CR機は315分の1の大当たり確率くらいのが多いようですが、 なぜ良く大当たりする台とぜんぜん当たらないのがあるのですか。 数学の確率論からいえばありえない話で、そこには意図的に当たるようにないし当たらないようにしかけがあるわけでしょう。でなかったら、昨日は「爆発台で今日はダメ台」という現象はおきないはず。そこで質問ですが、店側はどんな「調整」をするのでしょうか。「釘しか調整しない」なら、回転数の差がでてくるくらいで、大当たり確率は理論上かわらないはずです。ちなみに私は「海物語3・3R」を打っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

一般論です。


> なぜ良く大当たりする台とぜんぜん当たらないのがあるのですか
おおかた2つのことが考えられます。

一つは、大当たりが発生しやすい(高確立の)抽選パターンとしにくい(低確立の)抽選パターンを用意して、そのいずれかをさらに抽選で決定している場合です。この場合、高確立か低確立かについて外観上(電飾や出目など)の変化が一切なければ、ゲームをしている人には連チャンやハマりとして意識されます。1/315という確立は高確立と低確立および双方を選択する確立も含めてトータルで発表された値ということです。

一方、純粋に1/315の抽選を行っていても、315回の試行で5回大当たりを引く確立が存在することもあり得るわけで、maizuruさんのおっしゃる
> 数学の確率論からいえばありえない話で・・・
ということはありません。例えば、コインを投げて表が出る確率は1/2です。従って、4回投げて4回とも表だったらちょっと驚きます。しかし、20回コインを投げて4回連続して表が出る確率は約50%もあるわけで、我々の認識している確率と実際の事象の発生頻度は異なります。つまり、ある事象(大当たり)は長い試行回数の中でまんべんなく発生するのではなく、偏って発生することの方が多いのです。これを確率通りでないと錯覚するのは人間の心理上仕方のないことで「クラスターの錯覚」と呼ばれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書きませんでしたが、高・低確率の抽選パターンがあるんだと思います。が、ある一定の期間でみれば(例えば、同じ台の一ヶ月間)、そのトータルでの大当たり確率は315分の1に近いのでしょう。 これに、釘調整や確変の要素が入り ・・・だと思います。 抽選パターンはオリジナルに組み込まれたプログラムに
よるんでしょうね。だとしたら、イベントとかいってそのパターンを店は調整しているんでしょうか(明日はイベントだから「高確率」パターンにするとか)。 それとも、それは不可なんで、せいぜい釘を調整して回転数が上がるようにしているんでしょうか。その辺が知りたいんですが。

お礼日時:2001/08/22 15:29

<補足>では、具体的に。


 釘じゃなく電圧ならではの症状
数時間打ってもぜんぜん回らなかった台が突然良く回りだしその後、優秀台に。
良く回り終日爆発の期待のあった台が突然ハンドルがスカスカになったり、
バネが弱く玉が飛ばなくなり、その後、大ハマリへ。

これではプログラムの消化に変化がでてきます。

ひとつ未解明なのはTTakさんのおっしゃる「2通り・・・」。これって
ロムの入れ替え(外部入力によるPC操作)だと思うのですが、この時
”電圧の変化”と微妙に同調しているような気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと貴重なコメントありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 14:30

今はほとんどの店が釘など触らなく、電圧で調整しています。


入賞時の”毎回抽選”というのも無く、
すべてプログラムどうり”だそうです。

先にもありましたが、サービスタイム前後の
客を付ける時、付いた時の出玉の調整は電圧で出来ます。
遠隔やロムの入れ替えは、けっこう大変です。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電圧で大当たり確率を調整ってことですね ・・・そうなんですか。

お礼日時:2001/08/27 14:27

>せいぜいできるのは、データをせっせととって、いつ頃いい「波」がくるかの勘を鍛えるしかない、といったところでしょうか。



違います。
他の方もおっしゃているようにあくまで確率のバラツキなのであって、「波」を読むことは不可能です。
結果論でいろいろ言うことはできますが、あくまでも結果を見て言うだけであって、台の内部では1/315の独立試行・完全確率方式で抽選されているだけです。
遊技者にできるのは「釘」を読んで割数以上に回る台を探し、その台で粘ることです。特に低交換率の店では、持ち玉でいつまで粘れるかが最も重要です。
    • good
    • 1

大当たり確率は「計算上」なだけであって、毎日常に同じ結果が得られるとは限りません。


何故なら1/315というのは「315回に一回当たる」のではなくて「毎回1/315で抽選」されているからです。

これだと1000回転回っても、運の悪い人は一回も当たりをひくことは出来ません。
しかし、極端な話、もの凄い強運な人がいれば回るたびに『大当たり』を引けます。

ですので『この台は昨日は爆裂だったのに・・』では無くて『昨日は運がよかったのに・・』
と言うのが理論上では正しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと皆さんの返事を総合すると、パチンコ(CR機)は「運」しかないといったところでしょうか。せいぜいできるのは、データをせっせととって、いつ頃いい「波」がくるかの勘を鍛えるしかない、といったところでしょうか。

お礼日時:2001/08/22 19:52

裏基盤は今や当たり前の様使われているみたいです。


カバン屋も巧妙になったと聞きます。
やはりシマごとの連動で、当たる時はノーマルであろうが
平気で当たります。
裏基盤には大まかには2種類あり、大当たりの連動と蓮チャンが
あるといわれています。
カメラでお客を見て、大当たりさせることは無いようですが。???
あまり熱くならないように。
    • good
    • 0

聞き流してもらえれば、、、。

裏の話しですが、、、。

私の友人がテニスのコーチをしていて、そのクラスの中にパチンコ店の店長婦人がいるそうです。で、その友人が言うのには、その店では遠隔操作をして玉の出入りの管理をしているとのことです。

また、他の事情通の人から、時間によって当たりを拾う、拾わないのタイマープログラムがあって、拾わない時間だといくら大当たりの瞬間にチャッカーを通過しても、当たらないと聞いたことがあります。

そーいえば、サービスタイムになったとたん当たる店とか、会社が終わって皆がホールに行く時間の少し前になって、フィバーが続出し(出ているように見せ掛けて)、サラリーマンが遊技し始めるととたんに出なくなる店とかありますよね。

そんな店はそーなのかなって個人的に思ってます。
    • good
    • 0

補足します。


大当たりの発生頻度、ならびに低高確率の突入については、プログラムおよび店側の一切の意志は働いていないと認識しています。つまり、無作為であるということです。なお、大当たり確率が設定方式(確か3段階)の台もありますので、これは除きます。
よって、店側は釘の調整のみです。つまり、試行回数を操作するわけです。同じ台で昨日と今日の回転数が同じにも関わらず大当たり回数が大幅に異なるのは、前の回答の後者で述べた確率のいたずらです。さらに、確率変動などのように大当たりの発生に複数の抽選方法がある場合は、発生確率の1/315なる値は短期的(2,3日・数千回)程度では現れませんし比較できません。たぶん数ヶ月(十数万回)のオーダーではないでしょうか(もっと多いかもしれません)。
交換率と釘の関係を指摘されていますが、その点についてはmaizuruさんの睨んだ通りです。低価交換の店では、客同士の勝ち負けを五分五分にして、店側交換マージンで儲けることができます。つまり出す出さないはあまり関係なく客がたくさん入るほど儲かるのです。一方、高価交換の店は、純粋に客の打ち込みを多くしなければならないので、出さないようにします。ですが交換率がいいので、出た場合は大きいというメリットが客を呼ぶのです。しかし店側の経営は、玉の出入りを逐一知ることができるシステムを整えなければ難しいでしょう。また、試行回数を減らすためにスタートチェッカーの入賞個数を少なくすると、回転数が減って客離れが進んだりするので、入賞個数はなるべく多くして、大当たり時の入役(10個)に時間がかかるようにしたり、他の役への入賞を少なくしたりと苦労も多いようです。
    • good
    • 0

こんにちは。


今のCR機は大当たり確率は固定ですよね。
「大工の源さん」などフルスペック機には大当たり確率を3段階に調節可能でしたけどね。

ところで、質問に対するお答えですが、店側は「調整」をしていないことを前提としてお答えしたいと思います。裏の世界もあるとは思いますが、そうでないところが大半であることを私は信じています。
まず、大当たり確率315分の1というのは、毎回315分の1の確率で大当たりを引く抽選をやっているのであって、315回回せば当たるというものではありません。どのように大当たりを引くかというのは台ごとにかなりの偏りがあることが逆に当たり前なのです。
簡単な例を挙げると、コインを投げて表が出るか裏が出るかということについて統計をとってもいいと思います。表、裏ともに出る確率が2分の1だとしても、交互に表、裏が出続けることはまずありません。表あるいは裏が連続、3連続、それ以上続けて出ることもめずらしくありません。
ということは、昨日は爆発して今日はダメなんて当たり前なんです。
もっと考えると、1000円30回転回る台であっても、300回転回すのに10000円かかりますよね。実際は1000円20回転とかがいいところであれば、パチンコで儲かる可能性はかなり低いでしょう。
それから言えば、パチンコ屋は調整などほとんどしなくても儲かるようになっているのではないかと思ってます。
でもやめられないんですよね~今日もいくぞ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私がよく行く店で一ヶ月くらい前にある台は40回大当たりで、翌日は数回のみでした。 こんな現象は、「店側ないし機械にないぞうされている大当たりプログラムのある一定の意思が働いた結果」と思わないと ・・・と思うわけです。店が調整するのは釘のみということのようですから、プログラムが犯人ということになるんでしょうか。なら、確率が同じでプログラムも同じとしたら、2円のところと等価のところでは、前者は「倍もうけてる」ことにも理論上はなるんでしょうか(釘調整は同一として)。 早速の返事ありがとうございました。週末はこんなことを考えながら打ちます。

お礼日時:2001/08/22 15:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパチンコの初当り1回当りの大当たり回数の計算方法

確率400分の1のパチンコ機で図柄が12通りあります。そのうち4つの図柄(確率変動図柄と呼ばれています。その他の8図柄は通常図柄と呼ばれています。)で大当たりすると以後2回の大当たりが約束されます。次回の大当たりは、図柄12通りから選ばれます。確率変動図柄での大当たりした場合にその後の1回目または2回目に確率変動図柄で大当たりした場合も以後2回の大当たりが約束されます。
以上の数値で、初当り1回当たりの大当たり回数をおしえてください。

Aベストアンサー

>(6)6連チャンの確率(●●-●○○)
●○●●○○
が抜けてますね。

パチンコには詳しくないんですが、
「初当り1回当たりの大当たり回数」とは「大当たりが出たときの大当たりの回数の期待値」とでも解釈します。(この解釈が違ったら,補足してください)

普通の当たりが出た後の期待値をE、確変が出た後の大当たりの数の期待値をFとします。

最初の状況というのは、普通の当たりが出た状況と変わりません(どちらも普通の当たりが出たら、その時点で終了)ので、求めるべき期待値はEとなります。

このEとFの間には
E=(1/3)*(1+F)+(2/3)*1
F=(1/3)*(1+F)+(2/3)*(E+1)
という関係があり、これを解くことでE=9/4となります。


参考までに、ちょうどn回だけ大当たりが出る確率は
(1/3)*(2/3)^n-(4/3)*(-1/3)^n
になります。期待値は,これにnを書けたものを1から無限大まで足したものですが、計算をすれば、同じく9/4になります。

Q1000回もはまったら、もう大当たりするはずだと考えがちですが

過去ログで、「0回転の台でも、1000回はまりの台でも、打つ側にとっては全く同じ条件であり、どちらが有利であるとは言えない」という趣旨の書き込みを見ましたが、それについては私も、反論の余地はありません。
しかし私には、500回転以上のはまり台をわざわざ選んで打つ傾向があり、勿論それが成功する場合も決して少なくはありません。
パチンコ台はその確率から判断して、1000回もはまるのは異常であり、誰しもがその台に、もう当たりが来てもおかしくはないとの希望的観測をしがちだと思うのですが、こういう姿勢は間違っているのでしょうか?
はまり台を見て、そろそろ当たりが来る頃だと考えることのどこかに、なにか盲点が潜んでいるのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

こんちは。

「500回転以上のはまり台をわざわざ選んで打つ傾向があり、勿論それが成功する事も決して少なく有りません~」

「パチンコ台はその確率から判断して、1000回もはまるのは異常であり~」

この両方ともが考え方が間違ってますよ。
あなたの疑問の全てはここに問題があるのです。

先ず、500回以上ハマってる台を好んで打っているのですから、自ずとその条件の台での当たり実績のみで判断している事になります。
500回以上ハマってる台でも前回の大当りから数回しか回って無い台でも、選り好みせず均しく試行しての結果で(キチンとデータを取った上で)導き出された傾向だ! と言うなら話も解りますが、そもそも【500回以上のはまり台】と偏った試行での結果なので「~成功する事も決して少なくありません~」の論拠は成り立ちません。

前回の当りから何回転か。。。と言う無意味な条件を無くし、1回転、1回転が何分の一で当たっているのか? そういった客観的データを集計してみれば、あなたの思いこんでいる傾向が実は「全くの気のせい」だった!と言う事は簡単に判りますよ。

「パチンコ台の確率から判断して1000回はまりは異常~」と言う行も全くの思い込みです。
ジャンケンを三〇回やってみて下さい。
当然ジャンケンで任意の手が勝つ確率は3分の一ですが、確率の3倍の9回、負けやあいこを含めたら9回の内一度も勝てないなんて事は普通にあり得るでしょ?
確率の3倍はまりなんて事は不思議でも何でもありませんね。

以上の事を踏まえ、もう一度「確率」と言う物を考え直されては如何でしょうか。

こんちは。

「500回転以上のはまり台をわざわざ選んで打つ傾向があり、勿論それが成功する事も決して少なく有りません~」

「パチンコ台はその確率から判断して、1000回もはまるのは異常であり~」

この両方ともが考え方が間違ってますよ。
あなたの疑問の全てはここに問題があるのです。

先ず、500回以上ハマってる台を好んで打っているのですから、自ずとその条件の台での当たり実績のみで判断している事になります。
500回以上ハマってる台でも前回の大当りから数回しか回って無い...続きを読む

QCR機の保留玉での大当たりについて、素朴な疑問。

パチンコにおいて、スタートチャッカーに玉が入賞し、センサーが玉を確認した瞬間に、大当たりの抽選は行なわれているということは充分、認識しております。
そこで、ふと素朴な疑問として思ったことがあります。
保留玉の機能があれば、どのパチンコ台でも構わないのですが、例えば、CR海物語シリーズの台において、保留玉の3個目で大当たりしたとします。
その時、偶然、保留玉の1個目でも、大当たりを引いていたとすると、その保留玉1個目の大当たりは、保留玉3個目の大当たり時に、リセットされてしまうのでしょうか?
それとも、文字通り、その大当たりも「保留」されて、最初の保留玉3個目での大当たり消化後、保留玉1個目の時に、抽選結果通り、大当たりするのでしょうか?
通常モードの時に、大当たり乱数を立て続けに2回以上、引くということは、まず無いでしょうが、確変時は、電チューが開く為、玉が一度に連続で入賞します。
ましてや、確変中なので、大当たり確率も上がっていますし、スタートチャッカーに立て続けに玉が入賞した際、そこで複数回の大当たりを引くということは、充分に有り得ると思うのです。
つまり、先に挙げた例で言うと、保留玉3個目での大当たりは「単発絵柄」だったけれど、確変中の連続入賞で保留玉1個目でも大当たりを引いていて、それは「確変絵柄」で、昔で言う「保留玉連チャン」の形で、確変を引き戻すということになるのでしょうか?

かなりマニアックな質問で恐縮ですが、確変中に、ふと疑問に思ったので、お分かりになる方がいましたら、教えて下さい。

パチンコにおいて、スタートチャッカーに玉が入賞し、センサーが玉を確認した瞬間に、大当たりの抽選は行なわれているということは充分、認識しております。
そこで、ふと素朴な疑問として思ったことがあります。
保留玉の機能があれば、どのパチンコ台でも構わないのですが、例えば、CR海物語シリーズの台において、保留玉の3個目で大当たりしたとします。
その時、偶然、保留玉の1個目でも、大当たりを引いていたとすると、その保留玉1個目の大当たりは、保留玉3個目の大当たり時に、リセットされてし...続きを読む

Aベストアンサー

細かいシステムはメーカーごとに違うでしょうけれども
根本的な部分は一緒です。

確変中のみ大当たりになる乱数を二回連続で拾った場合
最初の大当たりが確変であるなら、1回転後再び当たります。
しかし非確変絵柄で当たった場合、その保留玉はただのハズレになります。

拾った乱数自体は変わらなくても
台の現在の状態により、大当たり判定が変わってくるということになります。

非確変絵柄での大当たり後に保留玉で大当たりするのは
通常時対応の大当たり乱数を保留玉で拾っていた場合だけです。

Q大当たり確率について

最近のパチンコは、316.67分の1とか、103.667分の1とか小数点以下にも
数値があります。
これってどんな構造になっているのですか?
昔は223分の1とか400分の1とかちゃんと区切りがよかったわけで、
なんか今のような小数点付き確率になってから勝てなくなったような気が
します。

パチンコは仮想円がダーツのように223とか400に分かれていてその中の1つに
当たれば当たりとなる、と考えてますが、316.67分の1とは31667のますに分か
れていてその中に100個当たりがあるということでしょうか?
それとも316個のますの中に1個あって、それが.67分だけ意地悪をしてはずすと
いうことなのでしょうか?

最近の台は回らないくせに、なかなか当たらず本当に嫌になります。
辞めたくてもなかなか辞められない、という私が馬鹿なのは分かっていますが、
非常に納得できないものがあります。
この構造についてご存知の方、回答頂けませんか?

Aベストアンサー

>パチンコは仮想円がダーツのように…
ほぼ前者です。
ほぼというのは、667とかの場合だと、66666666666…と割り切れないから667としてある可能性が高いためで、
実際は例えるなら、番地1900に6箇所であるとか、67450番地に213箇所とか、綺麗な数字じゃないですね…。
>最近の台は回らないくせに、なかなか当たらず本当に嫌になります。 辞めたくてもなかなか辞められない、
>という私が馬鹿なのは分かっていますが、 非常に納得できないものがあります。
これは同感です。攻略会社の一員である私も、そんな馬鹿の1人ですよ^^。そして納得できません(--。

個人的に、
・お上の都合で規制が掛かったりと、世の不況でパチンコ絡みの利権で食い太ろうとする人たち人口が増える。
∴面白くなくなり、出なくなり、パチンコ人口が減っていく悪循環にハマりだしている。
人口が少ない=その一店舗の経費は変わらない、客単価と利益率を上げなければいけない。
という理由で、今は昔ほど出ませんよ、必ず負けるでしょうよ、と認識しています。

「回らないくせに」が全ての真実ですね。
町でクラクションが鳴れば、みんなイラつきます。
同じように、全体的に不満をもって打っていれば、悪い方にしか見れなくなっていきます。
それが「なかなか当たらず」という考えに結びついているのではないでしょうか?
昔の1/256と、今の1/315は、同じく長くやれば見た目どおりの確率です。
なぜ長くやればなのかは、「完全確率だけど長くやらないと収束しないから」ではなくて、ちょっと公にいえない事情で…。

面白い、よく回り、よく当たるパチンコは過去と言い切ってしまうのは悲しいですね。
我慢して打ってたら、いつかまた景気も良くなって、ジャンジャンバリバリといきたいものですね。

>パチンコは仮想円がダーツのように…
ほぼ前者です。
ほぼというのは、667とかの場合だと、66666666666…と割り切れないから667としてある可能性が高いためで、
実際は例えるなら、番地1900に6箇所であるとか、67450番地に213箇所とか、綺麗な数字じゃないですね…。
>最近の台は回らないくせに、なかなか当たらず本当に嫌になります。 辞めたくてもなかなか辞められない、
>という私が馬鹿なのは分かっていますが、 非常に納得できないものがあります。
これは同感です。攻略会社の一員である私も、そんな馬...続きを読む

Q保留大当たり乱数の振り分けについて

こんにちは。

皆さんに教えて頂いた保留大当たり乱数について、数字でまとめて振り分けてみましたので、正しい理解かどうか判断して頂けますでしょうか。

エヴァ5:(確率=1/350 確変率=65%)ととします。

*入賞乱数総数=35000個
*大当たり乱数総数=100個(通状+確変、突確)(35+65)

(通状モード時)
A 通状大当たり乱数値=1~35
B 確変大当たり乱数値=36~100

(確変モード時)
C 確変非限定 通状大当たり乱数値=1~10
D 確変限定  通状大当たり乱数値=11~35
E 確変非限定 確変大当たり乱数値=36~55
F 確変限定  確変大当たり乱数値=56~100

こんな感じでまとめてみました。
あくまで確変モード時の限定、非限定の振り分け割合はアバウトです。
非限定を20%位にしてみました。
こうして数字で表すと、多くの皆さんが回答しておられた確変中の大当たり保留が通状モードで消化されたとき(上のCやDの乱数)、はずれてしまう事が良く理解できると思い、数字でまとめてみました。

実機では、どう処理されているかは知りませんけどね。

細かな数値は別として、この考えって正しいでしょうか。

こんにちは。

皆さんに教えて頂いた保留大当たり乱数について、数字でまとめて振り分けてみましたので、正しい理解かどうか判断して頂けますでしょうか。

エヴァ5:(確率=1/350 確変率=65%)ととします。

*入賞乱数総数=35000個
*大当たり乱数総数=100個(通状+確変、突確)(35+65)

(通状モード時)
A 通状大当たり乱数値=1~35
B 確変大当たり乱数値=36~100

(確変モード時)
C 確変非限定 通状大当たり乱数値=1~10
D 確変限定  通...続きを読む

Aベストアンサー

こん○○は。
すごく勉強熱心で感心いたします。わからないところもあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

私の知っている限りでの大当りの抽選方式ですが、抽選を何度も行って最終的に液晶演出までたどり着いています。

ヘソや電チューに入賞したときに行われている処理は、
(1)当りかハズレかの抽選
その次に、
(2)当りだった場合、確変or非確変、ラウンド数、時短数等の抽選(図柄種別抽選)
その次に、
(3)(2)の図柄種別グループに適合する変動パターン(液晶での演出)の抽選
とこんな感じに分かれているわけです。
ですので、仮に通常時総乱数35000個に対して100個の当り乱数が存在する場合、確変時には当り乱数が1000個に増えるわけですが、この乱数値で確変or非確変を決めているわけではなく、その後の(2)や(3)の抽選で最終的に決定される仕組みになっています。

なので確変or非確変かは、当りが決まった後に別に持っている乱数で決定されますから、65%確変機であれば一番単純に100個の乱数のうち65個が確変当り、35個が非確変当りと考えれば良いです。
(2)の図柄種別の抽選というのは、確変の中にも2R、15R当りが含まれていますから、仮に2R当りの乱数を引いてしまった場合、(3)の抽選では、2R用の演出の中からどれにしようかな?、と選ぶわけです。15Rも、確変直撃、再変動昇格、ラウンド中昇格演出とか、種別が分かれますから、(3)の抽選でそれぞれの演出を選んでくる、というわけです。

ヘソと電チューで2Rの割合が違うので、取得する乱数値により2Rになったり15Rになったりするかもしれませんが、通常時、確変時のヘソ、電チュー入賞のときの(2)の抽選で決定される乱数値は変えなくても良いわけです。

となるとパチンコ機では、ハズレだった乱数が当りに変わるという変化しかなく、(1)の当り乱数しか変化しないことになります。
(2)、(3)の乱数は変化しないと考えても良いかもしれません。(厳密には変動パターンテーブルと呼ばれる物があり、パチンコ機の今の状態(確変状態、通常状態、時短状態等)で選択される演出を変えることができるので、何かやっているかもしれませんが・・・)

すべてのパチンコ機がこのようなシステムになっているかは不明ですが、少なくともこのシステムを採用しているところが多いのではないでしょうか。

ravioriさんが気にされているところですが、上記説明のように単純に処理を分けているので、今までより考えやすくたったのではないでしょうか。

こん○○は。
すごく勉強熱心で感心いたします。わからないところもあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

私の知っている限りでの大当りの抽選方式ですが、抽選を何度も行って最終的に液晶演出までたどり着いています。

ヘソや電チューに入賞したときに行われている処理は、
(1)当りかハズレかの抽選
その次に、
(2)当りだった場合、確変or非確変、ラウンド数、時短数等の抽選(図柄種別抽選)
その次に、
(3)(2)の図柄種別グループに適合する変動パターン(液晶での演出)の抽選
...続きを読む

Q大当たり確率について

パチンコの大当たり確率や出玉の上限に決まりは、あるのですか?

何処を見れば解りますか?

Aベストアンサー

パチンコやスロット台の出玉性能は、まず法令(法律)『遊技機規則』があって、
それを元にメーカー同士の組合が『内規』というものをつくります。

これにより大当たり確率や出玉が規制されます。

『内規』は自主規制的なもの。内規があるのでどのメーカーも似たり寄ったりの
機種になってしまいます。

ただ法律と同じで一般の人にはよくわからない文章で見ても意味が無いと思います。

たとえば内規はこんな感じの文章です。

(1)大当たり確率の乖離の制限 「表面上の確率と実質確率との比率が、1:1.3以下であること」

(2)出玉の総量規制 「最大に獲得できると予想される総獲得出玉数が、9600個以下であること」
※総獲得出玉数とは、遊技客から見て有利な状態の大当たりから始まることとし、その終了までに
獲得できる出玉数。例えば、確変率80%で大当たり出玉が 2000個or1000個の機種の場合、確変
状態で出玉が2000個の大当たりを引いた状態から算出

(3)その他は変更なし
※2010年9月9日に制定した「大当たりの条件」も適用

Q保留玉での大当たりについて(疑問)

表題のとおりですが、当方ここ最近は1/100のデジパチを堪能しています。

よくこのカテゴリは拝見し、皆さんの議論から
”玉がチェッカーに入った時点に抽選が行われ『当たり』かどうかが決定している”
とのことですよね~
ただ大当たりラウンド消化後、保留玉1~4回転目での当たりをよく引くのですが、
これって皆さんが議論されていることと矛盾しませんか?

保留玉1~4回転目に当たりということは、前回当たり時点での保留玉か
大当たりラウンド中のチェッカーに入った保留玉ですよね?(たいがい保留4になりますが・・・)
後者は別として、例えば保留玉4時点で大当たりして時短1回転目で再度大当たりした場合は、
前回当たりの時点で次の当たりも決定したと言う事ですか?

それとも保留ランプは点灯しているが、大当たり抽選は回転直前に行われているということでしょうか?
それなら納得はいきますが・・・
くだらない質問でスイマセンm( _ _ )m

Aベストアンサー

判定は入った時点です。大当たり後とか回転直前ではありません。
当たり後、保留玉で当たったのは、当たる以前から決まっていた事になります。

抽選方法はイロイロありますが
1~100の数字の抽選で
通常時→7が大当たり (確率1/100)
確変時→7.17.27.37.47.57.67.77.87.97が大当たり (確率10/100→1/10)

保留玉に17を引いてたら、通常時だとハズレですが
前回の当たりで確変状態になれば、当たりになる。という事です。

確変から通常に戻るときも同様です。
 

Qぱちんこの大当たり確率の設定って・・・

ぱちんこ初心者です。
先日友人の言葉に?と思うことがあったので質問させて下さい。
新台(ウルトラセブン)導入から二週間ほどたった店に行った時友人が、
「もう入ってから二週間もたってるから店のほうもそろそろ出さなくしてきてるなぁ」と言っていました。
スロットには設定(?)とゆうのがあるらしく、店ごとに変更できると聞いたことがあるのですが、ぱちんこにもその様なものがあるんですか?(新装では甘くしておいてだんだん締めてくるとか)
確かに新装開店のときはたくさん出ていても、少したつとこれが同じ台かと思うほど静かになっているようにも感じます。
もし設定等が無いのであれば、新装開店でもそれ以降でも条件は同じってことですか?
それと・・・ぱちんこ雑誌を見ていて思うのですが、「○○打法」とか「デモ出し」とか「リーチ目ハマリ目」などがよく掲載されていますが、それらはアテになるのでしょうか?
実際にいくつか試してみたのですが、効果があるようには思えないのですが・・・。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず大当たり確率ですが、新台時も確率は同じです。
メーカーが特別な設定をしていると言う事はありませんし、できません。
確率は同じなので1000回でも2000回でもはまります。
新台が出るのは釘が甘めに打ってあるためで、それ以外に理由はありません。
また打つ人が多く、新台を打っている人はすぐには止めないので出ているように感じます。

「新台が入って2週間」ですが、新台は通常初日は店は赤字ですが、3日もすれば店は黒字に転換します。
悪い店では初日から店が黒字になるような釘調整をしています。
つまり新台で店が赤字を出すのは2週間どころか、せいぜい3日程度です。
それ以降は店が儲かるような釘調整になるため、運が良くないと勝つ事はできないでしょう。

パチンコ雑誌の広告にある攻略法はウソです。
ウソですが、パチンコはウソという事が明確に証明できないため、詐欺として摘発されません。

Q昔の羽モノって大当たりがパンクしなければ続くの?

The tokioやパチンコ大賞などと言った、昔の羽モノは大当たりをして、パンクさえしなければいつまでも大当たりが続く仕組みなんですか?
たとえば、ART機みたいに一度の大当たりで一撃20000発も出てしまったりしますか?

Aベストアンサー

機種によりますが、上限が8回前後に設定されています。

Q大当たり確率を変動させる夢の器械について。

先日、某パチンコ雑誌を見ていたら、少々、気に掛かる広告を見つけました。
それは、「ツー●ームRC」というコイン状の器械で、受信用と送信用があり、送信用のスイッチをONにして、カバンやポケットに入れておき、受信用だけをパチンコ台のハンドルに挟んでおけば、そのパチンコ台において「内部確率変動状態」「大当たり抽選の天井」を作り出し、例えば、「約370分の1」の「スーパー海物語」なら、「37回転」以内に、必ず大当たりをさせるという物らしいのです。
価格は「20万円」で、この広告によれば、「間違いなく、法的にも違法ではない」らしく、「一度でも商品を使用して、稼ぐことが出来なかった場合、購入代金の全額返金+迷惑料3万円を支払う」そうです。
PC用、携帯用に一応、ホームページがあり、株式会社を名乗っています。

パチンコ攻略会社や打ち子募集の広告以外に、時々、この類の広告を見掛けることがありますが、この器械自体を含めたカラクリは、どういうものなのでしょうか?
もちろん、こんな器械は有り得ず、何らかの口実を作り、全額返金にも当然、応じないと思います。
パチンコ攻略会社でしたら、購入したお客からのクレームに対し、「打ち方が悪い」「店側に対策されてしまっている」「他の地域では使えている」などの言い訳を用意していると思うのですが、この場合は、どのような逃れ方をするのでしょうか?

ご自身や知人で、このような器械を購入されてしまった経験のある方、若しくは、大体のカラクリが分かる方がいましたら、教えて下さい。

先日、某パチンコ雑誌を見ていたら、少々、気に掛かる広告を見つけました。
それは、「ツー●ームRC」というコイン状の器械で、受信用と送信用があり、送信用のスイッチをONにして、カバンやポケットに入れておき、受信用だけをパチンコ台のハンドルに挟んでおけば、そのパチンコ台において「内部確率変動状態」「大当たり抽選の天井」を作り出し、例えば、「約370分の1」の「スーパー海物語」なら、「37回転」以内に、必ず大当たりをさせるという物らしいのです。
価格は「20万円」で、この広告によ...続きを読む

Aベストアンサー

因みに、カラクリは、と言うと

1.無料レンタルホームページを借り、適当な住所で株式会社を名乗り、電話応対代行業者を使った注文受付電話番号を載せた広告を掲載。

2.ある程度の個数の注文が来るのを待つ。注文して入金した客には「人気商品の為、製造が追い付かない。発送にもう暫く時間がかかる」と言い、発送を保留しておく。

3.それなりに儲けが出るだけの注文を受けたら、全員にオモチャの送信機と只のコインを発送。

4.発送と同時に、無料のホームページを閉鎖、電話応対代行も解約、掲載した広告からも足は付かないようにしておく。

5.別のURL、別の会社名、別の電話番号を使って、1.から繰り返し。

つまり「顧客がオモチャを受け取った時には、販売業者は影も形も無くなってる」って事です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報