AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

49歳の主人が人間ドッグで胆石があるといわれたので再検査をしました。そしたら、石ではなく砂だといわれ、しかも、胆嚢の壁が厚くなっているとの診断でした。それが悪性のものかどうかは手術をしなければ分からないと言うことでしたが、胆嚢の壁が厚くなると言うのはどんな原因、または病名が考えられるのでしょうか。手術をせずそのまま様子を見てもいいものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

回答が出そろっているところに割り込むようで申し訳ありません。


胆嚢は琵琶くらいの大きさの臓器で胆嚢管というとても細い管で総胆管につながっているため内視鏡はありません。また仮にあったとしても胆汁という濃い緑色をした液が充満しているので表面の観察は無理でしょう。
胆嚢を直接穿刺して造影する検査もありますがERCPよりリスクもあってまた得られる情報も大差ありません。
結局のところ現在の技術で手術しないで胆嚢の壁の肥厚が良性か悪性かを100%診断できる方法はありません。
ERCPをなされるのは総胆管に石が落っこちていないかを確認するためと、総胆管または膵臓の病変が胆嚢に及んで胆嚢壁を肥厚させていないかを確認するためでしょう。
手術は先の回答にもあるように腹腔鏡下胆嚢摘出術(通称ラパコレ)を考えておられるようです。この際遺残した結石がないかを確認するため切除した胆嚢管の断端からチューブを入れて総胆管を造影することをよくやるのですがその検査のことを言われた可能性もあります。
胆嚢を摘出した後は病理の先生に顕微鏡で見ていただき良性であれば一安心、となり1週間後傷がふさがったのを確認して退院となるでしょう。
病理の結果が思わしくない場合、追加の手術ということもまれにありますが今はそこまで心配してもしょうがないとおもいます。
比較的安全とされる手術ですし主治医の先生が奨めるのであればやっても良いのでは?とおもいます。
主治医の先生とよくご相談なさってください。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

くわしいご回答ありがとうございます。これで主治医の先生が手術をするといいながらも造影検査もするといわれたわけが分かったような気がします。心配性で納得行くまで聞かないと落ち着かない性格なもので、つい質問がしつこくなってしまいます。ご回答くださった他のみなさまにもお礼申し上げます。
 ついでながらもう1点ご意見をお聞かせください。
 検査をしたところは総合病院ではありますが小さな病院なので、もし再手術となったときのことを考えると設備や人員の行き届いた大学病院に変えた方がいいのではと考えます。その場合、今この段階で転院した方がよいでしょうか。それとも病理検査の結果を待ってからがいいのでしょうか。

お礼日時:2001/08/24 16:27

悪性のものばかりでなく、胆のう炎などの疾患でも胆のう壁が厚くなることが知られていますよ。

    • good
    • 5

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答。
※教えて!goo内での回答は終了致しました。
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

お礼の文章を拝見させていただきました。


ラパコレは担当する医師の技量が大きく関係する手技なので大きな病院だから安心というものでもないとおもいます。
小さな病院でも症例を数多くこなされている上手な先生がたくさんおられます。ご心配でしたら主治医の先生にこれまでどのくらいの数の執刀をなされたか聞いてみてはいかがでしょう。
自信のある先生でしたら100例までは数えていましたが・・・といった回答になると思います。
頻度的には悪性である確率の方がずっと低いわけですから病理の結果がでてから次のことを考えられてもいいとおもいますよ。
付け足しでした。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

 ありがとうございました。今の病院で手術をしようと思います。

 失礼ながら他の質問者に回答されているfutukayoiさんのアドバイスも読ませていただいたのですが、本当に的確でわかりやすく頼もしく拝見させてさせていただきました。これからもアドバイスよろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/25 08:00

MiJunです。


>内視鏡による造影検査をすることになるかも
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「内視鏡的逆行性膵胆管造影」
この中で特に「検査方法」「検査に伴う危険」「検査を行う理由」「異常値の意味」と関連リンク先を参考にしてください。

「手術」に関しては、
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(胆のう摘除術)
この中では特に「説明」と関連リンク先を参考にしてください。

http://www.keiju.co.jp/lapachol.htm
(内視鏡下外科手術)
全ての例が内視鏡手術の適応ではないようですが、主治医から良く説明を受けられることをお勧めします。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 8
この回答へのお礼

とてもくわしい説明がされているサイトを紹介していただき手術の方法については理解できましたが、また新たな疑問もわいてきました。
 内視鏡的逆行性膵胆管造影は、胆管に異常があるかどうかを検査するための方法のように思われますが、夫のように胆嚢壁に異常がある場合もその検査で何かわかることがあるのでしょうか。胆嚢自体に内視鏡を入れる検査があるのかどうかが分かりませんでした。
 

お礼日時:2001/08/24 13:32

内視鏡の造影検査というのは、十二指腸の乳頭部という胆汁の十二指腸への出口のところから、細いチューブを通して造影剤を入れ胆管を造影する検査のことだと思います。



開腹手術で一週間の入院期間というのは難しいと思います。おそらく腹腔鏡による手術を考えておられるのでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 ありがとうございます。胆嚢を調べるときに胆管造影で異常が分かるのかどうか教えてください。
 また、腹腔鏡によりもし悪性と分かれば開腹手術となると思うのですが、胆嚢はなくてもいい臓器と聞いたことがあるので、後々悪性化することを心配するよりは全摘したほうがよいのではとも考えますが、いかがでしょうか。ご意見をお聞かせください。

お礼日時:2001/08/24 13:39

胆嚢壁が肥厚する疾患や状態には、急性胆嚢炎、慢性胆嚢炎、肝炎や肝硬変、腹水の貯留、胆嚢癌、胆嚢の腺筋腫症(アデノミオマトーシス)などがあります。


その他にも、食後で胆嚢が縮んでいる場合は壁が厚くなります。
これらの中で、急性慢性の胆嚢炎では胆砂を認めることがありますが、腺筋腫症ではほとんど認めません。
胆嚢癌の場合は、胆嚢壁の厚さが不均一になり、形も変形したりします。
悪性が疑われる所見である場合は、積極的にCT、MRI、造影検査などを施行していくことになりますし、これによってかなりの鑑別が可能だと思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
 CT検査をしたのですが、悪性かどうか分からないので手術を進められたと言うことで1週間ぐらいの入院だそうです。開腹手術の場合1週間ほどでできるものですか。
 また、内視鏡による造影検査をすることになるかも分からないと言うことでした。それは、どんな検査なのですか。それで診断がつけば手術をしなくてすむこともあるのではと思っています。

お礼日時:2001/08/24 00:58

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「慢性胆嚢炎」
この中で特に「原因と危険因子」「合併症」と関連リンク先を参考にしてください。

胆石により炎症を起こして、肥厚してくる可能性もあるのではないでしょうか?

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(胆石症)

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胆嚢壁肥厚の診断への対処は?

お世話になります。
40歳男性です。
人間ドックで胆嚢壁肥厚と診断され、6ヶ月の経過観察と言われました。
実は前年も同じ診断で、その際は12ヶ月の経過観察でした。
診断してくれた先生からは経過観察以上のコメントは頂けていません。
そこで、少々調べてみると、膵癌の懸念もある等、何やら恐ろしげな事が書かれてあったのですが、より専門性の高い先生に診て頂いた方が良い内容なのでしょうか?
ちなみに身内で癌になったものはおりますが、膵や胆ではありませんでした。
また、もし受診するとなった場合は何科でどのような検査となるのでしょうか?
これも調べた限りでは、バイオプシーしなければ、結局はよくわからないという事のようなのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>より専門性の高い先生に診て頂いた方が良い内容なのでしょうか?
必要無いでしょう。前回が12ヶ月で、今回が6ヶ月なのは診断した撮影された写真の質の違いと診断した医師の気分(慎重さ)でしょう。
昨年も言われて、今年も指摘されて、おそらく何も変わりないのでしょう。それほど心配する必要はないです。6ヵ月後に近所に消化器内科を標榜している医院があれば、そこに行くとよいでしょう。

Q胆嚢腺筋症の検査って…?

会社の医局で腹部エコー検査を受けると『胆嚢腺筋症』の疑いがあると言われました。
元々は別件でMRIを受けた際に胆石が見付かったのでその検査だったのですが
胆嚢の先端1/3程度の皮が分厚くなっておりポリープも見付かったのです。
ただ脂肪の所為で判別が付きにくいらしく専門の外科で診察を受ける様に言われました。
年齢的に大丈夫だろうけど僅かに胆嚢癌の可能性も有るかも知れないと言われ。。。

来週の月曜日に総合病院へ予約を入れて有るのですがどんな検査内容なのか不安です。
偶然、昨年暮れに会社の人が胆嚢炎で入院され、チューブを数本入れられたと言ってるし
彼は胃カメラを飲まされたとも言ってます。
私は胃カメラは飲んだ事が無くて非常に不安なのです。

更に本当にこの病気だったとしても将来的に癌になる場合は無いのでしょうか?
胆嚢を取った方が良いと言う人もいるのですが。。。

どなたかこの検査を受けられた方が居られましたら内容をお聞かせ願えませんか?
また、癌化の心配も無いか分かると嬉しいです。

Aベストアンサー

 胆嚢の検査となると考えられるのは腹部超音波、CT、MRIでしょう(+血液検査)。特に症状もなく、問題も起こっていないようであればMRIまではしないでしょう。 必要十分な情報が得られるので(1)超音波だけ、簡単にできるのでついでに(2)CTも行う、手術なども考慮されるなら(3)MRIを追加、というところではないでしょうか。

 ご存知だと思いますが、超音波もCTも痛みは伴いません。(採血・造影の注射は別ですが)

 胆嚢腺筋症は自体は病気ではありません。胆石などで手術をするとかなり多くみられます。

 小さなpolypと癌は一度の検査で見分けることは難しいですね。経時的に変化を見て、大きくなるようなら腫瘍(癌)、変化なければpolypと判断されます。

 予約をしたときに食事を抜いてくるようには言われませんでしたか?
 食事をしていても検査はできますが、食事をしていないほうがbetterです。場合によっては「食事をしてきたなら今度検査しましょう」といわれるかもしれません。朝食は抜いていきましょう。
 

Q胆嚢腺筋症なのか胆嚢癌なのか・・・。

先月後半に、母が胃痛を訴え深夜病院に行き診断をした所「胆石が有り、胆嚢の壁が厚い」と診断されました。痛みも消えそのまま帰宅をし今日現在まで痛みはありません。診断を受けてから外来で血液・造影剤・エコーといった検査をし今日結果が分かりました。癌の疑いもあると言われていましたが、肝臓・胆管・黄疸は異常なしでした。
「胆嚢腺筋症の疑いもあります、でも癌の疑いもありますがもし癌でも進行してる場合が多いですが、コレを見る限り(写真)では胆嚢腺筋症だと思います。」と言われました。なんだか腑に落ちないので以前大腸ポリープでお世話になった大学病院に行く予定です。あやふやな回答だったので何を信じたらいいのか・・・。やはり、肝臓・胆管・黄疸に異常なくても癌の確率は高いのでしょうか?今年初め頃に大腸ポリープを切除したばかりでその時は一部ガン化で根治術をしたばかりなのでとても不安です。まだ、若い(50歳)母なので頑張ってほしいです。

Aベストアンサー

胆嚢腺筋症と胆嚢癌の100%鑑別は無理かと・・・。
それはなぜかというと、胆嚢腺筋症の中には、拡張したRokitansky-Aschoff Sinus(以下RAS)や肥厚した胆嚢壁内に微細に胆嚢癌細胞を含むものもあるからです。胆嚢腺筋症に早期胆嚢癌の合併という報告ももちろんありますが、切除前に診断できたら学会発表できるぐらいです。
つまりRASが見えたから胆嚢腺筋症、見えないから胆嚢癌とは言い切れないのです。
お母様の場合は、「コレを見る限り(写真)では胆嚢腺筋症だと思います」と言われたところをみると、『腹部エコー上、肥厚した胆嚢壁にRASが見えた』ということだと思います。
それで胆嚢腺筋症でしょう・・・という表現になったのでは。
腹部エコー等では残念ながらこれが限界なので、こういう表現しか出来なかったのでは?この先生は正直だと思いますね。
大学病院等の大きな病院には超音波内視鏡が置いてあると思いますが、
これも100%診断は出来ません。肥厚した胆嚢壁をすべてチェックするのも一個一個のRASを見るのも大変!もしRAS内に盛り上がりを見つけることができたら、先ほど述べた通り学会発表ものです。
大学にてセカンドオピニオンを聞かれるのは良いことです。
だけど(上記の理由につき)大学の検査に過度の期待はしない方が良いですよ。
結局、胆嚢腺筋症を疑って腹腔鏡補助下胆嚢摘出術をして、胆嚢腺筋症だけで良ければそれで終了、一部に早期癌が入っていたら開腹術に切り替えて肝臓の一部とリンパ節をとる施設が多いと思います。
従って診断が確定するのはやっぱ術後の病理結果後じゃろうと思いますよ。
少なくとも胆嚢腺筋症と考えられるなら、本当に胆嚢腺筋症か、早期胆嚢癌をごくわずかに含んでいるか、のどちらかですので、進行癌の心配は無用と存じます。

胆嚢腺筋症と胆嚢癌の100%鑑別は無理かと・・・。
それはなぜかというと、胆嚢腺筋症の中には、拡張したRokitansky-Aschoff Sinus(以下RAS)や肥厚した胆嚢壁内に微細に胆嚢癌細胞を含むものもあるからです。胆嚢腺筋症に早期胆嚢癌の合併という報告ももちろんありますが、切除前に診断できたら学会発表できるぐらいです。
つまりRASが見えたから胆嚢腺筋症、見えないから胆嚢癌とは言い切れないのです。
お母様の場合は、「コレを見る限り(写真)では胆嚢腺筋症だと思います」と言われたところをみると、『腹...続きを読む

Q胆嚢の精密検査は何科?

エコーにより胆嚢にポリープ(5mm)があり、腫瘍マーカーのCA19-9で200ぐらいの値が出たので病院に行こうと思っています。
内分泌、消化器、循環器科等ありますが何科に行けばいいでしょうか?
また200の数値は癌の可能性が高いのでしょうか?
経験者の方、又は専門の方に宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご心配なことと存じます。

胆嚢ポリープが発見されたとのこと。
ポリープは、定期的に検査をして経過を観察するのですが、マーカーの値が高いとのことですので、周辺の臓器(大腸・胃・肝臓)などの検査を含めて、消化器内科を受診なさってはいかがでしょうか。

良い結果を期待しております。

お大事に。

Q胆嚢を全摘出しましたが、その後の後遺症や注意しなければならない事項など

胆嚢を全摘出しましたが、その後の後遺症や注意しなければならない事項などありますでしょうか?
すい臓がんになりやすいとも友人から聞いたこともあるのでこわいのですが。。

ご指導お願いします。

Aベストアンサー

胆嚢の全摘出手術は大変でしたね、後遺症はあまり無いようです。
注意しなければならないのは「油分」です。
最初は控えて徐々に慣らしていくことぐらいでしょうか。
今では年間20万人の方「胆嚢の全摘」を受けているそうです。

Q腎のう胞について

腎のう胞って病気は他の臓器に例えると、ポリープみたいなものですよね?
この腎のう胞って物は、一体どのくらいの確立で悪性化するのですかね?
よく腸、のポリープは、ほぼ悪性化するろ言われてますよね。
胃なんかだと、良性の場合は、ほとんど悪性化することはないと言われてますよね。
腎のう胞と言うものは一体どちらの部類に属するのですかね?
回答よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

泌尿器科専門医として回答します。

嚢胞性腎腫瘤の発生頻度は高く50歳以上の剖検(死後の解剖確認)で50%以上みられる…そういう意味でポピュラーな疾患です。しかし良性と判断していいのは『すべての腎腫瘤性病変を否定した上』でのことであり、単純に考えていいものではありません。(主治医として管理下の元に患者さんに伝える言葉と学問的な扱い、本来の意義は等価ではありません。)

通常ポリープというと上皮細胞の実質性腫瘤でかつ悪性でないものを意味しますね。腎のう胞は肝のう胞と同じく『のう胞』という腫瘤で、まったく同じではありません。が、良性腫瘤という意味で同じ範疇に入れることがあります。
腎のう胞は腎臓の皮質に発生し、内容液は1)リンパ性の液体であることがほとんどですが、2)血性のものや3)石灰化を伴うものもあります。1)は問題がないといえますが、2)は悪性腫瘍の可能性(稀にのう胞壁に腫瘍を発生することがある)を否定できず3)に至っては腎癌に特徴的とされる所見にあたります。

問題なのは腎のう胞の場合、画像でしか鑑別は行われないこと、のう胞穿刺をしたとしても細胞診までしかできないことです。普通のポリープは組織を採取して診断する(=これを病理学的診断といい最終診断になりえます)のですが腎のう胞にはコレが許されないこと、またすることによる負担が大きいとされて選択ができないことがあげられます。つまり経過観察によって継続的に悪性の有無を判断していかなければならないということがいえるのです。また肝のう胞と比べれば数%といえども悪性腫瘍の合併例が確認されていること、またのう胞性腎癌という特殊なタイプが存在することから『一般化したお話がしにくい』ところがあるのです。

良性の腎のう胞を悪性と誤ることは現在の泌尿器科診断ではありえないと思いますが、上記悪性の兆候を認めた場合には画像のみで判断することは出来ないために拡大して切除することがあります。これを持って『誤り』とすることには医療者側からの反論は避けられないでしょう。

こうした単純性のう胞(単純性といっても必ずしも単数とは限りません)とはべつに多のう胞腎という病気があります。また多房性腎のう胞というものも今回の話題ではないと思いますので割愛します。

ここまで踏まえた上で、ご質問に答えていきますね。
単純性腎のう胞と診断された上で悪性腫瘍が合併していると判断されるのはコンマ数%です。しかし元々の母集団の大きさを思い出して下さいね。
さらに一応の診断で単純性のう胞とされていてもあくまでも確定診断とはいえない(医学的には病理診断以外での確定診断はありえない)ことを記憶していて下さい。
またのう胞性腎腫瘍の頻度は腎癌全体の数%から10%程度あります。

結論
確定診断し得ない腎のう胞性腫瘤はあくまでも仮診断であると心得よ。
以上です。

泌尿器科専門医として回答します。

嚢胞性腎腫瘤の発生頻度は高く50歳以上の剖検(死後の解剖確認)で50%以上みられる…そういう意味でポピュラーな疾患です。しかし良性と判断していいのは『すべての腎腫瘤性病変を否定した上』でのことであり、単純に考えていいものではありません。(主治医として管理下の元に患者さんに伝える言葉と学問的な扱い、本来の意義は等価ではありません。)

通常ポリープというと上皮細胞の実質性腫瘤でかつ悪性でないものを意味しますね。腎のう胞は肝のう胞と同じく『の...続きを読む

Q胆のうの壁が少し分厚い場合

健康診断で「胆のうの壁が少し分厚い」といわれ検査必要となりそうです。まだ検査結果を正式な書面でもらっていませんが、健康診断最後に医師からエコー検査の結果をみて言われました。
確かに写真を見せてもらうと胆のうで少し下のほうが分厚くなっています。
まだ検査結果を書面でもらっていませんが、考えられる病状を教えてください。

Aベストアンサー

何度も失礼します。
毎年エコー検査されていたのですね。

胆嚢の壁が一部厚いといわゆる「隆起性病変」というのがあります。これにはポリープといわれるものも含まれますが胆嚢癌というものも含まれます。
要するに良性と悪性があるということです。

胆嚢だけの問題ならば胆嚢をとってしまうこともアリと思います。胆嚢を手術でとってしまっている方は結構いらっしゃいます。

最後は主治医の先生がご判断されることですが、毎年受けられていて今年初に発見ならば早期ですので悪化して手に負えない状況とかではないのではないでしょうか?

結果を聞かない限り不安な気持ちはお察しします。。。でも結果がでない今は深く考えこまずに、気にしすぎて反対に体を悪くされてもよくないのでいつもどおり日々をお過ごしください。

Q痛みのない3センチの胆石 手術するべきか

母が3センチの胆石があるとの診断を受けました。
痛みは全くありません。
お医者さんからは、痛みのないうちに内視鏡手術により摘出したほうがよいと
言われました。

痛みがなくても手術して摘出するのがよいのでしょうか?
胆嚢壁についている人は、手術をしないほうがよいと聞きました。

手術された方、手術を見送られた方、専門的なアドバイスができる方よろしく
お願いいたします。

Aベストアンサー

胆石はある程度の年齢になれば、できてしまうものだそうで、ほとんどが気が付かなかったり、胆石があるから、即手術というものではないそうです。なくてもよい
臓器で(基本的には胆汁を濃縮してためておくたけ)手術も簡単なので外科医は手術したがるようです。私も昨年胆嚢を取りましたが、胆石ではなく胆道奇形で開腹手術だったのでnorurunさんのお母様とはちと状況は違うのですが、胆嚢を取った経験をお話しますと。
無症状だったので手術!といわれ悩みましたが、医者曰く、今は無症状でも20、30年後に症状が出るから不安抱えてるよりも、取ったほうがよいとのことで手術しました。
胆嚢を取ったこと:後の後遺症は特になく、油ものを食べ過ぎるとおなかを壊しやすくなるので注意!ぐらいなので、食事制限もしてません。通院もしてません。

手術について;私は開腹手術だったので、回復にかなり時間がかかり大変でしたが、病室がほとんど内視鏡で胆嚢をとる人だったのでそのときの話をしますと。手術自体はお腹に1cm位の穴を3ヶ所穴空けるだけで取れるので、さほど痛くないようです。翌日から食事もできてました。検査で1週間かかってましたが、手術の翌々日にはみな退院(抜糸は通院で)してました。

内視鏡で取った方みなが、ほかの病気で検査して、胆石が見つかって、無症状だけど、簡単に取れるからほかの病気の治療前に切るとのことでした。
ほかにお体の具合が悪いところがなければ、取るのも何かな?と思いますが少しでも健康に不安があるなら、体力があるうちに先の保険と思って手術したほうがよいかと思います。
超音波で砕く方法もありますが、やっている病院も少ないし、胆石の大きさに上限があったと思います。
内視鏡での手術なら、かなり高齢でもできるので特にあせる必要はないと思いますが、納得いくまで医者の話を聞いてご決断されたほうがいいと思います。

長くなりましたが、参考になれば幸いです。

胆石はある程度の年齢になれば、できてしまうものだそうで、ほとんどが気が付かなかったり、胆石があるから、即手術というものではないそうです。なくてもよい
臓器で(基本的には胆汁を濃縮してためておくたけ)手術も簡単なので外科医は手術したがるようです。私も昨年胆嚢を取りましたが、胆石ではなく胆道奇形で開腹手術だったのでnorurunさんのお母様とはちと状況は違うのですが、胆嚢を取った経験をお話しますと。
無症状だったので手術!といわれ悩みましたが、医者曰く、今は無症状でも20、30年後に症状...続きを読む

Q胆嚢壁石灰化

3年くらい前に、父が胆石と胆嚢ポリープと診断されたものの
特に痛みもなく、経過観察でいいとの事で、かかりつけの医師に
月に一度、エコーで診て貰っておりました。

今年に入り、胆嚢が石灰化してきていると言われたものの、特に
心配はないであろうという話でしたが、今月の検査で
「胆嚢壁の石灰化が厚みをどんどん増している。全摘した方がいい。
紹介状を書くから、大きな総合病院に行ってください」
と言われ、心配だとも言われました。

色々調べてみたものの、胆嚢自体は全摘しても、問題はなさそうですし、
胆嚢ポリープも良性なものが多く、心配は無いのでは?と思いつつも、
胆嚢壁の石灰化は胆嚢癌の恐れもあるとも知りました。

父は医者にそういわれても「まだ、大丈夫だろ」とのんびりしていて、まだ、
紹介状を持って、総合病院に行っていません。
このまま、のんびり構えていてよいものでしょうか?
それとも、本当に危ない病気を抱えているのでしょうか?
どなたか、胆嚢壁石灰化のリスクや病気が分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。

他にも、高血圧やら、肺の癒着やら、色々健康診断でも出ているのですが、治療としては、
高血圧しか病院に通っていませんし、それでも、医者に今まで、何も言われてこなかった
だけに、心配です。
宜しくお願い致します。

3年くらい前に、父が胆石と胆嚢ポリープと診断されたものの
特に痛みもなく、経過観察でいいとの事で、かかりつけの医師に
月に一度、エコーで診て貰っておりました。

今年に入り、胆嚢が石灰化してきていると言われたものの、特に
心配はないであろうという話でしたが、今月の検査で
「胆嚢壁の石灰化が厚みをどんどん増している。全摘した方がいい。
紹介状を書くから、大きな総合病院に行ってください」
と言われ、心配だとも言われました。

色々調べてみたものの、胆嚢自体は全摘しても、問題はなさそうで...続きを読む

Aベストアンサー

石灰化が起きると胆のう癌になるとか、まだ、結論が出ていません。

ですが、石灰化が起きれば、胆のう癌の早期発見がしにくくなります。
胆のう癌によって、石灰化が起きている可能性もあります。
なので、リスクを考えたら、摘出した方が良いというのが、
医師の判断でしょう。

胆のうを摘出した場合のデメリットは、
いわゆる不定愁訴が起きる場合があるということです。
不定愁訴については、ネットで検索してください。
原因、症状、治療方法など、ここでは、説明しきれません。

ですが、一つだけ、言えることがあります。
「まだ、大丈夫だろ」
という言葉ほどいい加減な言葉はありません。
「まだ」って、いつまでのことでしょうか?
症状がでる「まで」待つというのでしょうか?
手遅れになる「まで」待つということでしょうか?

つまり、「まだ」というのは、判断を先送りしているだけです。
何の根拠もありません。

例えば、「まだ」というのならば、手遅れにならないように、
毎月、検査を受けるとか、代替え案がなければなりません。
そして、「今」と判断する基準を決めてこそ、
「まだ」その時になっていないと言えるのです。

ぜひ、どうするかを「正しく」決めてください。

石灰化が起きると胆のう癌になるとか、まだ、結論が出ていません。

ですが、石灰化が起きれば、胆のう癌の早期発見がしにくくなります。
胆のう癌によって、石灰化が起きている可能性もあります。
なので、リスクを考えたら、摘出した方が良いというのが、
医師の判断でしょう。

胆のうを摘出した場合のデメリットは、
いわゆる不定愁訴が起きる場合があるということです。
不定愁訴については、ネットで検索してください。
原因、症状、治療方法など、ここでは、説明しきれません。

ですが、一つだけ、言える...続きを読む


人気Q&Aランキング