乳癌の手術をして、乳房を部分的に切除しました。
しかし、その後の検査でリンパに2箇所転移が見られると
診断されました。
年齢は50歳です。
この場合、予後はどうなのでしょうか?
教えて下さい。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ichgo_10さんの参考URLの説明にあるように、治療法によっても異なるでしょうが、一例として以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「進行再発乳癌の治療」
転移部位はリンパのみなのでしょうか?

生存率に関するデータが参考になります。

後は治療法等による予後(生存率)は文献検索は可能ですが・・・?

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://www.koshokunews.co.jp/karaki/gan11.htm, http://www.koshokunews.co.jp/karaki/gan12.htm
    • good
    • 0

下記の参考URLを参照してみて下さい。



参考URL:http://members.tripod.co.jp/kawa2000/bc100.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qむくみにリンパマッサージ・・・。

むくみが酷いので、リンパマッサージを受けたのですが、施術後から赤く腫れてきて、翌日には更に赤く腫れてきました。相手方からは、無理やり老廃物を流してるから、青タンができるのは仕方のない事だと言われましたが、本当にそうなんでしょうか??あまりにも赤みがひどくて・・・。

Aベストアンサー

私もよくリンパマッサージ受けます。
そこでは、翌日「もみ返し」等の症状が出るのは、強すぎる証拠。本当に体のことを考えれば、当日多少の「だるさ」は残るが、翌日以降何らかの症状が出るのは、良くない。
といわれました。
強くマッサージしすぎて、毛細血管が破れたんじゃないでしょうか?

Q乳癌について質問です。 乳癌の症状は具体的にどういうものがあるのでしょうか? もし乳癌になったら分か

乳癌について質問です。
乳癌の症状は具体的にどういうものがあるのでしょうか?
もし乳癌になったら分かるものなのでしょうか?
なりやすい年齢層などはあるのでしょうか?
無知のためまったく分からないのでどうぞ回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

乳癌は比較的見つけやすく、予後も良い種類のものもけっこうありますが
基本はセルフチェックや健診で見つけます。
しこりがないか、ひきつれがないか、など自分でチェック
乳首から出血や汁が出ないか…
健診ではエコーやマンモグラフィで撮影します
若い人ならマンモで異常なしなら、被爆も考えてマンモは数年おき、エコーは毎年で、
という医師もいますね。
40歳ぐらいから乳房検診を助成している自治体が多いので
乳癌が多いのは40歳ぐらいからだと思っていいのではないでしょうか。
ただ、20代以上から可能性はあります

あとは真っ赤になったり熱を持ち、毛穴がぼこぼことオレンジの皮のように見える
炎症性の乳がんや
乳首まわりに潰瘍のようになるバジェットと呼ばれる癌だと見た目に出るのでわかりやすいと思います。

セルフチェックのやりかたなどはネットなどで調べるとカンタンにわかります
鏡で見る、手でさわって確かめる、などです。

乳癌になりやすい人は
肥満
初潮が早い
初産が遅いまたは出産していない
授乳経験がない
ピルを飲んでいる
などいろいろあります。

セルフチェックでしこりがみつかる
健診で影が映る、などすると
より詳しい検査をします
針で刺して細胞を取り、その細胞の様子を確認します
それで、悪性でないから様子を見て毎年健診してね、とか
手術でとって詳しく調べましょうとか
いろいろ決まります
手術も小さいうちなら、悪い部分だけとればいい場合と
最悪、乳房の片方全部とリンパ節など取る場合もあります。

乳癌は比較的見つけやすく、予後も良い種類のものもけっこうありますが
基本はセルフチェックや健診で見つけます。
しこりがないか、ひきつれがないか、など自分でチェック
乳首から出血や汁が出ないか…
健診ではエコーやマンモグラフィで撮影します
若い人ならマンモで異常なしなら、被爆も考えてマンモは数年おき、エコーは毎年で、
という医師もいますね。
40歳ぐらいから乳房検診を助成している自治体が多いので
乳癌が多いのは40歳ぐらいからだと思っていいのではないでしょうか。
ただ、20代以上から可能性...続きを読む

Qリンパ節除去後の足のむくみについて

二年前に子宮頸がんの手術で両方の足の付け根のリンパ節を
取りました。術後半年くらいから右の足の付け根から
膝上までの部分が浮腫んで、パンパンです。
この浮腫みはやはり仕方の無いものなんでしょうか。
担当医はリンパを全部取ったから仕方ないと言い、
違う病院の先生にも同じ事を言われました。
改善策として漢方の「さいれいとう(体内の水分を出す)」を出して
貰いましたが、確かにトイレが近くなりましたが浮腫みには
なんとも無いので三ヶ月位でやめてしまいました。
友達に勧められて、空気圧で締め付けたりゆるめたりを繰り返す
「足び*ん」を使ったりしますが確かにその時はリンパ液を上に
押し上げる感じで細くなりますが、しばらくすると元に戻ります。
今となっては慣れてしまってますが、出来ることなら
完璧に近く治したいです。

Aベストアンサー

仕方がないことか?と聞かれますと「仕方がない」と答えます。血液は動脈によって末梢に運ばれて静脈から心臓へかえるとされますが、これは道に例えるなら一般道だけのお話でして、同じく例えるなら高速道路にあたる『リンパ管』という帰り道があるのです。

現在のyellow4さんの下半身は丁度この高速道路が閉鎖されている状態でして、高速道路上で大渋滞が起こりインターチェンジの外にまで行列が出来ている状態といえます。
もともと「高速道路しか走りたがらない車(血液成分)」というのもあるので高速道路が戻らない限り渋滞を完全に元通りにもどすことは難しいのですが「誘導すれば」一般道も走ってくれる車もありますので、<圧サポートタイプのストッキング>が有効なのです。同じように下半身の筋力を維持することや睡眠時の下肢の挙上なども『誘導』には効果を発揮します。

うまいこと郭清したリンパを迂回する道筋が出来ればいい(これを側副路といいます)のですが、下肢のリンパの道筋はもともと1本しかないといっていいのであまり望めません。対するにおなかの部分は別の第二東名のような高速道路がありますのでこうした問題は解決しやすいです。またむくみは「リンパ浮腫」というタイプなので利尿剤ははっきり言ってお情けくらいの効果しか期待できません(ダメ元で試したという感覚です。柴苓湯自体、リンパの流れを促す効能があるのですが閉塞を解除し再疎通させるまでの力はありません。)

仕方がないことか?と聞かれますと「仕方がない」と答えます。血液は動脈によって末梢に運ばれて静脈から心臓へかえるとされますが、これは道に例えるなら一般道だけのお話でして、同じく例えるなら高速道路にあたる『リンパ管』という帰り道があるのです。

現在のyellow4さんの下半身は丁度この高速道路が閉鎖されている状態でして、高速道路上で大渋滞が起こりインターチェンジの外にまで行列が出来ている状態といえます。
もともと「高速道路しか走りたがらない車(血液成分)」というのもあるので高速道路...続きを読む

Qファロー四徴症の長期予後について

友人が出産しました。ファロー四徴症と診断され、保育器に入っています。チアノーゼは比較的軽く、側副血行がありそうで緊急の手術は回避できているようです。いずれ手術になると聞いています。
長期的な予後についてご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

子供がファロー四徴症でした。根治手術も終わり、今は経過観察で年に二回通院しています。手術の後には「風邪をひいたら大変なので、半年ぐらいの間は外に連れ出さないように」と言われましたが、それを過ぎてからは生活に何も制限はありません。このまま何も無ければ次からは年に一回になりそうです。病院で知り合ったお子さん達(手術済み)の話でも、みなさん特に運動制限などは無いようです。
医師の話では一昔前には赤ちゃんの心臓手術は非常に難しかったそうなので、もしこの子が私と同じ世代だったら生きていられなかったんだなぁと思うと余計に「大切に育てなきゃ」って気持ちになります。
手術の前には循環器科・心臓外科・麻酔科の医師が入れ替わりでやって来て、色々とリスクの説明をしていきます。100%失敗するような気分になりますので、ぜひご友人を励ましてあげてくださいね。

Qリンパ線マッサージについて

顔のむくみに悩んでいる者です。
むくみとリンパ線が関係していると聞いてリンパ線マッサージを受けてみたいのですが、
そもそも何を目的としたマッサージなのでしょうか?
どういったことの改善が望めるのでしょうか?
どういったマッサージをするのでしょうか?
いろいろ知りたいです。

受けた事のある方、いろいろ教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。

リンパ腺マッサージというメニューがあるのかわかならなったので、きっとリンパに沿ってマッサージしてくれるに違いないと勝手に思い、普通のアロママッサージの全身コースを受けました。

足のむくみと疲れが慢性的だったのに、一度受けただけで、嘘のようにスッキリしました。
翌日から、いつも以上に歩き回っても、痛くもむくみもしません。今は、自分でボディーオイルを買って、自分でやってます。

Q多発性動脈瘤の予後と破裂予防について

昨年末に母がくも膜下出血で倒れました。
検査したところ、右に2つ、左に4つ、疑わしい影が1つの動脈瘤が確認され、そのうち右の1つが破裂していました。
緊急手術を行っている最中に右のもう1つが破裂し、結果として右の2つをクリッピングしてもらいました。

通常動脈瘤があっても、せいぜい1つなのに6つもあるとは欲張りですね。って医者に言われてしまいました。

母は高血圧・不整脈・糖尿病・肥満があり、全身の動脈硬化も進んでいた為、医者にも2週間は持たないといわれましたが、無事今日の日(26日目)を迎えています。
脳梗塞についても、殆ど影響はないようです。
確かに、術後しばらくは言動がかなりおかしかった(「孫の父親はエジプトの王子だ」「納豆汁を作ったら鍋に脚が生えて逃げ出した」等)のですが、現在は(多分)まともになっています。

医者は回復力や脳梗塞の影響が少ないこと等から「奇跡」「驚異的な回復力」と驚いています。

現在は歩行練習を始めたりして順調に回復しているようです。
この調子で行けば、退院できる日も近いのではないかと思っています。

問題は退院後、また母を日中一人にすることが不安なのと、食生活です。
今のところ麻痺は出ていませんが、左脳も手術することになると思うので(4つの動脈瘤はそれぞれ12mm前後の大きさ)、手術の結果によっては、言語障害などが出るかもしれません。

とりあえず、手術を実施するまでに高血圧・糖尿病の症状を軽くするために肥満を解消させなくてはいけないそうです。
日常生活でどんなこと(特に食生活)に気をつけたら良いでしょうか?

母は情緒不安定でいきなり怒鳴り散らしたり、叫んだりすることがあります。
こういうことも血管には宜しくないんじゃないかと思ったりしています。

アドバイスよろしくお願いします。

昨年末に母がくも膜下出血で倒れました。
検査したところ、右に2つ、左に4つ、疑わしい影が1つの動脈瘤が確認され、そのうち右の1つが破裂していました。
緊急手術を行っている最中に右のもう1つが破裂し、結果として右の2つをクリッピングしてもらいました。

通常動脈瘤があっても、せいぜい1つなのに6つもあるとは欲張りですね。って医者に言われてしまいました。

母は高血圧・不整脈・糖尿病・肥満があり、全身の動脈硬化も進んでいた為、医者にも2週間は持たないといわれましたが、無事今日の日(26日...続きを読む

Aベストアンサー

すいません。算式が間違っていました。

(誤)平均血圧 = 最小血圧 - 1/3(最大血圧 - 最小血圧)

(正)平均血圧 = 最小血圧 + 1/3(最大血圧 - 最小血圧)

Q浮腫とリンパ浮腫の見分け方

浮腫とリンパ浮腫の見分け方を教えていただけますか?
左下腿にむくみがあります。触ると固く、見た感じがツルツルと光っています。
膝裏をマッサージすると痛い、と言われたのでもしかしたらリンパ浮腫なのではないかと思いました。
でも見分け方が分かりません。
見るポイントなどがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

60歳以上の女性では骨盤内手術をしていないくても、後天的なリンパ浮腫を経験します。見た目では、深部静脈血栓症や右心不全での浮腫との鑑別は困難な事が多いです。

ただ、若い女性で股関節手術や骨盤内手術の既往もない、骨盤内腫瘍でもないのなら、片方だけのリンパ浮腫は稀です。いづれにせよ見た目では、深部静脈血栓症とリンパ浮腫との鑑別は困難です。

Q新生児の低カルシウム血症による痙攣の予後

生後10日頃、奇妙な手足の動きをするようになり、総合病院を受診したところ、痙攣と診断され、即入院となりました。
痙攣の原因は、低カルシウム血症によるものでした。一過性のものか、先天性の代謝異常が原因かは、現在経過観察中です。
入院したその日から点滴をし、痙攣はその日の夜におさまり、それ以降はおきていません。
しかし、生後間もなく、このようなことになり、後遺症が非常に心配です。
医師も、現段階では何とも言えないと言っています。
今、4か月になったところです。首がまだ完全にすわっていないということ以外、特に月齢より遅れているという面はありません。
いろいろ調べてみても、新生児の痙攣の予後について詳しく書かれたもの(サイトや資料など)はなかなかみつかりません。
何か少しでもこのような方面についてご存知の方、また、何かアドバイスがありましたら、お願いいたします。

Aベストアンサー

低カルシウム血症も一過性のものなら後遺症はありませんが
先天性の代謝異常なら発達などの遅れなども気になるところですが・・・。
経過観察中ということですが
何も薬が出ていないことやミルクが変わっていないのであれば
心配されることもないと思います。

痙攣は小さい子なら結構頻繁にあるので何時間も続くもの
または頻繁(数分毎)に起こるものでなければ
後遺症が残ることはまれですよ。 
小さい子は全ての機能が未熟で成長段階の途中にあるので
成長してみないと分からないという部分が大きいので
医師も何とも言えないと返答していると思います。
このままお子様の成長を温かく見てあげてください。

Qリンパマッサージ

顔のむくみをとるには
どのあたりをマッサージしたらいいのでしょう。
仕事中なので
即効性があって
オイルとか使用しないでできる
手軽なリンパマッサージを教えてください。

Aベストアンサー

田中宥久子さんの造顔マッサージも参考になります。
「10年前の顔になる」そうです。

Q開頭手術予後

65才女性の左前頭葉(素人なので部位の正式名じゃないかもしれません)に、出来た3センチ程度の髄膜腫を開頭手術で摘出後、腫瘍があった場所に髄液が流れ込んで脳を圧迫し、開頭手術2日後の朝に話してる内容がわからない、言葉が出ないという症状になり、再び開頭手術を行い、髄液を抜きそこに髄液が溜まらないように管を通して通路を作ったらしいです。
1回目の術後は、すぐに家族と話せたのに2回目の術後は患者は言葉が発せられませんでした。
しかも、全身麻酔の副作用とかで、興奮状態になってるらしく、体を拘束しました。
2回目の手術から3日後、また同じ所に髄液が溜まり始めているらしいです。
そして、2回目の術前の発作はてんかん発作でした。との事。
いままでの脳の所見で、てんかんかどうかは判断出来ないのでしょうか?(1回目、2回目共、術前はCT、要所でMRIは撮ってるらしいです)
術後てんかん発作抑制にホスフェニトインを投与しなかった理由は何だったのか?
この処置は正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

こちらのサイトが参考になるかもしれません。
http://plaza.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/epilepsy/
サイトは脳腫瘍が原因でてんかんを起こしたものの説明で、質問は手術によりてんかんを起こしたものなので少し内容は変わります。


以下、サイトからの引用は先頭を1マス下げてあります。

 周術期てんかん発作はてんかんとして扱わない
 •開頭手術をすると,術後にけいれん発作を生じることがあります
 •手術合併症としての脳脊髄膜炎,低ナトリウム血症,術後高熱,水頭症になってもけいれん発作を生じることがあります
 •これらはてんかん発作と呼ばないほうがいいでしょう
 •その後に継続して発作を生じることがほとんどないからです
 •多くは,退院後に抗てんかん薬を服用する必要はありません

質問の65歳女性の場合
髄液が流れ込んで脳を圧迫=水頭症を起こしています。これが原因でけいれんを起こしたものと考えられます。
なので水頭症の改善がまずするべきことです。
管を通して通路を作りました。→これは当然の処置です。
同じ所に髄液が溜まり始めているらしいです。→これは困りました。うまく流れないものか、ルートを変えるかなどDrも次の手を考えていると思います。

いままでの脳の所見で、てんかんかどうかは判断出来ないのでしょうか?(1回目、2回目共、術前はCT、要所でMRIは撮ってるらしいです)
→てんかんは脳内の電気信号の異変なので脳波を取らなければわかりません。画像の見た目ではてんかんは診断できません。
すごく圧迫されて脳が歪んでいてもてんかんを起こさない人はいるし、問題がなさそうに見えてもてんかんを起こす人はいます。

術後てんかん発作抑制にフェニトインを投与しなかった理由は何だったのか?
 →•てんかん発作のない患者さんに対する脳腫瘍開頭手術前の予防的な抗てんかん薬投与は利点がないとされています

上記は引用のため術前術後とちょっと内容は違いますが、予防的な抗てんかん薬投与は利点がないとされているので普通は投与を行いません。
実際問題として術後にてんかんを起こす人は0.1%程度です。99.9%の人には必要ないものだからです。
現在広く受け入れられている考え方としては今までてんかんが起きたことない人は、予防的に抗けいれん薬を投与しなくてもいいのです。

しかし最近、その0.1%の人のためにすべての脳手術を受ける患者に抗けいれん薬を投与すべきではないかという考え方も発信されました。
そのとき使う薬がホスフェニトイン(注射薬)という薬のためその名前が出てきたのだとおもいます。フェニトインは内服薬。
そして術後も数ヶ月~1年は薬を続けるべきだと。

これって例えば風邪をひくと困るのでこれから1年毎日抗生剤を飲んでください。と言っているような感じです。
確かに飲めば風邪を引かないかもしれません。でもウイルス性なら引いてしまいます。
しかしほとんどの人は飲まなくても風邪をひきません。本当に必要なのでしょうか。お金も手間もかかります。

それと同じで抗けいれん薬を使った時、けいれんが起きない場合もありますが、使っていても起きるときは起きてしまいます。

今現在、どちらがいいのかという結果ははっきりしていません。病院の医者の考えによるところが大きいです。
いらないと考えている医者は当然要らないというし、いると考えている医者は絶対いると言うでしょう。

ここでした質問を同様に医師にしてもいいのですよ。その質問に対してどのように返答してくれるかで信頼に値する医師かどうか判断してはいかがでしょうか?

長い回答ですみません。

こちらのサイトが参考になるかもしれません。
http://plaza.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/epilepsy/
サイトは脳腫瘍が原因でてんかんを起こしたものの説明で、質問は手術によりてんかんを起こしたものなので少し内容は変わります。


以下、サイトからの引用は先頭を1マス下げてあります。

 周術期てんかん発作はてんかんとして扱わない
 •開頭手術をすると,術後にけいれん発作を生じることがあります
 •手術合併症としての脳脊髄膜炎,低ナトリウム血症,術後高熱,水頭症になってもけいれん発作を生じ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報