バトルロワイアルの本ってR15指定されていて15歳以下は読んじゃいけないんですか?教えてください

A 回答 (3件)

小説かマンガかわかりませんがどちらも読めます。



R15は映画だけだと思います。

ちなみにぼくも15歳以下ですが読みました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました
僕が持っているのは小説ですOKなんですね
漫画ってあるんすね(驚)
見たいな~

お礼日時:2001/08/22 23:03

小説もマンガもOKだよ!


でも俺は,マンガはおすすめ出来ないな。 俺は,だけど。
なんか,絵がすんごい。
一瞬見ただけで,読むのあきらめたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません<(_ _)>
そうなんですか、1回友達に見せてもらおうと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/19 11:01

バトルロワイアルの本はR指定はされていません


漫画もされていません
漫画は4巻まで出ています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません<(_ _)>
R指定されていないのですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/19 11:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバトルロワイヤル2 

バトルロワイヤル2の小説って出てるのでしょうか?

Aベストアンサー

これでしょうか?

『バトル・ロワイアル 2 鎮魂歌』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872337751/qid=1057396078/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-0677115-6369850

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872337751/qid=1057396078/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-0677115-6369850

Q本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたい

本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたいのですが探せません。外国の少女が仮面の騎士となって悪者を暴くような内容です。昼間は学生で寮に住んでいたような…仮面少女ファンテッド…というような題名だった記憶があります。シリーズ5冊くらいありました。もう絶版かもしれませんがお心当たりのある方情報お願い致します。

Aベストアンサー

「国際子ども図書館」
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
ここで、「仮面少女」で検索してみると
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズ(全5巻)
ジョルジュ・ショ-レ/作
南本史/訳
赤坂三好/絵
ポプラ社/刊
1.『少女名探偵あらわる』 1975/07
2.『秘密のふくろう団』 1975/09
3.『四人の仮面少女』 1975/09
4.『タイムマシンのなぞ』 1975/11
5.『仮面の少女と王子』 1975/12
_
この本が出てきました。シリーズ名も質問の「仮面少女ファンデット」に近いのでこれではないかと思います。
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズの解説
http://www.d-b.ne.jp/yohji/Mdata/fantomet1.htm

Qバトルロワイヤル2の原作

以前に誰かしている質問かもしれませんが検索しても見つからないので教えてください。
映画で「バトルロワイヤル2」が出来るんですよね。
確か1で生き残った二人のその後を書いていくというストーリーですよね。
私は「バトルロワイヤル1」は原作を読んで、はまってしまい映画を見ました。
だから今回も原作を先に読みたいと思って探しているんですが見つからないんです。
そこで質問させてください。
「バトルロワイヤル2」の原作は出版されているんでしょうか?
出版されていないとしたらこれから出版の予定はあるんでしょうか?
その場合の原作者は「バトルロワイヤル1」の原作者と同じなのでしょうか?
邦画にくわしい方、教えてください。

Aベストアンサー

『バトルロワイヤル2』は映画オリジナルの話です。
したがって「原作」というものは存在しません。
前作の原作者・高見広春からの許諾を得て、
故・深作欣二監督ら映画のスタッフが新たに作ったストーリー
ということですね。例えて言えば『リング2』のようなものです。
あくまで憶測ですが、映画の公開前には
「ノベライズ(原作ではなく、映画の小説化)」が出るかもしれませんが、
今のところそういうものは出ていないようです。
 ちなみに『バトルロワイヤル2』のストーリーは、
前作から生き残った七原秋也がテロリストグループを結成し、
それを狩るために、別の中学の1クラスがバトルロワイヤルに投入され、
両者が戦う、というものだと聞いています。

Q以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思

以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思い出せずに困っています。


幸せな恋人生活の後に、最終的には彼女が彼氏を殺してしまう話だった気がします…はっきりとしておらずすみません。


その本には最後に結構なページ数を割いた番外編のようなものがついていました。
本編から何年か経った後、彼氏を殺してしまったことを悔い、北海道の宗谷岬に旅立つ話です。

番外編の題名は「イヨマップ」でした。
『アイヌ語で「愛してる」って意味なんだよ』みたいなことを言っていたのがやけに印象的で、そこだけはっきりと覚えています。


学校の図書館に新書として入ってきたのを読んだのが三、四年ほど前なので、発刊もそれくらいだと思われます。



僅かな情報ですが、ほんの少しでも心当たりのある方の書き込みをお待ちしてます。

Aベストアンサー

「ラストスマイル」菊池誠(2004年発売)

この作品の第二部の題が「イヨマップ」です。

質問者様の記憶と同じく北海道が舞台になっていますので一度ご確認ください。

お探しの本だといいのですが・・・。

Qバトルロワイヤル=座頭市??

 デンマークのE-palなのですが、その人の写真からは想像できないことを書いていました。それが、
「面白いから『バトルロワイヤル』は見るべきだ。」
だったのです。
しかし今日、「北野武もその映画を作った」と送ってきました。たしかに(バトルロワイヤルは見たことも読んだこともないのですが。問題になった作品ですよね。)
 北野武も監督か出演としてか関係あるようですが、デンマーク、つまりヨーロッパでは『座頭市』=『バトルロワイヤル』という可能性はあるでしょうか。
ご存知の方、ご想像がつく方、是非教えてください!

Aベストアンサー

ヨーロッパで『座頭市』を公開していたとき、ヨーロッパを旅行していました。いくつかの国でポスターを見かけましたが「zatoichi」という感じの題名になっていて、とくに向こうの言葉に訳した題名はついていませんでした。もちろん「バトルロワイヤル」ともなっていませんでした。
(私は結局スコットランドで見たのですが、結構現地の人にも評判は良かったようです。)

お友達が「北野武『も』その映画を作った」と言っているところから、お友達が指しているのが『座頭市』である可能性も捨てきれないですね。北野作品の方は勝新太郎が主演したもののリバイバルだし。

Q今まで読んだ本の中で読んで良かったと 思った本

今まで読んだ本の中で読んで良かったと思った本などを教えてください。
中学生ぐらいでも分かる、難し過ぎない本がいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下がオススメです ジャンルはいずれも「自己啓発」になります。
苫米地英人著「努力はいらない!『夢』実現脳の作り方」(マキノ出版)
・・・夢のかなえ方の基本が述べられています。
ルー・タイス著で田口未和訳「アファメーション」(フォレスト出版)
・・・読み進めるうちに、運がたちまち向上します。
ボブ・プロクター著で岩元貴久監訳「宇宙を味方にしてお金に愛される法則」(きこ書房)
・・・お金のみならず、全ての運が上昇します。この中の「アファーメーション」私は毎日やって喜びに満たされてます。
野口嘉則著「3つの真実」(ビジネス社)
・・・人生明るくなります。この中の「内面化ワーク」を今も私は毎日やって、毎日喜びに満たされてます。
D・カーネギー著で山口博訳「人を動かす」(創元社)
・・・お友達がたくさんできます。
ロバート・シュラー著で稲盛和夫監訳「いかにして自分の夢を実現するか」(三笠書房)
・・・夢が実現し、元気になれます。
D・J・シュワルツ著桑名一央訳「大きく考えることの魔術」(実務教育出版)
・・・自分の無限の可能性に目覚めます。何より自信がつきますよ。
西田文郎著「No.1理論」(三笠書房)
・・・何でもできるようになりますよ。
マクスウェル・マルツ著で田中孝顕訳「潜在意識が答えを知っている!」
・・・まさしく元気の基。一生の座右の書になりますよ。
佐藤伝著「図解 朝日記で夢をかなえるノート」(PHP研究所)
・・・夢がかなわざるを得ない日記のつけ方などが紹介されてます。
ジェームス・スキナー著「成功の9ステップ」(幻冬舎)
・・・元気・健康になれます。
スティーブン・R・コヴィー著ジェームススキナー・川西茂訳「七つの習慣」(キングベアー出版)
・・・自分の価値観を明るいものにかえられます。
アンソニー・ロビンズ著本田健訳「一瞬で自分を変える方法」(三笠書房)
・・・元気出ます。
ナポレオン・ヒル著で田中孝顕訳「思考は現実化する」(きこ書房)
・・・まさしく願望が現実化します。
今村暁著「1分間の日記で夢は必ずかなう!」(フォレスト出版)
・・・まさに人生の夢がかないます。
望月俊孝著「100%夢をかなえる人の習慣」(中経出版)
・・・この本に書かれてある通り宝地図を作れば楽しく、夢がかないますよ。
アラン・コーエン著 牧野・M・美枝訳「人生の答えはいつも私の中にある」(KKベストセラーズ)
・・・まさに目からウロコです。元気が出ます。
アラン・コーエン著 牧野・M・美枝訳「願う力で人生は変えられる」(ダイヤモンド社)
・・・自分が王様の子供になったかのごとく、自信にあふれてきます。
カレン・キングストン著で田村明子訳「ガラクタ捨てれば自分が見える」
・・・この本に書かれてあるとおりガラクタ捨ててすっきりし、毎日嬉しいです。
安藤一男著「無意識の魔力」(三笠書房)
・・・無意識の無限の可能性に目覚めます。

以下がオススメです ジャンルはいずれも「自己啓発」になります。
苫米地英人著「努力はいらない!『夢』実現脳の作り方」(マキノ出版)
・・・夢のかなえ方の基本が述べられています。
ルー・タイス著で田口未和訳「アファメーション」(フォレスト出版)
・・・読み進めるうちに、運がたちまち向上します。
ボブ・プロクター著で岩元貴久監訳「宇宙を味方にしてお金に愛される法則」(きこ書房)
・・・お金のみならず、全ての運が上昇します。この中の「アファーメーション」私は毎日やって喜びに満たされて...続きを読む

Qバトルロワイヤルについて

映画「バトルロワイヤル」は小説がもとに制作されたと聞きますが、私は漫画で見たような気がします。ストーリがほぼ同じだったのですが誰かこの漫画のタイトルを知りませんか?何かの雑誌で掲載されていた気がします!

Aベストアンサー

秋田書店のヤングチャンピオンで、今年の2月から連載が始まりました。コミックスとして、現在2冊出ています。

原作: 高見広春
漫画: 田口雅之
出版社: 秋田書店

●バトル・ロワイアル 1
ISBN: 4-253-14668-6
514円

●バトル・ロワイアル 2
ISBN: 4-253-14669-4
514円

Q本を読むとき声に出して読むのは私だけですか?

本を読むとき声に出して読むのは私だけですか?
マンガも少し前までは声に出して読んでいました。
しかも、感情とか込めて読んでいます。
こんなの私だけでしょうか?
又、やめた方が良いでしょうか?
お願いします。教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
私はよく会社で声が小さいと注意されることがよくありました。また研修結果を発表する際も上手く言葉に出来ない時がありました。
そんな時先輩から言われたのが「本や新聞を声に出して読め」でした。
そこで毎日新聞の記事を声に出して読んでいたら
注意される事が少なくなり、また自分が言いたいことが言葉になるようになりました。
本を声に出す事はとても良いと思います。
余談ですが、私は野球が好きなので野球の記事ばかり声にだして読んでました(笑)

Q映画、バトルロワイヤルでの。

ちょっと前にバトルロワイヤルってやってましたよね??それで、その後小説みたいなのが2冊でたんですよ。黒と赤の分厚いやつですけど!!そのふたつは本屋で買えたんですけど、他にバトルロワイヤルについて書かれている本などないのでしょうか??あったら是非教えて下さい!たくさんのお返事お待ちしております。

Aベストアンサー

私は、もう友人に譲ってしまったので詳しい題名など忘れてしまいましたが・・・私が以前 購入したのは、「バトルロワイアル攻略本」→(生徒の武器や殺害場所などが載っていました)と「バトルロワイアル写真集」→(撮影風景の写真や主な出演者のコメントなどが記載)この二冊を購入しましたが出版社など手元に無い為わかりません・・ごめんなさいm( _ _ )m 題名も定かでは、ありませんが参考になりましたら♪

Qあなたの「気乗りせずに読み始めたのに、気が付けば夢中になって読んでしまっていた」・・という本があれば教えてください

こんばんは。
「あまり気乗りせずに読み始めたのにも関わらず、気が付けば夢中になって読んでしまっていた」
・・という本がある方は、タイトル等を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんはです。書き込みさせていただきますネ(^^)
あまり気乗りせずに、、、というかあまり期待がなく偶然手にとった本なのですが気づけばどっぷりつかって読んでいた本をとりあえず1冊紹介します。

・クリムゾンの迷宮 貴志 祐介/著者 角川文庫
参考までに↓
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%BF%B7%E5%AE%AE-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%B2%B4%E5%BF%97-%E7%A5%90%E4%BB%8B/dp/404197903X

かなり前に読んだのですこし記憶があいまいですが、、、、。
主人公とその他の数人の人間と繰り広げる殺人サバイバル的な物語です。映画にもあったバトルロワイヤルに近い感じと言えば想像がつきやすいですかネ。ただ、登場人物はそれほど多くなく、内容や作りはこちらの方がかなり面白いのではないかと個人的には評価してますけど、、、(^^;あくまで私的な意見ですので。読んでいると恐怖が込み上げてきて、つい早く結末を知って安心したい~なんて思いながら一気に読んでしまった記憶があります。オバケ等の類ではないですので妙にリアルな感じがより恐怖を、、、。これより先は読んでみてくださいな。最後に、私のすこしあいまいな記憶で申し訳ないですがラストの方は登場人物が衝撃的な行動をしたりしますので、人によってはすこしキツイ作品(ちょっと表現が思いつかなかったので、、、キツイという表現は正確ではないかもしれません)かもしれませんが、映像というわけではなくあくまで文章ですのでおそらく大丈夫だとは思いますが、、、。参考までにいかがでしょうか(^^)

こんばんはです。書き込みさせていただきますネ(^^)
あまり気乗りせずに、、、というかあまり期待がなく偶然手にとった本なのですが気づけばどっぷりつかって読んでいた本をとりあえず1冊紹介します。

・クリムゾンの迷宮 貴志 祐介/著者 角川文庫
参考までに↓
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%BF%B7%E5%AE%AE-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%B2%B4%E5%BF%97-%E7%A5%90%E4%BB%8B/dp/404197903X

かな...続きを読む


人気Q&Aランキング