【初月無料キャンペーン中】gooドクター

最近、日本文と英文が併記されている問題があります。何となく、英語学習
の一環かと思っていましたが、留学生対応もありか? と思いつきました。

50年前は思いも寄らないことなので、実際は、何故このようなことになっ
ているのでしょうか? 教えて下さい。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12290672.html

gooドクター

A 回答 (2件)

これは多分,大学院修士の入試問題ですね。

今は,日本語と英語で作題することが必須になっております。留学生対応です。修士課程の場合は,講義も研究指導も英語だけで実施する大学や専攻もありますから。
 実は学部でも,日本人が50人・留学生が二人の講義を,板書もスピーチも英語で,講義室内では一切日本語を使わないというものもあります。工学部だけじゃなく,教育学部とか理学部とかも混じっている大学もあります。学食に午後1時過ぎの空いた時間に行くと,日本語が聞こえないこともよくあることです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/04/03 20:31

結論から申しますと、そのリンクの質問者さんにお聞きになれば確実だと思います。



ちなみに私は理数系には詳しくないのですが、それは大学レベルの問題なのでしょうか。だとしたら、日本に来る留学生のほか、海外に行く日本人にとっても助かるのではないかと思います。海外にも日本の大学の支部がたくさんありますので。

一方で、高校レベルなのだとしたら、留学生に限らず、親の事情で英語圏から日本に来ている生徒全般のほか、やはり、親の事情で海外に行っている日本人生徒にも使えると思います。

また、50年前でも、すべての学科を英語で学ぶ英語専攻科は日本にありましたし、日本語と英語の両方で教育をするインターナショナルスクールもありましたし、海外にも日本人学校が多数ありました。

確かに、教科書や問題集自体が二カ国語になっていることは、少なくともかつては希でしたが、こうして言語を並列することで、言語だけがバリアという人(つまり、日本語も英語も堪能なのに、日本語の数学用語だけを理解していない子など)に配慮できれば学習効果は上がるはずです。

ちなみに、50年前の日本語の手作り教材は、皆、手書きをガリ版刷りしたものでしたが、今は、教師一人の力でパソコンの活字を使って美しい画像を印刷することも可能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速、ありがとうございます。

お礼日時:2021/04/03 18:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング