色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

新人絵描きの者です。(絵師歴約一年)
単刀直入に言うと絵が上手くなりたいです!
友達には「とにかく描く!」とか「首が細い」とか言われて直したり沢山描きたい好きな絵を描いてきました…が、一年たっても正直絵が上手い!変わってる!と思った事がないんですよね…(当たり前体操)小さい頃から私は絵が上手くなかったので…(今自分でレベルを判断するなら多分小3か小1レベル)
ちなみにデジタルはIbisを使用しています。基本指書きです。(一応ペンはあるんですけど長いし大き
すぎて描きにくいんで…汗)ちなみに言っておくと今時代の部分の下のデジタル絵は結構前です。(3、4ヶ月前くらい。)上のは結構最近だと思います。
トレスはほぼしてるんですけど、ミニキャラソフトから作り出した子なので(Gacha Clubという海外のアプリ)絵が上手くなったら人間にして描きたい!という目標がありますがどう手を付けるべきか…どっちかっつーとアナログの方がうまく描けてると思います(白黒が基本ですが…)
あとは服のシワとかあまり描いたことはないのでその部分のアドバイスも欲しいです!
辛口歓迎します!というより厳しく言われないと治せないと思います…
(でも優しいアドバイスも欲しいです←)
アナログ、デジタル、どちらのアドバイスでも構いません!
一歩ずつ昇進出来るように頑張りたいので、ご協力お願いします!

「イラストのアドバイス下さい…」の質問画像

A 回答 (4件)

他の方の言うように模写とか基礎を先ずやったほうがいいかな



ところでシワとかについて聞いてますが

ノートの絵でまずお話すれば
これ、腕のどこに関節があってどう曲がったらこうなりますか。
曲線的になってますが…こうは曲がらないはず
曲がるべきところで曲がってないと、シワもきちんと入れられないですよね
袖が服に対してどうついてるのか
普段から観察してみるのも良いと思いますよ
自分の持ってる服、親が着てるもの、制服
色んな付き方があります
シワも服の厚みや素材で違います
シャツやブラウス、トレーナー…
そういう物をよく観察したり
描けるものな描いてみることも良いと思いますよ
描くことに使えない夕飯の時間だって観察することに少しは使ってれば
色んな発見があるのではないかなと思います
アイビスの指描きでも最終的にはかなり描けるので
まず描くべき形とか、描くものを観察する目を育てる方がいいかなと思いますし その為には鉛筆である程度練習してからの方が良いと思いますね。

右下のキャラも腕の上と下で長さも全然違うし
左肩どこから生えてるの、なんでこんな内側なの

何より評価やアドバイスこういう風に求める時は
きちんと仕上げた絵で見せて欲しいです
今描き掛けでここからこれこれをどうしたらいいか
とかの場合なら描き掛けでもいいですが
あとは美術の先生がいる学校なら休み時間にお願いして見てもらってアドバイスしてもらっても良いと思いますよ
学校の図書館にだって
デッサンやイラストに関する本があるかもしれませんよ。
そういうもの探してみた事ありますか?

描きたいっていう熱意はすごく感じるから
何処がおかしいかとか、ちゃんと練習したら上手くなると思います
ひたすら描きまくる!場合、間違った描き方を練習したら、間違ったかきかたがどんどん体にしみつきます。
どこがおかしいかな、どうやれば良くなるかな
を自分でチェックして次に活かせないとそうなってしまいますから。
    • good
    • 0

まずはデジタルを少なくしてください。



紙と鉛筆。これが手の動きを作るのに最強の組み合わせです。シャープペンシルはダメです。それは描ける人が使う道具だと思ってください。

HB、2B、4Bの鉛筆と、できればケント紙を買って描くことを試してください。
慣れたら水彩紙を使うといいです。

それと、いいものを見ることを意識してください。
言い換えれば「好きなものを観察しまくって描きまくる」です。

ステキだと思うものは描きたくなるものですが、デジタルというのはちょっとクセが強いのと、何度でもやり直しができてしまうので「失敗したところが残らないから何が悪かったのかわからない」という、成長にはものすごく悪いコトが多いです。

観察できてないことと、手が動いていないことがダブルでつまずきの原因になってます。

デジタルはいいことが多いですが、描き始めの人には悪いことの方が多いと思っています。

そんな感じで。
    • good
    • 2

練習として模写をしてみるのはどうでしょうか?


オススメなのがアニメの模写です。影の付け方、色使い、感覚、それこそ服のシワなどもコツを掴むことができます!あとはイメージを大事にする事ですかね!頑張って下さい!
    • good
    • 1

美大出身、デザイナー歴があり、現役大学講師です。


絵を上手くなるには、模写(写す)を沢山する事です。
上手くなるにはとにかく枚数を沢山描いて下さい。
それから、鉛筆デッサンは全ての基本となります。
デッサンが出来ることがCGにおいても基礎となります。
鉛筆デッサンの模写もしてみてください。
パース、ポーズ、質感、立体感、空気感など、学べるので、デッサンは必ず沢山描いてください。
習いに行けないなら、今はYouTubeでも教えてくれる動画があります。
有名な美大予備校のYouTubeが良いと思います。
ステッドラーとユニの鉛筆を各3H〜6Bくらいまでと、練りゴム、スポーク(モチーフの比率を測る用)、カッターナイフ(鉛筆削る用)、画用紙、画板、(できればイーゼルも)まずはこれらを揃えることをお勧めします。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング