コンパック プレサリオ3524JP(2001年夏モデル)をつかってます。
カリカリ、ガ、ガ、ガというような変な音がしてます
パソコン起動時は小さい音です(本体に耳を傾けなければ聞こえないぐらい)
だんだん大きくなりパソコンの前に座っていても聞こえます
ソフトの起動とかのハードディスクのアクセス音ではないみたいです。
カリカリ、ガ、ガ、ガというような変な音はパソコンをなにも手をつけず
そのままの状態です。
サポート電話して異音が出る症状を言い修理にだしました。
修理内容は、異常は確認されませんがハードディスクの交換をしました
という事でした。
さっそく帰ってきたパソコンに電源を入れましたが同じ音が出ます
納得いかなく色々やってみました
スピーカーを本体から外して起動したり、TVケーブル、パラレル、部屋の
冷房止めたり、電源のコンセント別の所にしたりしましたがだめでした。
ですが、突然 音がとまるときがあります、デフラグ等を終了した時の5分~10
分位の間です(その音が出ていない時はファンの音がでかいです)
パソコンそのものは特に、フリーズとかもなく、ハードディスクのエラーも
正常です。

このような音は故障ではなく正常でしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

メーカー製のものも、自作PCでも、HDDの比較的静かなもの(シーク音)と今のように音がするものがあります。


中には、動いている証拠として”この音が出ていないと安心できない”という方もいますよ。(笑
ですから、今のところ問題なく起動・運用できているとのことでしょうから、そのような仕様ということで使用されたらどうかと思います。
私は、結構うるさい音が出るのが好みですが・・。
    • good
    • 0

ハードディスクは結構音がする物ですよ。


特に使っていくとファイルが断片化(ディスク上のいろいろなところにバラバラに記録されてしまうもの。ディスクのあいたところをまた利用するために起こります)が起こっているとシーク音(ヘッドの動く音)がします。
交換後も音がするということですが、ハードディスクをまるまるコピーしたのだったら断片化されたままですので音はするかと思います。

一度断片化を解消するために「デフラグ」をしてみてください。
やり方は参考URLにあります。

参考URL:http://www03.u-page.so-net.ne.jp/kd5/imaizumi/ki …
    • good
    • 0

 何で、そのハードディスクの種類(IDEかSCSI、どちらなのか!?)、メーカーなど 詳しい情報を投稿しないの?


 基本ですよ!! じゃないと正確な回答は誰でも無理!!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴールシーク関数でマクロの実行について

以下のようにマクロを記録しました。

Sub Macro11()
'
' Macro11 Macro
'

'
Range("V30").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W30")
Range("V31:W31").Select
Range("V31").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W31")
Range("V32:W32").Select
Range("V32").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W32")
Range("V33:W33").Select
Range("V33").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W33")
End Sub

v30からv33のセルにはマクロを実行できるのですが、他のセルからは、実行できません。
方法があれば、教えてください。

以下のようにマクロを記録しました。

Sub Macro11()
'
' Macro11 Macro
'

'
Range("V30").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W30")
Range("V31:W31").Select
Range("V31").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W31")
Range("V32:W32").Select
Range("V32").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W32")
Range("V33:W33").Select
Range("V33").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W33")
End Sub

v30からv33のセルにはマクロを実行できる...続きを読む

Aベストアンサー

>この部分を加えればよいのでしょうか。

いいえ、ゴールシークを働かせるためには、数式が必要になります。
ご質問のマクロは、既に数式の上に設定されたものだと推察しています。

どの場所でも構わないのですが、
Range("V31").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W31")

Rang("A1")に数式があれば、その数式に対して、

Goal =「目標値]と[変化するセル]を加えてやればよいのです。

Range("A1").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("W31")'W31も任意

Qコンパック プレサリオ 2295は大容量のHDDを積めるんでしょうか

HDDを乗せ換えたいと思いますが、コンパック プレサリオ2295は大容量のHDDは使えるのでしょうか。
アイオーデータ社の40GのHDDは8・1Gの制限でつかえないらしいのですが
その他のメーカーのHDDで使えるものはないかなと探しております。
バイオスの規制があればしょうがありませんが、Win98ですので交換できそうな感じだと思っております。標準で付いてきたのは遅いです。
このようなパソコンをお持ちで交換したことのある方がいらっしゃいましたら教えてくだい。よろしくお願いします。

コンパック プレサリオ2295
OS:Win98 4.10
CPU:AMD-K6(tm)3D
メモリ:187MB
HDD:6G
IE6

Aベストアンサー

2295のユーザーです、アドバイス出きるほどの知識はありませんが 昨年 Seagateの 20GBと交換して使用してます、↓ の提示版を利用さっれればたくさんの過去記事が在りますし、アドバイスが受けられますよ、
覗かれたら如何でしょうか。

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/~hhhh/cds520/

Qゴールシーク関数で、エラーをとばす

Sub Macro3()
'
' Macro3 Macro
'

'
For i = 118 To 4944
Range("Q" & i).GoalSeek Goal:=450, ChangingCell:=Range("R" & i)
Next
End Sub
上記のマクロを組んでいます。

しかし、450という目標値だと、ちゃんとした数字がはじき出せないものがあり
#VALUE!
という風に、エラー表示されます。

このエラーを飛ばして、ゴールシーク関数を次のセルから始めさせたいのですが、

どのようなマクロを組めばよいかアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

>次のセルから始めさせたいのですが、
On Error
「エラーの時に」
Resume Next
「次から始める」という意味です。

コードの実行部分を以下のように挟んであげればよいと思います。

On Error Resume Next
Range("Q" & i).GoalSeek Goal:=450, ChangingCell:=Range("R" & i)
On Error GoTo 0 'エラーはなしにします、という意味です。
ループの中のほうがよいでしょう。

Qマザーボードとハードディスクを取替えた後旧ハードディスクのソフトはどうやって新しいハードディスクに移すのですか?

今、マザーボードとハードディスクを取替え、windows xpもインストールし、旧ハードディスクの中身をを新しいハードディスクにコピーしたのですが、ソフトが移っていないのです。
フォルダは移っているようですが、今まで使っていたソフトがでてこないのです。この場合どのようにすればよいのでしょうか?
基本的なことが解っていなくてあまりにも無謀なことをやっているとお思いでしょうが、助けてください。

Aベストアンサー

MS-DOSの時代ならフォルダ(ディレクトリ)毎コピーすればソフトが使えていましたが、Windows95になってからはそれは出来なくなりました。理由は『DLL(Dynamic Link Library)』と『レジストリ』が導入されたためです。これはプログラム置き場であるC:\Program Files\~の外にあり、簡単にはコピーできないようになっているためです。うがった見方をすれば、一種のコピープロテクトですね。使用するのにIDやパスワードが必要なソフトが、そう簡単にコピーできては困るでしょ?

※通常のアプリケーションソフトには、「インストーラー」と呼ばれるインストール用のプログラム(名前がSetup.exe等のファイル)が付属していて、CDからハードディスクへのプログラムのコピー、DLLの配置、レジストリへの書き込み、そのPCに合わせた環境設定などを自動的にやってくれます。MS-DOSの時代には、それをユーザーがやっていました。なお、レジストリは、アプリケーションを使う毎に設定が保存されますので、常に書き換えられています。ですからアプリケーションは、起動時にかならずレジストリを読み込んでから起動します。

※ただしネットで配信されているフリーウェアで、レジストリもDLLも使っていないものは、初期設定さえクリアすればフォルダ毎コピーするだけで使えます。

他の回答者さんが書かれているように、面倒でもソフトの正規インストールCDから始めから一つずつインストールして下さい。
また、よく外付けハードディスクに付属しているハードディスクの中身を丸ごと移すユーティリティもありますが、これもお薦めできません。移す環境が同一であれば問題ないのですが、今回の場合マザーボードも変わっていますので、Windowsが使用する各種ドライバもほとんど変わってしまいますので、そのまま使用すると必ず不具合が出てくるでしょう。それにせっかくOSをクリーンインストールしたのですから、以前の「ゴミ」までコピーするのはバカバカしいです。

ついでに私がいつもクリーンインストール時に行なっている作業手順を載せておきます。参考にして下さい。

1.ハードディスク交換前のデータのバックアップ(辞書、お気に入り、メールデータ、ネット上のパスワード等々)

2.各種ドライバ、インストール用CD、アプリケーションのアップデータなどの準備と確認(シリアルナンバー等も忘れずに)

3.増設したボード(SCSI等)の取り外し(グラフィックとLANは、そのままで良い)

4.ハードディスクの交換

5.OSのインストール

6.チップセットやビデオカード用ドライバのインストール

7.増設ボードの取付とドライバのインストール(なければ必要なし)

8.ドライブレターの変更(ハードディスクや光学ドライブのアルファベット番号を元に戻す)

9.ウィルス対策ソフトのインストール(ネットに接続してオンライン登録も)

10.ネットに接続して Windows Update の実行

11.Office系のインストール(Office Updateも忘れずに)

12.お気に入り、辞書登録単語の書き戻し

13.メールソフトのインストールとデータのリストア

14.各種アプリケーションのインストールと環境整備

以上の作業で1日3~4時間費やして、元の状態に戻るのまで2~3日は掛かると思って下さい。また、私の場合、画像や文書データやフリーウェアはもう1台のハードディスクに保存していますので、それについてのバックアップとリストアについては言及していません。これは単にコピーするだけですので。

またもしも、すでに古いハードディスクの中身を「すべて」コピーしてしまったのでしたら、Windows自体がまともに動かない可能性がありますから、OSのクリーンインストールからやり直して下さい。

MS-DOSの時代ならフォルダ(ディレクトリ)毎コピーすればソフトが使えていましたが、Windows95になってからはそれは出来なくなりました。理由は『DLL(Dynamic Link Library)』と『レジストリ』が導入されたためです。これはプログラム置き場であるC:\Program Files\~の外にあり、簡単にはコピーできないようになっているためです。うがった見方をすれば、一種のコピープロテクトですね。使用するのにIDやパスワードが必要なソフトが、そう簡単にコピーできては困るでしょ?

※通常のアプリケーションソフトには...続きを読む

Qゴールシーク関数のマクロが作動しません。

Sub Macro2()
'
' Macro2 Macro
'

'
For i = 4 To 2670

Range("Y" & i).GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("V" & i)
Next

End Sub
上記のマクロなのですが、Yが数式、目標値が440、変化するせるがVです。
ですが、マクロを実行しても作動しません。
なぜでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

次のマクロを実行してみて下さい。
エラーが表示された行を確認して、エラーの原因を特定してください。

Sub CheckMacro()
Dim i As Long
On Error Resume Next
For i = 4 To 2670
Range("Y" & i).GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("V" & i)
If Err.Number <> 0 Then
Range("V" & i) = "何らかのエラーがあります。"
Err.Clear
End If
Next
End Sub

Qハードディスクの「シーク音」とはどんな音ですか?

 メーカー製PC使用者ですが、最近自作PC雑誌を読んでいる者です。
ハードディスクの「シーク音」とはどんな音をいうのか?雑誌に書いてありますが、気になります。
 今 メインで使用しているPCのOSはWindows Vistaで内蔵ハードディスクは以前シーゲイトのシリアルATA(バージョン不明)でしたが、PCが頻繁に再起動かかるので、修理に出したら、HDDの不良により、ウェスタンデジタルのシリアルATA(NCQなし、古いタイプ)の交換になって戻ってきました。
 PC自体の調子は今、特に問題はないのですが、「インターネット
オプション」の履歴の削除などを行ったり、IE7の複数のページを
閉じたりした時にHDDから「カリカリカリ~」と軽いきしむような音が
します。HDDの「シーク音」とはこのような音をいうのでしょうか?
 前のシーゲイトのシリアルATAのときに音が鳴っていたかは記憶しておりません。
 上記とは別に古いPCがありまして、それにはOSはWin XP HDDは日立GSTのUltra ATA(今年の春に購入)が搭載されていますが、
 特にHDDから「カリカリカリ~」という音はしておりません。
 上記のような音はUltra とSerialの違いで起きるのでしょうか?
それとも、HDDメーカーの特性、仕様で起きることなのでしょうか?
 またこのような音は異常ではないのでしょうか?
 よろしくお願いいたします。
 

 メーカー製PC使用者ですが、最近自作PC雑誌を読んでいる者です。
ハードディスクの「シーク音」とはどんな音をいうのか?雑誌に書いてありますが、気になります。
 今 メインで使用しているPCのOSはWindows Vistaで内蔵ハードディスクは以前シーゲイトのシリアルATA(バージョン不明)でしたが、PCが頻繁に再起動かかるので、修理に出したら、HDDの不良により、ウェスタンデジタルのシリアルATA(NCQなし、古いタイプ)の交換になって戻ってきました。
 PC自体の調子は今、特に問題はないのですが、「イン...続きを読む

Aベストアンサー

>「カリカリカリ~」
そうですね、それがシーク音です。

ちなみに下記に異常時の音のサンプルがありますので参考に。

http://www.hitachigst.com/hddt/knowtree.nsf/cffe836ed7c12018862565b000530c74/4b1a62a50f405d0d86256756006e340c?OpenDocument

ちなみに、シーク音の大小はHDD自体の仕様によります。
又、ファイルが断片化していれば、ヘッド移動が多くなりますのでシーク音が大きくなりやすいですね。

尚、日立GSTの場合、Feature Toolを使用すればシーク音を低減出来る場合があります。ただしパフォーマンスは低下しますけど。

http://www.hgst.com/hdd/support/download.htm

http://shattered04.myftp.org/pc_11.html

Qエクセルのマクロでゴールシークの繰り返し

こんにちは。マクロ初心者です。
現在、エクセルのゴールシーク機能を繰り返し使うためにマクロを作っています。
下のプログラムでアクティブセルのゴールシークは行えるようになったのですが、これをアクティブセルが空白になるまで繰り返すことはできますか?
できればiを使わないようにしたいのですが‥
ActiveCell.goalseek Goal:=ActiveCell.Offset(0, -1).Value, ChangingCell:=ActiveCell.Offset(0, -3).Range( _
"A1")
ちなみに違う人が使っていた
Do Until ActiveCell.Previous.Value = ""
を使おうと思ったらパソコンが動かなくなってしまいました‥

基本ができていない為にめちゃくちゃなことをしているのかもしれませんが、どうかアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

シートの構成、
コードの貼り付けの具体的な手順もなしに
原因などわかりません。
エラーの部分は無視します。

ActiveCellは単一のセルを返しますので、
【E2だけを選択】して下方向に連続処理するなら、
下のコード。その部分に対しては答えておきます。
(ま、これも現在のそちらの状況では
動きませんが。)

Dim myRng As Range, r As Range
With ActiveCell
 Set myRng = Range(.Cells(1), .End(xlDown))
End With
For Each r In myRng
 With r
  .GoalSeek _
   Goal:=.Offset(0, -1).Value, _
   ChangingCell:=.Offset(0, -3)
 End With
Next

Qハードディスク容量が、正常に認識されません。

Windows Meの入っていたパソコンのハードディスク40Gを外し80Gを着けて、XPをインストールしようとしたところ、ブートで立ち上がった最初のフォーマット画面で80Gのはずが30Gちょっとしか表示されません。 パソコンが古いせいなのでしょうか?
どうすればいいのかわかりません。
どなたかよきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

そうそう、32GBの壁のMBは32GB以上のHDDを取り付けると認識しません。

HDD、Seagateではないですか??
ジャンパーピンを一番右についてませんか??
一番左に移動しましょう

Qゴールシーク関数のマクロの動作ができないです。

Sub Macro2()
'
' Macro2 Macro
'

'
For i = 4 To 2639
Range("Y4" & i).GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("V4" & i)
Next

End Sub
上記マクロが実行されません。yが計算式、vが変化する値です。
yの計算式が、=D4*112*0.95*0.961-W4*1.08-X4
になります。

理由がわかりません。教えてください。
ちなみに、Y4,V4の値の4をdeleteして行っても同様でした。

Aベストアンサー

>理由がわかりません。
ゴールシークで複数の答えを求めているのか、それとも単独のセルの答えを求めているのか、コードを見る限りは、まったく意味をなしてはいません。

Y4 に数式があるなら、Y4のRangeオフジェクトに対して、このようになりますが、
Range("Y4").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("V4")

V4 の値を変化しても、以下の数式は変化しません。
=D4*112*0.95*0.961-W4*1.08-X4

例えば、このようにましす。
Range("Y4").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("D4")

D4, W4, X4 のいすれかの数値が変更セル(ChangingCell)なります。

ちなみに、ゴールシークは以下のようなコードでも可能なはずです。
最初から、収束しないのが分かる場合は、もう少し、補正する必要があります。

Sub Test2()
Const dbGOAL As Double = 440
Dim i As Long
Dim flg As Boolean
Range("D4,W4,X4").ClearContents
For i = 4 To 500000
 Range("D4").Value = i / 10000
  If Range("Y4").Value > dbGOAL Then
 DoEvents
  flg = True
  Exit For
 End If
Next i
If flg Then
 MsgBox "収束しました。"
Else
 MsgBox "収束しませんでした。", vbExclamation
End If
End Sub

>理由がわかりません。
ゴールシークで複数の答えを求めているのか、それとも単独のセルの答えを求めているのか、コードを見る限りは、まったく意味をなしてはいません。

Y4 に数式があるなら、Y4のRangeオフジェクトに対して、このようになりますが、
Range("Y4").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("V4")

V4 の値を変化しても、以下の数式は変化しません。
=D4*112*0.95*0.961-W4*1.08-X4

例えば、このようにましす。
Range("Y4").GoalSeek Goal:=440, ChangingCell:=Range("D4")

D4, W4, X4 のいす...続きを読む

Qハードディスクエラー後のハードディスク交換

自作PCなのですが、ハードディスクエラーが出て、使用できなくなったためハードディスクの交換作業を行っているのですが、新しいハードディスクが80Gにも関わらず、32Gまでしか認識しません。もう1台別の120Gのハードディスクでも同様の状況です。この状況を改善する方法はないのでしょうか。

Aベストアンサー

マザーボードは何でしょう?
また、HDDはIDE接続でしょうか?

IDEにはいくつかの容量制限があります。
8GBの時点で当初の設計の最大容量に達しました。
この時規格が拡張され32GBまでの容量を認識できるようになりました。
その後32GBの壁が近づいた時点でまた規格が拡張され132GBまで認識できるようになりました。
今の最新の規格では132GBを超える容量も認識できます。

IDEの制限の要因は、
・IDEコントローラチップ
・BIOS
・OS
があります。
IDEコントローラチップが原因で認識していない場合、マザーボードを交換するしか対応策はありません。
BIOSが原因の場合、最新BIOSにすれば認識する場合があります。
OSが原因の場合、OSを変えれば認識するはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報