最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

【瀬戸物と陶器の違いを教えて下さい】

A 回答 (5件)

陶器の焼き方の一つが、


瀬戸焼き。
瀬戸焼きの陶器が、
瀬戸物。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2021/03/31 00:51

陶器が本来の呼び方、少し差があるのが磁器。

併せて陶磁器です。これらを焼く窯は各地にあり、焼き物に適する土の産地によって「有田焼」「九谷焼」「備前焼」など名付けられますが、量的に多かった「瀬戸焼き」が代表として、「瀬戸物」と呼ばれます。
    • good
    • 0

「瀬戸物」は土焼き物全般で使えるので、


陶器でも磁気でも「瀬戸物」で通用します。
なので違うわけではなく、陶器の別の呼び方が瀬戸物。

400年来、瀬戸周辺の陶器が茶人などに愛用され、地域が生産も盛んになってて広まり「メジャーブランド産地」になっていくことで定着した呼び方です。

紙をまとめて綴る「ホッチキス」は日本ではそれで通用しますが、本来道具としての名称は「ステープルを打ち込む機械「ステープラー」」です。

マヨネーズもまだまだ日本では「キューピー」で通用するでしょう。

そのように人々が会話で使っていくうちに定着した呼び方です。


なので、土地によっては(中国・九州)「唐津物」とも。
(こちらは消えつつあります)
    • good
    • 1

「瀬戸」(地域)で焼いた陶器が、「瀬戸物」です。


その辺の河原で焼いたら、「土手焼き」になります。
    • good
    • 1

違いをと言うなら【陶器】と【磁器】でしょう

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング