未経験で、コーディングをして、2ヶ月程で、笑われそうな
質問ですが、callステートメントに関する引数の考え方がさっぱりです。
そもそも、引数とは?参考書読んでも、解りませんでした。
あんまり、難しいことはわかりませんが、よろしくどーぞ。

A 回答 (4件)

回答送れてごめんなさい。


しばらく、ネットがつながらなかったもので・・・

回答ですが、えーっと、大体そうです。
が、「sAは001で帰ってきて、sBは004で帰ってくる」ではなくて
「s01は001で帰ってきて、s02は004で帰ってくる」です。

ローカル変数はプロシージャ単位で考えましょう。
関数 FlKansuu 内では、
sA = "003"
sB = "004"
のコーディングあとはこの関数が終わるまでは
「sA は "003" sB は "004"」です。
関数から戻った時の
call側の引数の変数の値が
変化するByRef
変化しないのがByVal です。
細かいかも知れませんが後々混乱しますよ。

これが理解できたら次は、Sub と Function の違い使い方や
Optionalの使用など理解したらかなりいいかんじだと思います。
がんばってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんども、すいませんが、
別の言い方をすると、sAに001を渡し、sBに004を渡す。
という、考えはあっているでしょうか。

お礼日時:2001/09/02 12:25

callステートメントを使うのは、プロシージャを使うときですよね。

(Function、Subプロシージャ)これらの考え方は、数学の関数に近いと思います。

たとえば、変数AとBを与えて、その平均Cを出す計算をさせたいとします。そうすると、
C=(A+B)/2
と記述しますよね。
これを毎回書くのは大変なので(この場合は短いのでたいしたことはないですが)、次のように書くことにします。
C=Heikin(A,B)
ただし、Heikin(A,B)=(A+B)/2

ここで、「C=・・・」の部分が呼び出しCallステートメント、「ただし・・・」の部分がプロシージャになります。今回は計算ですが、プログラムでは、計算に限らず、いろいろな処理を書くことができます。

この、A、Bのことを引数といいます。つまり、そのプロシージャの中で処理するために必要なデータということになります。

ただ、この場合は、計算の結果がほしいのでC=・・・の記述になりますが、結果はいらない処理の場合、VBではCallステートメントを使うという決まりがあります。
上記の場合、結果がほしいときは、
C=Heikin(A,B)
と記述し、結果がいらないときは、
Call Heikin(A,B)
または
Heikin A,B
と記述することになります。

ちなみに、Subプロシージャは、結果を返さないプロシージャ、Functionプロシージャは、上記の2通りの記述方法で、両方に対応することができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後の2行がよくわかりませんでしたが、
もう少し、かんがえてみたいです。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/02 12:19

コーディング2ヶ月ですか。


理論的に理解するには、ちとつらいですかね。
簡単に説明すると

call 関数名(引数01,引数02)

という感じで関数にデータを渡せます。

関数側では
Function 関数名(引数A,引数B)

End Function

となり
引数Aに引数01のデータが
引数Bに引数02のデータが渡されます。

渡されるデータは、呼ぶ側(call側)の引数と呼ばれる側(Sub,Function)の引数の順番で決まります。
つまり関数側の引数の順番を変えると渡されるデータも変わります。
Function 関数名(引数B,引数A)

End Function

引数Bに引数01のデータが
引数Aに引数02のデータが渡されます。

大体こんな感じです。

あともうひとつ値渡し(ByVal)と参照渡し(ByRef)があります。
これは、データを渡された側(関数側)で渡されたデータを変更したとき、
Call側の引数の変数が変化するかどうかということです。
少し難しいかもしれませんが、簡単にいうと
値渡し(ByVal)は、変化しない
参照渡し(ByRef)は、変化する
です。
宣言のしかたは

Function 関数名(ByVal 引数A , ByRef 引数B )

End Function

引数A = 値渡し(ByVal)
引数B = 参照渡し(ByRef)

になり、関数のなかでそれぞれ、引数のデータを変更すると
call側に戻ったときに引数01,引数02のデータを比べて見てください。

ひとつ理解するとヘルプを再度見たときに新たに理解できることがありますよ。
ヘルプは、結構使えるので、ぜひおぼえてください。

参考プログラムです。

Private Sub Form_Load()

Dim s01 As String
Dim s02 As String

s01 = "001"
s02 = "002"

Call FlKansuu(s01, s02)

'イミディエトウィンドウに出力
Debug.Print "s01 " & s01
Debug.Print "s02 " & s02

End Sub

Sub FlKansuu(ByVal sA As String, ByRef sB As String)

sA = "003"
sB = "004"

End Sub
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい内容ありがとうございます。
ByVal、ByRefの違いも聞きたかったのですが、そこまで教えて頂いて、
助かります。
あと、ちょっと、参考プログラムの解説をしてもらいたいです。
sAは001で帰ってきて、sBは004で帰ってくる。
でいいんですかね?混乱中。
すいませんが、お願いします。

お礼日時:2001/08/23 14:18

Call Shell(AppName, 1)



というステートメントがあった時、
AppNameという変数、および1という定数が引数です。

Callで呼び出すSubもしくはFunctionに渡すパラメータ
のことなのですが...。
言葉だけの問題でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言葉の定義ぐらいなら、解るんですが...。
内容(意味)が解りません。

お礼日時:2001/08/23 14:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【確率統計】99%信頼区間に6個中、5個入ること?

Aが、Bと同等であることを示したいです。

A及びBは正規分布を示し、Bはμ=100、σ=1.0という前提です。

Aを5個測定して、Bの99%信頼区間に入れば、BはAと同等であると言いたいのですが、その場合、危険率は5%となります。

測定結果が信頼区間から外れる確率は5%あるので、判定基準を5個中、5個としてしまうと厳しい判定だと思います。
そこで、6個中、5個が99%信頼区間に入ればAはBと同等と結論付けたいと思いますが、これでは判定が緩すぎると言われる不安があります。

測定のn数はこれ以上増やせません。
6個中、5個でOKとすることについて、どのように理論だてれば良いでしょうか?
また、1個は外れ値が出てもOKとすることを前提として、「6個中、5個が99%信頼区間に入る」の代案がありましたら、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

> Aを5個測定して、Bの99%信頼区間に入れば、BはAと同等であると言いたいのですが、その場合、危険率は5%となります。

99%信頼区間とありますが、母平均の信頼区間ではないですよね。
多分、Bの分布の99%を覆う区間のことを言っているのだと思いますが、それを信頼区間とは呼ばないでしょう。

さて本題ですが、もしAがBと同じ分布であるなら5個のデータがすべてBの99%区間に入る確率は0.99^5=0.95099なので、確かにほぼ有意水準5%の検定になります。
一方6個中5個以上とすると0.99^5*0.01*6+0.99^6=0.99854なので、有意水準0.146%の検定になります。
データ数が異なるので一概には言えませんが、有意水準を小さくとると検出力は悪くなるので、判定が緩すぎると言われる可能性がありますね。
でしたら、99%区間ではなくもう少し狭めて有意水準を5%となるようにしては如何でしょうか?
0.93715^5*(1-0.93715)*6+0.93715^6=0.95000

しかし、この方法ではAとBが同じ分布であるという検定にはなりませんね。
平均と分散が異なっていてもBの99%区間に入いる確率が99%である分布を考えてみてください。

もし、「A及びBは正規分布を示し、Bはμ=100、σ=1.0という前提」が確かならば、Aのデータから標本平均と標本分散を計算し、μ=100、σ=1.0かどうか検定した方が良いように思います。
このとき、個々の検定の有意水準は2.5%とします。
データ数は多い方が良いので5個よりは6個ですべきです。

あと付け加えると、同等性の検定について調べてみることをお勧めします。
簡単に説明すると、統計的仮説検定は同じであるということが基本的にはできません。
そこで、ある程度以上の違いを十分な検出力で検出できるように検定し、その結果有意でなければ、帰無仮説を支持しようというのが同等性の検定です。

> Aを5個測定して、Bの99%信頼区間に入れば、BはAと同等であると言いたいのですが、その場合、危険率は5%となります。

99%信頼区間とありますが、母平均の信頼区間ではないですよね。
多分、Bの分布の99%を覆う区間のことを言っているのだと思いますが、それを信頼区間とは呼ばないでしょう。

さて本題ですが、もしAがBと同じ分布であるなら5個のデータがすべてBの99%区間に入る確率は0.99^5=0.95099なので、確かにほぼ有意水準5%の検定になります。
一方6個中5個以上とすると0.99^5*0.01*6+0.99^6=0.99854な...続きを読む

QVBAのCallステートメントについて

ExcelのSheet1にCommandButton1(表示)があります。
--------------------------------------------------
Private Sub 表示_Click()
(DBより表示処理)
End Sub
--------------------------------------------------

UserForm1にCommandButton1(登録)があります。
--------------------------------------------------
Private Sub 登録_Click()
(DBへの登録処理)
UserForm1.Hide
Call WorkSheets("Sheet1").表示_Click() ・・・☆
Exit Sub
End Sub
--------------------------------------------------

表記のようなプログラムにしたところ、☆印のところで、
下記エラーが表示されてしまいます。

【エラー】---------------------------------------------------
実行時エラー'91':
オブジェクト変数またはWithブロック変数が設定されていません。
-------------------------------------------------------------

どのようにしたらCallステートメントで表示_Clickを呼び出すことが
できるのでしょうか。

ExcelのSheet1にCommandButton1(表示)があります。
--------------------------------------------------
Private Sub 表示_Click()
(DBより表示処理)
End Sub
--------------------------------------------------

UserForm1にCommandButton1(登録)があります。
--------------------------------------------------
Private Sub 登録_Click()
(DBへの登録処理)
UserForm1.Hide
Call WorkSheets("Sheet1").表示_Click() ・・・☆
Exit Sub
End Sub
----------------...続きを読む

Aベストアンサー

標準モジュールを1つ作って

public sub DB_Syori
(DBより表示処理)
end sub

Private Sub 表示_Click()
'''(DBより表示処理)
call DB_Syori
End Sub


Private Sub 登録_Click()
(DBへの登録処理)
UserForm1.Hide
'''Call WorkSheets("Sheet1").表示_Click() ・・・☆
call DB_Syori
Exit Sub
End Sub

こんな感じで
(DBより表示処理)
を外に移せば動きます。

Q白球5個、赤球2個、黒球3個の計10個を2組に分ける方法は何通りか

白球5個、赤球2個、黒球3個の計10個を2組に分ける方法は何通りか
まず、白球5個は(5,0)、(4,1)、(3,2)の3通りに分けられると考えました。
次に白球5個を(5、0)に分けた場合、赤球2個は(2,0)、(1,1)、(0,2)の3通り、黒球3個は(3,0)、(2.1)、(1,2)、(0,3)の4通りに分けられるので、計12通りに分けられると考えました。同様に、白球5個を(4,1)、(3,2)に分けた場合も赤球2個と黒球3個をそれぞれ計12通りに分けられるので、最終的に白球5個、赤球2個、黒球3個の計10個を36通りに分けられると考えました。
しかし、間違っているようです。どこか間違っているのか分かりません。アドバイスいただければと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

10個と0個に分けた場合は2組に分けたとは言わないのでは?

答えは35通りではないですか。

QVBA:Callステートメントでいつでもイベント発生可能な準備をしたい。

タイトルどおり、Callステートメントでいつでもイベント発生可能な準備ができるようにしたいと考えています。しかし、Sub 実行準備SUBでエラーが出ています。どこをどう直せばよいのか教えて頂きたいです。

Private Sub Auto_Open()
MsgBox "Ctrl + t でイベント実行準備を行います。"
Application.OnKey "^{t}", "実行準備SUB"
End Sub
'---------------------------------------------------
Sub 実行準備SUB()
Dim Target As Range
Target = Range(Cells(1, 1), Cells(100, 100))
Call Worksheet_Change(ByVal Target)
End Sub
'---------------------------------------------------
Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Excel.Range)
Dim r As Range
For Each r In Target
If r.Column = 2 Then
r.Offset(0, -1).Value = Now
End If
Next r
End Sub

イベントは、シートの2列目のセルに変更があれば、1列目に日付時刻を記入するというものです。宜しくお願い致します。

タイトルどおり、Callステートメントでいつでもイベント発生可能な準備ができるようにしたいと考えています。しかし、Sub 実行準備SUBでエラーが出ています。どこをどう直せばよいのか教えて頂きたいです。

Private Sub Auto_Open()
MsgBox "Ctrl + t でイベント実行準備を行います。"
Application.OnKey "^{t}", "実行準備SUB"
End Sub
'---------------------------------------------------
Sub 実行準備SUB()
Dim Target As Range
Target = Range(Cells(1, 1), Cells(100, 100))
Call Worksheet_Ch...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
>今後のためにも、VBAの構造的な理解、Callステートメント、
>プロシージャ等の理解を助けてくれる本などご存知でしたら
>是非教えて頂きたいです。
最近は、もっぱらヘルプを中心に参照していまして、今どきの本などについては存じ上げませんので、残念ながらご紹介できるようなネタを持ち合わせておりません。

ただ、現在お使いの本をもっとシャブリ尽くす、さらに関数の使用法やVBAの文法などは本の内容に加えてヘルプを確認するなどで理解はすすむのでは、と思います。

また、WebなどにあるExcelのサンプルなどで、結果がどのように得られるのかという過程を検証するというのも実力アップにつながるのではないかと思います。(OKWebの回答もいいサンプルになります。Excelに関しては「コンピューター [家庭向け] > ソフトウェア > Microsoftアプリケーション」のカテゴリで質問されるのが多いです。)


>ExFlgとはどういった意味なのでしょうか?
これは私が勝手に決めた変数です。(Public変数というものですが、これについてはヘルプや本で確認できると思います。)
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=911764
の質問で#1(=#2)さんが、フラグを使ってコントロールする方法がありますという紹介をされていますが、それの具体的な例に当たります。
フラグといのはプログラムをコントロールするための変数です。フラグ=旗のイメージで、旗が立っていたら、プログラム上のある処理を行う。旗が寝ていたら、何も行わないなどといった形で使います。
この場合でしたら、ワークブックが開いたときにフラグを寝かして置く。Ctrl+Tが押されたらフラグを立てる。ワークシートが変更された時に、フラグが立っていたら、時刻を記入するという流れになります。

(「フラグを立てる」とかは一般的にも使いますが、普通「寝かす」とは言わないです。説明のための表現ですので、お間違えなきよう)

#2です。
>今後のためにも、VBAの構造的な理解、Callステートメント、
>プロシージャ等の理解を助けてくれる本などご存知でしたら
>是非教えて頂きたいです。
最近は、もっぱらヘルプを中心に参照していまして、今どきの本などについては存じ上げませんので、残念ながらご紹介できるようなネタを持ち合わせておりません。

ただ、現在お使いの本をもっとシャブリ尽くす、さらに関数の使用法やVBAの文法などは本の内容に加えてヘルプを確認するなどで理解はすすむのでは、と思います。

また、Webなど...続きを読む

Qコロッケ1個10円お一人様5個まで  何個買いますか?

「コロッケ1個10円お一人様5個まで」
みなさんは今晩のおかずなら何個買いますか?
何回も並んでたくさん買ったり、一緒に連れている子供を一人としてたくさん買いますか?

わたしは5個買っちゃいました。
明日の朝もこれでコロッケは決定です。

Aベストアンサー

そりゃ安い!早速並ばねば!!
7人家族に5個では喧嘩の元!
子どもにも並ばせて10個は最低ライン。
がんばって15個ゲットできたら翌朝コロッケサンドイッチに決定。
・・・たしか冷凍コロッケがあったはずだけど。

Q初心者です call文の引数がかえってきません

ACCESSVBAでの質問です。こちらへの質問で大丈夫でしたでしょうか。。

初心者で、本やサイトを見よう見まねで書いており、
おかしな記述をしている可能性がありますが、すみませんお許しください。

Private Sub 金額_AfterUpdate()
Set objdb = Application.CurrentProject.Connection
strSQL = "SELECT [残高] FROM 入出金テーブル where [ID] = " & Me![ID] - 1
Set objrs = objdb.Execute(strSQL)

If objrs.EOF = False Then
Call aaa(Me.[入出金区分].Value, Me.[残高].Value, objrs("残高").Value, Me.[金額].Value)
Else
MsgBox "ありません", vbOKOnly + vbExclamation, "該当なし"
Cancel = True
End If
End Sub

Sub aaa(wInOut As Integer, wZandaka As Currency, wRSZandaka As Currency, wKingaku As Currency)
Select Case wInOut
Case 1, 4, 7
wZandaka = wRSZandaka + wKingaku
Case 2, 3, 5, 6
wZandaka = wRSZandaka - wKingaku
Case Else
Exit Sub
End Select
End Sub

金額が変更されたら残高を更新したいというもので、
上記のほかにも残高再計算などでaaa subを使いたいと思っています。
(call文の練習をかねてやってみたいと思っています)
そこで上記のように記載したのですが、wZandakaの値がMe.[残高].Valueにかえってきません。

どなたか教えていただけないでしょうか。
また、ほかにも書き方におかしな点は多々あると思います。
その点も教えていただければ助かります。

ACCESSVBAでの質問です。こちらへの質問で大丈夫でしたでしょうか。。

初心者で、本やサイトを見よう見まねで書いており、
おかしな記述をしている可能性がありますが、すみませんお許しください。

Private Sub 金額_AfterUpdate()
Set objdb = Application.CurrentProject.Connection
strSQL = "SELECT [残高] FROM 入出金テーブル where [ID] = " & Me![ID] - 1
Set objrs = objdb.Execute(strSQL)

If objrs.EOF = False Then
Call aaa(Me.[入出金区分].Value, Me.[残高].Value, objrs("残...続きを読む

Aベストアンサー

VB/VBAのサブプロシージャの引数は基本的には ByValの値渡しになります

呼び出し元に値を返したい場合は ByRefの参照渡しにしないとできません
また、1つの値だけ返すのであれば Function(関数)として定義する方法もありますよ

Sub aaa(wInOut As Integer, ByRef wZandaka As Currency, wRSZandaka As Currency, wKingaku As Currency)
  Select Case wInOut
    Case 1, 4, 7
      wZandaka = wRSZandaka + wKingaku
    Case 2, 3, 5, 6
      wZandaka = wRSZandaka - wKingaku
    Case Else
      Exit Sub
  End Select
End Sub
といった具合にします

関数定義なら

Function aaa(wInOut As Integer, wRSZandaka As Currency, wKingaku As Currency) as Currency
  dim wZandaka as Currency
  Select Case wInOut
    Case 1, 4, 7
      wZandaka = wRSZandaka + wKingaku
    Case 2, 3, 5, 6
      wZandaka = wRSZandaka - wKingaku
    Case Else
      Exit Sub
  End Select
  aaa = wZandaka
End Sub
として
呼び出し側は
Me.[残高].Value = aaa(Me.[入出金区分].Value, objrs("残高").Value, Me.[金額].Value)
といった具合に使います

VB/VBAのサブプロシージャの引数は基本的には ByValの値渡しになります

呼び出し元に値を返したい場合は ByRefの参照渡しにしないとできません
また、1つの値だけ返すのであれば Function(関数)として定義する方法もありますよ

Sub aaa(wInOut As Integer, ByRef wZandaka As Currency, wRSZandaka As Currency, wKingaku As Currency)
  Select Case wInOut
    Case 1, 4, 7
      wZandaka = wRSZandaka + wKingaku
    Case 2, 3, 5, 6
      wZandaka = wRSZandaka - wKi...続きを読む

Q箱ティッシュはなぜ5個入り?

箱ティッシュはなぜ5個入りパックばかりなのでしょうか。

箱のサイズが最近は小さくなっています、にもかかわらず5個入りばかりですよね。
特に深い意味は無いのでしょうか。

Aベストアンサー

自信はない、・・・というか想像ですが、

箱ティッシュが1個でしか売っていないと、値段が高くなってしまいます。だから、複数個入りパックで売ることにしたのだと思います。だからといって、10個入りパックで売ると多すぎて家へ持って帰るときに邪魔になる・・・。
5個入りが値段も大きさもちょうどいい数なのでは?

QCallで呼び出し後にそのCallで例外が発生

例えば、下記のCallでプロシージャProc1を実行した後に、そのCallで例外(HRESULT からの例例:0x800A01B6)が発生します。

Call Proc1(a, b, c)

デバッグモードでこのCallにストップをかけ実行します。停止した後に1ステップごとに実行を進めるとと、Proc1が正常に終了した後、このCallで例外が発生したと報告されます。

環境は、Windows 7、VB 2010 Express、IE 11です。
何が起こっているのでしょうか?

Aベストアンサー

例外は登録されていないエラー種別なので、厳密には何が起きているか判りません。

ただ、Callで起きる場合の大半は型があっていないことが原因なので、
引数か関数そのもの型を確認してキャストしてみてください

Q5個の電球の明るさ

6V 2.4Wの電球を5個つなごうとしています。
電球1個ずつにスイッチを取り付けたいので、現在並列つなぎにしています。電球1個だけをつけたときの明るさ(電球にそのまま6Vの電圧をかけた時の明るさ)と、5個同時につけた時の電球1個あたりの明るさを同じにすることは出来るでしょうか?

Aベストアンサー

回答に対するお礼部分の質問に返答です。
その通りです。

 ACアダプターは絶縁物と銅線、鉄、金属めっき、といった、物を使い、電流が多少多く流れても、ほかの物質に変化しない物質で作られています。
但し、アダプターから電流を流し出してもらうには、何百キロメートルも離れた、発電所に頼らなければなりません。
 アダプターの中にも、必ず、電線の回路をまとめて
電気抵抗があります。アダプターに手を触れると、暖かいのは、その内部抵抗で発熱しているからです。

 しかし、化学変化に頼って内部で電圧と電流を作っている、しかも寿命のある(後ろの参考)、取り出す電流で、電池の内部抵抗が予測出来ない大きさで変化する乾電池と比較すると、ACアダプターの電線の内部抵抗の変化は、ほんのわづかで、計算もできますから、電圧降下の計算式はいつでも当てはまり、RxIボルト電圧降下して下がった電圧が出てきます。
ACアダプターに指定された範囲で使う限り、安定しています。範囲は、VAの値で見れます。(ボルトアンペアの数字で分かります)オーバーすると焼けてしまいます。

参考

★乾電池というのは、+電気を帯びた+イオン物質と-電気を帯びた物質(分子)2つの間で、電子が+イオンの方に流れていって結合中和して徐々に違った物質になってしまい、電流を流す電気を帯びた分子がなくなってしまう、と、電池の寿命です。
たいした意味がありませんが、こじつけると、電池が中和して、電流をだせなくなった時を、電池の内部抵抗が∞(むげんだい)オームになったといいます。

 電池の内部で化学変化を起こす物質の間で電子を流す原理(+と-に電球を接続した時流れます)、の電源ですから、化合してしまうと、化学変化が終わってしまうのです。
 自動車の鉛を使ったバッテリーの様に、中和して違う物質「酸化した鉛」になってしまって電流を流せない極板に変化したのを、外から、逆に強制的に電圧を加えて電流をバッテリーに流し込んでやると、中和していた電極は、分解されて元の電極に戻る電池もあります。元に戻す操作を●「充電」といっています。

 携帯用電動工具(ドリル)、デジカメ用電池は充電して再生可能な電池ですが、単一,単二、単三などは、再生できないでしょう?。
 電池は必ず直流電池です。携帯に絶対なくてはならないものです。必要なものです。

回答に対するお礼部分の質問に返答です。
その通りです。

 ACアダプターは絶縁物と銅線、鉄、金属めっき、といった、物を使い、電流が多少多く流れても、ほかの物質に変化しない物質で作られています。
但し、アダプターから電流を流し出してもらうには、何百キロメートルも離れた、発電所に頼らなければなりません。
 アダプターの中にも、必ず、電線の回路をまとめて
電気抵抗があります。アダプターに手を触れると、暖かいのは、その内部抵抗で発熱しているからです。

 しかし、化学変化に頼っ...続きを読む

QSETステートメントについて

こんにちは^^
vb6.0のSETステートメントについて質問です。
SETの使い方がいまいちよくつかめないのですがどういった時に使われるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

オブジェクト変数への代入で使用します。

こちらの説明がわかりやすそうです。
http://homepage1.nifty.com/CavalierLab/lab/vb/clsmdl/instance.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング