最新閲覧日:

先日、友人に「実は去年の暮れに骨にできた癌(良性)を取る手術をした」
と伝えられ、とても驚きました。
特に命に別状はないそうなのですが、とても心配です。
「良性の癌」といわれるものは、ほんとに問題ないのでしょうか?
ちなみに、そのひとは31歳です。

A 回答 (3件)

「癌」とは一般的に「悪性腫瘍」を示すものであって、良性の場合は「良性腫瘍」と言います。

(どうでもいいことかも知れませんが)

良性のものは、通常、他に転移することなく局所的に細胞の増殖が起こりますが、外科的切除を行うことにより治癒可能で、再発のリスクもかなり低いです。

医師の口から「良性の癌」という言葉が出たのかどうかは分かりませんが、良性であるのであれば、おそらく問題はないでしょう。(100%とは言えませんが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答感謝いたします。
そうですか、安心しました。とりあえずは本人も元気そうですし、
良性・悪性の違いについても知ることができました。
でも、何より健康が一番ですねーー!!

お礼日時:2001/08/29 01:59

 良性の癌は、常に全ての人の身体で生成されています。

遺伝子はちゃんとそれを排除する能力を持っており、それが何らかの理由で排除されなくなった物が悪性癌です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
癌って、いつになったら治るときがくるんでしょうね・・・

お礼日時:2001/08/29 01:55

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「骨腫瘍」
この中で特に「原因と危険因子」「症状」「治療」「予後と転帰」と関連リンク先を参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
単に癌といっても あまりひとごとではないかもしれないので、
(自分の父親・祖父ともに癌で亡くなっています)
これからのためにも 参考にしたいと思います。

お礼日時:2001/08/29 01:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報