台風が通りすぎた後、いつも以上に空が青く見えるのは
気のせいでしょうか???

A 回答 (4件)

大量の雨で大気中のちりや煙などの汚れが洗い流されるのと、台風の通過後には非常に強い高気圧が地上を覆い、地上や海上からの細かい水滴が大気中に浮遊するのを押さえますので、大気中に水滴が少なくなるのでよりクリアになるためです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

雨で汚れが流されてるとは考えもしませんでした。

お礼日時:2001/08/23 08:18

「野分けのまたの日」ですね。


東京では、最近雨が無かったので、空のみならず町もきれいに見えます。
    • good
    • 0

気のせいじゃないですよ。



大雨が降ったおかげで、大気中のチリやゴミが雨で流されて空気が
きれいになるので、空が澄んで見えると思いました。
    • good
    • 0

雨で大気の汚れが流れ落ちたためで、いつもよりも空気が澄んでいるのです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台風と台風がぶつかって

合体する事はないのでしょうか?

Aベストアンサー

 完全には、お互いにけん制するだけで、合体することはありませんが、大きさの異なる台風が近づいたときには、お互いに受ける影響が大きくなり、大きな台風はさらに大きくなり、小さな台風は弱くなるということはあります。このことは「藤原効果」と呼ばれているそうです。参考URL以外に

http://weather.mainichi.co.jp/q-a/2000/1024.html
http://www.ei.nagano-nct.ac.jp/Labs/nishi/1998/yamamoto/sayou.html

参考URL:http://mentai.2ch.net/sky/kako/968/968422326.html

Q台風の中心に爆弾落とすと台風消滅って本当?

台風の中心に爆弾落とすと台風消滅って本当?

Aベストアンサー

巨大な爆弾を台風の中心付近で爆発させると、気圧の低い中心に向けて外側から流れ込む風の流れが打ち消され、爆発が十分に大きければ台風は消滅するでしょう。で、その後どうなるか。爆弾は空気を勢いよく吹き飛ばしますが空気を産み出すわけではないので、爆発の直後には爆発点付近に巨大な真空の塊が生じます。爆発の外側に向かう爆風が収まると、直後に今度は生じた真空の塊に空気が流れ込むので内向きの風が生じます。全方位から中心に向けて吹き込んだ風は中心でぶつかると上昇気流となります。大きな爆発でキノコ雲が生じるのはこの上昇気流のためです。この現象は台風など低気圧と同じ仕組みです。
つまり、爆弾の威力が大きければ台風を打ち消すことはできますが、その直後に別の台風を産んでしまうことになるでしょう。
蛇足ですが、原爆投下後に「黒い雨」が降ったのは有名ですがこれは別に原爆の特性ではなく、どんな爆発でも先に述べた説明の通り大きな爆発であればキノコ雲はできますし、水蒸気と共に塵や煤が巻き上げられて雨と一緒に降ってくるのでやはり「黒い雨」が降ることになります。

Q血ってナゼ青く見えるんですか?

 血って赤いのに、皮膚を通すと青く見えるのはナゼなんでしょう?
知ってる方いらっしゃいましたら教えてクダサイ!

Aベストアンサー

http://www.net-ibaraki.ne.jp/moriyasu/page/creature/ketsueki.html

Q台風7号の予想進路と実際の経路は違いすぎた

8月7日頃から台風7号の進路を注目して見ていました。
8日午前中は台風の進路は北西方向で、紀伊半島に上陸して瀬戸内海から
日本海に抜ける予報でした。このとき素人目に「もっと東よりに行くんじゃないの?」
と思っていました。
夕方に台風は北寄りに進路を変え、そのときは三重県津市あたりを縦断していく
予報になっており、東海地方に上陸するのはまず間違いないだろうという感じでした。
(上陸する恐れがあるとしか言いませんが。)筆者が住んでいるあたりはもろに台風の
強風圏にある予想でした。

上記2時点での進路予報は単純に「その時の台風の進路を直線上に延ばしただけ」
というように見受けられました。
で実際はというと潮岬沖で大きく東に進路を変えて、その後どこにも上陸せず抜け
そうな勢いです。7日時点の10日の台風到達予報円の中心と9日のそれとでは、図を
保存していませんので正確に言えませんが、500キロ以上東にずれているのではない
かと思われます。

ここでいくつか疑問。
1.台風の進路予報は一つしかないのか。
2.各メディアにいる気象予報士が独自に進路予報をすることはできないのか。
3.いくら予報が外れても何のおとがめもないのか(うはw)

以上くだらない質問ですが、なにかわかりましたらよろしくお願いします。

8月7日頃から台風7号の進路を注目して見ていました。
8日午前中は台風の進路は北西方向で、紀伊半島に上陸して瀬戸内海から
日本海に抜ける予報でした。このとき素人目に「もっと東よりに行くんじゃないの?」
と思っていました。
夕方に台風は北寄りに進路を変え、そのときは三重県津市あたりを縦断していく
予報になっており、東海地方に上陸するのはまず間違いないだろうという感じでした。
(上陸する恐れがあるとしか言いませんが。)筆者が住んでいるあたりはもろに台風の
強風圏にある予想でした。
...続きを読む

Aベストアンサー

一般人ですが、そうですね、だいぶ外れたようですね・・
遠い先の予報になると余計に外れる気がしますね・・
私が思うに、ちょうどこまやベーゴマの進路を予報するようなもので、そのときの気圧配置などに左右されたり、気まぐれに動いたりするのじゃないかと、これまでの感覚ではそう思っています。
ですから、直後の進路くらいしか当てにはならず、あとは警戒や災害の準備のためにあるように思っています。
ので、より直前の情報が必要かと思っています。
気象庁のページを調べたら次のようなものがありました。
それによると来年から大きく変更が考えられているようです。
まだまだなのでしょう・・・

(気象庁:新しい台風予報の図表示方法等について )
http://www.jma.go.jp/jma/press/0603/28a/taifu_hyouji.html

そのページの一番下のPDFの中には、

「「予報には誤差があり、台風の中心点が予報円の中心点やそれを結ぶ線の上必ず通るとは限らないことに留意願います。」と解説する。」

「「現時点での確立の値が小さい地域でも、今後台風の接近により暴風
域に入る確立の値が大きくなります。最新の予報をご利用ください。」と解説する。

という箇所がありました。う~ん予報は予報であって、より謙虚に予報するということ・・でしょうか・・・。
台風によっては、長期の予報は限界があるのかもしれませんね。
だんだん改善されかつ分かりやすいものになるといいですね。
質問の回答からずれてしまいすみません。

一般人ですが、そうですね、だいぶ外れたようですね・・
遠い先の予報になると余計に外れる気がしますね・・
私が思うに、ちょうどこまやベーゴマの進路を予報するようなもので、そのときの気圧配置などに左右されたり、気まぐれに動いたりするのじゃないかと、これまでの感覚ではそう思っています。
ですから、直後の進路くらいしか当てにはならず、あとは警戒や災害の準備のためにあるように思っています。
ので、より直前の情報が必要かと思っています。
気象庁のページを調べたら次のようなものがありま...続きを読む

Q朝焼け・夕焼けのとき、頭上の空はなぜ青いまま?

日中に空が青い理由や、夕焼けが赤い理由は下記サイトを見て納得できました。

 1.http://salmon.nict.go.jp/snews/rayleigh/omake/index.html
 2.http://oshiete.goo.ne.jp/qa/25889.html

しかしこれらの説明を踏まえて考えると、なぜ朝焼けや夕焼けのときに頭上の空が青いままなのかという疑問が新たに浮かびました。

私の考えでは、「頭上の空」は「赤くなっている空」よりも太陽からの距離があり、太陽光が地球大気を通過する距離がより長くなるため一層鮮やかな赤になるような気がします。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 夕焼けの太陽光線は、光が通過する空気の層が厚くなります。空気中を通る間に、屈折率の高い光は四方八方に拡散してしまい、地上に届きません。屈折して地平線の下に進む光は、自分のいるところには来ないのです。結局地上に届くの直進する光だけで、それが赤の光線なのです。

 一方、頭上の空は、地平線から角度が離れた光線が、屈折を繰り返しながら地上に届きます。そのような状態では、最も屈折率が高く、拡散する光が届くのです。それが青い光線です。その他の光は空中を通過したり、宇宙空間へ飛んで行ったりするので、地上には届きません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報