グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

こんにちは。

以前から理解に苦しんでいたのですが、ある2点間の抵抗値を測定しようとテスター棒をあてたところテスターの表示は「マイナス23オーム」になりました。テスターのプラスとマイナスを入れ替えると今度は(プラス)23オームになりました。

抵抗値に極性ってあるのでしょうか?

実はこのとき、測定対象物の電源が入っており、電源を落としたところ、ほとんどゼロオームになりました。

電流が流れていると抵抗値がおかしく表示されるようですが、どなたかこのメカニズムを教えてください。

テスターで抵抗値を測定する原理がわかっていれば理解できそうですが、テスターって2点間に定電流を流してその2点間の電圧降下を測定し、定電流値を電圧降下分で割って抵抗値を出すのでしたっけ?

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

テスターと言ってもいろんなタイプがありますが、一番原始的な構成は下記のような感じではないでしょうか?



定電圧源-固定抵抗-被測定素子 が直列に接続され、ここに流れる電流を測定(または固定抵抗の両端電圧を測定)する。

この場合、被測定素子が0オームならば固定抵抗(仮にr)の両端は電源電圧そのままです。が、もし回路が通電しており、被測定素子の両端に電圧が掛かっていたならば、固定抵抗の両端はテスターの電源電圧+(または-)被測定素子の両端電圧となります。

これが測定結果の+23ないし-23という数字に結びついたと考えられます。

こんな解説でご理解頂けますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

やはり定電圧源ですか・・・。

わかりやすいご説明に感謝!です。

お礼日時:2005/02/21 21:18

> ある2点間の抵抗値を測定しようとテスター棒をあてたところテスターの表示は


> 「マイナス23オーム」になりました。
> テスターのプラスとマイナスを入れ替えると今度は(プラス)23オームになりました。
このことから次の事がわかります。
1.デジタルテスターをお使いですね。・・±があるから
2.装置の電源が入ってますね。・・電気屋の常識

> 抵抗値に極性ってあるのでしょうか?
抵抗値には極性がありませんが、ダイオードには極性があります。

> 実はこのとき、測定対象物の電源が入っており、電源を落としたところ、
> ほとんどゼロオームになりました。
この程度ですんでよかったですね。
下手をするとテスターが焼けたり、火を噴いたりします。
測定値がメチャメチャになるのは当然です。
抵抗測定時は装置の電源を切るのは電気屋の鉄則です。

実は抵抗測定に関しては装置の電源をきるだけでは不十分です。
回路で色んな部品がつながっていますからその抵抗の正しい値を示さないのです。
例えば10オームの抵抗を測る時、回路で回りまわってこの抵抗に1オームの抵抗が
並列に入った状態だとすると測定値(合成抵抗)は0.9オームを示し
正しくないのですよね。
本来は装置の電源を切って、抵抗の片方をはずしてから測定するのが正しいやり方です。

> 電流が流れていると抵抗値がおかしく表示されるようですが、
> どなたかこのメカニズムを教えてください。
> テスターで抵抗値を測定する原理がわかっていれば理解できそうですが、
> テスターって2点間に定電流を流してその2点間の電圧降下を測定し、
> 定電流値を電圧降下分で割って抵抗値を出すのでしたっけ?
まとめてお答えします。
お考えになっているような「定電流での電圧降下測定」ではありません。

テスターは原理的に言うと、内部に定電圧源と定抵抗を持っています。
この状態でテスターリードをショートするとメーター(電流計)がフルスケールに振れます。
次に抵抗を接続すると、抵抗値が(定抵抗+被測定抵抗)となって電流計の振れが減ります。

電流計の振れは合成抵抗値に反比例しますから、
電流計の振れ×(定抵抗+被測定抵抗)=フルスケール×定抵抗
(定抵抗+被測定抵抗)=定抵抗×フルスケール/電流計の振れ
被測定抵抗=定抵抗×(フルスケール/電流計の振れ-1)

これでメータに目盛を入れたのがアナログテスターであり、
これを計算してデジタル値で出すのがデジタルテスターです。

装置の電源が入っていると抵抗の両端には何Vかの電圧がかかっています。
この電圧がテスターの内部の定電圧に対して和になったり差になったりするので
メーター(電流計)の読みが狂ってしまい、被測定抵抗の誤差になって表れるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

双対の関係で間違っていたようです(^_^;)

本当にこの程度ですんでよかったです。

お礼日時:2005/02/21 21:16

電流、電圧の測定は、電源を入れなければいけませんが、抵抗の測定のときは、電源をOFFにしないと正常に測定できません。



念のためですが、抵抗を測定するときは、レンジを変えるたびにゼロオーム調整をしなければなりません。
一度あわせて、レンジを変更した後、再び同じレンジにしても、再度調整が必要です。

ダイオードやトランジスタなど極性があるものは、黒いリード棒がプラスになります。(黒から赤のリード棒に電流が流れます。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました!

やはり鉄則ですか・・・(^^ゞ

お礼日時:2005/02/21 21:22

回答は自分自身で出ています。



R=V/I なのでVが変化すると正しく測定できません。
乾電池で測定すればよく判るかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
私の解釈でもそんなに間違っていなかったのですね!

お礼日時:2005/02/21 21:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテスターを使用して直流電圧の測定(マイナス電圧)

職場で分電盤からきている直流電源電圧の測定をしたのですが、
疑問が出ましたのでご存知の方教えてください。

1.デジタルテスターの計り方について
直流のプラス電圧を計る時の仕組み?を自分なりに解釈してみたので、
間違っていたらご指摘ください。

例として乾電池の測定の場合
テスターの赤色のリード棒を乾電池のプラス側へ、黒色のリード棒を乾電池のマイナス側へ接続した場合。
黒色(マイナス)側の電圧を基準として、そこから赤色(プラス)側の電圧が1.5V 高いので
+1.5Vの表記になる。

逆に、テスターの赤色のリード棒を乾電池のマイナス側へ、黒色のリード棒を乾電池のプラス側へ接続した場合。
黒色(プラス)側の電圧を基準とするため、そこから赤色(マイナス側)の電圧は1.5V低いので-1.5Vの表記になる。


ここまでは問題ありませんでしょうか?

2.マイナス電圧の場合
上記1.のような考えを持っていて、職場の分電盤の直流電圧を測定したところ、よく分からなくなってしまいました。

まず、分電盤からきている電圧は-47Vが正解とのことです。(電話関連の仕事)
マイナスの電圧なので、分電盤のコネクタの青色のケーブル側に電圧がかかっています。
(赤×青、赤×緑(GND)、青×緑(GND)と色々計って、青側に電圧かかってるの確認しました)

赤色のリード棒を分電盤のコネクタ(赤色のケーブル、つまりプラス側)へ、
黒色のリード棒を分電盤のコネクタ(青色のケーブル、つまりマイナス側)へ接続しました。


上記1.の考えだと、黒色のリード棒側(47Vの電圧かかっている方)を基準とするため、
そこから赤色(プラス側)の電圧は47V低いので、-47Vの表記となる、

と思っていたのですが、結果は+47Vの表記でした。
リード棒を逆に繋げれば、もちろん-47Vの表記となりますが、いまいち1.の考えと変わってしまうので理解できません。。。そもそもの考え方が違うのでしょうか。


かなり曖昧な知識しか持ち合わせていない為、根本的に勘違いしているかもしれません。
申し訳ありませんが、ご指摘などお待ちしております。

職場で分電盤からきている直流電源電圧の測定をしたのですが、
疑問が出ましたのでご存知の方教えてください。

1.デジタルテスターの計り方について
直流のプラス電圧を計る時の仕組み?を自分なりに解釈してみたので、
間違っていたらご指摘ください。

例として乾電池の測定の場合
テスターの赤色のリード棒を乾電池のプラス側へ、黒色のリード棒を乾電池のマイナス側へ接続した場合。
黒色(マイナス)側の電圧を基準として、そこから赤色(プラス)側の電圧が1.5V 高いので
+1.5Vの表記になる。

逆に、...続きを読む

Aベストアンサー

支離滅裂になっていますね

質問のケースでは(電話交換機等の電源は) +側を接地しています(ここまでは判りますよね)

ですから 接地を基準にするのです、テスタで測る場合は、テスタの-(質問者の言う黒色リード棒)を接地極に当てます
+側を電源線に当てます、そうすれば(ディジタルテスタならば)マイナス電圧で表示されます

テスタで測るのは赤リードと黒リード間の電圧です、赤リードの電位が高ければ +  黒リードの電圧が高ければ - で表示されます


>赤色のリード棒を分電盤のコネクタ(赤色のケーブル、つまりプラス側)へ、
>黒色のリード棒を分電盤のコネクタ(青色のケーブル、つまりマイナス側)へ接続しました。

これでは +電圧で表示されます(電圧を測るにはまっとうな方法です、ただ その値を記録するとき 接地基準なのか負極基準なのかを明示しなければならないだけ)

質問者が行なうのは 黒リードを接地極 赤リードを 電源線/極に接続することです

これを称して 左から見れば 真ん中も右

Qデジタルテスターによる抵抗測定

教えて下さい。
デジタルテスターで抵抗測定時に抵抗値が無限大の時に
テスターの表示は「O.L」となりますがこの「O.L」は
何の略なんでしょうか?オーバーレンジだと「OVER RANGE」なので
「O.R」となると思います。
またテスターの表示が「O.L」と表示された時
人に伝える場合は「抵抗値が○○」でしたと、「○○」の部分は
なんと言えばいいのでしょうか。
「オープン」では間違いですか?
正確な知識のある方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手元にあるデジタルテスタの取扱説明書によれば、
レンジを超えた入力の場合には、“OL”(over road)が表示されます。・・と書かれています。(日置電機製)
このメーカーの場合はオーバーロードの略のようです。
社内に他社の測定器がなので、比較は出来ませんでした。
報告する場合は、「抵抗値がレンジをオーバーしたので、測定できませんでした」と伝えればよいと思います。
蛇足ですが、絶縁物の“抵抗値”を測定する場合には、テスタでは計れないと思いますし、用途が違うと思います。
絶縁物は「絶縁抵抗計」という計器があり、直流の250V~1000V程度の電圧を印加して20MΩから2000MΩの値を計測します。この場合でも目盛りの最大値、例えば500Vでは100MΩを超えた場合でも、無限大とは表現せず、100MΩ以上と表現します。
テスタで計れる抵抗値は、部品としての「抵抗」を測定するのであって、絶縁抵抗を計るのは本筋ではありません。概略の大きさ程度は目安として判断できますが、用途によって使い分けないと正確な値が得られません。(すでにご存知でしたら失礼をお詫びします)

手元にあるデジタルテスタの取扱説明書によれば、
レンジを超えた入力の場合には、“OL”(over road)が表示されます。・・と書かれています。(日置電機製)
このメーカーの場合はオーバーロードの略のようです。
社内に他社の測定器がなので、比較は出来ませんでした。
報告する場合は、「抵抗値がレンジをオーバーしたので、測定できませんでした」と伝えればよいと思います。
蛇足ですが、絶縁物の“抵抗値”を測定する場合には、テスタでは計れないと思いますし、用途が違うと思います。
絶縁物は「絶縁...続きを読む

Qマイナスの電圧ってどういう事でしょうか?

申し訳ありません。
基礎中の基礎かもしれませんが、忘れているのか、悩んでます。
まず電流や電圧にマイナスなんてものはあるのでしょうか?-500Vとか-500Aとか・・・
これはどういう事を示しているのでしょうか?

事の発端は、あるメーカの電位治療器というものを見たのです。
-500Vの直流電源によってマイナスの電界を作り、その中に人間が入る事によって治療を行なう。(つまりマイナスイオン化する?)
マイナスの電圧?それによってマイナスの電界?
どういう事なんでしょう?
それにマイナスの電界が発生するとなんで治療になるんだ?
と疑問が山積みです・・・

せめてマイナス電圧だけでもいいので教えていただけませんか?

Aベストアンサー

電圧 という意味なら押す方向が逆になってるだけ。(電池が逆)

言っているのはマイナスの電荷では?(マイナス電子の集合)

Qテスターについてわかるかたいませんか???

初歩的な質問ですみません。。
電圧や電流、抵抗など計測するテスターなんですが、どのような動作原理で計測しているのでしょうか?抵抗など測定する際は微小な電流をながしていると聞きましたが、どの程度流れているのでしょうか?又、その時の電圧はいくつくらい印加しているのでしょうか?どなたかわかる方いらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

アナログのテスタかデジタルのテスタかで若干異なります。

アナログのテスタ(一部の電子テスタを除く)では高感度の電流計がベースになっています。
電圧測定時には、電流計に直列に高抵抗を入れて、流れる電流を測定しています。電流測定は、分流器で回路電流の一部をメータに流すような構成になっています。
抵抗測定時も、ある電圧を加えて、そのときに流れる電流を測定しています。加える電圧は、1.5から3Vくらいのものが多いようです。(以前は、高抵抗測定用に22.5Vとか45Vの電池を使うものもありました。)

デジタルテスタ(と一部のアナログテスタ)は電圧計が基本になっています。
電圧測定時には、分圧器で適度に下げた電圧を、電流測定時にはシャント抵抗に発生する電圧を測定します。
抵抗測定では、一定電流を被測定抵抗に流し、両端の発生電圧を見てます。流す電流は、フルスケール時に電圧計最低レンジ程度の電圧(大抵は200mV)になるように選ばれているようです。

抵抗測定では、アナログテスタとデジタルテスタ(と一部のアナログテスタ)で測定方法が異なるため、端子の発生電圧の極性が異なります。

アナログのテスタかデジタルのテスタかで若干異なります。

アナログのテスタ(一部の電子テスタを除く)では高感度の電流計がベースになっています。
電圧測定時には、電流計に直列に高抵抗を入れて、流れる電流を測定しています。電流測定は、分流器で回路電流の一部をメータに流すような構成になっています。
抵抗測定時も、ある電圧を加えて、そのときに流れる電流を測定しています。加える電圧は、1.5から3Vくらいのものが多いようです。(以前は、高抵抗測定用に22.5Vとか45Vの電池を使うもの...続きを読む

Qテスターの使い方がよく分かりません

パソコンのACアダプターが断線していないか調べるために

デジタルのテスターを購入したのですが使い方がいまいちわかりません、

電池のプラスとマイナスにあてたのですが、いまいち反応が分かりませんでした。

もしご存知でしたら、簡単な使い方の事例と分かりやすいWEBサイトなどありましたら
教えてくださいよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

小学四年生からテスター(回路計)を使い始めて50年以上の者ですが、テスター初心者はアナログテスターでテスターの基本を覚えてからのほうがデジタルマルチメーター(デジタルテスター)を理解しやすいと思います。

そもそも、購入したテスターにも簡単な取説が添付されてたと思いますが、その取説すら理解出来ないとなると、簡単な使い方事例でも理解するのは難しいかも知れませんね?

なお、如何なるテスターも「測定レンジ切り換え」があります。
デジタルテスターなら、抵抗(Ω)レンジと直流電圧(DC・V)レンジ及び交流電圧(AC・V)レンジがあるはずです。

ですから、電池の電圧を測る場合は直流電圧測定レンジに切り換えて、電池のプラス側に赤のテスト棒、マイナス側に黒のテスト棒を当てると電池の直流電圧がデジタル表示されますが、オートレンジ機能のないデジタルテスターでは直流電圧レンジ切り換えも必要になります。

ちなみに、ACアダプターの断線を判断するにはアダプター出力に直流電圧が来てるかを確認する方法とACアダプターをコンセントに差し込まない状態でテスターの抵抗レンジまたは導通レンジでACアダプター・ケーブル線の電気抵抗を確認するか導通の有無を確認する方法がありますが、実際に正常なACアダプターで行ってみないと理解出来ないと思います。

http://as76.net/asn/tester.php
【テスターの基本的な使い方】
↑これが参考になるか分かりませんけど電池のプラスとマイナスにリード棒を当てても反応がいまいち分からないようでは、これすら難しいかも知れないですね?

従って、身近にテスターを使える人がいたら実践を交えて直接教えてもらったほうが「百聞は一見に如かず」で理解出来るはずです。

こんにちは。

小学四年生からテスター(回路計)を使い始めて50年以上の者ですが、テスター初心者はアナログテスターでテスターの基本を覚えてからのほうがデジタルマルチメーター(デジタルテスター)を理解しやすいと思います。

そもそも、購入したテスターにも簡単な取説が添付されてたと思いますが、その取説すら理解出来ないとなると、簡単な使い方事例でも理解するのは難しいかも知れませんね?

なお、如何なるテスターも「測定レンジ切り換え」があります。
デジタルテスターなら、抵抗(Ω)レンジと直...続きを読む

Qテスターでダイオードの方向を測定

テスターでダイオードの方向を測定の仕方が分かりません。私が持っているテスターはダイオードのマークが付いているので、ダイオードの何かを図れる事は確かなのですが・・・。

何もしない状態では約1.3くらいの値が表示され、ダイオードの両端を測定すると、下がったり下がらなかったりします。これは何を意味しているのかが良く分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
テスターのダイオードレンジは、ダイオードの簡易チェックの為の物で、ダイオードがショートや断線していないか、程度のチェックしかできません。

テストピンの極性と同じ極性の電流が流れるようになってて、ダイオードのチェックには両方向をチェックする必要があります。

ダイオードマークの向き、もしくはテストピンの+をアノードにする方向では、順方向電圧に近い数字が表示されます。(シリコンダイオードで0.6~0.7V程度)
反対にすると、全く電流が流れない(無限大表示)が正常ですが、整流用の大容量の物だと、メータの感度が高い場合は少し振れる事もあります。

両方とも流れてしまう場合はショート、両方とも流れない場合は断線で、どちらも故障してる物です。
ショートの場合、順方向電圧(らしき数字)も出ない場合が多いようです。

Qメガーの測定原理を図解付きで教えてください。

はじめまして、絶縁抵抗測定器の原理について教えて欲しいのですが、図解付きで説明してくださいませんか?

設備の絶縁不良箇所を特定するのに使っているのですが、測定原理を詳しく理解していないもので恥ずかしながらお願い致します。

お手数ですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

原理は単純に、指定の直流電圧(100Vとか500Vとか1000Vとか)をかけて電流を測り、抵抗値(=電圧/電流)として表示するというものです。
テスタの抵抗測定と違うのは、かける電圧が高い(テスタは数V程度)という点です。

昔は手回しの直流発電機が内蔵されていてそれで高い電圧を発生させていたようですが、現在普通に用いられる電池式の絶縁抵抗計では、電池の電圧をDC-DCコンバータ回路で昇圧して高い直流電圧を得ています。

日本財団図書館の事業成果物(財団から助成を受けた事業の成果)から
・初級講習用指導書(電気機器編)3・13・5 抵抗の測定(2)絶縁抵抗測定
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/00395/contents/069.htm
には、回路例の図が載っています。

メーカーのHIOKIが出している日置技報
http://hioki.jp/report/index.html
の、
・高電圧絶縁抵抗計 3455
・ディジタルメグオームハイテスタ 3454
(それぞれpdfファイル)あたりも参考になるかと。
絶縁不良のときに大電流が流れないよう、電流を一定値で制限する(電圧を下げる)ような回路も、実際の絶縁抵抗計では使われています。

原理は単純に、指定の直流電圧(100Vとか500Vとか1000Vとか)をかけて電流を測り、抵抗値(=電圧/電流)として表示するというものです。
テスタの抵抗測定と違うのは、かける電圧が高い(テスタは数V程度)という点です。

昔は手回しの直流発電機が内蔵されていてそれで高い電圧を発生させていたようですが、現在普通に用いられる電池式の絶縁抵抗計では、電池の電圧をDC-DCコンバータ回路で昇圧して高い直流電圧を得ています。

日本財団図書館の事業成果物(財団から助成を受けた事業の成果)から
・初級...続きを読む

Q電気回路のGNDとマイナスについて

工学部の3年生です、恥ずかしくて今更誰にも聞けないのでここで教えてください。

実験等で使用する直流電源のGNDとマイナスが(下図のように)繋がってるのはなんでなのでしょうか?

+  -  GND
○  ○=○

そもそもGNDとマイナスの違いがよくわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

GNDは文字通り大地です。
GNDは必ず必要ではありません、ただし弱電機器等では非常に雑音を拾いやすくなります。
極〃一般的には電源のマイナス側をアース(GND)して、0Vとするケースが多いが、例として電源を抵抗等で分割して5Vの電位をアース(GND)すれば、電源のマイナス端子はー5Vになります。
一般に+端子に対して-(端子)と表現され、-端子に対する+端子の電位差を電圧と言っています(+端子に対する-端子の電位差は-〇Vです)。
乱暴な表現ですが、各パーツが+から供給された電気をどこに落とすか(各パーツ共通の電位へ)がGNDです、さらにそれを大地に接地すれば文字通りのGNDです。

Q物理 負の電流 -電流 について

負の電流について教えて下さい。
負の電流と負の電圧がセットだと言うことは
わかりました。

電位差の高いほうから低い方に電流が流れる。
これが電圧なので、
5V→0
-5V←0
と流れる向きが逆になると思います。

負の電流は、-極から+極に流れるという理解で良いでしょうか?

インターネットで調べると、電流は必ず+極から-極へ
流れると説明があるので疑問に思いました。

負の電流では、
電子が+から-に移動していると説明がありました。
陽子が-から+に移動している場合も同様に負の電流
となるのでしょうか?


以上、ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.9です。
>電圧が0なら電流は0という解釈は正しいのではないでしょうか?
>電流が左向きに流れるのはどうしてですか?

 電流と電圧は区別しましょう。

 電流とは電荷の移動です。(電子やイオンや荷電粒子が電荷を担いますが、それとも区別しましょう。)
 電圧とは、2点間の電位差です。

 回路の導体のある点の断面を考えた場合、その断面を電荷が移動すると電流が流れたと言う事です。
_________
 電荷←|←電荷
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 また、次のような回路を考えてみてください。
      D
┌─電池─●─抵抗─┐
└───┤ ├───●C
    A  B
 A-B間には電流は流れませんが電位差(電圧)はあります。この間を導体で接続すると、AB間には電流が流れますが、AB間の電位差はなくなります。
(理想回路--ここでその導体にも抵抗があるからなどを考えるのは間違い)

 ここで、BからAに電流が流れる場合を[正]と決めておくと、逆方向の1A電流が観察されたとすると、その電流の値は-1Aになります。
 このとき抵抗の両端に電圧が発生します。その電圧が10Vであれば、抵抗両端の電位差は R=E/I より、10Ωが分かります。

[回路]
      D →(-1A)
┌─電池─●─抵抗─┐
└───┤◎├───●C
    A  B      ◎は電流計
     ←(-1A)
 上記の場合、【仮に】点Cを基点に右回りに考えるとします。(点Cに右から入る電流を+とする)
 AB間に電流計を入れて計測すると-1Aの電流が観察されました。途中で分岐はありませんから、抵抗にも同じ値の電流が流れていますから、C点を基準(0V)に電圧を測るとD点は-10Vです。
 回路を一周すると電圧はゼロでなければなりませんから、DA間は+10Vになります。

 よって、電池の左がプラス、右がマイナスになります。

 このように考えることが出来るようにならないと、ホイストーンブリッジなどややこしい回路になると計算が出来なくなります。

 これは、
 +  - D ←(+1A)
┌─電池─●─抵抗─┐
└───┤◎├───●C
    A  B      ◎は電流計
     →(+1A)
と全く同じ事を言っていることが分かります。

No.9です。
>電圧が0なら電流は0という解釈は正しいのではないでしょうか?
>電流が左向きに流れるのはどうしてですか?

 電流と電圧は区別しましょう。

 電流とは電荷の移動です。(電子やイオンや荷電粒子が電荷を担いますが、それとも区別しましょう。)
 電圧とは、2点間の電位差です。

 回路の導体のある点の断面を考えた場合、その断面を電荷が移動すると電流が流れたと言う事です。
_________
 電荷←|←電荷
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 また、次のような回路を考えてみてください。
     ...続きを読む

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング