「和英」や「和仏」はあるのに、「和漢」が見つかりません。
どなたか、現在使用できる「和漢辞典」をご存知ありませんか。
手に入れられるものなら、手に入れたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

それでは、以下のような辞典でしょうか?



「詩語辞典  あなたもすぐ漢詩が作れる」
河井酔荻∥編
出版地 :東京
出版者 :実業之日本事業出版部
出版年月:1981.12
資料形態:310p  27cm  4800円
注記  : 監修:中村舒雲
件名  : 漢詩―作詩用書



類書には、以下のようなものがありました。

韻雅/藤沢南岳/松雲堂書店/1982.4 

韻偶大成/上村才六/声教社/1927 

韻府一隅/顔懋功[他]/松雲堂書店/1982.6 

漢詩ノート/中村湖洲/中村止戈男/1971 

古辞書影印文献/第7輯/大友信一∥〔ほか〕編…/港の人/2000.11 

鼇頭韻学円機活法/山崎昇/積善館/1891 

鼇頭韻学円機活法/山崎昇/辻本信太郎/1882 

詩韻含英/劉文蔚∥輯 [他]/田中太右衛門〔ほか〕…/1915 7版 

詩韻含英異同弁/劉文蔚[他]/松雲堂書店/1963 

詩韵新編/中華書局上海編輯所/新華書店上海発行所/1965 

詩韻精英/池田観中正/松雲堂書店/1982.5 

詩家推敲/大典[他]/勉誠社/1983.3 

詩語集成/川田瑞穂/松雲堂書店/1980.4 

詩人玉屑/魏慶之/新華書店上海発行所/1958 

新選掌中明治詩学便覧/藤井惟勉/村上平雄/1879.11 

熟語類聚詩学類典/藤良国/青木嵩山堂/1892 

唐詩選転結韻脚集/井出大/〔井出大〕/2000.6 

童蒙頌韻/〔三善為康〕/八木書店/2000.7 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
内容を見ていないのでなんともいえませんが、多分、探していたものに近いと思います。調べてみます。
漢詩だけでなく、日常使える用語が出ているとよいのですが。
日ごろ、カタカナ語や「社会」のように明治になってから造語された言葉がそれまで使っていた日本語に翻訳できないことに疑問をもっていたので、これで調べて見たいと思います。

お礼日時:2001/08/24 20:55

 たとえば「育つ」を見れば「成育」と出ている辞典ですと日本では現在のところ、「類語辞典」がそれにあたります。



参考URL:http://www.gengokk.co.jp/

この回答への補足

そうですね。確かに「類語辞典」はそういった用例を載せています。
なんとか探し当てることができるときもあるのですが、類語としての範疇が広く元の言葉を言い表しにくかったり、言い回しで類語にして「和語」→「漢語」になっていないことが多いのです。
探しているのは、例えば漢詩を作るときにあんちょことして使っていたといわれるようなもののことです。

補足日時:2001/08/23 21:19
    • good
    • 0

「和英」、「和仏」と併記してあるということは、


日本語→中国語の辞典と言うことでしょうか?
それでしたら、日中辞典と言うようです。(参考URL)

参考URL:http://www.yaesu-book.co.jp/fairlist8/dic-ref2.h …

この回答への補足

#2の補足にも書かせていただきましたが、外国語ということではないんです。
「和英」「和仏」と併記したのは誤解を招いたかもしれません。失礼しました。

補足日時:2001/08/23 21:13
    • good
    • 0

漢=漢語(中国語)ということでしょうか?

この回答への補足

漢語=中国語ではありません。
日本語です。「和語」の対義として日本語の中で使われてきた言葉です。

補足日時:2001/08/23 21:10
    • good
    • 0

「和漢」と言うと「漢和辞典」の逆て事でしょうか?



「国語辞典」が相当すると思いますがいかがでしょう。
(言葉から漢字を調べる)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
でも、そういう意味ではありません。

お礼日時:2001/08/23 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塚田文(つかだ あや)さんについて知っている方!

以前西武ライオンズのマスコットガールをなさっていてその後テレビやラジオでレポーターをしていたと思うのですが今はどこでお仕事なさっているかご存知の方教えてください。
もう引退?辞めてしまったのでしょうか?
あと、出身地が埼玉県の狭山市と聞いていますが他に情報をお持ちの方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

埼玉県立狭山青陵高校卒業後、英語専門学校へ
オーストラリアにバックパッカーとして放浪の経験を持つ。
ライオンズのマスコットガール後、フリーのアナウンサーに。
生島企画所属、TBS等を経て、2005年から山口放送に入社して頑張っていますよ!
担当番組《熱血テレビ》

参考URL:http://www.kry.co.jp/other/announce/tsukada/index.htm

Q「編」「章」「節」「款」「目」の書き方を

「編」「章」「節」「款」「目」の書き方を教えてください。

第一編
第一節
第一章 タイトル
1・・・・・・・・
(1)・・・・・・・・・・
1-1・・・

アイ ウ
(ア)(イ)(ウ)

A B C
(A)(B)(C)

a b c
(a)(b) (c)


第一項の項はどの間にくるのですか?

各、編や節、章の中にそれぞれ
「第一編→1(1)1-1アイウ」「第一節→1(1)1-1アイウ」などのように段落わけが入るのですか?
それとも、「第一編→(中の番号飛ばしてすぐに)第一節・第一章」となり章の次から細かく分けるのですか?

様々な本の小説やその他の目次を見ますとそれぞれ分け方が違い。
中には、章から始まったり、節から始まったり
とありますが、正しくはどの様な手順で書くのですか。
小説や、論文を書くのでご存知の方教えてください。

一応ネットでwikiや法令の形式などを確認しましたが
上記はそれでも理解できなかった部分です。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

>法令の形式などを確認しましたが

>第一項の項はどの間にくるのですか?

法令だと編、章、節、条、項、号、の順番が多いですね。

例)

地方自治法
(昭和二十二年四月十七日法律第六十七号)

第二編 普通地方公共団体
 第五章 直接請求
  第一節 条例の制定及び監査の請求
   第七十四条  普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者(中略)請求をすることができる。
             ↑これが「第1項」になる。
    ○2  前項の請求があつたときは、当該普通地方公共団体の長は(以下略
         ↑これが「第2項」になる。
(中略)
    ○6  選挙権を有する者のうち次に掲げるものは、第一項の代表者(以下略
     一  公職選挙法第二十七条第一項 の規定により(以下略
     二  前項の選挙人名簿の登録が行われた日以後に(以下略
     三  第一項の請求に係る普通地方公共団体(以下略
         ↑これらが「一号、二号、三号」になる。

で、小説などになると「著者の好き勝手」になっちゃうので「これと言った決まりがない」です。

著者によって、章の中に節があったり、節の中に章があったりします。

同じ著者なのに本によって章と節が逆になってる事もあります。

>法令の形式などを確認しましたが

>第一項の項はどの間にくるのですか?

法令だと編、章、節、条、項、号、の順番が多いですね。

例)

地方自治法
(昭和二十二年四月十七日法律第六十七号)

第二編 普通地方公共団体
 第五章 直接請求
  第一節 条例の制定及び監査の請求
   第七十四条  普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者(中略)請求をすることができる。
             ↑これが「第1項」になる。
    ○2  前項の請求があつたときは、当該普通地方...続きを読む

Qあや

あや【綾・文】
物事の入り組んだ仕組み。すじみち。
「事件のあやを解く。」
「あやをつける」「あやがある」という場合の”あや”の漢字は、
綾ですか、文ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>あや
あや【綾・文】
物事の入り組んだ仕組み。すじみち。
「事件のあやを解く。」
「あやをつける」「あやがある」という場合の”あや”の漢字は、
綾ですか、文ですか?

      ↓
個人的には
事件のあや(綾)を解く。→模様の美しい織りを解きほどく様に事件の謎を解決する。
あや(文)を付ける。→美しい模様・色合いを付ける。
あや(文・彩・綾)がある。→模様や色合いを表すときには文or彩、その美しい糸や文様は綾。

しかし、文脈や表現の中では、比喩的な表現か名詞や形容詞なのか、その使われ方や意図で文・彩・綾の使い方は決まるケースが多く、正誤の厳密な峻別を伴う問題ではないと思います。

Q「校勘」「校正」「校訂」「校定」の違いは?

(カテゴリに悩みました。)

質問内容はタイトルの通りですが、
特に、ある文献に対して、それぞれ異なる各種の解釈を、
「見比べる」、またそれぞれ見比べ「自分なりに解釈する」時に、
上記4つ共に使われるとおもうのですが、
この4つには、それぞれ「意味合いの違い(ニュアンス)」「使用の際の使い分け」等があるのでしょうか?

ある資料(大学教授の文献)に「校勘」「校正」「校定」と、一つの文章に記載されており、私には、同じような意味で使われていると思われたため、
しかし著者は、使い分けに「意図」をもっているかもしれないとも思われた為に質問した次第です。

Aベストアンサー

こんにちは。それぞれの意味は、

校勘→古典の文献(写本など)などを突き合わせをして、文の同じ部分や違う部分を調査することです。
校正→原稿や元の資料などと突き合わせをして文字や図版の間違いを直すこと。本にする前にさんざんやることです。
校訂→古い本などを読者にとってわかりやすくすることです。
校定→なにかしら問題になっている古典の本文を、なるべく原文に近い形で復元することです。

ということで、全部違います。

Qあやし上手な祖母、あやし下手な母

タイトルどおりの悩みなのですが、実父母と同居しています。
7ヶ月の赤ちゃんがいるのですが、
祖母(実母)は自身兄弟も多く、赤ちゃんのあやし方がとても上手です。それにひきかえ、私は一人っ子のせいか(私自身のせいかもしれませんが)あやしが下手です。
私は一生懸命あやしているつもりが、息子はにこっとはしてくれますが、母があやすと声をあげて笑います。
一生懸命しているというところが不自然ということで問題なのかもしれませんが、どうも気負ってしまってうまくあやせません。
上手なあやしかたってありますか?

私は抱っこしてきゅーっとしてあげれるだけで、
上手に笑わせてあげることはできないのかな?
そのうち、私から離れていっちゃうのかな?

Aベストアンサー

私も同じように思ったことがあります。

義母とよくお話(この場合本当に話すのではないですが)しているのを見て、「なんで?」とショックで自分と何が違うのか、よ~く観察してみました。
気付いたことは、義母が赤ちゃんに話しかけるときの声は、高めの声なのに対して、私は基本的に声が低く、そのままの地声で話しかけていました。
この頃の赤ちゃんって「あ~あ~」「う~う~」って返事してくれることがカワイイですよね。
一度、自分の思う高めの声で話しかけてみては いかかでしょうか?

それも違うなら、思い切ってお母様に聞いてみることです。
口に出すと「自分がダメ」っていうのを認めることになって悔しいかもしれませんが、自分で考えても分からないんだし、目の前に(あやして笑わせることに)成功している人がいるんだから、コツを教えてもらえばいいんです。
人のマネから始めて自分の形を作っていけばいいんだと思います。
「結果オーライ」ですよ!


>そのうち、私から離れていっちゃうのかな?
 いえいえ、そのうち「ママじゃなきゃだめ!」ってなってきますよ。
 自信持って、子育てしてください!

私も同じように思ったことがあります。

義母とよくお話(この場合本当に話すのではないですが)しているのを見て、「なんで?」とショックで自分と何が違うのか、よ~く観察してみました。
気付いたことは、義母が赤ちゃんに話しかけるときの声は、高めの声なのに対して、私は基本的に声が低く、そのままの地声で話しかけていました。
この頃の赤ちゃんって「あ~あ~」「う~う~」って返事してくれることがカワイイですよね。
一度、自分の思う高めの声で話しかけてみては いかかでしょうか?

それも...続きを読む

Q角川の「類語国語辞典」を素早く引きたい。

角川の『類語国語辞典』(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4040120000/qid=1141472311/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-1334781-2808320)を気に入って使っているのですが、文章を書いている途中に気になった言葉があり調べてもピッタリした言葉を探し出すまでに時間がかかってしまい、結局何を書こうとしていたのか忘れてしまうことがあります。
自分なりに見出しに付箋をつけたり、目次に色分けしたりしてみたのですが、まだまだ引くのが遅いです。。

そこで質問です。

辞書を良く引かれる方。
早く辞書を引くコツ(?)みたいなのはありますか?

主にPCで書いている為、CD-ROM版の類語辞典も考えたことがあるのですが、やっぱり「角川書店」の類語辞典じゃなきゃダメなんです・・・。

ここで調べたら角川の『類語辞典』が入っている電子辞書を見つけたのですが、調べたところ角川の『類語'新'事典』で私の気に入っているほうではありませんでした。。

角川の「類語国語辞典」が収録されている電子辞書、またはソフト等ありましたらどうぞ教えてくださいm(__)m

よろしくお願いします。

角川の『類語国語辞典』(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4040120000/qid=1141472311/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-1334781-2808320)を気に入って使っているのですが、文章を書いている途中に気になった言葉があり調べてもピッタリした言葉を探し出すまでに時間がかかってしまい、結局何を書こうとしていたのか忘れてしまうことがあります。
自分なりに見出しに付箋をつけたり、目次に色分けしたりしてみたのですが、まだまだ引くのが遅いです。。

そこで質問です。

辞書を良く引かれる...続きを読む

Aベストアンサー

んー? あれは牽きやすい辞書だと思いますがね。もう一冊べつのを使ってご覧になれば同感していただけるかもしれません。今はもっぱら『日本語大シソーラス』に当たりますが、これ引きにくい。総索引じゃないから空振りが多くて。

あれ? 「目次」ですか? それはなんのことだろう。色分けってことは、語彙分類体系表のことですか? 見出しと併せてお使いになるようなので、これか! もしそうなら、そりゃ信じられないような使い方ですな。

しかしほんとかなあ。私はそんな引き方をしたことは一度としてありませんが。必ず索引で引きます。これは総索引なのでまず空振りはしません。いま書いている文章にぴったり嵌まるわけじゃないけど近似している語で引いて、その語の近辺にを眺め渡すわけです。って当たり前のことくだくだ説明してるようで戸惑います。いや、念のためですからどうぞお叱りなきよう願います。

お詫びがわりに私が見つけた索引の誤りを二三あげておきます。「崇敬454」は「崇敬474」、「長老441」は「長老551」、「取り込む340b」は「取り込む230b」がそれぞれ正しいはずです。手元のは平成五年の七版です。

んー? あれは牽きやすい辞書だと思いますがね。もう一冊べつのを使ってご覧になれば同感していただけるかもしれません。今はもっぱら『日本語大シソーラス』に当たりますが、これ引きにくい。総索引じゃないから空振りが多くて。

あれ? 「目次」ですか? それはなんのことだろう。色分けってことは、語彙分類体系表のことですか? 見出しと併せてお使いになるようなので、これか! もしそうなら、そりゃ信じられないような使い方ですな。

しかしほんとかなあ。私はそんな引き方をしたことは一度とし...続きを読む

Qあやつめ

あやつめ
「あやつめ」というのは、どういう意味ですか。辞書にもインタネットにも探したが、見付けられません。
何方か教えていただけませんか。

よろしきお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

「あいつめぇー」だったらわかりますよね?

「あやつ」と「あいつ」は、違う言葉ではありませんよ。
「あいつ」は「あやつ」の音が変化したもの(なまったもの)で、元々同じ言葉です。

「あの野郎」とほぼ同じです。

辞書では「あやつめ」ではなく「あやつ」を探せば良いです。

出典の表示なしでコピペするのは著作権の問題があり、禁止事項ですので、リンクを貼るにとどめます。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%82%E3%82%84%E3%81%A4&stype=1&dtype=0

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A4&stype=1&dtype=0

Q「おみじるし」ってご存知ですか?

どこに質問していいのか迷ったのですが、こちらにさせて頂きます。

私の右腕に、生まれたときから薄くあざがあるのですが、これを母は「おみじるしだよ」と教えてくれました。それから私は生まれた時からあるあざは「おみじるし」と記憶して、当たり前のように思っていたのですが、私の周りの人は「おみじるし」という言葉を知らないという人が多かったのです。
たった一人だけ、知り合いのおじさんが「おみじるし」を知っていたのですが他の人は全然知りませんでした。

ためしに検索や、辞書を調べてみると「おみじるし」という言葉は一つも見つからず、首を傾げています。
母だけでなく、他人のおじさんも知っていたので勝手に作った言葉というわけでもなさそうですし、もしかしたら方言かな、と思ってこちらで尋ねてみることにしました。

「おみじるし」と言う言葉と意味、ご存知ですか?

Aベストアンサー

「あざ」の方言です。下記ウエブ=伊予の方言のうち、「うめじるし」を見ること。

参考URL:http://plaza22.mbn.or.jp/~kotaro_mil/hougen-c.htm

Q赤ん坊は、あやすと何故喜ぶのですか?

赤ん坊は、あやすと何故喜ぶのですか?
生後2ヶ月くらいから、あやすと笑ったり声を立てたり、手足をバタバタさせ、表情も興奮して喜んでいるように見えるのですが、やっぱり喜んでいるんでしょうね?私は母親ではありませんから、私から乳を期待しているわけではない筈です。
他の動物では、犬が飼い主の姿を見ると狂喜しますが、猫なども喜ぶし、他のペットを飼っておられる方はどうでしょうか? 哺乳動物以外でも喜ぶという行動は観察できますか?
赤ん坊はあやすと喜ぶとして、それは、犬が喜ぶ心と同じなんでしょうか、違うのでしょうか?
あやすと喜びますが、直ぐにあやすのを止めて立ち去ると、赤ん坊はやっぱり寂しく思ったりするのでしょうか?つまり、もっと、自分を構って欲しいのに、立ち去ってしまうからということですが・・・。
あやす度にいつも疑問が湧きます。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず一つ。
赤ん坊が笑うのは「学習」といわれています。


赤ん坊にとって不利益(裏返せば利益)を考えます。
腹が減った・便がでて不快・熱い寒い眠い…などなどがあります。

しかも自力での解決はできません。

そして脳の対応も未熟で、不満という刺激にたいする耐性がありません。
大人は皮膚やらいろんな防御があるから耐えられても、赤ん坊は薄皮の下に神経むき出しみたいな状態です。
赤ん坊にとっては、普段の「腹減った」でも、大人の「一生物の大衝撃事件!」に匹敵なのですね^^;


そりゃ困ると。


それを出来るだけ改善したい。
でも自力じゃ何もできないから、周囲を動かして対応させたい。
何が出来るか?

す・ま・い・る

そう。あれは実は超営業スマイルなんです。

先ほど述べたとおり赤ん坊にとっては、腹減ったですら一生物の大事件。
大人の「一生に一度」なんて軽々しいもんじゃありません。
なので真に命がけの営業スマイルです。

しかもそこでおっぱいもらえりゃ、今度は一生ものの幸福が待ってます。

となれば、赤ん坊が笑うというのは、人生大激動(大笑)を生む原点…となるわけです。




これが基本原則。
そこから応用すると…

あやす事。
これは笑いを見てもらう絶好の営業チャンスである事。
直接触れ合う事は、視覚聴覚だけでなく、触覚などからも相手を認識できます。
さすがに視覚聴覚などの情報から自分を助ける物を認識する能力は経験不足であるため、より原始的な触覚の存在は赤ん坊にとって大きな安心要素です。

あやしていたのを止める
大人にとっては長い時間の中の、相手の都合を考えたふとした行為かもしれません
が、赤ん坊にとってはその一瞬が永遠の別れに匹敵する衝撃でもあります。

大人が歳くって一年が短く感じられる…なんて言ってるのだとしたら
赤ん坊にとっては、一秒ですらものすごーーく長い時間なんです。


スキンシップ。
必然的に「笑いを見てもらう事」の頻度が極端に高くなります。
だっことかおんぶしてるんだから、ダイレクトに伝わる。
相手からの反応もわかりやすい。

これは常に笑うしかありません。(でも不快感があると我慢できないのですぐ泣きます)
なので、スキンシップをたくさんして、何度も何度も笑いかけてあげると、大人になってもよく笑える人間性が育つわけです。
#逆の場合の寂しさといえば…


まぁ打算的って感じもありますが。
赤ん坊にとっては、人生に数少ない大激動の大事件。
しかもそれ以外武器なし!な訳なんで、ああいう破壊力満点の笑顔を見せてくれるって事です。




実際子供を何人も見てると、明らかに笑う子・笑わない子の差が出ます。

で、ほぼ確実に言えるのが、子供を目の前にして、ちょっとあやしてやった時の反応。
笑う子供の親は、一緒にわらってくれてありがとうというような感謝や喜びのような感情を見せます。
笑わない子供の親は、「何気味の悪い奴だシッシッ」というような反応を見せます。


今回の話は大学時代の授業で学んだ事ですが、まず間違いないと思います。

まず一つ。
赤ん坊が笑うのは「学習」といわれています。


赤ん坊にとって不利益(裏返せば利益)を考えます。
腹が減った・便がでて不快・熱い寒い眠い…などなどがあります。

しかも自力での解決はできません。

そして脳の対応も未熟で、不満という刺激にたいする耐性がありません。
大人は皮膚やらいろんな防御があるから耐えられても、赤ん坊は薄皮の下に神経むき出しみたいな状態です。
赤ん坊にとっては、普段の「腹減った」でも、大人の「一生物の大衝撃事件!」に匹敵なのですね^^;


そりゃ困ると。...続きを読む

Q「扇よ」という詩をご存知ですか?

以前、「扇よ おまえは扇なのだから」と続いていく詩を読んだことがあるのですが、誰の詩であったか不明になってしまいました。
堀辰雄周辺の文学者じゃなかったかと思いますが、うろ覚えです。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらくこの詩ではないでしょうか。



「魂よ」   堀口大學

魂よ
お前は扇なのだから
そして夏はもう過ぎたのだから
片隅のお前の席へ戻つておいで



 これは冒頭の一節ですが、長くなるのでこの辺で。私の手元にあるのは『現代詩文庫 1019 堀口大學詩集』(思潮社、1980年)ですが、それによると元々は『人間の歌』という詩集に収められたもののようです。

 丸谷才一の評論集『みみづくの夢』(中央公論社、1985年)の中に「扇よお前は魂なのだから」というタイトルの堀口大學論があります。

 的はずれだったらごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報