アガリスクとは一体何かわかりません。教えてください。
癌に何故効くかも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アガリクス自体はきのこの一種です。


たぶんyasu392さんがお尋ねになっているのはそれを粉末にした健康食品ですね。
アガリクスだけでなく、きのこは全体的に免疫力の活性化を促すと言われています。まいたけとかしいたけとかもそうです。
人間は免疫力が落ちると病気になるわけですから、免疫力を高めることによって健康になるし、ガンになりにくいと言われています。
ちなみにお値段的にはかなりお高いものです。
アガリクスで検索すれば、販売元や臨床例が山のようにでますよ。
ただし服用することによって絶対にガンにならないとか、なおるとかではありませんのであしからず。
    • good
    • 0

「アガリスク」に関しては、TOPページで「アガリスク」と入れて検索するとHitしますので参考にしてください。



その中で、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中で、rei00さん紹介の参考URLが分かり易いかもしれませんね?

「サルノコシカケ」「シイタケ抽出物質」等は同様に免疫療法剤の範疇です。
臨床的な評価が済んでいるもの(効果の見直しをされているものも含めて)に関しては、
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010707. …
(免疫療法)
が参考になります!

「アガリスク」に関する一般書は沢山出版されているでしょうが、メーカーよりの体験談等で客観的な評価は臨床評価されなければ確立しないものと思います!

補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=39519
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胃癌に効果ある天然治療、漢方など教えてください

義父が胃癌と宣告されました。手術を控えています。アガリスクなど効果ある物がたくさんあるようですが、詳しい事を教えてくださいませんか?経済的な問題もあり高価な物には手が届きませんが、アガリスクのやすく購入できるところ、効果。その他の漢方や効果を詳しく知りたいのです。
あと、ガン克服に関連する勇気づけられる本も読みたいと思っております。
今までガンという病気を目の当たりにした事が無く、戸惑いと不安でいっぱいの私たちに知恵をお貸し下さい。御願い致します。

Aベストアンサー

漢方薬に携わっているものです。
ここでは匿名ですが、薬局で同じようなご相談を受けた時と全く同じ心構えでお答えします。
アガリクスなどのキノコ類は、一般的に免疫力を高める、と言われているもので、宣伝などではガンが小さくなった、消えた、などかかれている事が多いですが、なんとも言えない所です。病院で取り入れているところもありますが、その報告には、アガリクスだけを治療に用いているわけではなく、色々な科学的な治療、他の健康食品、自然食品などとの併用の場合も多く、ガンに対して、どの程度の効果があるのか、はっきり断言できるところまでは、今のところ行っていないと思います。
それを踏まえた上で、考えて下さいね。
でも、アガリクス、霊芝(サルノコシカケ)、マイタケ、メシマコブ、などで体が元気になる、とはよく言われている事なのです。ガンに対して、と言うよりも、体が元気になり、ガンの治療の副作用である、食欲不振とか、抵抗力が極端に低くなることによって、他の病気を併発したり、口内炎が出来たり、と言うことを軽減するために、使うことが多いです。
また、製品としては、アガリクスも他の物も、色々ありますね。姿のまま、あるいはスライスして乾燥したものは煎じて飲みます。錠剤にしてあるものや、粉末にしてあるものもあります。どれが良いか、これも断言できないのですが、煎じた物の方が飲みやすいし、吸収も良いのではないか、と聞きます。でも入院されている場合、なかなか長時間煎じるのも難しい場合には、粉末をお湯に混ぜて飲んだり、飲み込むのに差し支えなければ錠剤はお手軽です。
一種類単品を飲むより、一種類の量を減らして、2種類や3種類飲むほうが効果があるのではないか、と聞いたこともあります。煎じるのであれば、手間も飲む分量も同じですみます。始めから一緒におなべに入れて煎じれば良いです。今はメーカーによっては煎じたエキスを、レトルトパックのような感じで売っているものもあります。
同じような目的で、漢方薬でよく使われるお薬が「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」や、「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」などです。これらは、胃腸の機能を高めたり、体全体の弱りがちな機能を高めたりする目的で使います。ガン以外の場合には、夏ばてや、病後、虚弱体質、貧血、アレルギーの体質改善、などに使います。2つのお薬は多少性格が違うので、それはご本人に合わせて選ばないといけません。これらも大学病院で、手術後の治療に取り入れているところがあります。
ちなみに、キノコ以外でも、サメ軟骨、キチンキトサン、など健康食品がいろいろ出ています。
何を選べば良いか、は一番難しい問題です。何しろどれも、「良かった」という人が実際いるのも事実なら、効果がなかった、と言う人がいるのも事実です。各製品を扱っている会社の方に教えてもらったり、勉強会に参加しますが、研究段階で、抗癌と言える効果は認められるが、人間の癌にどれだけ効果があるかは分からない、といったところです。
私がいつも薬局で、ご家族の方が癌にかかられた方に説明する時は、知っている限りのものをできる限り全部紹介して、資料を持って帰ってもらいます。それで、家族の方と相談してもらいます。その間に、他の薬局などを探されることも、時にはお奨めします。できる限りの情報を集めてもらって、納得されたものを、選んでもらうようにしています。金額が高ければいいというものでもないとも考えています。「高いけどすごく効果がある」と言うものも、確かにありますが、高くて続けられないものは意味がありません。経済的に可能な範囲で、続けられるものを選ぶ方がいいと思います。
さて、実際どうやって選ぼう、と言うことになりますが、yumireyaさんが、実際に扱っているお店を尋ねられるのが良いのではないでしょうか。
長く漢方を扱っている薬局は、生薬を扱っている卸し屋さんとも長いお付き合いがありますので、その卸し屋さんの性格を良く知って、商品を買い入れています。また実績や評判のある店ならなおさら、信頼できない商品は置きたくないですので、高い、安いではなく、信頼できるかどうかはかなり慎重に考慮して、店に置くはずです。ちょっと大変かもしれませんが、行ける範囲で探して歩いて、一つ一つ聞いて見られると良いと思います。薬局の薬剤師がどれだけ勉強しているか、は多分何軒か行って見て、色んな事を質問してみれば、すぐに分かるはずです。

はっきり断言できないことばかりで、余計戸惑われるかもしれませんね。早く、研究が進むことを私も願っています。
多少でも参考になれば、と思い、書きました。
がんばってください。

漢方薬に携わっているものです。
ここでは匿名ですが、薬局で同じようなご相談を受けた時と全く同じ心構えでお答えします。
アガリクスなどのキノコ類は、一般的に免疫力を高める、と言われているもので、宣伝などではガンが小さくなった、消えた、などかかれている事が多いですが、なんとも言えない所です。病院で取り入れているところもありますが、その報告には、アガリクスだけを治療に用いているわけではなく、色々な科学的な治療、他の健康食品、自然食品などとの併用の場合も多く、ガンに対して、どの程...続きを読む

Qうつ病の薬・SSRIがうつ病に効くわけがわかりません

うつ病は車に例えると、ガソリンが切れた状態だといいます。ガソリンに相当するものが、脳内伝脱物質のやる気汁・ドーパミンと集中汁・ノルアドレナリンなのでしょう。ならばドーパミンやノルアドレナリンの増量に対処すればいいと思うのですが、うつ病の薬・SSRIはセロトニンをシナプス間で増加を図っていると聞いています。セロトニンは日常生活の生活を安定させるための脳内物質だと思うのです。
セロトニンに注目するよりも、ドーパミンやノルアドレナリンの増量に対処してほうがいいのではと思うのです。
 例えば、ドーパミンが分泌するA10神経を活性化するとか。
 どなたか、ご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは。
「うつ病」といいますのは何らかの心的外傷によって神経伝達物質の働きが悪くなることによって起こります。
「ガソリンが切れた状態」といいますのは、これはうつ病に多く見られる「やる気・活力」が失せた状態のことだと思います。ですが、「NA(ノルアドレナリン)」や「5-HT(セロトニン)」といった神経伝達物質といいますのは、車に例えますならばそれはガソリンではなく「ミッション(伝達機構)」です。簡単に述べますならば「NAはアクセル」、「5-HTはブレーキ」と考えて下さい。

NAは心身に緊張状態を作り出す伝達物質であり、「DA(ドーパミン)」はそこで能動的な行動を選択するために分泌されます。で、これらは「脳が何らかの環境の変化に対処するため」に一時的に分泌される伝達物質です。
これに対しまして、5-HTは「環境の変化とは関係なく常に一定量」が供給されています。NAやDAは与えられた状況に対処するための伝達機構ですが、問題が解決されたならば分泌は止まります。このとき、脳内には常に5-HTが分泌されていますので、これによって脳は自然と安静状態に戻ります。
うつ病の原因となる心的外傷には「慢性ストレス」というのが最も多いようです。仕事や人間関係など、逃げることのできないストレスが慢性化し、脳は何時もNAによる緊張状態に曝されます。このため、生まれ付き5-HTが少ない体質のひとはうつ病になりやすく、そうでないひとでもこのような心的ストレスによって神経伝達機能の不調といった症状が現れます。
逃げることのできない慢性ストレス、では、ここで5-HTの機能が低下しますと脳は安静状態を満足に維持することができなくなります。問題が解決されるならばNAの分泌は停止しますが、5-HTが不足しますとちょっとしたことに神経質になり、回避できなければそれが不安状態として継続することになります。そして、これがうつ病の無気力・慢性疲労となって現れます。

心的外傷によってNAやDAの機能が不調に陥ることもあるようです。ですが、一般にうつ病と呼ばれる上記の状態では、ここでNAの亢進剤を投与するのは焼け石に水です。
何故かといいますと、NAやDAは「問題を解決するため」の伝達物質であるからです。ですから、幾ら無気力を治したいからと言いましても、問題解決の手段がない、あるいは問題がはっきりしていない、このような場合では無理やりアクセルを踏み込んでもストレスを悪化させるだけなんです。
うつ病の症状がある場合、本人に何かをさせようとするのは逆効果と言われているのはこのためです。

SSRIは脳内の5-HTの濃度を確保し、副作用が少ないとして多くのひとが利用しています。これによって脳の安静が保たれればストレスからは開放されます。ですが、うつ病といいますのは、基本的には原因を排除しなければ治りません。
問題が解決できないならばNAでアクセルを掛けるのは可愛そうです。では、DAで報酬反応を発生させたらどうなるでしょうか。果たして、実際には何の報酬も与えられていないのに脳内に快感が発生するのでは、これでは薬物依存症と同じことになってしまいます。
NAやDAは与えられた状況に対して分泌されるものです。ですから、「現実的な解決手段」、あるいは「実際の報酬」、このようなものに対して分泌されなければなりません。問題の解決策をきちんと話し合う、あるいは生活に有意義な目標を見付ける、本人にとってもカウンセラーにとっても、ここから先はたいへん根気のいることだと思います。

うつ病と同様の原因から起こる「慢性疲労症候群」では報酬系回路A10の強制解除によるDAの分泌増加が確かめられています。うつ病の症状ではDAの増加は見られないのですが、疲労症候群になりますとβ―エンドルフィンの作用によってDAの分泌が強制解除されます。
ところが、DAが分泌されるならば無気力は解消されるのではないのではないかと思えるのですが、実は、実際にはこのような慢性疲労症候群の患者さんの場合には、それが意欲ではなく、何故か「執着性」や「凶暴性」などとして現れてしまうのだそうです。
NA、DA、5-HT、このようなものが状況に応じてバランス良く働けば心の不調は起こりません。では、不足を補うだけで治るならば良いのですが、中々そういうわけにもゆかないようです。お医者さんは現在でもうつ病の患者さんを診察し、何十種類に及ぶ物質の中から、何が過剰で何が不足しているのかを一生懸命に調べています。

こんにちは。
「うつ病」といいますのは何らかの心的外傷によって神経伝達物質の働きが悪くなることによって起こります。
「ガソリンが切れた状態」といいますのは、これはうつ病に多く見られる「やる気・活力」が失せた状態のことだと思います。ですが、「NA(ノルアドレナリン)」や「5-HT(セロトニン)」といった神経伝達物質といいますのは、車に例えますならばそれはガソリンではなく「ミッション(伝達機構)」です。簡単に述べますならば「NAはアクセル」、「5-HTはブレーキ」と考えて下さ...続きを読む

Qアガリスクとアガリクスではどっちが正しいの?

癌に効果があると良く広告でみかける茸のことで質問です。
アガリスクとアガリクスのどちらが正しい呼び名なのでしょうか。
家族で話題にするときに、呼び名の統一がなっていないために
話が前に進みません。
またどちらかが商品名や登録商標なのでしょうか?
つまらない質問で申し訳ないと思うんですが、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「アガリクス」が正式名称です。

agaric「ハラタケ科のきのこ」が元の言葉で、

アガリクスを外語表示するとagaricsですので、
アガリスクではありません。

通販のサイトなどを見ても、説明の箇所では「アガリスク」と
表示していたりしますが、商品の写真を見ると
ちゃんと「アガリクス」と書いてあります。
・・・まちがえやすいんですかね。

Q何故メダカの病気に「塩」が効くの?

小学5年生の子どもが学校でメダカの飼育と観察をしました。
家で復習をしている時、「メダカが病気になったら食塩を入れるって書いてあるけど、何故塩が効くのかっていう理由はどこにも書いてない」と相談されました。
ネットで調べたところ、「白点病の寄生虫が生育できなくしてしまう対処」や「スレ(赤い傷)が認められたら塩」などの記述を見つけました。教科書や問題集などの子ども向けのものには、細かい症状や病名は無くただ「病気になったら塩」と書いてあるだけです。ミネラル補給とか浸透圧の問題なんでしょうか?白点病以外のケースでも塩が効くのか、何故塩が効くのか教えて下さい。
あえて「ペット」や「小学校」ではなくこちらのカテゴリーを選びました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

塩水浴前と塩水浴後では、塩水浴後の方が魚の体液のミネラル濃度が濃くなるようです。ですからストレスで体液組成の変化した状態を正常に戻すためのミネラル補給のためといった考え方が優勢のようです。詳しくは下記をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/ranchu/2002/ennsuiyoku.html

Qアガリスクについて

アガリスクとは一体何かわかりません。教えてください。
癌に何故効くかも教えてください。

Aベストアンサー

アガリクス自体はきのこの一種です。
たぶんyasu392さんがお尋ねになっているのはそれを粉末にした健康食品ですね。
アガリクスだけでなく、きのこは全体的に免疫力の活性化を促すと言われています。まいたけとかしいたけとかもそうです。
人間は免疫力が落ちると病気になるわけですから、免疫力を高めることによって健康になるし、ガンになりにくいと言われています。
ちなみにお値段的にはかなりお高いものです。
アガリクスで検索すれば、販売元や臨床例が山のようにでますよ。
ただし服用することによって絶対にガンにならないとか、なおるとかではありませんのであしからず。

Q何かの卵? 水芭蕉を見に行ったら、水の中に何かの卵らしきものがありました。 一個の大きさはうずらの卵

何かの卵?

水芭蕉を見に行ったら、水の中に何かの卵らしきものがありました。
一個の大きさはうずらの卵位で、バラバラになった状態の物も沢山水の中にありました。
何なのか気になります。ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

似た卵の画像がないか探してみました。
クロサンショウウオの卵に似ているようです。
http://www.uchinome.jp/nature/plant/plant19_1.html
https://blogs.yahoo.co.jp/jandarum/47930221.html

違う生き物の卵かもしれませんが…参考まで。

Q肺がん アガリスク メシマコブ

初めまして、家族に肺がん患者がおり医師の指導で(化学療法の治療中です)肺がんに良い食品を勧められました。2種類(アガリスク・メシマコブ)なのですが、少しPCで検索して見ましたがたくさんの種類があり混乱しております。詳しい方おりましたらご指導お願い致します。
質問1、アガリスクとメシマコブは一緒に服用しても大丈夫なのでしょうか?
質問2、できるだけ品質の高い商品を探しております。
お勧め商品教えて頂けませんか値段は気にしないでください。
質問3、その他、肺がんに良い食品とか薬とか民間療法教えて頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

去年の3月、父が末期の大腸がん(ステージIV)にかかり、闘病生活でメシマコブを服用したこともありましたので、ご参考にしていただければと思い、投稿しました。
まず、質問1についてですが、アガリスクもメシマコブも健康食品なので、一緒に服用しても問題はないと思います。
次に、質問2と質問3についてですが、
私の父はもうすでにガンが発症してから発見が遅かったため、癌を完治させることは不可能でしたが、「東洋漢方研究所」という所の中国の漢方を服用し、効果的でした。
これは、個人差があるかもしれませんが、ガンの進行を抑えたり、抗癌剤の副作用を抑えてくれたり、ガン患者にとって大切なQOL(生活の質)を維持させてくれるものでした。他にも様々な症状に効果的な商品があるので詳しくは研究所のHPをご覧になってみてください。
東洋漢方研究所のURLは以下の通りです。ご参考にして下さい。
http://www.toyokanpo.co.jp/

あと、簡単に手に入るミキプルーンは栄養価が高いので、がん患者の方が食欲不振のときに毎食スプーン1杯だけでも栄養が少しでも補えると思います。

ガンは免疫力が急激に低下した時に、進行するものなので、免疫力を高めるために健康食品は効果的です。

経験でしか答えることができず、もしかしたら偏った回答かもしれませんが、ご参考にして下さい。

去年の3月、父が末期の大腸がん(ステージIV)にかかり、闘病生活でメシマコブを服用したこともありましたので、ご参考にしていただければと思い、投稿しました。
まず、質問1についてですが、アガリスクもメシマコブも健康食品なので、一緒に服用しても問題はないと思います。
次に、質問2と質問3についてですが、
私の父はもうすでにガンが発症してから発見が遅かったため、癌を完治させることは不可能でしたが、「東洋漢方研究所」という所の中国の漢方を服用し、効果的でした。
これは、個人差があるかも...続きを読む

Q白くてフワフワ飛ぶ虫?が一体何のか教えて下さい。

先日、参道散策をしていたところ、見たことのない物が目に飛び込んできました。全体的に白っぽく、5mmほどの大きさで上下にフワフワと浮き沈みするように飛ぶ虫らしき物です。虫なら全身を平行にして飛びそうなものですが、「それ」は頭が上で胴体が下に向いた状態で飛んでいる様に見えました。飛行速度は簡単に捕まえられそうなほどゆっくりです。しかし、この虫が何と言う虫なのか見当も付きません。メジャーな虫なら、人生の中で本や映像などで一度くらいは目にするものですが、そのフワフワした飛び方をする虫に心当たりが全く無いのです。もしかすると何処にでもいる虫が、何らかの理由でその状態にあるのか…?
虫に詳しい方、この虫の正体を教えて頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。
ピンボケしたものしか撮れず全く参考にならないと思いますが、一応デジカメで撮影した動画を添付致します。

https://www.youtube.com/watch?v=AoZ2jV40iBQ&feature=youtu.be

Aベストアンサー

北海道では、雪が降る数週間前に大量発生する、通称「雪虫」ってやつですね。
正式名称は、トドノネオオワタムシやリンゴワタムシなどが代表的な存在だそうですよ。

ご参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E8%99%AB

Q効果あるの?

ガン治療に自然食品を利用したいのですが、アガリスク、キトサン、etc..
情報が溢れ過ぎていて、どれを使用すればよいか逆に迷ってしまいます。
なにかアドバイスがないでしょうか?

Aベストアンサー

アガリスクはガンにいいと言うのはよく聞きます。
仕事が客商売なので、毎日いろんな人と話をしていますが、
「もし私がガンになったらアガリスクを飲もう」と思っている
くらい、よく聞きます。

ただ、人によって合う、あわないがあると思いますし、東洋医学は
保険が利かないぶん、高くついてしまいますよね。

知り合いの人は、旦那さんがガンになり、その時生命保険の
リビングニーズ?か何か(ガンなどにかかった場合最高3000万まで
おりる保険)を利用し、その保険金を元手に東洋医学の治療をした
と言うことを聞いた事があります。

アドバイスにも何もなってないですね…ごめんなさい。
一度、色んなものを試してみるのがいいのじゃないでしょうか?

Qこの幼虫何かわかりますか?

洗面所の洗面台と壁の隙間から出てきます。気付いたら出て来ています。ここ半年間で6匹くらいはやっつけています。困っています。わかる方お願いいたします(>_<)

Aベストアンサー

ヒメマルカツオブシムシの幼虫かも。
https://www.ikari.jp/gaicyu/09020d.html

衣服や乾物などを食い荒らす害虫ですが
ほこりなどがたまる場所でも発生するそうです。
また、ある程度育つとなぜか壁をよじ登ってきます。
(うちの場合はトイレや洗面所でよく見ました)
発生源を特定して退治できるとよいのですが…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報