検査でもして、年代が確定されているんでしょうか。インド説はアレクサンダー大王と混同したんじゃないでしょうか。

もし、イエスが替え玉を使ったり、他国に逃げ出していたら、後に残った弟子たちが、拷問に耐えながら、あれだけ熱心に布教活動に励んだかどうか。パウロは、初期キリスト教徒を迫害する立場でしたが、旅の途中、イエスに会い、説得されています。オリーブ山の昇天の後です。臨時で生死を越えてきた。

生誕日は、後付けで、ローマ帝国の担当さんが、間違えたそうです。

なお、現在の聖書は、1世紀から3世紀の間に、キリスト教が地中海世界に広がる間、多数の異本があった中で、人気投票のような形で、よく読まれているものを編纂したそうです。結果、たくさん存在した弟子の中でも、ペテロとパウロの教義が勝ちになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だから、ペテロ・パウロは復活した本物に出逢ったのでしょう。
処刑されたのは偽物。

そう考えてみてはどうでしょう。

お礼日時:2021/03/10 14:40

「イエスが復活して弟子の前に」等は聖書の記述としてよく知られている話なので「史料に出て来る話」と受け取って差し支えないと思いました。




イエス生誕の年が西暦元年ではないと言う話ですが、実在がはっきりしている歴史上の人物でも生年や没年がはっきりしていない事は珍しくないわけですから「イエスが生まれた本当の年は西暦四年」等と言った事は影武者(?)説を持ち出さなくても普通にあり得る事だと思います。
    • good
    • 0

歴史学的に言えば「二人のイエス」を暗示する史料は質問者様が挙げられたものくらいですし、またそれにしても「二人のイエスを想定しなければ辻褄が合わない」あるいは「二人のイエスを想定した方が自然」と言ったものではないので、少なくとも現時点では通説並びに常識である「イエスは一人だけ」と言う考え方に太刀打ちできるものではないと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれ、史料なんて挙げたかな。
まあ説があるとは述べたけどね。
あるといえば、あります。
NO2さんはSF的。

お礼日時:2021/03/06 22:40

大川隆法総裁のイエス・キリスト霊言を読むと、後世の弟子たちがイエスの神秘性、特別性などを示すための創作が聖書には入っているそうです。



処女懐妊は無く、普通に夫婦の営みで生まれた。
幼児狩りは無かった
十字架の最後の言葉は間違い

だそうです。

でも、復活は真実。
墓である洞窟からUFO内に移されて治療を受けて復活したそうです。
その復活したイエスを最初に見たのは、マクダラのマリア。

古代宇宙人飛行士説で言われているのですが、エジプト、マヤ、アステカ、インドなどの伝説では、宇宙人が神として地球人を指導していたと伝えられているそうです。
また、旧約聖書に繋がると思える、さらに古いストーリが彼らの伝説にはあるそうです。
さらに、世界各地で、人間のものとは思えない、古い頭蓋骨が出土しているそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エーリッヒデニケンじみてくる。

まあ天浮舟が円盤飛行船で世界を飛び回る宇宙人説はありますね。

キリストの墓はインドや日本などいろんな国にあり。

お礼日時:2021/03/06 22:42

一般のキリスト教でもイエスの復活を「ゾンビか何かみたいに文字通り生き返った」と受け止めているのはよほど保守的な派だけのようです。

なので替え玉を想定しなくても「イエスの復活」を科学的ないし合理的に解釈できる方法はあります。また聖書の記述だけを見ても、イエスがゾンビか何かみたいに文字通り生き返ったと解釈するのは不自然な箇所もたくさんあるので、そもそも「復活は文字通りのもの」と見るのは無理があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つまりイエスは2人いた。このほうがいいと思うのですが、

お礼日時:2021/03/06 22:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング