gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

1. 信仰は 主観におけるわれと神とのカカハリであり 宗教は オシへを問題にする人(主観)と人(主観)とのマジハリである。

1-1 オシへは 人間の言葉であらわされているから それは 思想である。
いかに神秘的な部分を容れていても 経験合理性によって思考し判断する経験思想である。

1-2. 信仰は 経験的な思考および感覚を超えている。
超経験かつ超自然であり まとめて 非経験と言う。
それゆえ 考える(思考の緑野:知性)でもなく感じる(感性の原野:感性)でもなく 信じる(非思考の庭:霊性)と呼んでいるはずだ。




2. 信仰と宗教とは 次のごとく 主観にとってタテの関係とヨコの関係とでまったく別だ。


 タ   神      神      神
 テ・・・|      |      |・・・:信仰
 の   |      |      |
 関   |      |      |
 係   |      |      |
     われーーーーーわれーーーーーわれーー:各主観
         ❙      ❙
         ❙      ❙
      ヨコの関係  ヨコの関係    :社会関係における宗教



3. 信仰にあっては 神〔とわれ〕のみであり 宗教においては 信仰としての《神とわれとのカカハリ》を 非思考であるにもかかわらず仮りにでも人間の思考としてあらわそうとしたのが オシへである。

3-1. オシへでは 神をけっきょく――非思考のナゾとしてではなく――言葉として・その観念としておさめている。神は 主観の内なるナゾであるものから 主観がとにかく言語化したもの(神観)へと変身し そこから考えるべき思想・したがって知性の問題となる。


4. 宗教は 考えるべきものを 無条件に心に受け容れる(つまり 信じる)ようにと説くなら 思考停止(お寝んね)を推奨する。
これは 主観を寝かしており ヨコの関係における寝技である。
一言で言えば 信仰という蝉の抜け殻であり 空蝉というのは 内実が屁の河童である。


5. なんで 仏《教》を信じるだの キリスト《教》を信じないだのと 知性にさからう矛盾した表現が後を絶たないのか?

5-1. 《宗教を信じる》などという自己欺瞞が 叡智あるじんるいのあいだで なおいまホッタラカシになっているのは なぜか?

5-2. 人びとは かなり下火になったはずのヒエラルキア宗教の過去における跋扈によってすでにたましいが去勢されてしまったのだろうか?


☆ ご見解をどうぞ。

gooドクター

A 回答 (5件)

私は、特定の宗教を信じるのではなく、神を信じています。


特に、誰かに信仰と宗教とを分けてもらう必要性は感じません。
ほとんどの宗教は、「同じ神」について、違った表現・方法で伝えているのだと感じます。

「言葉」についても似ていて、言語の違いや「言い方」は重要ではなく、「伝えようとする想い」が伝わるかが重要ですが、伝える相手に合わせた言語などで話してあげる必要があったりします。
宗教は、神について伝える「言葉」のようなものだと思いますが、色々な教え方がある方が色々な人に伝わる気もします。

例えば、ある宗教が「入門編」のような感じで誤解を多く含んでいても、全体像が見えない初歩的な人に対しては向いているのかもしれません。
長い目で見て一時的に、そういった宗教を妄信してしまう事があっても、人は案外、ちゃんと次のステップへと進んでいく気がします。

ちなみに、「人は案外、ちゃんと次のステップへと進んでいく」と思う理由についてですが、私自身が「神(?)を信頼しているから」が、そう思える理由になるのだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 私は、特定の宗教を信じるのではなく、神を信じています。
☆ そのはずだと思います。

☆☆ 5-1. 《宗教を信じる》などという自己欺瞞が 叡智あるじんるいのあいだで なおいまホッタラカシになっているのは なぜか?
☆ と問うています。

★ 特に、誰かに信仰と宗教とを分けてもらう必要性は感じません。
☆☆ 4. 宗教は 考えるべきものを 無条件に心に受け容れる(つまり 信じる)ようにと説くなら 思考停止(お寝んね)を推奨する。
これは 主観を寝かしており ヨコの関係における寝技である。
☆ と考えます。

★ ほとんどの宗教は、「同じ神」について、違った表現・方法で伝えているのだと感じます。
☆ そうですね。《その〈観念の神を信じなさい〉と説く》事態を別にするなら そういうことだとわたしも思います。

同じひとつの普遍神だと言えると考えます。絶対性が ここに一つ あそこに別のがもう一つあるなどということは ナンセンスです。


★ 「言葉」についても似ていて、言語の違いや「言い方」は重要ではなく、「伝えようとする想い」が伝わるかが重要ですが、伝える相手に合わせた言語などで話してあげる必要があったりします。
☆ 実際の話し合いになると そういう具体的なことも必要になるようです。


★ 宗教は、神について伝える「言葉」のようなものだと思いますが、色々な教え方がある方が色々な人に伝わる気もします。
☆ つまり 神を指し示す《ゆび》のようなオシへ(つまり 思想)ですね。ユビを信じるなら それは 観念の神です。ユビをシルシとして参考にします。


★ 例えば、ある宗教が「入門編」のような感じで誤解を多く含んでいても、全体像が見えない初歩的な人に対しては向いているのかもしれません。
長い目で見て一時的に、そういった宗教を妄信してしまう事があっても、人は案外、ちゃんと次のステップへと進んでいく気がします。
☆ ユビを神のことだと思い込んでしまわない限りですね。


★ ちなみに、「人は案外、ちゃんと次のステップへと進んでいく」と思う理由についてですが、私自身が「神(?)を信頼しているから」が、そう思える理由になるのだと思います。
☆ 《信じる》問題なら それは おのおの主観内面における神とわれなる主観真実のみのことになります。

お礼日時:2021/03/23 02:43

ファーストガンダムには黒い三連星というのも登場しますから、


ヅダのど、製エンジン、矢印きり丸ラーメンというのは美味しいのでしょうか。
マークツーも三機会ったというのが、
なぜかサンキなのですね。

それから
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ふむ。

お礼日時:2021/03/21 04:53

黒いガンダム原発2つ分の性能なのでしょうか。


というタイトルが気になりまして。
マークツーのことだそうですが、
メガワットとかキロワットとか出力の単位がわかりませんが、
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


▲ ヰキぺ:ガンダムMk-II ~~~
(ガンダム・マーク・ツー、GUNDAM Mk-II)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。

有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」 (MS) のひとつ。

初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。
~~~
☆ ですか。

お礼日時:2021/03/20 04:35

宗教全般に言えることだが、人間の本質的な恐怖心を利用して、現世に目をつぶって、来世に地獄に堕ちるとか、脅しをかけることにあると思われますよ。



死後、どうなるのかは誰にも分からない。その不明瞭さを悪利用して宗教は人類発祥以来、永遠に続いているのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

よく一般に指摘されることかとも思いますが。

★ 人間の本質的な恐怖心
☆ 《来世》が出て来ますから 一般に《死》の恐怖でしょうか。

そう言えば わたしの記憶では 昔むかしは ありましたね。つまり 子ども心に感じたこととして 通念がみんなに共有されていて 死んだあとどうするんだ?とか 単純に死に対する不安がつよかったように思います。

そうしてそこで目立ったのが 創価学会でした。《脅しをかける》のが 常套手段であり 印象として日本中をかけめぐっていたような感じでした。


ですが この病気や死の不安は やはり通念としてすでに一掃されましたね。



この《脅し》も 言ってみれば《寝技》です。

しかも 不安や恐怖につけ込む手口だけではないですね 宗教の欠陥は。

☆☆ 4. 宗教は 考えるべきものを 無条件に心に受け容れる(つまり 信じる)ようにと説くなら 思考停止(お寝んね)を推奨する。

☆ この批判点をしっかりと問うてみたい。

そして 《宗教を信じる》といった言いぐさは ありえない。なくしたい・・・ところです。

お礼日時:2021/03/19 22:12



聖書に 神は 人間を「神の子」として創造した・・と 記されてる

親は 子供に 「親を超える人材に なれ」と 願いを込める

神も同じ・・

神を超える様に創造された人間は 神と同等の位置に居る
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング