教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

大学に行く意味や、自分のやりたいことはどのように見つければいいのでしょうか?

私は、大学に行きたいとは思いますが、その先やりたいことや夢がなく、強い気持ちで受験勉強を始められていません。

2年生のとき、実際に志望理由書を書き、校長先生と面談をするという機会がありました。
その時、真剣になぜ大学に行きたいのか、自分は社会にどう役に立つのか、今の自分に何ができて、これから何が必要なのか、具体的に考え、文章にするよう指示されました。
しかし、考えれば考える程、自分は何がしたいのかが分からなくなってきて、志望理由書も面談も抽象的なその場しのぎのものになってしまいました。

それからずっと、かなり前から目標にしていた大学に対しても、本当に行きたいのかという疑問を持つようになり、それでも手遅れになる前に勉強をしようと思っても、身が入らずにいます。

大学に行く意味や、自分のやりたいことはどのように見つければいいのでしょうか?

長文、乱文、失礼します。

gooドクター

A 回答 (9件)

私もやりたいことがなかなか見つからなかったです。

なので、高校も親が行けと言うから....と言う感じで一応進学しましたがしたいことがないのに勉強する意味が分からず中退しました。
それからは気になる仕事を片っ端からして、気になる仕事に学歴が必要になったから大検取って資格取って....ってしました!今はつきたい仕事についてますし、まだ気になる仕事があるのでその仕事に有利な資格の勉強してます。資格が取れたらタイミングを見て転職する予定です!
大学に行ける環境があるなら行って損はありませんし、行く意味がみつからないなら見つかってから大学に行くのもいいと思います。
    • good
    • 1

知の知。


大学に進学して、自らの価値規準、価値観を確立しましょう。
良書を沢山読んで、思索し、議論し、
良識、常識を批判的に勉強をしましょう。
大学では、好きな分野を自由に勉強ができます。
論理的思考、論理的推論で本物の勉強ができます。
しっかりと勉強すれば、卒業するころには、
今とは異なる世界、風景が見えてくるはず。
高校までの勉強は、教科書の記載事項を無批判に受け入れる勉強。
    • good
    • 1

一番単純なのはどんな仕事があるのか見てみるということではないでしょうか?


最近ではネットなどを見ればいくらでも出てきます
https://www.youtube.com/playlist?list=PLnkoIsxsd …
    • good
    • 1

やりたいことが分からないのなら、親元を離れて自分が何の仕事をして収入を得て、自分自身の力で生活しているのかイメージしてみよう。


漠然と、会社員なのか、公務員なのか、自衛官なのか、教師なのか、スーパーのレジ打ちなのか、会社の経理なのか営業なのか、弁当屋なのかケーキ屋なのか、弁護士なのか、医者なのか、引き篭もって親が死ぬまで親の世話になるのか・・・。いろいろあるだろう。

あるいは、上記のどれかにはなりたくない。ということもあるかもしれない。

それがイメージできたら、その職に就くために、あるいはそんな職はいやだと思えば、大学に行く必要があるのかどうか、何となくでも見えてくるだろう。

現実問題として、多くの人は、やりたいことがわからないので、多くの友人も大学に行くから大学に行っているだけだ。

私の知り合いには、有名進学校だったが、音楽がやりたいと大学に行かずにジャズ系の音楽学校に行った人もいた。しかし、高校生時代にそれほど明確に人生の進路を決められる人は滅多にいない。あなたの周囲にも少ないだろう。特に進学校というのは、卒業後にすぐ職に就くのではなく、大学進学自体が目的になっているので、なおさらだ。
進学校であれば、親が望む職業を含めて自分で、やる仕事を決めて目標にしなければならない。

つまり、どう転んでも「自分がやりたい仕事」を見出すか、「自分がやれそうな仕事」を選択することになる。
どちらに転ぶかは、あなたの気持ちや精進次第だ。
    • good
    • 1

大学って保険! 行かないと損をするかもしれません。

でも行ったからといって何か役立つとも限らない。大学にいたことがよかったかどうでもいいことだったかは,年金生活をするころにわかります。もしいま,就職してその企業のために大きなことをして,その会社の業績を上げる意欲と意志があるなら就職したらよろしい。そうでないなら,大学でじっくり何が自分はできて,何ができないか,どういう職があるのかを調べたらいい。大学自体は就職予備校だから何も支援しませんが,時間だけはあります。企業調査をして,自分が学んでいることが使える業界なら,果たしてどういう仕事をするのか,自分は何が得意で,どういう意欲で売れば会社は採用してくれて,その会社の業績をどうやったらあげられるかという構想を持てるか,ということを4年あるいは修士までの6年で考えて,就職すれば,もしかしたら大学に行ってよかったなぁということがあるかもしれない。
 大学は保険。少なくともたどることができる道の種類と数は増える。
    • good
    • 1

40になったって50になったって、やりたいことが見つからない人間はたくさんいる。


それでも生活していくのが人間というものなのだろう。

でも、見つかる確率は高い。
「どうやって見つかるのでしょうか」ではなく
「どうやって見つけるのでしょうか」と問うているからだ。
たった一文字の違いだが、心構えに天と地の差がある。

いろいろなものに積極的に触れいろいろなものに積極的に取り組んで、経験を増やすことだ。
その中に一つくらい「これいいな」と思うものがある。
それが突破口だ。

座して待っていては夢はあさってを通り過ぎてゆくだけだ。
だから「見つかる」のを待つのでなく「見つけ」に行かなければならないのである。

健闘を
    • good
    • 1

何かを学びたいから大学に行くのでは?


奨学金という借金を返済しながら、働いても、そうとういい会社じゃないとお金たまらないし、結婚子育て中も返済となると大変ですよ

勉強の中にあなたが興味わくものがないだけでは?色んなバイトしてみて感じてみるのもいいかも
    • good
    • 1

大学に行く意味や、


 ↑
これはね、大学を卒業して社会人になると
判ります。
歳喰うと、もっと良く判ります。

・収入が違うのは当然ですが
 社会の評価がまるで違います。

・人生に対する態度が違ってきます。
・自分の人生を自分で切り開き
 人生を楽しむ能力を得ることが
 出来ます。
 



自分のやりたいことはどのように
見つければいいのでしょうか?
  ↑
色々勉強し経験するしかありませんが。


○「好き」を仕事にしても天職は見つからない 
実際にやってもみないで、ああだこうだと
考えても、有意義とは思えません。

実際にやってみて、それを誠実に
とことん頑張ることです。
そうすればそれがやりたい仕事に
なります。

極めれば天職になります。

米ジョージタウン大学准教授のカル・ニューポート准教授は、
自分の仕事を「天職」だと考えている人たちの調査を行い、
その報告のなかで、こう述べています。

天職に就くことができた人の大半は、事前に『人生の目的』を
決めていなかった。

天職は「なんとなくやったら楽しくなってきた」から見つかるのであって
心理学では「グロウス・パッション」と呼ばれる。

「グロウス」は「成長」、「パッション」は「情熱」だ。
つまり「情熱とは、何かをやっているうちに生まれてくるもの」
なのだ」

「好きを仕事に!」や「情熱を持てる仕事を探せ」は、
間違いである。

それでも皆が有効だと信じているのは幻想に惑わされているからに
過ぎないのである。
    • good
    • 1

大学へ、やりたいことを見つけに行くといいですよ。


つまらない科目しかない高校までと違って大学は
自分に知的好奇心さえあればあらゆる将来の可能性に触れることのできる場ですので。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング