gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

【物理学・熱伝導率】フライパンは直径30cmを越えると一気に熱伝導率が下がるって本当ですか?

だからフライパンメーカーは最大でも30cmを越えないフライパンしか出さないそうです。

それほど一気に熱伝導率が下がるのか教えて下さい。

gooドクター

A 回答 (6件)

熱伝導率は、物質固有の値です。


この場合は、空間放射が大きくなるので、と言う事になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2021/03/16 17:00

No.2 です。

「物理」の話ではなく、日常会話での話では?

「フライパンは直径30cmを越えると周辺部への熱の伝達が極端に悪くなる」

といったもの。

まあ、中華鍋なんかはもっと直径が大きいから、使う場面や「火力の大きさ、加熱できる面積、形状」などにも依存するのでしょう。
「ごく一般的なガスコンロでは」といった条件も付くのだと思います。

いずれにせよ、「厳密な」文章ではなく、日常会話のレベルの話かと思います。
    • good
    • 1

率なんだから、サイズに関係なく、材質が同じなら同じ。

    • good
    • 0

うそ



32センチのフライパンも存在する。
業務用になると、もっと大きなフライパンもある。

ガス台でもIHでも「ごとく」の大きさ、ガス台の横幅、
ガス台中心からガス台端部までの距離+安全距離で
フライパンの大きさはだいたい決まります。

それが30センチ以下であるということだけです。
    • good
    • 0

伝導率、についてはNo.1さんが書かれたとおりで


フライパンの材質によるもので、サイズは無関係です。


サイズが大きくなれば熱容量が大きくなるので
フライパンそのもを所定の温度に温めるのに時間なり熱量が要るし
食材を加熱する、視点でいえば、その効率は下がります。

フライパンの表面積も増え「空中に逃げる熱」も増えるので。

「30cm」というのはそれを実測したデータなりをみて
グラフの急カーブな部分を「目分量で見て言っただけ」だと思いますよ。
30cm そのものにそんなに正確な根拠があるのでなくて。
    • good
    • 0

熱伝導率というよりは温度の均一性なんだろうなあ、問題は。


熱を加える中心部と、そこから熱が伝わりつつ放熱する周辺部との温度が変わりすぎるということ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング