教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

ミャンマーは、もうこのままシリアのように内戦に突入していくのでしょうか?

あのミャンマーが、ここまで混沌に満ちた状況に陥るなんて想像もつきませんでした。民主化以降、国境や産業など次々と世界に向けて門徒を広げつつあって発展の兆しが見えていたのに、いまのミャンマーの軍事政権のやりようは正に悪魔そのものです。中国ですら、ウイグル問題は工作してオブラートに包み隠そうとしているというのに、ミャンマーときたら民間人の一方的殺戮を隠しもせず、無抵抗の人間を虐殺しても開き直って自分たちの行いを国際的に正当化すらしています。とてもまともな思考をしているとは思えません。

このままいれば、いずれは国民も武力行使で反撃に出ることになるでしょう。そうすればいよいよ泥沼化は必至で、果たしてミャンマーはこれまでのように穏やかな状況に戻ることはあり得るのかと思ってしまいます。この時代にあって、なんでミャンマーの軍事政権はあんな旧時代的な時代錯誤な行いができるのでしょうか? あれではアフリカのコンゴやソマリアなどと何も変わりませんよ。スーチーがどうのこうの以前の問題ではないでしょうか?

gooドクター

A 回答 (8件)

はい。

そうなれば国軍と反政府組織の両方に (またはどちらか一方でも) 武器を輸出できて日本経済にとってはよいことです。あと「オブラートに包む」の使い方、間違ってますよ。
    • good
    • 0

ミャンマー国軍には、後ろ盾に中国がついています。

国軍が利権を握る天然ガスがパイプラインで中国に独占的に輸出されています。つまりミャンマー国軍は中国の事実上の傀儡です。つまり中国系の商店・工場の自警団みたいなものです。デモ隊(暴徒)が中国系の商店・工場を襲撃するから鎮圧せざるを得ないという論理。ミャンマーは東南アジア有数の多民族国家で対立構造も複雑です。どうなるか。解決の道筋が見えません。
    • good
    • 1

ミャンマー軍が権力を掌握したので、暫くこのまま安定すると思います。


もともとは軍事政権だったので、元に戻っただけでしょう。
中共ウイグル虐殺とミャンマー死亡者を同列に扱うのは、全体像が見えていない状況ですので、軽々に判断するのは避けた方が宜しいかと思います。

外国があれこれ騒ぐと、逆に混乱に拍車が掛かると思います。
戦争の火種にならない様に、慎重に見守る事が良いかと・・・
ただ、心配なのは米国予算に「★ミャンマー = $135,000,000」が計上されている事です。何に使うのでしょうか。CIA・・・
https://twitter.com/Tomo20309138/status/13415709 …
    • good
    • 0

>ミャンマーは、もうこのままシリアのように内戦に突入していくのでしょうか?



元々、政府は軍事上も行政上も中央近辺しか治世できていませんでした。
ずっと内戦状態だったのです。それが停戦合意で収まっていたというだけです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1 …

ミャンマー国軍は都合の良いところだけ文化大革命の仕組みを取り入れています。国軍とは言ってますが、政治体制そのもので、その勢力の私軍です。

>あのミャンマーが、ここまで混沌に満ちた状況に陥るなんて想像もつきませんでした。

民主化方向に向う途中、軍情報関係のキンニュンが粛清された時点で、軍は利権を放す気が皆無であることは分かっていたことです。実際、軍事、内務、外交は軍が握って手放しませんでした。これらの任命権はずっと軍です。憲法改正には3/4以上の賛成が必要ですが、1/4は無条件に軍人枠なので、何ができるという訳でもなかったのです。選挙の不正を理由にしたクーデターを敢行しましたが、軍内部でも民主派が形成されつつあるので、その牽制を兼ねたタガの絞め直し、国民への恐怖心の植え付け目的なんじゃないかと思います。

中国からすれば、クーデター前の状態でも十分にコントロールできていたので、現状は中露の利権、覇権争い、軍部内の中露派の対立という見方もあるでしょう。

>このままいれば、いずれは国民も武力行使で反撃に出ることになるでしょう。

軍の中から離反する大部隊が出れば、ですね。反政府側も合同する動きはありません。そもそも彼らは民族自決、自宗教の確保が目的ですから。

>この時代にあって、なんでミャンマーの軍事政権はあんな旧時代的な時代錯誤な行いができるのでしょうか?

ここまでというのは滅多にないです。前回は8888じゃなかったですかね。そういうのを除いても、ビルマは1962年以降はGood people, Crazy governmentの国です。

>あれではアフリカのコンゴやソマリアなどと何も変わりませんよ。

軍閥が拮抗していないので、一応はソマリアよりはましです。ただし、膠着状態は長引きます。国境が不安定になれば、インドやバングラディッシュが介入するかもしれません。ミャンマー軍が調子に乗って手出しをすれば、タイ軍と衝突する可能性もあります。

何にせよ西側の干渉は批難決議が精々でしょうから、軍の中の中国派とロシア派がぶつかってくれるよう画策するのが時間的には解決の早道かもしれません。

>スーチーがどうのこうの以前の問題ではないでしょうか?

彼女は人気がありますからね。幽閉する軍にとっても、民主化側にとっても利用価値があるのです。耳触りのよいことには首を突っ込んで発言しますが、かなり的外れな点もあります。民主化側は彼女が殉教者になってもらう方が都合良いとは思いますけど、軍だってそんなことはわかっています。
    • good
    • 0

自国民を殺害するのは、軍隊で無く、自己利益の為に行動力と兵器を持ったマフィアと同じと思う。

軍人の再教育を出来る環境が必要と思う。
武力と法律の保護のないスーチーさんは、今は無力と思う。
    • good
    • 0

>スーチーがどうのこうの以前の問題…


ミャンマー国軍には武器の提供するロシア 海(アンダマン海から南シナ海)に直結の地の利が欲しい中国(南シナ海からインド洋)、常任理事国で国連も手が出せない事態に。
市民と反国軍派が手を組んだ地点で泥沼化が確定する。
当然南シナ海に進出すると インドとの摩擦も生じる。
    • good
    • 1

元々は、軍事政権の国でした、それが民衆の声と近代化での波に流されて、軍部が鳴りを潜めていただけです。



アウン=サン=スーチーが、物事を知らな過ぎるのです。お嬢さん育ちはダメだ!?
政治家の世襲は危険の代表です、民主化で、軍部は黙った時に軍部にナタを振るって、旧体制を解体していれば、こんな問題は起きません。

また、ミャンマーの騒動を様々に拡散していますが・・・日本には関係深い国なのです、昭和の時代には、ビルマと呼ばれて、ミャンマーの軍部が出来たことに無関係ではありません。
太平洋戦争時には、日本の陸軍はたくさんビルマ戦線にいました。
そして、友好的だったビルマの人たちと交流を持ったのです。
有名な映画にこんなのが有ります。
https://www.kurashiru.com/recipes/b23703a3-ba39- …

今の軍事政権は、ビルマの内政である以上どこも何も出来ませんかね、
民衆が立ち上がって民主化を測るしかないです。
    • good
    • 1

ビルマ軍を支援しているのは中国共産党


イランを支援するロシアと似た様な構造
というかもっと悪い
内戦にすらなりません
虐殺です
大虐殺
中国共産党は文化革命で2千万人の同胞をぶち殺した
日本で大阪万博が開かれていた頃の話です
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング