4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

なぜ中学生はまだ義務教育なのに公共交通機関の運賃は大人料金となっているのでしょうか?私は中学生の場合は義務教育なので子供料金に変更しても良いのでは無いかと思うのですが。

質問者からの補足コメント

  • 公共交通機関の運賃改定を行い、子供料金の適用を15歳まで拡大して、大人料金は16歳以上から適用に変更すべきです。義務教育である中学生は子供料金に変更するのが妥当です。

      補足日時:2021/04/11 10:45
gooドクター

A 回答 (6件)

微妙な年齢の子の場合、何をもって「大人」とするかによります。


バスの場合、子どもが安いのは軽いからです。
もちろん太った子や極端に成長の早い子もいますが、体重を申請させるわけにはいかないので一般的な体重で考えます。
バスは乗っているものが重ければ重いほどガソリンも食うし運転するのも大変です。
中学生ならほとんど大人と変わらない体格をしていますので、バスの運行を考える場合は「大人」となります。

ちなみに、この理屈では女性は男性より安くてしかるべきなんですが、それをしないのはおそらく男女差別とか言われることを恐れている+女性を安くしても乗客数が増えるわけではないので、収益が落ちるためだと思います。
だからバス会社的には、体重が軽いのに同じ料金払ってくれる女性ばっかり乗ってくれた方がありがたいわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

身体の大きさより、経済的負担で考えて下さい。

お礼日時:2021/04/11 11:09

中学生になる4月1日から大人料金ですね。

中学生になると体が大きくなって座席・場所を占有するかららしいです。

確かに義務教育なので子供料金とすべきですね。

近々政府の方で「子ども庁」を創設するといっています、そこで検討実施してもらえれば良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は身体の大きさより、経済的負担の観点で運賃設定すべきかと思います。

お礼日時:2021/04/11 11:10

そんなことを言われても…


考えるのはバス会社です。
バス会社はボランティアでバスを運営しているわけではないので、普通にお金のかかる乗客には普通にお金をとらなくては経営が破綻してしまいます。
もし公営のバス会社でも、民営のバス会社と運賃の定義が違うと紛らわしくて混乱させるし、民営のバス会社が値下げを要求されて苦境に立たされてしまうので、全体のことを考えて民営と同じようにすると思います。

他の方の言うように、政治として子育て支援を考える上で親御さんの負担を減らす=中学生を子供料金とし、差額は税金で負担する(バス会社に渡す)ということは可能性として有り得なくはないとは思いますが、
その場合どうやって中学生かそうでない子か見分けるか?バス会社に金を渡したいだけの施策に思われるのではないか?自転車通学の地域の子はなんにも支援してもらえないのに不公平ではないか?など、色々な問題が出てくると思います。

利用者側の目線だけでなく、色んな目線で考えられるようになるといいですね。
その方が「なんで○○しないんだ!」ってイライラすることがぐっと減ります。
    • good
    • 1

義務教育と公共交通機関の料金とは何の関係もありません。

 義務教育だからと言うだけで、子供料金にしろと言う意見には何の説得力もありません。義務教育と言っても小学生と中学生では全く異なります。 女子は小学校高学年から、男子はちょうど中学1年くらいから第2次性徴が始まり、大人の体になっていきます。 中学生の運賃が大人料金になっていても当然でしょう。
    • good
    • 1

付け加えると、このQ&Aサイトは、分からないこと、知りたいことを質問して、適当な回答をもらうためのサイトです。

 自分の偏狭な意見を訴えるためにこのサイトを利用するのは違反行為です。
    • good
    • 3

この前の質問を締め切らずに、また同じ質問するのは


いかがなものかと。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12293576.html
せっかく回答したのに意味なかったですね。

マナー違反の人の意見なんて、
だれも聞き入れてくれませんよ。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング