教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

50歳会社員です。
障害者年金の受給が決まりました。会社に天引きされている年金保険料はこれからも支払い続けないとダメなんでしょうか?

gooドクター

A 回答 (6件)

回答 No.5 の一部訂正です。



<誤>

2 国民年金法第九十条の二の各号に該当する者
 一 申請により、四分の三免除を受けるとき
 二 申請により、第九十条による全額免除を受けるとき
 三 保険料納付が著しく困難であるとして天災その他の事由があるとき

<正>

2 国民年金法第九十条の二第1項から第3項までに該当する者
 一 申請により、第九十条による全額免除を受けるとき
 二 申請により、四分の三免除・半額免除・四分の一免除を受けるとき
 三 保険料納付が著しく困難であるとして天災その他の事由があるとき
    • good
    • 4

国民年金保険料の法定免除(保険料の全額についてその納付を要しない)に係る、国民年金法による定めをよく理解なさって下さい。


国民年金法第八十九条第1項第一号に定められています。

まず、以下の1および2に該当する被保険者を除きます。

1 国民年金法第八十八条の二に該当する者
 『出産予定日(又は出産日)の属する月(出産予定月)」の前月分』から『出産予定月の翌々月分』までに係る『産前・産後に係る保険料免除』を受けるとき

2 国民年金法第九十条の二の各号に該当する者
 一 申請により、四分の三免除を受けるとき
 二 申請により、第九十条による全額免除を受けるとき
 三 保険料納付が著しく困難であるとして天災その他の事由があるとき

その上で、障害年金を受けている場合には、以下に該当する被保険者が法定免除の対象となります。

ア 障害基礎年金を受けている(1級、2級)
イ 障害厚生年金を受けている(1級、2級)

なお、アの場合に限っては、いずれの級に該当しなくなっても『「障害厚生年金3級相当の状態にも該当しなくなった日」から数えて3年内』ならば、法定免除の状態が継続されます。

法定免除は『法定免除事由に該当した月の前月分』から『該当しなくなった日の属する月の分』までが対象です。

ただし、所定の申出を行なうと、法定免除の対象でありながらも、通常の人と全く同様の形で国民年金保険料を納付することができます。
(国民年金法第八十九条第2項)

━━━━━━━━━━━━━━━

国民年金法第七条の定めにより、被保険者は、国民年金第一号被保険者から国民年金第三号被保険者までに分かれます。

第二号被保険者とは、厚生年金保険の被保険者です。
第三号被保険者とは、第二号被保険者の被扶養配偶者(健康保険上の被扶養者である配偶者)のうち20歳以上60歳未満の者です。

国民年金法第九十四条の六の定めにより、第二号被保険者および第三号被保険者からは、国民年金保険料が徴収されません。
国民年金保険料の納付を要しない、と定められています(免除とは異なり、全額を納付したものと見なされます。)。

━━━━━━━━━━━━━━━

以上のことを言い替えると、第二号被保険者および第三号被保険者のときには法定免除の対象とはならない、ということになります。
国民年金保険料が徴収されないのですから、免除される理由も存在しないというわけです。

厚生年金保険の被保険者である国民年金第二号被保険者は、厚生年金保険法第八十二条などにより、厚生年金保険料を納付しなければなりません。
したがって、障害年金を受けることで法定免除の対象になったときも、厚生年金保険料(会社の給与などからの天引き)は引き続き納付します。

━━━━━━━━━━━━━━━

回答 No.1 は、認識欠如で誤りです。
会社で働いて厚生年金保険に入っている限りは、法定免除はなされず、厚生年金保険料を納付する必要があるのです。
その視点がごっそりと抜け落ちてしまうと、誤った回答になってしまいますのでご注意下さい。
    • good
    • 4

> 会社に天引きされている年金保険料


国民年金第1号被保険者(自営業、学生、無職の方)であれば、国民年金法により保険料は法定免除となります【 https://www.sagami-nenkin.com/pension/exemption/ 】。

ですが、厚生年金保険法にはそのような取り扱いが定められておりませんし、資格喪失事由にもなっておりません。
【厚生年金保険の被保険者の要件】
 https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/tekiyo/j …
 https://www.freee.co.jp/kb/kb-payroll/how-to-enr …
 ※公的年金から障害給付を受けている者は被保険者になれないとは書かれていない。
【厚生年金保険の被保険者資格喪失の手続き】
 https://romsearch.officestation.jp/jinjiroumu/te …
 ※喪失事由の中に公的年金から障害給付を受けることになった時とは書かれていない。
【厚生年金は免除になるのか?】
 https://shougai-support.com/%e5%8e%9a%e7%94%9f%e …
 ※ここでは、これまで書いたことを端的に書かれている


よって、労働条件等が強制加入の要件を満たしている限り、厚生年金保険から抜けることは出来ません。
このまま加入し続けるメリットは↓に書かれていますので参考にしてください。。
 http://shogai.net/blog/post/804
    • good
    • 1

厚生年金が


積み上げられて、老後ウハウハでしょ
    • good
    • 0

勤めている限り厚生年金の支払いは必要です。

    • good
    • 0

2級以上でしょうか?免除になります。

会社に報告してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング