gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

bragellone様がトイレについて男女平等論をふらさげて登場され、議論が沸騰しています。
もし、男女同権論の視点からなら、議論はどうなりますか?

A 回答 (9件)

あのスレッドを読んで、とても違和感を感じたということでしょうか?


私は読んでいませんが、もし、「男女平等であるならトイレを一つにすべきである」という主張があるならば、私もとても違和感を覚えることでしょう。

一つは、公共の場において男女のトイレが別々に区分けされているということは、皆が認めた文化(しきたり)の問題であって、男性は男子トイレを使用し、女性が女子トイレを使用するということにおいて、男女平等、男女同権の問題になんら触れるものではないことは明白です。

徴兵の問題はそれほど単純ではないにせよ、これは、二点目の話ですが、平等って何?という哲学的なことになります。
機械的な、あるいは社会主義的な平等観、これは間違いを犯すことが多いと思います。
そうではなくて、何のための平等か、です。

戦争は私は反対ですが、兵士としての仕事は、肉体的にも精神的にも男性のほうが向いていると思います。一般的に言って男子のほうが闘争的ですし、女性は生命をいつくしむ心が強く、闘争性に劣る、と思います。

従って、徴兵を男女平等にした場合、多くの女性が男性以上に苦しむことになると思います。だから、平等とは言えない、と。

この機会に平等ということを改めて考えてみたくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。
<何のための平等か>が必須ですね。
<機械的な、あるいは社会主義的な平等観>により、トイレや競技が安直に
扱われるべきではない、と思っています。
うまく表現できませんが、角を矯めて牛を殺す、に陥らないように、と。

お礼日時:2021/03/29 12:32

権利を主張すると!


もれなく義務がついてくるのは
世の中の不思議ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御解答ありがとうございます。
権利と義務が背中合わせですね。

お礼日時:2021/03/31 13:05

権利問題だとしたら


( ̄~ ̄;)最終的には司法の判決に従うしかないですね

平等てな言葉だと
司法が判決を下すにはちと
難しいのかも( ̄~ ̄;)

不平等で権利を阻害されてるてなはなしから
たいてい権利の話に成りますもんね

建前上司法って平等に公平に審議をされてるらしくて!

不平等を訴える人が権利を主張しない限り!司法では裁決出来そうにないですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
平等については、<司法が判決を下すにはちと難しい>ですね。
しかし、<権利を阻害されてる>については、判断が出そうですね。

お礼日時:2021/03/30 18:08

同権からかんがえたら!



( ̄~ ̄;)


めんどくさいからトイレをすべて爆破してしまうかも?

( ^∀^)(笑)

平等や権利を訴えるなら
トイレは廃止します!

行政が公衆便所をすべて破壊して

民間の企業が!有料便所を造れば良さそうですね

一回千円くらいだと

なかなか利用者はいないかも?

10000円だと( ̄~ ̄;)皆無かもね

公衆便所がなくなり、有料便所だけの世の中になると!

民間の施設でも!有料便所とかって変更がされそうで

有料であるなら
たんなるサービスを書いとるだけの話で
同権とか平等とかって
言わなくなりそうですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございました。
有料便所にし、お好みの仕様のものを選択できるようにする、のですね。
文句は出ませんね。しかし、チップが高い、でしょうね。

お礼日時:2021/03/30 18:05

男女同権から、トイレの男女区別を無くせ


という結論を、直接導くことは出来ないと
思います。

しかしです。

トイレを別々にしている、ということは
男女の違いを認めることになり
それが結果として、男女不平等に
繋がっているのだ、

そうした不平等があるから男女同権も
達成出来ないのだ、
という議論は成り立つと思います。

すると、そもそも男女という観念
が存在すること自体が望ましくない、
ということにならないですかね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。
<トイレを別々に>から
<男女同権も
達成出来ないのだ、
という議論は成り立つ>こともありますね。
<男女という観念
が存在すること自体が望ましくない>かもしれませんね。
看護婦が無くなり看護師へ、の思想ですね。
(しかし、私には看護婦さんへの郷愁が依然ありますが)

お礼日時:2021/03/30 09:02

飛行機の機内トイレになります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご尤も

お礼日時:2021/03/29 12:32

「区別」と「差別」を混同した議論。



男女同権論は、女性差別の視点から、主として女性から持ち出されている議論。
トイレは男女の区別から、主に「公共トイレ」で区別されているものだ。

それにもかかわらず、男女同権論に対して、トイレ問題を持ち出すのは、「区別問題」を「差別問題」に置き換えて、男女同権論者を攻撃しよう、揶揄しよう、混乱させよう、という意図が見え透いている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。
<「区別」と「差別」を混同>ですね。
<男女同権論は、女性差別の視点から>ですね。
<トイレは男女の区別から>ですね。
意図に注意すべきですね。

お礼日時:2021/03/29 12:31

「同権」と「平等」は同じことではないです。


「同権」というなら「男女共おなじように排泄する権利がある」という話です。

となると「女性のトイレの面積は男性のトイレのスペースよりも何倍も大きいので、面積を男女が同じなのはおかしい」というような議論にしかならないはずです。

この議論は実際に行われていて、だから欧米のジェンダーフリートイレは洗面台などは男女共用(トイレスペース自体が男女共用)で用を足す個室だけが「個別」という形になっています。
これは男女だけでなくLGBTなどの性的曖昧さがある個人に対しても「男女どちらに入るべきか?」という迷いを無くすのに最適解だとされているのです。

また中国の「ニーハオトイレ」とよばれるものには、男女の別がなく、さらに仕切りがほぼない(だからニーハオと隣とあいさつできる)ものがありました。これも男女同権で男女平等ならOKになるわけで、欧米と違うのは「個人のプライバシーを尊重するかしないか」だけ、ということになります。

つまり論点が「男女同権」から「個人のプライバシー」に代わってしまうわけです。

このように「平等」とか「同権」というものは、その社会が持つ価値基準によっていくらでも変わっていく、ということをまず知るべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。
御回答を読んで、平等と同権を次のように荒っぽく割りました。
平等については、ラフに描けば、第3者の目から、上からの視線で・・・
権利については、当事者(男・女・LGBTなど)の気持から・・・
でしょうか。
<「平等」とか「同権」というものは、その社会が持つ価値基準によっていくらでも変わっていく>ですね。
<「個人のプライバシーを尊重するかしないか」>もありますね。

お礼日時:2021/03/29 12:32

考えるポイントじゃないですね


男は赤ちゃん産めません
それもどうするか?と同じ事じゃないですかね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。
<考えるポイントじゃない>ですね。
男女平等論も男女同権論も、別に分離して議論することはない、ということですね。

お礼日時:2021/03/28 11:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング