こんにちは【hanabatake】といいます

私は宿題をやっていて、辞書などで”中央集権国家”について調べたんですが

わかりません。至急おしえてください。教えてくださった方には必ず

感謝のメールを送らせていただきます。。。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

簡単に言えば、中央(=首都、都市圏)に国家機能が集中している国家です。


#1の方もおっしゃっていますが、検索エンジンで検索すればかなりヒットします。
時代背景や地域などで異なる部分もあり、ご質問の内容ではどのような時代の、どの地域のことかが分かりませんので、とりあえず参考までに1件URLをご紹介します。

参考URL:http://www.office-spc.com/backnumber/data/0971.h …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

【mitchel】さん、詳しいご説明本当にありがとうごさいます。
【mitchel】のおかげで、宿題が終わりました。
本当にありがとうごさいます。これからもよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/08/22 18:31

宿題をやっているとのことですが、中学生ですか、それとも高校生?


学校の区分によって、どこまで説明するか違ってきますので。

また、「中央集権国家」の何が知りたいのでしょうか。
成立の過程についてですか、それとも日本や中国の事例について?

もう少し、知りたいことを具体的に書いてください。
(本当は、歴史の教科書を丹念に読めば、どこかに書いてあるハズなんですがね)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

【cse_ri】さんありがとうごさいます。
歴史の教科書を読みましたがのっていませんでした。。。
これからもろしくおねがいします

お礼日時:2001/08/22 18:33

gooなどの検索エンジンでかなりヒットしますから、そちらで調べてみては?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

【stsmrsw】さん、重要な一言ありがとうごさいます
これからもよろしくおねがいします

お礼日時:2001/08/22 18:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメリットのシャンプー

こんにちは♪
早速本題に入らせていただきます。
私は市販のシャンプーが好きで、家に7種類ほどボトルキープしています。
その中にメリットがあるのですが、昔「メリットはすごい体に悪い」と言われていたようですね。
私自身、普通に洗ってもさらさらになりますし、香りもいいな~と思っているので別に使わないわけではないんですけど、今のメリットってもう昔のような悪いイメージのシャンプーではないですよね?
シャンプーもノンシリコンになっているので、私は使っているのですが・・・。
皆さんの意見がききたいです!どうぞ回答お願いします!!

Aベストアンサー

子供が居るのでメリット使用してます。

私も市販されてるシャンプーはだいたい使ってみましたが

今のメリットは泡立ちが抜群に良く、髪がサラサラになるので、気に入って使っています。

私が子供の頃、メリットのCMは「フケにはメリット」と言った感じで、独特の香りもあり、メリット使っているイコールフケがある人みたいに言われていました

今はかなり改良されて私もお気に入りです

Q中央集権国家体制をとった理由?

『律令制度』について勉強しています。大宝律令の『令』では四等管制・官位相当制・蔭位の制などが定められ、より強い中央集権国家を目指しています。しかしなぜ、日本は中央集権国家体制をとろうとしているんですか?中央集権国家体制ではないと国は治められないのですか?

私は、遣唐使が関係していると考えています。もしそうであるなら、唐のどのような制度や政治の成功例を見て真似をしようとしていたのですか?教えてください。

Aベストアンサー

質問者さんは多分「船頭多くして船山に登る」という言葉をご存知だと思います。指導者が一杯いると、誰が主導権を握るかで必ず喧嘩が起こるのです。この場合の一番簡単な解決方法は、その国に圧倒的な権力者が現れて、他の連中を力で叩き潰すことです。これが中央集権制度です。ですから、中央集権制度は何も特別な理由が無くても、力関係の圧倒的に違う場合にはどこにでも自然に現れてくる制度です。従って、人類の歴史を振り返ると、圧倒的に多くの地域で中央集権制度が採用されています。

ところが互いの力関係が拮抗しているような、極端に例外的な状態も人類の歴史の中にはありました。古くは2500年程前の中国の戦国時代です。この時は、どの国が覇権を握るのかはっきりしない状態でしたので、中央集権制度とは完全に違った制度を中国人は見つけて来ました。それが封建制度です。封建制度とは、各豪族や大名等にその土地の所有権を認めて、その全体を納めるために、皆の合意のもとで王の王としての皇帝や将軍の存在を認める制度です。ですが、秦の始皇帝が圧倒的な力で他の国を叩き潰してからは、中国は王の王ではなく、いきなり国民を王の所有物とする中央集権制度に移行しました。

その後人類の歴史では,ほとんどすべてが中央集権制度を採用していたのですが、例外的に二カ所だけがこの制度を取らず、上にも触れた封建制度を採用せざるを得なかった地域があります。それは、中世の西欧と、日本の鎌倉時代から江戸時代です。何故この二カ所だけが人類史の中で例外中の例外に属する封建制度を採用したかと言うと、この地域だけが各豪族や大名達の力が拮抗しており、その中の誰も、自分は国王だと名乗って他を叩き潰すことができなかったからです。例えば、徳川将軍家と言えども高々八百万石ですから、他の外様大名が束になれば、徳川家よりも石高が高くなってしまいます。そのような状況では、各豪族や大名達の合意のもとに、国王と王と言う形式的な王を用意して国を治める他には方法がありません。そのように、国民をいきなり国王に支配させると言う中央集権制度を採用するわけにはいかず、一先ず国民を各大名に支配させ、その大名を皆の合意の下で支配する特別な地位として、日本の将軍や、西欧の皇帝という制度を採用したのが封建制度です。所謂、地方分権制度です。

従って、中央集権制度は特別に外国から教わらなくても、どこの国で自然に発生する常識的な制度で在り、何故そのような制度が採用されたのかを、ことさら説明する必要がありません。それに対して、日本や西欧が何故封建制度を採用し、中央集権制度を採用しなかったかの方が、遥かに興味ある問題です。

面白いことに、人類の目覚ましい進歩は圧倒的に封建体制の中で成されており、中央集権体制の中で成されておりません。中国の歴史を見ても,技術的にも思想史的にもほとんどの進歩は2500年前の戦国時代に成されております。また、西欧の近代技術は世界を圧倒しました。さらに、アジアで唯一中央集権制度ではなくて封建制度を採用していた日本だけが、近代産業革命をあっという間に達成して、西洋をしのぐ工業国にのし上がりました。封建制度下では力が拮抗しているために、互いにドングリの背比べとなり、生き残りのための緊張感があり、工夫をしざるを得ないのです。ところが、中央集権制度下では、権力の生き残りのための緊張感が無く、従って、安定はしていますが、生き残りのための新しいアイデアを生み出す必要がないのです。そのことが理由で、日本と西欧とかつての中国を除くと全てが中央集権制度で在ったために,社会の近代化に大変な遅れをとってしまったのです。

このように、人類の歴史の中で例外中の例外に属する封建制度を独自に生み出した地域だけが、近代国家として成功して来たというのが、人類の歴史なのです。

私は個人的な意見では,日本がかつて封建制度から中央集権制度に移行してしまい、従って、我々の経験して来た近代産業革命が、もしかしたらスムーズに出来なかった可能性があった時期が在ったのではないかと思っております。それは信長の出現です。もし彼が光秀に暗殺されていなかったら、彼は天皇家を潰して、自分が皇帝にのし上がり、それまでの天皇を形式的に頂いた封建制度をぶち壊して、中央集権制度に移行してしまったのではないか。もしそうなっていたら、他の全ての非西洋国家のように、日本も近代産業革命の移行に大変な戸惑いをしていたのではないかと、あらぬ想像をして居ります。

質問者さんは多分「船頭多くして船山に登る」という言葉をご存知だと思います。指導者が一杯いると、誰が主導権を握るかで必ず喧嘩が起こるのです。この場合の一番簡単な解決方法は、その国に圧倒的な権力者が現れて、他の連中を力で叩き潰すことです。これが中央集権制度です。ですから、中央集権制度は何も特別な理由が無くても、力関係の圧倒的に違う場合にはどこにでも自然に現れてくる制度です。従って、人類の歴史を振り返ると、圧倒的に多くの地域で中央集権制度が採用されています。

ところが互いの力...続きを読む

Qノンシリコン

最近よくノンシリコンと聞くのですが、やはりシャンプーはノンシリコンの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

シャンプーにシリコン・オイルが配合されていると、髪をすすいでも毛髪にシリコンの薄い被膜が残って、ツヤが出たり、乾燥を防いだり、ブラシ通りがよくなったり、髪が落ち着いたりします。しかし、髪質によっては、ベタつきを感じたり、髪型がペタッとなってしまったりすることがあります。特に細くてコシのない髪の方は避けたほうがいいでしょう。
シリコン自体は安全なオイルなので、心配することはありません。髪質に合ったものを選べばいいでしょう。

Q江戸時代は中央集権と言えますか?

江戸時代は中央集権と言えるのでしょうか?

幕藩体制は中央集権の一部と捉えられるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中央集権であるか、ないか、で言えば中央集権ではありません。確かに、各大名は将軍に忠誠を誓う立場ではありましたが、各藩の行政については、幕府からの干渉はほとんどありません。中にはお家騒動が大きくなって幕府をも巻き込む事態になるケースもありましたが、それはその藩内で収拾できなくなっかたらで、江戸幕府260年、日本全国という視野で見れば、レアケースと言えます。地方分権と考えたほうが近いでしょう。ただ、歴史は、「中央集権」や「地方分権」など、現代人の用語を安易に当てはめると、かえって実像から乖離してしまうことがあります。

Qノンシリコンのリンスを使った後。。と、髪の毛が絡まる。

いろいろ調べて、ノンシリコンのシャンプー・リンスを探して
使ってみたのですが、とにかくリンスの後髪の毛を梳くのがとても
大変です。
ノンシリコンのシャンプーはいいとして、リンスもノンシリコンの方が
本当にいいのですか?
それと、私は特に髪の毛が絡まりやすく、髪の毛の襟足の部分が
すぐくちゃくちゃに団子みたいに絡まるんです。
痛みがひどいので静電気だと思うのですが。。
どうしたら絡まらないようになりますか?
同じ経験の方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

シリコンは
髪の毛の周りをコーティングしてくれる役目をしています
毛の周りに油で膜を作る。。。ような感じです
それで 艶がでたり。。手触りがよくなったりします
また シャンプーに入っているのは 
髪を洗っている時に摩擦で髪を傷めないようにというような意味で入っています

美容師にも色んな意見があるのですが
私的には 使い方次第だと思います

絡んでいるのは
そのシリコンの特性がなくなったからだと思います

Qアメリカ人とインディアンについてくわしい方、よろしくおねがいします。

インディアンの歴史に興味があります。次の事、教えて下さい!
1、1862年のダコタ闘争の原因となったものは?
2、なぜオージブウェーインディアン達はアメリカ人に協力的だったのに、ダコタインディアンたちは反抗したの?
3、ダコタ闘争はさけられなかったのか?
なるべく詳しく教えて下さい。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

アメリカインディアンと白人の歴史は大別して次のような時代を経て現代にいたっています。

1.共存時代
2.強制移住時代
3.西部開拓時代
4.公民権回復時代

又インディアンと接点を持った主な白人はスペイン人、イギリス人、フランス人です。これらを念頭において歴史を理解する必要があります。

先ず今日のアメリカのテリトリーに初めてやってきたのはスペイン人です。メキシコから北上して、今日のニューメキシコ州サンタ・フェ近郊に植民しました(1598年)スペイン人はインディアンをカトリックの布教対象と見なし、彼らの土地や生活慣習を尊重しました(カトリックとの妥協点を見出すまでにはいろいろあったが)

一方イギリス人は東部に植民地を作り(1620年清教徒のプリマス上陸以前から)続々と開拓者を送り込みました。初期の段階では白人は勢力が小さくインディアンと友好関係を維持せざるをえませんでした。スペイン人と違い、イギリス人はインディアンを
キリスト教の布教対象と考えず、広大な土地の利用も出来ない野蛮人と見なしていました。このスタート時点における認識の差がその後200年間以上にわたって続いた
インディアンとの誤解、紛争、征服、報復の繰り返しの原因だったのです。

フランス人は北部から五大湖周辺、ミシシッピー川沿岸沿いに南下してメキシコ湾に達しました。この間に出会ったインディアンとは毛皮の交易を通じて友好関係を維持していました。土地を求めないフランス人とインディアンは共存できたのです。しかし、後にフランスは英国と戦って破れ、これらの地域を北米に譲渡しました。一方、南西部(今日のテキサス、ニューメキシコ、アリゾナ、カリフォルニア
及びこれらの州に隣接したユタ、コロラドの南部など)を領有していたメキシコ(スペインから独立)はメキシコからは辺境にあたる南西部、特にテキサスの経営に失敗してテキサスの独立を許し、それがきっかけとなって合衆国との国境戦争に巻き込まれて大敗、メキシコの約50%を閉めていた南西部を失いました。(1848年)

1830年アメリカはインディアンの強制移住法を制定しなりふり構わずに東部のインディアンを西部(オクラホマ地方)に移住させました。この間、「涙の旅路」として知られるチェロキー族の悲劇が生まれています。こうして増大する移民者への土地を獲得したものの、土地の要求は強まる一方で、合衆国政府は一端条約と法律で
インディアンに与えたミシシッピー河の西側の土地をいかにして取り上げるかに腐心しました。インデイァンは土地を奪い、彼らの生活文化(伝統)を破壊し、病気や悪習をもたらす白人に抵抗を始めました。多くの部族が米国陸軍(騎兵隊)を相手に互角に戦い、或いは一度も負けず白人を苦しめましたが、白人側は守る気のない条約かだまし討ちで抵抗勢力を除いていきました。西部平原や高原で繰り広げられた戦いは、この一連の流れの中の戦いに過ぎず、どちらが先に手を出し、どちらが報復をしたか、或いは部族の長老の方針に従わない若い戦士たちの独走、合衆国軍の悪質な将軍や兵士たちが引き起こした不必要な戦いはたくさんあります。

ハリウッド映画はこれらの歴史の中から題材を広い、勤労意欲に燃え質素な生活を送る白人入植者、彼らを守る騎兵隊、そして何らの理由もなく白人を襲うインデイアンという構図を作り上げ、30年以上にわたって全世界にそのイメージを植え付けてきました。黒人の公民権運動(ブラックパワー)に引き続き同じような権利を求めるインディアンの運動(レッドパワー)の結果1970年代からハリウッドの姿勢が少しずつ代わり、「ダンス・ウイズ・ウルブス」で仕上げが行われたといわれています。

1862年のダコタ闘争が何を指しているのか分かりませんが、1848年にカリフォルニアに起こった(メキシコからカリフォルニアを奪い取った年)ゴールド・ラッシュ
のため、スー続が住んでいた現在のワイオミング平原を東部からカリフォルニアへ向かう開拓者や金鉱労働者が横切り始めたため、スー族は彼らを襲い自らの生活圏を守ろうとしました。これを合衆国政府はインディアンの反乱ととらえ軍隊を派遣しました。この頃にはインディアンも力が衰えていたので、ほとんどの戦いは悲惨な結果に終わり、西部のインディアンは居留地に閉じ込められることになりました。カリフォルニアに金鉱が発見されなかったなら、南西部は東から伸びてきた開拓の線上で長い戦いが続いたかも知れません。幸か不幸か南西部はこの波から取り残され、当時から現在まで土地持ちのプエブロ族やナバッホ、アパッチが暮らしています。彼らの暮らしている土地も保留地(居留地)と呼ばれますが、他のインディアンと異なり、先祖伝来の土地に住んでいます。スー族は肥沃なワイオミングから東隣の荒地(サウス・ダコタ州)の一角の保留地に閉じ込められています。

保留地に住むインディアンにも居住地を選ぶ権利があるので、今日現在、多くの若者は都市に出て職についています。

参考文献:
『アメリカインディアン悲史』 藤永茂 朝日選書 ¥1,100
『アメリカ先住民の精神世界』 阿部珠理  NHK放送出版協会 ¥850
『アメリカインディアンの歴史改定』冨田虎男  雄山閣    ¥1,900

アメリカインディアンと白人の歴史は大別して次のような時代を経て現代にいたっています。

1.共存時代
2.強制移住時代
3.西部開拓時代
4.公民権回復時代

又インディアンと接点を持った主な白人はスペイン人、イギリス人、フランス人です。これらを念頭において歴史を理解する必要があります。

先ず今日のアメリカのテリトリーに初めてやってきたのはスペイン人です。メキシコから北上して、今日のニューメキシコ州サンタ・フェ近郊に植民しました(1598年)スペイン人はインディアンをカトリ...続きを読む

Qロクシタンシャンプーはノンシリコンですか?

ロクシタンシャンプーはどのシリーズもノンシリコンでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

全部ではないようですね
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1073098805

http://sekiraraalice.jugem.jp/?eid=108

http://lifeyurari.exblog.jp/16481130

Q律令国家と国家仏教について

律令国家の成立と国家仏教の流れについて教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

国家統治ノウハウを中国から導入した。

律令制度と鎮護国家思想
法制面の整備と精神面の整備です

中国の南北朝時代に整備された上記の二つの制度をもとに、隋唐が大帝国を設立させ、近隣諸国を圧迫した。
その近隣諸国の一つが日本であり、圧迫に対応するために導入した。
明治維新で、欧米の植民地にならないように、憲法を定めたり教育制度を整備したり軍備を備えたのと一緒です、構造的には。

Qノンシリコン

ノンシリコンシャンプーを使い始めたら、何種類か変えても、髪はきしんでパサついてゴワゴワになりました。本当にノンシリコンの方が髪によいのでしょうか?

Aベストアンサー

そうとは限りません
またシリコン使うことが悪いことでもないです
悪いのはシリコンを使わないとバサバサになってしまう質の悪いシャンプーです
ラウレス硫酸やラウリル硫酸、アルキルエーテル系どっぷりの強脱脂シャンプーだと頭皮の脂を不必要なまでに脱脂して、髪にもダメージを与えてしまうので手触りを良く誤魔化すためにシリコンが使われる場合がありますがこれは良くないです
頭なんて実際は毎日洗わなくてもいいんです(ただ洗わないと気持ち悪いんで洗いますがw)
それくらいのことなのでシャンプーはシリコンの有無を気にするよりも主剤(アニオン界面活性剤)の質、また自分にあってるかどうかを気にする方が良いでしょう

Q夏休みの宿題で……。 夏休みの宿題で、「聖徳太子は生きた時代にどのような影響をあたえたのか。」 っ

夏休みの宿題で……。

夏休みの宿題で、「聖徳太子は生きた時代にどのような影響をあたえたのか。」
っていう歴史の宿題がでてます。

調べても、あまりでてこなくって。
知ってる方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

四天王寺や斑鳩寺を建立し、仏教の隆盛に努めた。
遣隋使を派遣し、大陸文化を日本に取り入れた。
冠位十二階の制度を作り、中央集権国家の礎を作り上げた。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報