4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

陸上競技の100メートル走では、男女に別れて競技をし、オリンピックなどでは一位に金メダル、二位に銀メダル、三位に銅メダルが与えられます。
この、賞を与えることは明らかに不平等と言えますが、それに対し不平等であると抗議する人を私は見たことがありません。

また、禁止薬物を使用した者がいたり、あるコースだけ98メートルだったなどということが発覚した場合は、これは不平等であるとして猛然たる抗議があります。

以上のことは社会総体として認められている「平等観」に基づいていると思いますが、その平等観とはつまり、どういうことと言えるでしょうか?(1)

これに対して、近年の日本の学校教育などに見られる、「順位をつけない」とか「競争させない」とかいう平等観が一部にあるようですが、これはどういう平等観なのでしょうか説明できる方お願いします。(2)

平等とはこういうものであるというあなたの定義を教えてください。(3)

で、結局、平等って必要なものでしょうか、特に必要のないものでしょうか?理由をつけてお願いします。(4)

gooドクター

A 回答 (22件中1~10件)

色んな事の絡み合いですもんね


アメリカの社会問題でね

選挙時のIDチェックなるのもを、郵便投票などで、通常の投票なみに確りしょうと、州議会で立法するために議論してるみたいでね
一部のマイノリティーが、投票の自由や憲法の中での平等なんかに、意義を述べる運動なんかが起きてて

世界的な有名な大企業なんかも
マイノリティーの権利を犯してるとか
選挙でのIDチェックは不平等なんて
その運動を支持するてな話になってて

( ̄~ ̄;)

その世界的に有名な大企業さん達が行う
株主総会なんかだと
IDのチェックは必須になってるのが

( ̄~ ̄;)選挙の投票では、IDチェックは不要で!
自社の大企業の株主総会では、IDチェックが必用

なんてな変な話を聞いて
自由や平等って

かなりややこしい言葉になってるんだと
思いましたよ

日本なんかだと、ネットの世界では自由や平等は語られるけど

現実だと、アメリカみたいに、運動が起きたり!企業が声明をだしたりなんてことが起きないのから

どちらの国民性の方が、自由や平等なんてな概念に近づいてるのか?

想像すら出来ないんですけどね

ニャンポコリンさんの言われるように
もっと、単純な話なのかも?
なんてな気持ちも
この質問の質疑応答でおもいましたよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にいろんな問題があり、それをマスコミが時に煽ったり、そこに何らかの政治的力が働いていたりして(おそらくね)、要するにニュースを真面目に見るほどにわけがわからないくなってきますね。

「これは面白い」「あれは面白い」的な論理、また、結論を曖昧にする論理、これらが民衆を混乱させる元凶だと思いますね。カネ儲けだとか暇つぶしでやっているからでしょう。

キチンとした道理をもとに整理すること、これがホントに論理的というものですよね。

お礼日時:2021/04/13 11:42

家族や親子・兄弟間の平等って


不平等でも、それなりに平等でしたもんね

何故か不平等であっても、平等と思える
時には、不平等だと喧嘩になっても
それなりに仲良くしているのが
日本人的な、平等なのかと!

社会全体や人権などの、難しい話になると

この家庭内での話なんかよりも、他の考え方が優先されてしまうのが

( ̄~ ̄;)個人的には不思議なんですけどね

不平等だからこそ、平等てな考え方の根本は!家族や家庭内にあるのかも知れないですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

家族や友人同士などの、ごく身近なコミュの中に様々な原理が分かりやすく存在していると思います。

ところが、規模が大きくなると色々な問題が絡んでくるので、つまり、分かんなくなっているだけなのかも知れませんよ。

お礼日時:2021/04/11 00:58

「人間としての価値には差異がありすぎる」というのが社会の現状だと理解していますが、これではどうでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

価値というよりも、やはり「尊さ」と言いたいけども。

お礼日時:2021/04/10 17:57

>まあ、いいんじゃないかと個人的には思いますが…



わしもそう思ってるし、社会は不平等で良い思うのが普通じゃないかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。

物質面等の部分では、キリがないと思うので。

お礼日時:2021/04/10 17:55

知識としての平等や公平なら


辞書を調べたらわかる話であって
人生経験によって裏付けられた
平等とか、公平てなのに

いまだに出会った事がない
( ̄~ ̄;)

個人が、単なる知識として振りかざす平等てのは
よくよく目にするけど

そういった平等って
司法の判決を引用してるだけでしかないですもんね

平等であるべきところを阻害された
権利を妨げてるみたいな話で

司法の判断で、この場合の平等はこうあるべき
みたいな事柄が平等だと勘違いされてる気もしますね

国家の主権において
平等とは司法的にこうであるべき

みたいなことで

ひとりの人間が人生を歩むにあたって
平等てな概念を理解して、実践してる事ってあるのかなぁ~( ̄~ ̄;)

子育てなんかの話で
二人目や三人目など、沢山の子供を育ててる母親が
子供に対して、平等に愛する!
みたいな話を聞くと

かなり悩んでるんだとは思ったりもしますからね


知識としての平等てのは、あくまでも知識でしかなくて

人間が生きていく上で、本当に必要な概念なのか?
( ̄~ ̄;)この頃悩んだりもしますよ

沢山の子供を育ててる母親が
平等に愛するなんて悩んでたとしたら

無理に平等とか悩まなくても
子供を愛するだけでいいはずだと
答えてしまいますもんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

んだ、んだ。

父親は私のことが一番のお気に入りでした。母親は跳ねっ返りの強い私のことが少し苦手で、兄や妹がお気に入りでした。

しかし、私達兄妹三人、親の愛情の不平等は感じたことはないです。

それは、親が三人の子供を本当に尊いと思っているのがよくわかったからです。

決して扱いは平等ではなかったと思います。

お礼日時:2021/04/10 17:52

一般的に言われるのは、法のもとでの平等ですね。


自由もそうです、戦後、民主主義の流入とともに自由が入ってきました、まさに勝手気ままが自由でしたが、間違った自由ともいわれました。
現在は自由と責任は裏腹ですね、自分の行動に責任が持てるのなら、その行動は自由、ということですね。
法律を具体的に適用するときは、一人の人間という扱いなので、差がありません、当然平等ですね。
100m走で計測誤りで一部が98mだった、これなんかはそもそも平等という言葉とは無関係です、平等の前提が異なるのだから。
同じ距離で競争して比べるのであって平等の条件で・・・・ではありません。
これを不平等と言ってしまうから、では平等の条件で・・・・となり、身体的なハンデが不平等云々という話になるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「法のもとでの平等」という言葉に深い正義を感じたのは、おそらく何百年か前の話で今では、当たり前の話です。

それでも差別があるのは、感情的か習慣的なことなのでしょう。人種や男女で格差があると本気で考えている人は、現代ではあまりいないでしょう。

何にしても、こうした本質的な話では、細かい皮相的な議論が多すぎて、聞いている方は 面倒になっちゃうんですよね。一票の格差の問題とか。

人間の平等問題の本質は、一人の人の尊厳ということあたりにあるんじゃないかと思うんですがね。

お礼日時:2021/04/10 17:38

基本的に平等は存在しません。


特定の物事に対して、平等として合意する事はあるでしょう。

(例えば)
1つのリンゴを2人で分けたとします。
真ん中から、2つに分けて1個づつあげた。平等です。
不平等!文句がでました。
1人は体重90キロで、1人は体重30キロです。体重違うのに同じは不平等。
なので、更に2つに分け、3個と1個にしてあげました。平等です。
不平等!文句がでました。
私は、体重30キロでも女性。弱いし、お腹も空いています。可哀そう。
それなら、体重90キロの男性は1個、女性は2個にしましょう。
残りの1個は私が貰いましょう。平等です。
不平等!文句がでました。資格の無い人が貰うのは不平等です。
最終的に、男性2個、女性2個でど、ど、どう・・・

(つまり)
立場や見る方向によって、平等と言う基準は違ってきます。
そのため、基本的に平等はありません。
ある条件の下で、意識・無意識の合意によって承認する結果を、平等と思っているだけです。それは、歴史的な経験と常識から導かれる事が多々あります。

この特性を利用して、際限の無い平等を主張する事で、不満を煽り社会を混乱させて、権力奪取を図るのが共産主義です。共産主義の達成後には独裁へと移行します。そして、独裁者が決定した平等が採用されます。反論は許されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国家などの上位の機関が、下位の国民に物質的な分配をする場合、仰るように完全な平等というものは存在しないでしょう。

機会の均等、というのはとても優秀な考え方だと思う。で、その中に「教育の自由」を忘れてはならないと思う。現状の学校教育ではある一方向の格差が必ず生まれるし、その人のペースと好みにあった教育を受ける機会を平等にすべきだと思う。

はじめは国家の監視が必要でしょうが。

お礼日時:2021/04/10 17:11

「平等」という言葉にはひとつの「基準」があります。


100メートル走なら"「きちんと計測された100メートル」を
平常の(薬物などで能力を操作しない)状態で走って
その速さを競いましょう”ということです。
「競いましょう」という所に「基準」があるので
上位に賞を与えるのは不平等ではありません。

教育現場に関する平等感は
たとえば ひらがなが全部かけるようになりました
20までの数字の意味と書き方、読み方がわかるようになりました
スピードに個人差はあっても、早くても、遅くても、できればマル。

教育現場に関する平等に関しては2種類あって
「同じ年齢の子を同じ教室に集めて同じ授業をしました」
という平等と
「ひとつの単元が『わかる』まで教えました」
という平等があります。
個人的には早く後者が実現して欲しいところですけどね。


「平等」はどこかに「基準」があるものだから
同じ社会、たとえば学校の中、会社の中、家族の中
そしてその「基準」の置き方がずれると
「不平等」を感じることにつながってしまうので
必要な時もあれば、不要な時もあるし、
「平等にしよう」と思ったときはどこに「基準」をおくのか
   ちょっと前に、国民にお金が配られましたが
   「国民」に「平等」に
   国籍があれば「国民」なのか
   日本に住んでいれば「国民」なのか
   (出生時のトラブルなどで国籍のない人もいるので
    そういう人はどうなるのか)
「基準」を明確にしなければいけないものだと思います。

「平等」が必要か、必要のないものかは
その時々に考える必要があるものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本という国のなかにも、いくつかの基準の考え方があって、それを国民が主導的に選択しているというより、流行にしたがって流れているという感が否めないと思う。

もっと我々はしっかり考えるべきであると思います。

お礼日時:2021/04/10 16:53

平等てな話で共産主義を持ち出すけど


あれは完全な間違いですよ

共産主義って!平等だと洗脳する社会だと思いますよ

社会主義だと!平等だと叱る事が出来なくなって破綻しましたもんね

資本主義が平等なのか?

(ヾノ・∀・`)ないない

チャンスは平等てな建前はあるけど
実際にはチャンスすら無いですもんね

あるのは搾取する側と!される側だけで!

逆転のチャンスは与えられてるなんて言われてるけど

何処まで逆転できるのか!
その範囲すら決められてるのが
日本的な資本主義の在り方ですもんね
規制や決まりだらけで
資本を持つものを守るのが
日本的な資本主義だと言えますよ

民主主義って平等なのか?

( ̄~ ̄;)ここら辺は一票を投じるから平等なんて言われてるけど

世界各国を見渡せば
選挙の不正が多いみたいで
ミャンマーのクーデターって
鎮火したのか?
みたいな話にもなりますもんね

平等なんて言葉がいわれだして
まだまだ歴史が浅いから
すべての人が納得できる平等に辿り着くまで10000年くらいかかるんじゃないかと思いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マルクス哲学は唯物論で、物事の現象面しかみず、つまり、何事も偶然であるから、偶然によってできた格差を社会的に是正しようという考え方なんだと思います。

それを偶然でなく必然と考えることにより、格差の意味を捉えることがより深い哲学であると思う。

自由主義経済の国でもそれは同じでありましょう。
また、仰るように機会は均等ではないと思います。
それは、大抵の人が強いものにくっつこうとするからです。
そういう根性がなくなれば、もっと面白い世の中になるでしょうね。

お礼日時:2021/04/10 16:41

(1)自由主義社会の原則は、機会の均等は保証し、結果の均等は保障しない(すなわち競争によって、社会を活性化する)。

溢れたひと(生活できなくなった、傷害を持つなど)は、セーフティネットで救う。これだけです。

>賞を与えることは明らかに不平等と言えますが、それに対し不平等であると抗議する人を私は見たことがありません。

競争の結果ですから、平等はありません。

>また、禁止薬物を使用した者がいたり、あるコースだけ98メートルだったなどということが発覚した場合は、これは不平等であるとして猛然たる抗議があります。

機会の均等が失われたら、公正な競争ができないのですから当然です。

(2)自由主義社会なのに、子供を過保護に育て、結果の平等を目指した、愚策です。おとなになって、すぐつぶれる、弱い子供が量産されます。

(3)自分の定義などありません(1)の通り。近代自由主義社会がたどり着いた、答えです。結果平等を説いた、共産主義はほぼ破綻しています。

(4)機会の平等は、自由主義社会の原則です。公正な競争がが担保されているから、みんな頑張るし、負けても納得する。シンプルな話です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

(1)要するにそういうことですね。

(2)全く、仰る通り。

お礼日時:2021/04/04 03:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング