教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

信じる者は救われるのでしょうか?

最終的には個々の心の問題であることは明白です。
恋愛においても人間関係においても、最終的には「心」に行きつくと思うのです。

他人から見て盲目的と思われようと、その人の心が救われれば、それはある意味で「幸せ」だと思いませんか?

gooドクター

A 回答 (14件中1~10件)

ヨブのような例もあるんで。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

知らなかったのでググりました。
なるほど、、、。参考になります。

お礼日時:2021/03/26 22:40

信じてるうちは救われてないらしいですね



救われてないないから、信じてるわけであって

救われてしまえば!信じることも不必要になるらしいですもんね


幸せの評価を、他人に委ねると
疲れるだけですよ

他人の人生が幸せなのか?不幸せなのか?
安易に評価をする風潮があって
金持ちだから幸せ、モテるから幸せ
なんて【勝ち組や負け組】みたいな話につながりそうなんだけど

よくよく考えてみると
他人の人生について、いっさいの間違いなく!正当に評価できる他人なんて!
この世に存在するはずがなくて

他人の幸せを正当に評価を出来る人が存在してたら
その人の価値観や判断基準を元に、今の世の中で、もっと沢山の人が幸せになっててもおかしくないですもんね
言うなれば、幸せのシステム化やマニュアル化てな話なんですけどね

なら、幸せの定義や評価は!他人任せよりも自分自身で思い悩む事だとおもいますよ

自分自身が思い悩んで、何かしらの教えや教義なんかを盲目的に信じてるから
騙されてるなんて話はよく聞くけど


たとえ、騙されてても本人が幸せだと認識してるなら

それは間違いなく幸せなんだと思いますよ

喉が乾いてるなら水を与える
心が乾いてるなら、無理に癒しの水を取り上げる必要はないですもんね

最後に余談を2つ
ひとつ目は
日本って!政治に無関心だからこそ幸せな人もたくさん居てるのは事実ですね
無関心な人や、盲目的な人が幸せを勝ち取りやすいのかも?
( ̄~ ̄;)

ふたつ目は
ワシが盲目的に信じこめる、教えや教義てなのがあれば!死ぬ前には出会いたいですね

( ̄~ ̄;)疑り深い性分なのかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

盲目的に信じ込める1つに宗教があるのかもしれません。


宗教の歴史は本当に長く、どうして廃れないのかと考えると、
やはり人々の心に響くものがあるんでしょうね。

お礼日時:2021/03/28 13:41

たぶん、現在進行形で救われてるのかも?


しらんけど。
ただ、俺は、信じるということだけでは救われたい
などと思いたくはありません。

追記
信じられなくなった時の「不幸」は
(略)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

我々は他人をどれだけ信用できるか、ですな。

お礼日時:2021/03/28 13:39

結婚詐欺にあった人は、騙されたにもかかわらず、詐欺師を愛し、それでも結婚を願うという。



それも幸せには違いないということなのだろうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

うほ、ですわ。
確かにそうなんですよね。

お礼日時:2021/03/28 13:39

>信じる者は救われるのでしょうか?



何を信じるかにも依る。


しかし、元をただせば、その人の『縁』にもよる。

『縁』のない者には、それに出会う事すらない。

出会ったとしても、理解すらできない。

そして、自らを地獄に堕としていくのも、その人の『業』である。

では、質問者は何を信じるのか??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですね。
私は皆さまからの回答を読んで、すべてが正しい意見に感じてしまいます。


人生に決まったレールが無いように、答えも幾つも存在するのだと思います。


あるいは私は何のために産まれてきたのか?
産まれた意義を見出した時、そしてその目標へまい進した時、人は輝き救われるのかもしれません。

お礼日時:2021/03/28 13:38

信じる者は救われるのでしょうか?


 ↑
社会主義やオームを信じた人は
地獄行きになりました。



最終的には個々の心の問題であることは明白です。
恋愛においても人間関係においても、最終的には
「心」に行きつくと思うのです。
 ↑
そうです。
思想なんてのは、心のためにあるのです。
思想のために心があるのではありません。
それなのに、思想に合わせて心を変えようと
する人が多いです。
社会主義が失敗したのはそのためです。



他人から見て盲目的と思われようと、その人の心が救われれば、
それはある意味で「幸せ」だと思いませんか?
 ↑
その幸せって一過性の場合が
多くなりませんか。
一過性の幸せは、快楽といいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

一過性の幸せですか、、、とは思わなかった(^^;

確かに盲目的って微妙ですね。

お礼日時:2021/03/28 13:36

インチキ、オンボロを信じたら不幸になるのは道理でしょう。



人間って誰でも何かを信じないと生きてゆけないものだと思うのですが。
ということならば、全員が救われることになりますねw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

確かにそうかもしれませんね。

お礼日時:2021/03/28 13:35

《信じる》から 《思う・考える(つまり 心)》に来るのだと思います。



《信じる》とは 超自然かつ超経験なる何ものかを無条件で無根拠にてわが心に受け容れることです。

これは 意識しなくても だれもが間違いなく持っています。

《何ものか》は 《無(無い神)》だと決めている場合もふくまれますから。





悩み苦しむこともある《心(精神)の問題としての思考》が 日常生活にあっておこなわれていて 時に事態がきわまったばあい:
★ 最終的には個々の心の問題である
☆ ようになるというのは ふたたび初めの《信じる》に立ち戻ることを意味します。

広い意味での《こころ》が 日常生活一般のふつうの精神(記憶・知解・意志)と そして そこでの思考がゆきづまった時などに立ち現われる《究極のこころ(たましい)としての〈信じる〉》に分かれると思います。



すくわれるかどうかの問題として見るよりは 《〈信じる〉が一生ものだ》ということになるのではないかと。

自己をうんうんと推して寿命をまっとうして社会に生きます。《いま・ここ》が 神の国です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど。
自分自身を信じるのが肝要かもしれませんね。

お礼日時:2021/03/28 13:35

救われるんじゃなて救うんだ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/03/28 13:33

『逃げ道』として救われます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

確かにそうとも解釈できますね。

お礼日時:2021/03/28 13:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング