gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

工学部の実験のレポートは、将来技術職として働くときに役立つのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

工学部の元教員です。

学生にもよりますが,たいていは「いいえ」です。
 まず大学の実験は,講義内容の理解を深めるためが第一の目的です。何か新しいものの発見や,その論理的な解釈とか主張を試みるものではありません。ですから,用いる根拠も教科書にあるような当たり前のことがほとんどですし,学生が書く結論や考察は間違いだらけなことも少なくありません。しかも,理系の学生のレポートには文章が無い。ほとんど無い。これでは現場の技術者が書くべき企画書・報告書の体を成していません。そして,多くの大学ではそのレポートを採点して返却したり,書き直しをさせてないでしょう。これじゃぁ訓練にもなりません。知るのは点数あるいはグレードだけ。
 現場で作成する報告書は,上司に(専門家ですよ)新しい考察を伝えるものです。この訓練は,4年生の卒論で初めてやります。しかし,この卒論も草稿を何度も書き直させる先生はそんなに多くない。これは教育する側の問題ですが,学生も日本語の作文技術を伸ばす訓練にもなってないかもしれません。しかし,卒論そして修論はその企画書・報告書作成のいい訓練にはなります。
    • good
    • 0

役に立つというよりは「基本、基礎」です。


それが出来なければ仕事になりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング