出産前後の痔にはご注意!

子猫の頃から、6歳まで、1年に1回、ワクチン接種を
していました。

ですが、一般的に「シニア」と呼ばれる7歳から、
ワクチンは劇薬だし、体に負担がかかるのでは…と
憶測で、やめてしまいました。

完全室内飼いで、病気ひとつしていませんが
万が一の事を考えて(人間が外から病原菌を
持ってくる可能性など)
ワクチンをやはり接種した方が
いいのか迷っています。

獣医さんに聞いてみても、やはり打ったほうがいいと
言われます。
ですが獣医さんからしてみれば、営利目的もあるだろうし

高齢猫にワクチン接種されている方はおりますか?
何か異常があったりしませんか?
それとも9歳という歳を考え、打たないでそっと
してあげた方がいいのでしょうか…?
経験のある方に教えていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

ちなみに猫はすごく元気です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

うちでは15匹のうち、12匹が8歳を越えていますが、全員毎年ワクチンを打っています。


先年に亡くなりましたが15歳の猫にもワクチンを打ってました。3種混合というヤツです。

打たなくてもいいかも知れません。でも、ワクチンを打たないで、もしその病気になったりしたら、たぶん悔やむと思います。それがイヤなので、打っています。
病原菌は空気中に浮遊しますし、人間の体や衣服について家の中に侵入します。完全室内飼いだからといって安心してはいません。事実外からうつったとしか思われない病気で命を落とした子もいましたので。

幸いうちの猫たちは元気で、「ワクチン打った日は元気なく、エサも食べないかも知れません」などと病院ではいわれますが、うちの猫は1匹もそういうヤツはおらず、ワクチン打ったその日でも、がつがつエサを食べるような奴らですけどね。

私の場合はワクチン打って異常があった、という話は聞いたことがありません。高齢やその他のコトで、危ないなら、医者が打とうとは言わないと思います。もちろん、営利目的もあるでしょうが、もし危険率が高いなら、それで異常が出れば医者としての評判を落とすことになりますからよほどあくどい医者でない限りそんなことはしないと思います。

あと、うちの猫はそのワクチンの時しか医者に行かないのが多いので、年に1度の健康診断も兼ねたつもりで連れて行ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

たくさんの猫ちゃんと暮らしていらっしゃるのですね。
ワクチン代もかなりかかりますよね
けど愛する子に元気でいて欲しいですものね。

そうですね、完全室内飼いだと、病気をしないとも
言えないですよね、
人間が外で犬、猫に接触して帰ってすぐ
手を洗ったりすればいいのですがなかなか…
家で完全に守られている訳ではないですよね。

ワクチンを打った日でも、猫ちゃん達、元気なのですね!
家の子は、やはりその日はおとなしいです。
食欲もあまりなくって。
車で行くのでそういうのもあるのでしょうね。

>もし危険率が高いなら、それで異常が出れば医者としての評判を落とすことになりますからよほどあくどい医者でない限りそんなことはしないと思います。

そうですね、ちょっと私、人を疑いすぎですね。
ごもっともだと思いました。
健康診断も兼ねて、行ってきたいと思いました。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/02/20 03:05

猫が元気であれば、ワクチンを打った方が良いとおもいますよ。



一般的には3種混合ワクチンという事になるかと思いますが、
1)猫ウイルス性鼻気管炎
 通常2週間程で回復する

2)猫カリシウイルス感染症
 1度この病気にかかると免疫ができるので再発は少ない

3)猫汎白血球減少症
 特に体力のない子猫や若い猫が掛かりやすい

この3種の混合ワクチンの事です。

この中には、海外では数年に1回の接種で充分とされる物も含まれているらしいですし、国内では「承認の都合上」1年ごとと決められているだけですので、老齢の猫であれば2年毎・3年毎でもいいかも知れません。

その辺りは詳しくありませんので、獣医さんとご相談の上で、どの程度の頻度で打つか検討してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>猫が元気であれば、ワクチンを打った方が良いとおもいますよ

元気なら、と言うのがポイントだと思いました。
確かに元気ですので… (^^;)
ぐったり老衰してたらそれはまずいですよね。


>老齢の猫であれば2年毎・3年毎でもいいかも知れません。

盲点でした。
1年に1回じゃなくても、そういうお考えがあるとは…
1年に1回が心配なら、2,3年に1回でも
十分メリットがある気がしました。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/02/20 03:11

ワクチンを打っていれば防げるものって


あると思います。
大切な家族であるならばやはり打つべきです。

スレ主さまの目から見て「元気」でも
獣医さんではありませんしもっと長生きを
してもらいたいですよね。

私は昨年2匹のうち病気で1匹失いました
享年2歳9ヶ月という若さで・・。

長生きいっぱいさせるための「お手伝い」とでも
思ってワクチン打っておきましょう~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
そうですね、大切な大切な家族です。
元気に見えても、猫は「痛い、助けて」と言えないです
ものね…

2歳9ヶ月で…ですか…
病気で失うのはとても辛いですよね。
もう一人の子を、どうかその子のぶんまで
幸せにして下さい!

ワクチンは、人間が判断しないと
出来ないですものね。
やはり必要ですよね!
ありがとうございました!

お礼日時:2005/02/20 02:56

はじめまして



うちの猫は8歳ですが
毎年3種混合をしています

ワクチンが体に負担なんて考えた事もなかったです
もちろん、うちのは表にも出てますし
ケンカもたまにはするので
そのリスクのほうが大きいんですけどね

飼い主さんがワクチンの体へのリスクと
万が一病気になった時のリスクと考えてしてみては如何でしょうか?
獣医さんの診断も仰ぎつつ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>ワクチンの体へのリスクと
>万が一病気になった時のリスクと考えてしてみては如何>でしょうか?

そうですね、
万が一、病気のなった時のリスクの方が大きい気がします。
お外に出る猫ちゃんは野良から色んな病気を
もらう可能性があるとよく聞きますので
やはりワクチンは必要ですよね。
ケンカの傷は仕方ないかもしれませんが…(>_<)

ありがとうございました! 

お礼日時:2005/02/20 02:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫のワクチンについて(3種混合ワクチン)

高齢21歳♂と20歳♂の猫の3種混合ワクチンについてアドバイスを頂けたら助かります。

完全室内飼いで外に出る事はありません。
網戸になってる窓の前でそよそよする程度です。

今年も当然の様にワクチン接種に伺おうと思っていたのですが、病院の担当の先生と医院長の意見が違うので困っています。
担当の先生とは言っても、医院長と担当の先生が診てくれる割合は半々ぐらいです。
今の病院には10年ぐらいお世話になっています(それ以前にもワクチンは欠かさず接種しています)


担当医の意見としては『今までずっとワクチンを打っているので、抗体も出来ている。ワクチンとは言っても身体に負担のかかる事だし、そろそろ2年に1度でいいのでは?』との事。

医院長の意見としては『ワクチンは予防なのだから毎年接種するのが通常。今まで20年も大丈夫だった子が急変するリスクよりもワクチンを怠って感染病にかかるリスクの方が高い。』
との事。

どちらの意見も間違ってはいない様に感じますし、どちらに従えばいいのか迷っています。

高齢でそれぞれ持病も持っています。
腎臓の病気や心臓の病気等です。
ですが、今は薬を飲んでいて日常生活は穏やかに送っています。

そろそろワクチンの期日が近づいています。
皆さんの場合ならどうなさいますか?
お詳しい方、経験者の方のアドバイスを宜しくお願い致します。

高齢21歳♂と20歳♂の猫の3種混合ワクチンについてアドバイスを頂けたら助かります。

完全室内飼いで外に出る事はありません。
網戸になってる窓の前でそよそよする程度です。

今年も当然の様にワクチン接種に伺おうと思っていたのですが、病院の担当の先生と医院長の意見が違うので困っています。
担当の先生とは言っても、医院長と担当の先生が診てくれる割合は半々ぐらいです。
今の病院には10年ぐらいお世話になっています(それ以前にもワクチンは欠かさず接種しています)


担当医の意見としては『...続きを読む

Aベストアンサー

獣医師さんのワクチンに関する見解を探しました↓

結論から言うと、打てる健康状態であれば、打っておいたほうが良いと思います(現時点では)。

ネコのワクチンに関しては、実際血液検査で抗体を調べてみても、2年たっても十分な量残っているネコが多かったとの報告もあります。
ただ、私達日本の獣医師が2年おきで良いです、3年おきで良いですと飼い主さんに言えるようになるのは、
1日本で使用されているワクチンで「猫の多くが」ではなく「100%の猫が」3年効果が持つとの研究報告が出る。
2日本で使用されているワクチンのメーカーが使用書で「ワクチンは3年に1回で良い」との文章に書き換える。
という2点をクリアしなければいけません。

1に関しては、たとえ95%の猫が大丈夫でも5%の猫が1年で効果が切れるのであれば、5%の猫を見捨てる訳にはいかないということです。
チャレンジするとすれば、毎年採血して、ワクチンで予防しているウイルスの抗体検査をし、大丈夫であることを確認したら、その年は打たない、というのを繰り返す手はあります(コストは逆に掛かってしまうかもしれませんが)。

2に関しては、完全に法的なお話なので、獣医師としては、メーカーの指示する使用書に逆らって薬を用いた時、何かあったら(例えば3年ごとで良いといったにもかかわらず、ワクチンを打って、2年後に伝染病にかかってしまった時など)、責任の取りようがないということです。

全く外に出ない猫は自宅で伝染病にかかるリスクは低く、ウイルスをもらう場所としては、動物病院、ペットショップなどの他の猫がいる環境に行く時、あるいは預ける時だと思います。
特に動物病院は病気の動物が集まる場所ですから、飛沫感染(クシャミなどでの感染)ではウイルスが15mくらいはクシャミ一発で飛んでしまいますので、非常に危険な場所ということになります。
自分の職場を危険な場所と書くことには抵抗がありますが、実際外に出ない猫が一番危ないのは動物病院ではないでしょうか。
人間のように感染症専門の病棟があるというのであればよいのですが、残念ながらほとんどの動物病院は同じ敷地内で伝染病の子も、交通事故の子も診察します(もちろん毎日消毒しているでしょうが)。

ですから、ワクチンを打っていない猫(犬も)が、問題になるのは、何らかの病気で緊急入院するとき、手術をするとき、ペットホテルに預ける時だと思います。
院内感染を防ぐため、基本的にはワクチンを打ってない子は子は入院、手術、ペットホテルは全てお断りしていますが、それでも交通事故など命にかかわる急病の際は、隔離室にお預かりせざるを得ません(そのようなときにワクチンをうっている場合ではないですし、そもそも効いてくるのに1~2週間くらいかかるでしょうし)。
ただ、院内感染を起こす可能性があり、その時点で持っている病気ではなく、院内感染で命を落とす可能性があるということをご説明の上で、お預かりしています。

ワクチンを打ってなかった子が院内感染で伝染病にかかるのももちろん問題ですが、その子が入院室でクシャミを繰り返している内に、他の患者さんまで、となるとワクチンを打ってなかった子だけの問題ではすまなくなってしまいます(ワクチンは打っていても全く症状が出ないわけではなく、軽い症状で済むというものですから)。

高齢になればなるほど免疫力が落ち、感染を起こした時の症状は重篤に至りやすい。また高齢になれば、何らかの病気になるのは避けられず、入院せざるを得ないシチュエーションが増える。
という意味では、おっしゃるとおり、高齢の子ほど必要かもしれません。

ただ、重篤な病気を現在持っていて、ワクチンを打つのが危険な状態というのであれば、もちろん打つわけには行きません。
ようは、ワクチンを打つリスク(健康上、あるいはワクチンの副作用)と打たないリスクを秤にかけて、どちらのほうがより安全かを少し引いた目で見る必要があると思います。
副作用だけのリスクを考えて、打たないリスクを無視するのも、逆に打つことにこだわって、ワクチンの副作用の可能性を無視するのもナンセンスです。
どちらもリスクが0でない以上、よりリスクの低い方をドライに選ぶしかないのではないでしょうか。

その判断はやはりプロの目で決めてもらうべきであり、主治医の先生がそちらの猫さんを診察した結果、打つべきである(打つほうがリスクが低い)と考えたのであれば、やはりそれに従うのが良いのではと思います。

獣医師さんのワクチンに関する見解を探しました↓

結論から言うと、打てる健康状態であれば、打っておいたほうが良いと思います(現時点では)。

ネコのワクチンに関しては、実際血液検査で抗体を調べてみても、2年たっても十分な量残っているネコが多かったとの報告もあります。
ただ、私達日本の獣医師が2年おきで良いです、3年おきで良いですと飼い主さんに言えるようになるのは、
1日本で使用されているワクチンで「猫の多くが」ではなく「100%の猫が」3年効果が持つとの研究報告が出る。
2日本で使...続きを読む


人気Q&Aランキング