4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

非科学的な話はたいてい相手にもされませんが、むしろ科学的に解明されてない方が多い事実を知った上で、相手にしないのでしょうか。

 たった500年前ぐらいには地球が全宇宙の中心だと言われたり、地球自体が丸いなど考えられませんでしたからね。

gooドクター

A 回答 (5件)

非科学は証明されてないだけの事象って事でしょ?でも例えば霊現象は非科学的であるけど霊現象って理屈なら理屈として納得しちゃうなら科学的でない事は相手にしないってことも理屈なのだからアリなんじゃないかしら?


世にいう霊能力者は脳内に起こった閃きや恐怖や直感を心霊現象と銘打ってるだけなんだし…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>非科学は証明されてないだけの事象って事でしょ?

そうです。
でもそれを言ったら、昔は地球が宇宙の中心が「常識」なようであったり、
海の果てがあると信じられまさか地球が丸いなんて誰もが思いませんでした。

そこには科学的な理屈よりも何も、まさか地球が丸いなんてのは、発想すらできなかった次元だと思います。例えばその当時に引力・重力の存在が分かったとしても、それでも地球が丸いというのは信じられなかったでしょう。

そんな訳で500年先、1000年先は当然生きて無いのでわかりませんが、
今の常識が爆笑ものになる可能性も十分あるのです。

例えば宇宙は拡大し続け、最終的には縮小し無くなると言われてますが、
もしかしたら、地球と同じように宇宙はスタート地点に繋がって丸くなるかもしれません(笑)※そうすると宇宙の外は何があるのか?って話になりますが。

お礼日時:2021/04/03 09:46

誤解しています。



非科学的な話は、方法が非科学的だから
相手にされないのです。

例えば霊魂です。

何か白いモノを見た。
 ↓
霊魂に違いない。

そこには、他の可能性を検証探究する
といった科学的態度が皆無です。

根拠無く霊魂だと騒ぐだけです。

そもそも霊魂とはなにか、についても
まともな説明はありません。

だから、相手にされないのです。

確かさを積み重ね、地道な努力を
して検証する。

そうした科学的な態度がないので
相手にされないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
霊魂やあの世の存在については1000年、1万年後にはあっさり解明するかもしれません。

あと、目には視えないけど確実にあったであろう「奇跡」とやらも、
確率的に「0%」ではない以上、「100%」ないとは言い切れないものの、
そういう神秘的な現象も、遠い将来解明されるかもしれません。

既に私達は自分たちの「意志」をほぼ瞬時に地球の裏側に住む人達へ伝える手段を得ております。

電話やインターネットです。

これ。
日本の戦国時代や中世期のヨーロッパの人にはとても考えつかなかったハズです。

なので1000年後の世界では、瞬時に何万光年先の知的生命体とやり取りしててもなんら不思議ではありません。

 科学的に解明されてないから、という理屈はその通りなのですが、
一方で科学的に解明されてないことの方がいまだに山ほどあるのが現実です。

例えば人の身体1つとっても、未解明な部分が多いですし、同じストレスでも症状は個人差があったり耐性があったり、まるでなかったり、そこらへんは幾ら解明されてないとはいえ、今を生きる人たちにとっては切実な問題だと思うので、そういう人達が宗教に頼るのはある意味でわかるのです。
※注:私は現時点で無宗教ですし、仮に何かに傾倒してもそれは思い込みのよる解決だと感じてます。

お礼日時:2021/04/03 10:05

その通り。

むしろ科学を勉強すればするほど「実はこれは確かなことじゃなかった」を知っていく。「科学なんて99%は仮説だ」っていう人もいるぐらい。

科学というのは「現段階で一番矛盾なく説明できる理屈」でしかない。ただ、その矛盾の少なさが人類の科学史数千年に渡って積み重ねられたもの。素人がちょっと出してくる理屈など大抵は歴史の中でとっくの昔に否定されているもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですね。

おっしゃる通り、素人の想像なんてとっくの昔に否定されるのは分かる話です。

お礼日時:2021/04/03 09:57

真偽が科学的に解明されていないから相手にされないのではなく、誤りが科学的に証明されているから相手にされない



例:永久機関、地球平面説
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

地球平面説は昔の人ならすんなり受け容れたでしょう。


普通に考えて、たとえ引力・重力の存在がわかってたとしても、まさか球体であると想像するのが困難だったと思います。

飛躍した話。
「宇宙人」の存在も、まるで「地球人」と似たような姿形をしているという
「思い込み」がありますが、「宇宙人」という知的生命体が、実は球体の可能性だって十分ありえるのです(笑)

 そして大きさだって、人間と同じサイズである必要がありません。
それこそ、東京都サイズぐらいの宇宙人が居ても何ら不思議ではありません。
その逆(卵ぐらいの大きさの宇宙人)も然りです。

 日本の戦国時代の人から見れば、500年後の現代日本なんて完全にありえない世界ですからね。

とはいえ、同じ時代に生きている以上、現時点で分かってること以外は、
「幻覚・幻聴」の類として処理されるのでしょうね。

お礼日時:2021/04/03 09:56

現存する科学技術で説明できないからと言って、無視したり、いかさま扱いする方が、むしろ非科学的と言えましょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ええ、私もそう思います。
ただ、わからない=現代の学者の頭でもわからないことなので、一般素人が論じても答えが出ない話題だと思ってます。

例えば1万年後先には、あの世の存在が科学的に証明されたり、宇宙の更に外の世界が証明される可能性もありますが、現代人同士で話しても限界があるのはわかってます。

お礼日時:2021/04/03 09:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング