はじめまして。

私は大学4年生で、情報教育について研究しています。
そんな中で、学校の予算に関する知識・情報が必要となりました。

具体的には、下記のようなことを知りたいと考えています。

・学校(小・中・高)を運営するには、年間で1校あたりどれくらいの予算が組まれているか?

・学校の予算は誰がどのように決めているのか?

・学校の予算の実績などの情報は公開されているのか?もし、公開されているならどういった場所にその情報はあるのか?

・現在の学校では、情報教育に対してどれくらい予算を充てているのか?

などです。
できれば、私立・公立両方の情報が欲しいです。
また、なるべくより具体的な数値情報が欲しいです。

卒論の〆切間近で大変困っています。

もしご存知の方はよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

公立小学校についてですが、予算決定の基準は、学校の所属する地方公共団体によって違ってきます。


たとえば、東京都特別区の小中学校の場合、区の教育委員会と学校のセットで予算執行が行われています。
この場合、(1)学校が任意に自由に使える予算(区によって契約額の上限が違います)と、(2)その区の教育委員会が執行する予算があります。
(都立高の場合は都教委とセットになりますが、(1)の予算額も、契約範囲の上限も、小中よりずっと大きいです)

(1)の予算は、学級数、児童数、教員数などの積算基礎によって決まります。
この積算基礎の数値は、区ごとに違うようです。ですから、小学校1校あたり年間いくらという金額は、区によって違ってしまいます。
また、(1)の予算で学校で買ってよい物の範囲も、学校にかける教育費の予算総額((2)の予算ですが、これは他の予算同様、議会が決定します)も、区ごとに違うのです。

例えば、A区では、学校で使う作文用紙(低学年だと15×16マス、高学年だと20×20マスの、B4タテ書きの、よくあるやつです)は学校で買って良いのですが、用品制度のあるB区では、作文用紙は区が用意した規格の物(20×20の、B5ヨコ書き)を、区が印刷してよこします。
ところが、作文用紙の使い方を国語の時間に教えるのですが、通常はタテ書きのもので教えることが多いのです。
ですから、B区の先生が、普通の作文用紙の使い方を子供に教えたいと思ったら、普通の作文用紙代は児童負担となるか、先生がポケットマネーで払うかということになります。
(用品制度とは、簡単に言うと、区が一括して消耗品を購入し、区内の学校に届ける方式です。大量に買い付けるので単価が安くなる一方、決まった物しかもらえないなどの欠点もあります)
ただ、事務さんによっては、用品の作文用紙があっても、普通の作文用紙を買ってくれる人もいますので、絶対ダメというわけではないようですが。

また、教育にお金をかけている区では、本来は児童負担の物を入学祝い品などで支給されたり、学用品費が援助してもらえたりしますので、教育予算も多いです。

すいません、説明が下手で。
以上のような理由で、児童負担の範囲や、学校の規模や、学校が所在している地方公共団体で違ってしまうので、一律に1校いくらとは答えられないのです。
これは、情報教育の予算についても同様です。

教育予算を含む予算総額などは、地方公共団体の広報紙で必ず年1回は報告されています。特定の地域の教育予算を知りたければ、図書館などで広報誌を捜してみて下さい。
それから、教育委員会で「○○市のきょういく」とかいう広報誌を作っていれば、教育予算や、予算の使い道、特色について説明が載ります。

具体的に数値とかをお教えできなくてごめんなさい。
卒論、がんばって下さい。
    • good
    • 0

NO1の補足に対する、追加です。


希望なさっている内容でしたら、区の教育委員会に出向いて直接尋ねられた方が良いと思います。決算書は、市区町村の予算の決算書です。これも教育委員会にありますし、公立の図書館に閲覧用として備えてある場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございました。

とりあえず、役所もしくは公立の図書館に赴いて、調査してみます。

お礼日時:2001/08/23 10:01

公立学校についてです


(1)学校の運営費・・・学校規模によって様々です。小学校でも10名以下の学校  から千人を超える学校もあります。又、運営費には教職員の人件費も含むのでし ょうか?
(2)予算決定・・・小中学校は、市町村教育委員会が管理していますので、教育委員 会が予算要望し、市町村議会が決定します。ただし、教職員は都道府県職員です ので、人件費は都道府県が負担しています。
(3)予算情報の公開・・・市町村役所で決算書を見ることが出来ます。
(4)情報化の予算・・・市町村によってまちまちです。 

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

(1)学校の運営費についてですが、例えば区立の小学校で1000人くらいの規模の小学校ならどれ位なのかを知りたいです。人件費も含めてです。
 ○○小学校の平成12年度の予算はXXXX万円
 そのうち情報教育に当てた金額はXXX万円
ここまで具体的な情報が欲しいです。

(3)の決算書というものは、どこに行けば見ることができるのでしょうか?市町村区役所でしょうか?それとも公立の図書館などでしょうか?Webで公開されているのでしょうか?

こういったことも知りたいです。

もしよろしければ、教えてください。

よろしくお願いします。

補足日時:2001/08/22 16:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校・病院の予算で物品購入する際の必要書類名称は?

小売店で商品陳列やレジのパートをしている者です。
仕事で分からないことがあり、上司に教えてもらう前にある程度予習をしておきたいのですが、まずどういう言葉で検索をしたらいいかわからず、途方に暮れています。

学校や病院の職員の方が来店され、お買い物をされることがあります。
はじめの来店時には商品と必要書類を持って帰られ、代金は後日支払われます。(売掛)
私は来店時の必要書類の一連の処理のしかたが分からず困っています。

そこで、書類の名称を教えていただきたいのです。

(学校 病院 経費 予算 売掛 見積書 納品書 請求書 等の言葉で検索を掛けましたが、わかりませんでした。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公的資金で物品を購入または入札されたものと契約をする際は、「調達」という言葉を使います。

予算を立てる事を調達予算、それを執行した場合は調達執行などの言葉を使います。

そして決まった店から物を購入し続ける事は「購買」という言葉を使います。

Q公立の中学校・小学校 ダメ教師・先生 多い なぜ?

僕は、とある公立の中学校に通っています。
成績もそれなりによく、順調な感じです。

ただ、教師がしっかりしていないのがちょっと嫌です。

・授業チャイムが鳴っていても、教室に来ない。(大体は10分ぐらい遅れてきますが、最悪の場合、来ないまま終了してしまうときも)
・授業をしっかり教えてくれない(例えば、英語の授業で、先生自体、単語を忘れたり、スぺルを間違えたりするなどのミスがしょっちゅう。他では、教科書をそのまま読んでいるかのような感じや、トークが長すぎで、困ったり)
・いろいろバンバン物事を言っている割には、自分は全然ダメ。自分の権利を主張しまくる。
・部活には来るが、最後の話がいつも同じ話。(見ていなくても言える話)
・とにかくツッコミどころが多い。

このようなことが、僕の学校ではあります。
もちろん、すべての教師がこのようなことというわけではなく、一部です。

教師・先生というのは、教えたり、上から(上から目線で)物事を言ったり、怒ったりしますが、
このような先生に怒られたり、上から目線で何か言われると、気持ちが悪くなります。

(ここからが本題)
なぜ、公立の学校には駄目な先生がいるのでしょうか?
一人とかならまだしも、多すぎます(自分が生活してきて思った感じでは)。

いろいろと検索してみると、「公立の学校の先生は・・・・」、「私立中学校の教師は公立中学校よりも・・・・」という記事やgooなどの質問で、目にします。
逆に私立の先生がダメ、という記事などは、あまり見かけません。
この違いはなんでしょうか?

実際には、公立の先生はダメな人が多いのかと思いますが、私立にも、これは先生をやめるべき、という先生はいるのでしょうか?

なぜ、公立にこのような先生が多いのですか?

(回答者さんが学生の場合)あなたの学校にもこのような先生はいますか?

先生・教師という立場は、子供たちに教えるという立場から、結構しっかりしている人でないといけないと思います。
ストレスとか、気分とか、いろんな事情とか、ありますが、全て承知のはずです。「教師・先生になるための基礎・気持ち」も出来ている筈ですが…こんな現状なんですよね。

この、もやもやなどをスッキリしたいです。
よろしくお願いします。

(質問文にしては、長々と書いてあり趣旨が分かりにくいかもしれませんが、簡単にまとめてくれるとありがたいです。また、参考などのサイトがある場合はそれも貼り付けてくれるとありがたいです。
とにかく、たくさんの回答や意見がほしいので、内容が少しでも構いませんので、なるべくお願いします。)

僕は、とある公立の中学校に通っています。
成績もそれなりによく、順調な感じです。

ただ、教師がしっかりしていないのがちょっと嫌です。

・授業チャイムが鳴っていても、教室に来ない。(大体は10分ぐらい遅れてきますが、最悪の場合、来ないまま終了してしまうときも)
・授業をしっかり教えてくれない(例えば、英語の授業で、先生自体、単語を忘れたり、スぺルを間違えたりするなどのミスがしょっちゅう。他では、教科書をそのまま読んでいるかのような感じや、トークが長すぎで、困ったり)
・いろいろバ...続きを読む

Aベストアンサー

>僕は、とある公立の中学校に通っています。
成績もそれなりによく、順調な感じです。
ただ、教師がしっかりしていないのがちょっと嫌です。

>・授業チャイムが鳴っていても、教室に来ない。(大体は10分ぐらい遅れてきますが、最悪の場合、来ないまま終了してしまうときも)

それなりに遅れてくる教師はいるだろうが、やる気がない教師だろうとは思われる。
普通の教師は、『学習指導計画』という授業計画書に基づいて授業を行い、報告する責任がある。これは法的責任が生じうるものなので、重要視される。
ちなみに、こないまま終了、というのは相当な事例だと思うが、どれほどの頻度なのだろうか?
小生には信じられないのだが・・・

>・授業をしっかり教えてくれない(例えば、英語の授業で、先生自体、単語を忘れたり、スぺルを間違えたりするなどのミスがしょっちゅう。他では、教科書をそのまま読んでいるかのような感じや、トークが長すぎで、困ったり)

ありがちな話である。
質問者が該当するとは思えないが、ある程度の学習到達度にある子女は概して「しっかり教えてくれない」と感じることが多いようである。
これは、昔にもあった話であることは知られてないが、子女の学習到達度に適した授業を行えない事情が存在することから限界はあろう。これは公立のみならず私立でもある問題であって、制度上の問題である。教師の問題に収束できない話である。
しかし、質問者が指摘するような教師は確かにいそうな話ではある。

>・いろいろバンバン物事を言っている割には、自分は全然ダメ。自分の権利を主張しまくる。

なにを根拠に「全然ダメ」なのだろうか?質問者がまだ幼いから厳しく問い詰めないが、
中学生にもなれば、色々な教師が存在している現実を理解できるものではないだろうか?
小生が中学生時代には、困った教職員を見ても、「色々なダメ人間がいるよねぇ」程度の達観に近いものはあったのだが・・
まだまだ幼い質問者が将来、世の中の不条理・不合理に相対した時に、どう反応するだろうか?というのを楽しみにしておきたい。


>・部活には来るが、最後の話がいつも同じ話。(見ていなくても言える話)

『部活は来る。』
部活指導は薄給なのだが・・・・・それは質問者には関係ない話だろう
まぁ、『最後の話がいつも同じ』というのは、それだけ重要なことか?もしくは、質問者が同じ過ちを繰り返しているか?であろう。


>・とにかくツッコミどころが多い。

つっこんであげればいい。論理的な反論に対して教師がどうのような反論を行うか?という教師を試す意味で実行してみればいい。
その結果については判然としないが・・


>このようなことが、僕の学校ではあります。
もちろん、すべての教師がこのようなことというわけではなく、一部です。
教師・先生というのは、教えたり、上から(上から目線で)物事を言ったり、怒ったりしますが、
このような先生に怒られたり、上から目線で何か言われると、気持ちが悪くなります。

確かに・・・気持ちは理解できる。

>(ここからが本題)
なぜ、公立の学校には駄目な先生がいるのでしょうか?
一人とかならまだしも、多すぎます(自分が生活してきて思った感じでは)。

公立よりも私立の方が酷い教師は多い、と思われるが
小生も小生の知己も、大概はそう指摘できる。
実際に、臨時職員・非常勤で私立学校の教職員を見れば、公立に比べて格段に質が落ちると言うしかない

そもそも、質問者は、私立学校への就学経験があるのだろうか?
比較ではなく、印象で「なぜ、公立の学校には駄目な先生がいるのでしょうか?」と質問するなら簡単に回答できる

世の中に存在する組織には、ダメな人間が必ず存在する。
『パレート最適』という経済理論でも指摘できるのが、組織においてマイナス(ダメ)な人間が存在しない組織がない存在しないのである。
もっと言えば、組織にはダメな存在が必要なのであるが・・・・理論では理解できても感情論では理解できないだろうとは思う。
小生も理論として理解するにしても・・・という感情論はあるが、その感情論が陳腐なのでしない。


>いろいろと検索してみると、「公立の学校の先生は・・・・」、「私立中学校の教師は公立中学校よりも・・・・」という記事やgooなどの質問で、目にします。
逆に私立の先生がダメ、という記事などは、あまり見かけません。
この違いはなんでしょうか?

私立学校の教師を批判する子女がいないからだろう
そもそも、義務教育課程学校の公立・私立の比率は、小学校で99%:1% 中学校で94%:6%
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/main5_a3.htm
人口割合ではもっと私立は少ない。
 以下のような状態であれば、私立批判の声が出てこないのは当然の結果だろう

ちなみに、中学生ならこの意味は理解できるよね?



>実際には、公立の先生はダメな人が多いのかと思いますが、私立にも、これは先生をやめるべき、という先生はいるのでしょうか?

いるとは思われる。理論的にも実際にもw


>なぜ、公立にこのような先生が多いのですか?

公立学校が圧倒的に多いから・公立教師が圧倒的に多いから・・だろう


>先生・教師という立場は、子供たちに教えるという立場から、結構しっかりしている人でないといけないと思います。

どうあれば、『しっかりした人』なのだろうか?
この部類の意見は抽象的であることが多いが、どうあれば「しっかりした人」なのだろうか?失敗しない人・間違わない人?
教師に限らずしっかりした人であるべき、なのであって、教師に限定する必要性はないだろうが、教師は、学校内だけでは「模範的な大人」であってほしい・・とは小生も思う。
その模範が常に正しい模範である必要性はない。悪い見本でも、子女の学習に叶うならそれでいいだろう
質問者は、ダメな教師をみてこう思えるようになれば、大人に近づけるだろう

「ああ・・・あんなダメ人間にはなりたくないな・・」と

>ストレスとか、気分とか、いろんな事情とか、ありますが、全て承知のはずです。「教師・先生になるための基礎・気持ち」も出来ている筈ですが…こんな現状なんですよね。

こんな現場です。
想定していた現実と事実が違うことは、教師に限ったことではありません
質問者もおそらく想定していなかった回答に直面することでしょうから、
”『質問するための基礎・気持ち」も出来ているはず”という設定で回答しておきましょう

大人の社会はもっと酷いぞ。教師はまだマシだ。真性の問題人間が存在する確率が低い
同時に、連中には理論・論理で黙らせることが可能だ。一般社会は、”理論・論理なぞクソ喰らえ”の困ったチャンが多い。
まずは、教師という特殊で付け込む隙の多い社会で、一般社会の予備訓練を積むといい。

質問者が知らない場所で、質問者よりも賢い子女は、ダメ教師を無視して社会を達観している
もっと大人になれるといいね・・・・

BY 元教師で予備校世界史講師

>僕は、とある公立の中学校に通っています。
成績もそれなりによく、順調な感じです。
ただ、教師がしっかりしていないのがちょっと嫌です。

>・授業チャイムが鳴っていても、教室に来ない。(大体は10分ぐらい遅れてきますが、最悪の場合、来ないまま終了してしまうときも)

それなりに遅れてくる教師はいるだろうが、やる気がない教師だろうとは思われる。
普通の教師は、『学習指導計画』という授業計画書に基づいて授業を行い、報告する責任がある。これは法的責任が生じうるものなので、重要視される。
...続きを読む

Q知識詰め込み教育→ゆとり教育→???教育

私は専門知識を大人に教える仕事をしています。
(学校ではありません。)


学校教育はこれからどのように変わっていくのでしょうか?


知識詰め込み教育からゆとり教育になって、
ゆとり教育が失敗だったから、ゆとりはやめたという感じなのでしょうか?


インターネットが全普及した今、知識詰め込み教育に戻したところで、良い方向へ向かうとは思えません。
ゆとり教育の「知識詰め込み部分を少なくして、ほかの事に時間を使う」っていうのは間違っていない気がします。
~20年前とは違い、グーグル先生・ヤフー先生に聞けば大体の知識は手に入ります。


知識を詰め込む部分ではなくて、基本知識を実践(応用)するところを教えていくのが良いのではないかと思っています。
例えば、お小遣い帳をつけるとか、
     校内バーチャルビジネスをやるとか
     地域の○○問題改善に取り組むとか
     書籍を買わずにPCで無料ダウンロードで済ませる実習とか
     学校で習った言葉を実際の仕事で使っている文章に照らし合わせて分析するとか
実践系授業を増やすのが良いのではないかと思っています。
今はそういう系統の授業があることは知っていますが、
知識詰め込みを少なくしてもっともっと実践する時間を増やしていけば良いのではないかと思っています。
(ちなみに、先生方1人1人の事柄について書いているわけではありません。
 現在でも色々な先生が居て、先生によっては実践的なことばかり行う人も居るかもしれません。)


小中高校生はやはり知識つめこみが大切なのでしょうか?


教員免許や教師になる人も(一部分)変えていかなければ実現は出来ないと思いますが。
この先日本の教育はどうなっていくのでしょうか?
知識詰め込み型に戻していくのが良いのでしょうか?

私は専門知識を大人に教える仕事をしています。
(学校ではありません。)


学校教育はこれからどのように変わっていくのでしょうか?


知識詰め込み教育からゆとり教育になって、
ゆとり教育が失敗だったから、ゆとりはやめたという感じなのでしょうか?


インターネットが全普及した今、知識詰め込み教育に戻したところで、良い方向へ向かうとは思えません。
ゆとり教育の「知識詰め込み部分を少なくして、ほかの事に時間を使う」っていうのは間違っていない気がします。
~20年前とは違い、グーグル先生・...続きを読む

Aベストアンサー

一つの概念を他の教科と結びつけて
その成り立ちをしっかり教えるべきだと思います。
例えば、微分の概念を物理の自由落下に関連した
速度と加速度の式等で説明するとか。

後は、仰る通り、灘中学の伝説の国語教師であった橋本 武さんのように
小説の中に、かるたが出て来れば、みんなでかるたをやってみたり
駄菓子屋が出て来れば、駄菓子屋に行ってみるとかの
実践系授業であれば、理解も随分深まるかと思います。

問題は、受験重視の親や子供がついて来れるのか
はたまた、それだけの力を持った教師を育てられるのかでしょうね。

Q今の小学校中学校教育の欠点・利点は何だと思いますか?

今メディアで学力低下や校内暴力などいろいろ騒がれてますが
今の小中学校の教育の欠点・利点は何でしょうか?

Aベストアンサー

利点・・・よく行われていることですが、学級内のグループや学年を越えた縦割りグループで活動することで、互いに話し合い歩み寄りながら何かをする経験を積むことです。社会性を養うのにいいと思います。
欠点・・・今や学業がふるわない子にとって、とてもつらい場所になっていることです。勉強が嫌いな子でも楽しく過ごせる学校がいいと思います。

Q情報公開の時代は、所見に悪いことは書けない?

少々冷静さを欠いて質問しております。

現在、子どもたちの通知表に、所見を書いております。
なんでも情報公開の時代なので、なんともならないようなマイナス面は、書かないようにという指導を、いつも受けます。

悪いことばかり書くような所見では、確かにまずい。
万引きした子がいたとして、「万引きがありました」などと書くほど無神経な先生は、まずいないでしょう。

しかし、悪かったところ、短所の指摘を、あまりにぼやかしていては、こちらの真剣な願いが通じないような気がしてなりません。物はとらえよう、書きようですが、「こんな、オブラートに包むような書き方で、親が真剣に子どもに立ち向かえるものか。」と思うことがしばしばです。

指導要録や、内申書など、その最たるものです。
人を困らせたこと。力が育っていなくて、まだうまくできないこと。事件を起こしてしまったこと。公式文書には、書きにくいことばかりです。

これは、あくまでもその年の児童生徒の姿でしかないのに、書いてしまったら、その子の一生に悪影響を及ぼしてしまうのでしょうか。

こういう所見を書くようになって、はや十数年がたちますが、いまだに釈然としません。まあ、今回もオブラートに包んでがんばりますが、やはり書くのはまずいでしょうか。

少々冷静さを欠いて質問しております。

現在、子どもたちの通知表に、所見を書いております。
なんでも情報公開の時代なので、なんともならないようなマイナス面は、書かないようにという指導を、いつも受けます。

悪いことばかり書くような所見では、確かにまずい。
万引きした子がいたとして、「万引きがありました」などと書くほど無神経な先生は、まずいないでしょう。

しかし、悪かったところ、短所の指摘を、あまりにぼやかしていては、こちらの真剣な願いが通じないような気がしてなりません。...続きを読む

Aベストアンサー

 もう教員をやめてしまったものですが・・。
 本来、保護者や次の指導者にその生徒のひととなりを伝えるという意味での所見は、もう滅んだと考えるべきですね。
 人間のいい面だけ、否定的なことは一切書くなという、今の文部科学省の指導に従えば、そうなるでしょう。
 だいたい所見などというものは、主観でしか書きえないし、そういう欄を作っておいて、後で内容にいちゃもんをつけるなんていうのは、本当に馬鹿らしい話だ思っていました。
 まぁ、根っこには、それをもとに裁判を起こしたりする風潮もあるし、一方教員側にも、「内申書に書くぞ」といって、もともとたいした影響力のない、所見というものを、指導の道具にしてしまった責任があるのでしょう。
 ですから、私は指導要録における所見というのは意味のない儀式なのだと思ってわりきっていました。実際知り合いのなかには当たり障りのないひな形を5つくらい用意して使っている人もいましたし、現状ならそれで何の問題もないと思います。
 一方内申書における所見は単純に担任が生徒のセールスポイントを書く欄だと思っていましたので、誠心誠意その生徒をほめるように心をを砕きました。そう考えれば、それは受験する生徒への教員側からのはなむけだといえるとおもいます。
 思うに世の中に向けて、所見などというものに左右されて人生が決まることなど、皆無なのだと、もう少し実体を知らせるべきだと思うのですがね。

 もう教員をやめてしまったものですが・・。
 本来、保護者や次の指導者にその生徒のひととなりを伝えるという意味での所見は、もう滅んだと考えるべきですね。
 人間のいい面だけ、否定的なことは一切書くなという、今の文部科学省の指導に従えば、そうなるでしょう。
 だいたい所見などというものは、主観でしか書きえないし、そういう欄を作っておいて、後で内容にいちゃもんをつけるなんていうのは、本当に馬鹿らしい話だ思っていました。
 まぁ、根っこには、それをもとに裁判を起こしたりする風潮...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報