教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

中学か高校の数学の教科書だったと思うんですが、章のはじめに、偉人(ピタゴラス?記憶が曖昧です)のエピソードというか逸話が載っていて、誰のエピソードなのかと、正確な内容を思い出したいです。

おぼろげな記憶ですが、内容的には、「勉強してなん得があるのか」と質問をした生徒に対し、その偉人は、「彼にお金をあげなさい。彼は学んだことから対価を得ないといけないようだ」と返した、というものです。

自分は2021年現在、35歳です。
どこの教科書だったかは思い出せません。

gooドクター

A 回答 (2件)

手元にある逸話は以下の通りです



学問は何の得にもならない?

ユークリッドは、紀元前300年ころの、ギリシアの数学者だった。ある日、幾何学のむずかしさにねをあげた学生が、ユークリッドにこう尋ねた。
「こんなことをして何の役に立つのですか?」
これを聞いたユークリッドは、
「この学生にお金をおやり、何か得にならないと勉強しないらしいから。」
といって、その学生を学校から追い出してしまったという。このころは、真理の追求が学問の目的で、それをなにかの役に立てようというものではなかったのだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにこのような内容でした。記憶が戻ったようでうれしいです。

お礼日時:2021/03/22 22:18

ユークリッドのエピソードです。


「ユークリッド 逸話 役に立つ」で検索すればいくつかヒットしますが、それぞれ微妙に内容が異なり、正確なところはよくわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答ありがとうございました。おかげですっきりしました。

お礼日時:2021/03/22 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング