昔から歯医者が怖くてなかなか行けません。
それでなおかつ歯医者さんには技術も含めて色々とばらつきがあると聞いています。今朝、歯磨きをしていると出血しました。
歯槽膿漏ではおそろしいので歯医者に行こうと思っています。
是非、大阪吹田市江坂近辺の歯医者さんを紹介ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

橋本歯科医院を紹介します。


住所は 江坂町1-13-11 中央江坂ビル4F です。
電話は 6380-1182
大同生命ビルの北側のビルで ミスタードーナッツの隣のビルです。
私は20年以上前からお世話になっています。
親切、丁寧に診てくださる先生です。
一度行ってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
会社からとても近いので早速行ってみることにします。

お礼日時:2001/08/24 08:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯医者になろう、または歯医者で働こうと思った理由は?

実際、歯医者の方、または歯医者で働いている助手のような女性の方に聞きたいのですが、歯医者で働こうと思った理由ってどういうものなのでしょうか。
真面目な理由でも、軽い理由でもよいので知りたいです。教えていただけないでしょうか。

東野圭吾さんの小説「殺人の門」の中に、主人公の父親が出てきて、歯医者なのですが、歯医者になった理由は、
1.そもそも医者だと景気に左右されない
2.医者の中でも歯医者だと人の死を見ずにすむ
というようなことが書いてあります。まあ、これは小説の中のことですが、あ、私もそう、とか、全然そんなんじゃないです、とか、どちらでもよいので、よければ教えてください。

Aベストアンサー

とある歯学部生ですが、
私が歯学部を受験した理由は以下のとおりです。

私は大学受験の一次試験では、まだ18歳にして一生を決めることなんてできないと思い、日本の大学システムに不満を抱いていたので、理系という広いカテゴリーで受験できる所を見つけ、そこを受験しましたが、そこは落ちてしまいました。二次試験では同じ所を受験する程実力が無かったので、どこかの学部を選ぶしかなくなりました。

そこで、次に行きたいと思っていたのが歯学部です。

その理由は、
私は中学1,2年生の時に歯列矯正治療を受けていまして、その時に通っていた歯科医の先生が、とっても素晴らしかったからです。
おそらく40代の方だと思いますが、いつもやや小さい声でお話しされ、決して明るくはつらつとした…という感じではないのですが、毎回その日の治療内容を、まだ子供だった私にきちんと説明して下さるんです。優しく、丁寧に。麻酔注射をする時も、私が少しでも痛そうな表情をすると、すぐ手を止めて「痛かった!?ごめんね」と声をかけて下さって。また、ブラケット(矯正中の患者が笑った時に黒く見える原因となる、歯に接着した金属のこと)を金属製かプラスチック製かどちらにするかを私に選ばせてくれた時にはビックリしたくらいです。(値段も全く違うし、外れやすさも大きく違います)。
私はそれまで、病院の先生というのは冷徹なムードをかもし出してて、なおさら子供の意思は関係ないかのごとくに処置・治療を進める先生ばかりだと思っていたので、私にはとっても嬉しかったんです。
最後には信頼しきってて、治療中に口を開けたまま寝ちゃったことだってあります(今思うと、ごめんなさいっ(><)って反省してますけど)。
だから、こんな風に患者さんときちんとコンタクトをとれるいい先生になりたいな・・・って思うようになったんです。

他にも、自分が手芸が好きで、手先が器用というか細かい作業が得意だったからという理由もあります。

将来的なことで考えたことは、やはりremonpakiraさんがおっしゃるとおり、景気に左右されないとは限りませんが、少なくとも一般社会の中で、比較的上級のお給料はもらえる場合が多いです。ただし、実際にそれを使う暇があるかとか、高いお給料に見合うだけの時間と労力を必要とされることもあるだとか、そういうことを言い出せばキリはないんでしょうけど、それも大学病院で働くか、外病院か開業医かなどによっても大きく変わります。
(しかしこのあたりの話になると、実際に働いていらっしゃるremonpakiraさんとかの方が詳しいでしょうけど。)

もう一つ、高校生ながらに考えたことは、
歯科医の仕事は医者と違って帰宅時間が早く、安定しているということです。(これも今思うと、大学病院ではあまり無いことかもしれませんし、開業医でも診療時間によっては毎晩遅いこともあるのですが)、これは、女性である私には大きな魅力でした。将来結婚もして子供もできることを考えると、毎晩遅くまで働くことが多いと、子供を託児所に預けたりしなければなりません。夫のためにも家事炊事もしないといけません。子供を預けることを良くないとは決して言いませんが、私は自分の子を自分で育てたいなと思っていたので。

nanatyanさんが、どういった経緯でそういう疑問を抱いたのかはわかりませんが、私が受験期に考えたことはそういったことです。
参考になりましたでしょうか?

とある歯学部生ですが、
私が歯学部を受験した理由は以下のとおりです。

私は大学受験の一次試験では、まだ18歳にして一生を決めることなんてできないと思い、日本の大学システムに不満を抱いていたので、理系という広いカテゴリーで受験できる所を見つけ、そこを受験しましたが、そこは落ちてしまいました。二次試験では同じ所を受験する程実力が無かったので、どこかの学部を選ぶしかなくなりました。

そこで、次に行きたいと思っていたのが歯学部です。

その理由は、
私は中学1,2年生の時に歯...続きを読む

Q歯医者のセメント??みたいな??歯型を取る粘土??的ナ??

これは予想以上に反響があると思います。
と言いますのは、あの粘土が固まってそれを「カポッ」と歯から取られる瞬間が超気持ちいんです。
個人的に遊びでしたいのですがあのセメント的ナ??粘土みたいな??のはどこで手に入りますか。お願いします。

Aベストアンサー

歯型とるのは歯科用印象材で、いろいろ種類がありますが、よく使われるのはシリコンゴムかアルギン酸塩印象材です。
シリコンゴムについては工業用もあります(ただし固まるのに時間がかかります)が、アルギン酸塩印象材はほぼ歯科用しかありませんので、入手するには歯科関係の商社、小売しかありません。
ただし、歯科関係の材料については一般人に売ってくれるかどうかは不明です。(いちおう歯科医療従事者以外にはさわらせないこととなっていますので。)

Q歯医者の疑問

先日、弟と一緒に歯の検診に行きました。
毎年1回、検診と歯石を取りに行っています。
どちらかというと、歯石を取ることがメインです。
わたしは検診で虫歯がなく、少し歯石を溜まっているとのことなので、取ってもらいました。
帰ってから弟が、今回は検診だけで歯石は次回にとりますといわれたといいます。

そして、1週間後にまた二人で行き、その回で2人とも治療を終えました。

わたしも歯石をとったことは何度かあるので、
治療には数回かかることがあることは知っていますし、納得しています。
しかし、検診だけで歯石をとるのは次回にというのは、どういう意味があるのでしょうか?
弟は、2度目に行った時に治療を終えたということは、
わたしと同じように1度目の検診の際に治療してもらえれば、
2回いくことはなかったのでは?と疑問が生まれました。
2回の通院とも治療費は私も弟も同額でした。

Aベストアンサー

一度ですませるよりも、2回診察したほうが二度診察料金がもらえるからでしょう。
もしそうでないとするなら、別のコメントがつくでしょう。でもつかないとおもうけど。

Q歯医者

最近歯がちょっと痛いので
歯医者に行こうと思って
いるんですが、実は
親不知が生えていて
それを抜くのが怖くて
歯医者に行けてません…
歯医者行ったら親不知のことも
言われると思うんですが
治療だけするわけには
いかないですか?
親不知って必ず抜かなきゃ
いけないんですか?
麻酔打たれるだけでも
激痛なのに抜かれるなんて
耐えられる気がしません…

Aベストアンサー

親知らずは斜めに生えていたり、虫歯になっていなければ、
様子を見ていい歯ですので、すぐには抜かれません。

それに今の歯医者では、麻酔の注射の前に塗る麻酔をしてくれるので、
注射の麻酔も痛くはありません。

上の親知らずなら、数回動かすだけで簡単に抜けますし、
下の歯が斜めだったり、顎の骨に癒着を起こしていなければ、
そんなに抜くことも難しくはないですよ。
腫れもほとんど出ませんし。

その親知らずがどんな状態で生えているかを、
まずは知っていた方がいいと思いますよ。

それというのも、親知らずもどうせ抜くなら20代までに抜かないと、
30代を過ぎるころになると、顎の骨に歯の根が
癒着をしてしまうことが多いようですので。

私がその経験者で、我慢をしたまま30才を過ぎてから下の親知らずを抜きましたが、
既に癒着を起こしていたため、しっかり顎の骨まで削られ腫れも2週間ほど続きましたし、
1本の歯を抜くのに、2時間もかかりました。

Q歯医者における技術的な疑問

最近、歯医者に通っているのですが、治療で用いる技術の中でいくつか疑問点があります。
直接お医者さんに聞けばいいのですが、あまり細かいことをいろいろ聞くのも、と思いこの場を借りたいと思います。

【疑問1】
治療開始の前に歯のレントゲンをとると、虫歯が黒い影になっており、「確かに虫歯ですね」と説明されました。
なぜ虫歯部分は黒い影として現れるのでしょうか?

【疑問2】
今回、歯に穴を開けて神経を抜いたのですが、その時口の端に何か引っ掛けた状態で、細い針上のものを神経の通り道みたいなところの奥まで入れ、ガシガシするのですが、何か見えないところで「ピッピッピ ピピ!」などという音が聞こえます。
針を奥へ入れるタイミングと音が合っているので何かしらに反応しているかと思うのですが、この器具は一体なんなのでしょうか?

Aベストアンサー

回答1
X線の原理はその組織の透過率の差を濃淡で表現するところにあります。
虫歯の部分は正常の歯質と異なりより多くのX線を通します。
すると、より濃く(黒く)表現されるわけです。

回答2
神経を抜く時、歯の根っこの先端(根尖)まできれいに抜かなければいけません。ただ、勘で作業するわけにはいきませんので、正しく器具が挿入され、根尖まで届いているか?それ以上オーバーしていないかを計測器で調べながら作業します。
ガシガシするのは「拡大」と言って根の管(根管)を広げ感染している歯質を削る(リーミング)とともに先々に密に充填処置ができるようにするための前準備です。
引っ掛ける金具は計測器のアースの役目をします。生体にはそれぞれ電気に対する抵抗値があります。
本来、絶縁体に近い歯質は根尖に近づくにしたがい抵抗値は低くなっていきます。
その値をメーターで読み取っているわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報